ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 | 韓ドラの鬼

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


放送予定

日本放送

●ホームドラマチャンネル(2021/7/1-30)月~金曜日7時から7/22, 23は休止 字幕

●ホームドラマチャンネル(2021/5/3-5) 毎日8時から7話連続放送5/3は6話連続 字幕

●TBSチャンネル2(2019/8から)字幕
●DATV(2018/11/24から)土曜日10時から 連続放送 字幕

【韓国放送期間】2014年11月12日~ 2015年1月15日

ピノキオ 피노키오 全20話
2014年放送 
平均視聴率 10.6%
ピノキオ DVD-BOX1

あらすじ

幼い頃に、火災事故と過熱する報道がきっかけで家族を失ったハミョン(イ・ジョンソク)は、海で助けてくれたゴンピルの養子となりダルポと名前を変えて、生活することになる。
ゴンピルの孫で嘘をつくとしゃっくりがでてしまう“ピノキオ症候群”のイナ(パク・シネ)と共に暮らすダルポは、 イナの母が当時報道を歪曲したチャオクだと知りつつも、イナを好きになっていく。

そしてイナとチャオクがきっかけで、放送記者になることに。
過去と直面するダルポ、母に利用される形で記者の夢が叶ったイナ、
イナに好意をもつボムジョ(キム・ヨングァン)、ハミョンが自分のことを好きだと勘違いしてしまったユレ(イ・ユビ)、それぞれが過酷な報道の世界へ飛び込む。成長していく4人が迎える結末とは?そして恋の行方はーー! ?

出典:DVDより



相関図

ピノキオ BS-TBS 公式サイト 相関図

キャスト 

チェ・ダルポ役/キ・ハミョン役:イ・ジョンソク
チェ・イナ役:パク・シネ
ソ・ボムジョ役:キム・ヨングァン
ユン・ユレ役:イ・ユビ
キ・ジェミョン役:ユン・ギュンサン
ソン・チャオク役:チン・ギョン
パク・ロサ役:キム・ヘスク
ファン・ギョドン役:イ・ピルモ

スタッフ 演出 :チョ・スウォン 脚本 :パク・ヘリョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

感想

amijkさんの感想より

●既存の枠にはまらない、盛りだくさんなドラマ

パク・シネとイ・ジョンソクという人気俳優二人が主演、また大ヒットドラマ「君の声が聞こえる」と同じ脚本家の作品ということで、放送前から心待ちにしていましたが、期待を裏切らないドラマでした。

主演二人の好演はもちろんですが、一言で「これは何何ドラマ」とジャンル分けできないストーリーが目新しかったです。ピノキオ症候群という架空の疾患を登場させたのは少し唐突な感じもしますが、業界ドラマである一方、推理ものでもあり、恋愛ものともいえるので、幅広い層を楽しませることができるドラマだと思います。展開も、中盤まででダルポが兄と再会し(悲しい形ではありましたが)、ひと山越したと思いきや、背後にさらに大きく残酷な真実があったことが次第に明かされていくので、毎回「えっ?えっ?」と引き込まれてしまいました。

イナとダルポはそれぞれ、家族の過ちを明らかにしなければならない立場になりますが、そう決意するまでの葛藤もきめ細かく描かれています。「自分さえ知らないふりをすれば」と気持ちが揺れるところでは、イ・ジョンソクの繊細な演技が光っていました。「家族か、記者としての本分か」「個人的な復讐か、記者としての行動か」ということに新人記者たちが直面して、自分なりの方法で進んでいく姿は見ていてすがすがしかったです。

深刻になりがちな設定なのに、ところどころに笑えるシーンがあるのも魅力です。とくに、イナの父がダルポに「イナがどんなに大切な娘か」を切々と語った直後、当のイナがボサボサ頭にジャージ姿でスナック菓子を食べるシーンは大爆笑でした。

登場人物が多めなのですが、同僚の新人記者、ユレ役のイ・ユビは「チャングムの誓い」のチェ尚宮の娘さんということで、以前からの韓国ドラマファンには注目ポイントです。よく練られたストーリーに、涙あり笑いあり、そしてすがすがしい気持ちにもなれるドラマです。

rg42dmpeさん

ピノキオは、嘘をつくとしゃっくりが出てしまうチェ・イナとイナの実母ソン・チャオクの悪意のある報道で家族を失った主人公チェ・ダルボとの恋愛が見どころですが、家族を失ったダルボを育てたのが復讐のターゲットのソン・チャオクの元夫チェ・ダルヒョンと言う複雑な人間関係も面白いドラマです。

nanase5525さん

報道により父が汚名を着せられ家族を失ったイ・ジョンソク演じるダルポと、嘘をつけない「ピノキオ症候群」のパク・シネ演じるイナが共に報道記者になり、過去の真実が明らかになるサスペンス要素もあるラブストーリーです。このドラマはただのラブストーリーではなく、ダルポが家族を失う原因となった過去が回を重ねるごとにだんだん明らかになっていくので目が離せないです。

ようたくあんさん

嘘を付くとしゃっくりが出てしまうという、奇妙な設定のヒロインが、嘘を付く必要もある記者になろうとする話が無茶があって新鮮。ドラマの中で記者がどれだけ過酷な仕事なのか、何日も警察署で寝泊まりしたりするシーンが描かれている。複雑な人間関係の中で、親子愛、兄弟愛、恋愛など、様々な愛が含まれているが、ニュースを制作する部分だけでも、充分に楽しめると思う。

h5302naさん

復讐という背景があるので、ただの恋愛ドラマだけではなく、ハラハラドキドキ感がありました。最後はハッピーエンドで終わるんだろうなと予想していましたが、最後はどのようにたどり着くのか目が離せなかったです。ハミョンとイナがお似合い過ぎて、ドラマの中に引き込まれてしまいました。

t6a1k3a0さん

ピノキオはまずそのタイトルが気になることでしょう。ヒロインのイナは嘘をつくとしゃっくりが出るという変わった体質を持っており、その体質のことをピノキオ症候群というのです。私が最も面白いと思い心を動かされたのは、暴走を止めるために必死になる主人公の懸命な姿と、想いを寄せる女性の実の母親との戦いです。和やかで笑える場面もありますが、可哀想で涙する場面もあります。高視聴率を獲得した一見の価値があるドラマです。

パク・シネの魅力

M041425さん

数ある有名作品に参加していて、有名俳優さんとも多数共演。初めて好きになった女優さんがこの方でした。演技も上手くて美人さんで、全ての役にはまっている配役が印象的な物ばかりです。こんな人になりたいなって憧れも抱いたことがあります。


「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー