ビューティーインサイド 7話・8話 あらすじと感想 アン・ジェヒョン リュ・ウンホ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ビューティーインサイド  뷰티 인사이드 全16話

第7話視聴率 4.296%

quetalsurinoさんより

第7話 あらすじ

セゲ(ソ・ヒョンジン)のキスに応えたソ・ドジェ(イ・ミンギ)は、キスの後のドジェは無表情に。セゲを家まで送った後、帰ってしまったドジェ。その後、連絡が全くないドジェにセゲは苛立ちを覚えながらも、ドジェが気になる気持ちを抑えられず、メッセージを送ります。しかし、既読された様子がないことにカッガリし続けるセゲ。

連絡のないドジェからの電話に、ドキドキしたセゲは急いで待ち合わせの場所に向かいますが、翌日予定されている公開デートのためドジェが連絡してきたことを知ると、ドジェに冷たく接します。翌日、恋人としてのデートを演じたセゲとドジェ。記者とのインタビューの途中、突発的な質問を受けることになります。二人の初キスを尋ねる記者に、ドジェは二人のキスを否定。。。インタビューが終わると、セゲは不満をぶつけます。

セゲの予想外の反応に、上手く説明ができないドジェは、家に戻るとセゲと結んだ契約書を破り捨て。。。一方、念願のイ・ヒソブ監督の作品に、ライバル関係にあるチェ・ユリ(リュ・ファヨン)と共演することが決まったセゲ。監督、スタッフと共に台本の打ち合わせのため、一泊二日の旅行に出かけることになったセゲは、チェ・ユリとぶつかり合います。その後、チェ・ユリがスタッフとお酒を飲んでいるところを目撃したセゲは、困っているユリに代わり、焼酎を飲み始めます。

ドジェとの関係はあくまでもビジネスパートナーのはずが、彼への気持ちを断ち切れないセゲは、ドジェとの通話中、気を失ってしまいます。

意識が戻ったセゲは病室にいるドジェに気づくと怒り出します。恋愛契約を無効にしたいと。。。彼女の申し出を受け入れたドジェは、すぐにセゲとの破局を知らせる記事を流すよう指示します。ドジェの対応に、キスした理由を求めるセゲ。キスの後にできる言葉は、「ごめん」か「愛している」かの二択しかない状況で、どちらも選択することができなかった・・・だから何も言えずにいたドジェ。

セゲの反応は。。。

第7話 感想

お互いの気持ちを確認し合うことになったエンディング!誤解を引きずったまま、ダラダラする展開ではないところが、よかったです。ドジェが正直に気持ちを打ち上げた時には、意外に自分自身に自信がなかったのだと気づき、ドジェの反応を理解することができましたが、キスの後、ソワソワするセゲの姿に、同じ女性として共感しました。

第7話でビジネスパートナーの関係が終わり、第8話からは本格的な二人のロマンスが描かれるようで、ドキドキが続きそうです。イ・ミンギが演じるドジェは、良い意味で、スペイン語圏で人気のテレノベラの主人公を見ているようで、これまで持っていた韓国ドラマの主人公のイメージとは少し違うように感じました。慎重で、考え深く、大人っぽい感じだけど、恋愛経験が少なく誤解を招く発言や状況をけど、上手に説明ができず・・・みたいなイメージ。でも守ってくれて、一途って感じ。

気になっていたリュ・ウノ(アン・ジェヒョン)とカン・サラ(イ・ダヒ)の関係も、ますます面白くなってきました。神父になることを反対されたウノが家をでましたが、行くあてがなくサラのマンションで居候することになりました。「あなたの声が聞こえる」や前作の「推理の女王シーズンⅡ」では真面目で堅物のイメージが強かったイ・ダヒが見せる、ちょっと抜け感のあるスタイルがオシャレで、ウノとのエピソードがどれも面白いです。

正直、主人公のロマンスよりも、ウノとサラの今後の関係が気になります!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話視聴率 4.281%

quetalsurinoさんより

第8話 あらすじ

ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)とソ・ドジェ(イ・ミンギ)はお互いの気持ちを確かめ合った二人は、恋愛契約を破棄、本当のロマンスが始まります。対外的にはドジェがセゲに振られたことになり、秘密恋愛を始めることになった二人。。。別れたとの報道が流れた後、二人は周囲に見つからないよう、デートを重ねます。

友人でマネージメント会社の社長ユ・ウミは、セゲの行動から二人が恋愛していることに気づきます。ドジェの母イム・ジョンヒョン(ナ・ヨンヒ)は、セゲと別れたことを知ると不安に。。。

秘密恋愛中のため、ドジェがセゲ宅でデートを楽しんだ後、ドジェを家に送ったセゲ。その後、セゲを家まで送ったドジェ。別れを惜しむ二人は結局、セゲ宅の前に戻ることになります。「ラーメン食べていく?」とドジェを誘うセゲ。中に入って電気をつけた二人は驚きます!不審な車が近所をぐるぐる回っていると警察に近隣の住民から通報を受け、二人を待っていたのはウミとドジェの秘書チョン・ジュファン(イ・テリ)でした。

一方、家を出たリュ・ウノ(アン・ジェヒョン)が心配になったセゲは、彼の後を追い、ウノがカン・サラ(イ・ダヒ)と同居していることを知ります。セゲとウミに居場所を知られたウノは、サラ宅を出ることを決めます。ウノが家を出ることを知ったサラは、今まで感じたことのない寂しさを感じ。

イ・ヒソブ監督の映画の撮影中、姿が変わる前に必ず感じる不思議な気分を味わったセゲは、姿を変えず最後まで撮影を終えることができるのか不安になり、出演する最後のシーンが終わった瞬間、車に向けて走り出します。

車に乗った瞬間、男の子に姿を変えたセゲ・・・・!映画に出演する予定だった子役が一人足りない状況、男の子に変身したセゲは、子役として映画に出演することになります。一緒に出演することになった子役に演技指導までしちゃって!

撮影後、家に到着すると、ウミは男の子になったセゲの姿が露出されないよう注意を払います。そして、セゲが姿を変えたことを知らないセゲの母が訪れ。。。

第8話 感想

第8話はドジェのナレーションと共に始まります。突然の事故で、人の顔を識別することができなったドジェの気持ちが伝えられ、話し方、香り、しぐさなどで相手を識別する練習を重ねたドジェが、努力しても識別することができなかったのは、彼自身の姿だったとは!切ないですね。

二人が別れたことを公表したことで、意図せず秘密恋愛を続けることになった二人。二人のデートエピソードが面白いです。恋する女子の気持ちを素直に演じるソ・ヒョンジンの演技は自然で、すごくよかったです。ドジェとのロマンスに幸せ絶好調のセゲ!姿が変わればドジェと堂々とデートができると明るく語るセゲでしたが、今回姿を変えたのは男の子でした。

最近、韓国ドラマによく登場する「ラーメン食べていく?」のセリフは、日本の「お茶でも飲んでいかない?」と同じ意味で、部屋に誘う時に使う言葉です。パク・ソジュン主演の「サムマイウェイ」や「パク秘書に何が起きた?」等でも登場する、もしかすると、ロマンスドラマでは最も使われる定番の表現の一つかもしれませんね。もちろん、ここでいうラーメンはインスタントラーメンのこと!単純にラーメンを食べることを意味するだけではないですから!

注目してきたウノとサラの関係にも、今後新たな展開がありそうです。サラの家を出ることになったノ。メイクを落とす気力もないくらい疲れたサラのために、メイクを落とすウノ。気持ちを理解してくれるウノにサラが心を開き始めたようで、今後楽しみです。

母にまで秘密にしていたセゲ、果たしてセゲの母の登場で新たな山場を迎えることになりそうです。

豆知識:主題歌OST Part1はRothyが歌う「Cloud」、OST Part2はVincentが歌う「The beauty(with 2morro)」、OST Part 3はDavichiが歌う「Falling in Love」、OST Part4はK.Willが歌う「Beautiful moment」。

アン・ジェヒョン 안재현 リュ・ウンホ役
出典:http://tv.jtbc.joins.com/
生年月日: 1987年7月1日 生まれ: 韓国 ソウル特別市 身長: 186 cm
再会した世界(2017/SBS) チャ・ミンジュン SNTレストランオーナーシェフ
シンデレラと4人の騎士(2016/tvN) カン・ヒョンミン カン会長の長男の息子
雪蓮花 マ・ムンジェ(2015/SBS) ヨンデの婚約者、サンベクの友人
ディア・ブラッド~私の守護天使 (2015/KBS) パク・チサン ヴァンパイア、外科医
君たちは包囲された(2014/SBS) パク・テイル 刑事課強力3チーム新人刑事
星から来たあなた (2013-2014/SBS) チョン・ユンジェ ソンイの弟

 

ビューティーインサイド 9話・10話 あらすじと感想

 

ビューティーインサイド 韓国ドラマ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー