ビューティーインサイド 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ビューティーインサイド  뷰티 인사이드 全16話

第13話視聴率 4.689%

quetalsurinoさんより

第13話 あらすじ

1週間が過ぎても元の姿に戻らないことから、ドジェ(イ・ミンギ)の目の前で姿を消したセゲ(ソ・ヒョンジン)。退院したウミは連絡が取れないセゲを心配し、ドジェとも連絡が取れないこと、1週間が過ぎても姿が戻らないことを知ると、ドジェにセゲへの気持ちが変わらないかを問います。セゲがセゲの姿じゃなくても、気持ちが変わらないのか、即答できず悩むドジェ。

しかし、どんな状況に置かれてもセゲへの気持ちが揺るがないことに気づいたドジェは、セゲを捜し始めます。一方、おじいさんに変わった状態が続くセゲは、目的もなくバスに乗った状態。偶然ドジェを発見すると、バスから降りて、ドジェの運転する車の前に飛び込みます!

セゲと再会したドジェは、どんな姿であろうともセゲを愛し続けることを伝え、お互いへの気持ちを確認し合います。その時、不思議にもセゲは元の姿に戻ることになります。セゲは元の姿に戻らない日がくるのではと、不安になるセゲ。

不安がるセゲを元気づけていたドジェは、家族にこれまで隠していた顔面認識障害を打ち明けることにします。家族の食事会で、10年前の事故が原因で家族の顔も区別できない障害があることを伝えると、祖父をはじめとするドジェの家族は、ドジェの痛みを受け止めます。カン・サラ(イ・ダヒ)の婚約者チェ・ギホと、キム理事がドジェの病気を理由に、会社から追い出す計画であること知ったドジェが取った行動は、顔面認識障害を患っていることを公表することでした。

サラは、神父を目指すリュ・ウノ(アン・ジェヒョン)の目の前で、チェ・ギホとの婚約を解消し、気持ちを伝えます。サラと恋に落ちたウノは、彼女への気持ちを伝え、二人はデートをすることに。。。しかし、デート中のセゲとドジェに鉢合わせすることになり、サラとウノの関係が二人にバレてしまうことになりました。

デートの後、静かな二人の時間を楽しんでいたセゲとドジェ。セゲは初めてドジェが顔面認識障害を患うことになった10年前の事故の話を聞きます。父が危篤との連絡を受け訪れたヨーロッパで、交通事故に合いそうなおばあさんを助け、代わりに事故に合ってしまうことに。頭を怪我し、意識が戻ると、看病している母の顔も認識できなくなっていた。ドジェの話を聞いたセゲはこわばった表情で、急用を思い出したと、ドジェの家を後にします。

車の中で号泣し始めるセゲ・・・その後、自宅に戻ったセゲはドジェから連絡に、辛そうに「私のせいだった!」と語り。。。

第13話 感想

主人公たちにドキドキする展開が続きました。伝えようとするメッセージもあって、映像も音楽も出演者もすべて素晴らしい!

予想していた通り、セゲは初めて旅行先で姿が変わってしまった時、おばあさんの姿のセゲを助けたのがドジェでした。ドジェとセゲには過去、二人をつなげる出来事があるだろうと、予想はしていましたが、お互いへの気持ちを確かめ合った、このタイミングでドジェの事故の原因が自分にあることを知ってしまったセゲ。自分を責めるような最後の言葉から、ドジェに別れを告げることになるのでしょうか。二人のロマンスに危機が訪れそう・・・で切ない!

号泣するシーンや涙を流すシーンの演技がとても上手なソ・ヒョンジン。10年前の事故のことを知った後、車の中で号泣した時、特に悲しいことも辛いこともないのに、セゲの気持ちが伝わって、もらい泣きしちゃいました。ソ・ヒョンジンの号泣シーンをワクワクしながら待つようになったのは、2014年に放送された「三銃士」をみて以来、私だけじゃなく彼女の涙に共感する人が多かったことを後から知りました。「また、オ・ヘヨン」から「浪漫ドクターキム・サブ」、「恋の温度」まで、同じように見えて、違う響きを持つ涙のシーンは、長く心に残ります。一緒に思い切り泣くのも、スッキリして悪くないかも。

セゲにライバル心を燃やしていたチェ・ユリ。セゲの姿が変わることを記者に暴露しようとしますが、セゲはそんなに甘い相手はなかった!強い一発がセゲらしい。でも、果たしてチェ・ユリがこのまま引き下がることになるのでしょうか。

深刻な状況が描かれたり、笑える状況が描かれたりと、見どころ満載のこのドラマ。主人公のセゲとドジェ以上に注目を集めたカップル、サラとウノのロマンスは、婚約を破棄してウノとの恋を迷わず選択するサラがカッコよく、最高。半端ないときめきがありました。最終話までこの二人のロマンスの様子も描かれることを期待したいです。

予告編では、セゲがドジェに別れを告げるようです・・・

【豆知識】主題歌OST Part 6は、Wendyが歌う「Goodbye」

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率 5.317%

quetalsurinoさんより

第14話 あらすじ

電話越しのセゲ(ソン・ヒョンジン)のふるえる声が心配になったドジェは、急いでセゲの家を訪れ、直接話し合うことになった二人。10年前にドジェに助けられたのが姿を変えたセゲだったことを知ったドジェは、セゲから別れを告げられることを恐れ、後日話を続けようと告げセゲの家を後にします。

翌日、悩む様子のドジェは、キム理事が臨時の理事会を開くことを知らされます。ドジェの病気のことを理由に会社から追い出す計画だったキム理事。ドジェが病気のことを打ち明けたことで、計画が失敗したキム理事は、理事会で顔面認識障害を理由にドジェを解雇する案を出すことに。しかし、理事会に現れたドジェは堂々とした姿で、逆にキム理事の解雇を通達します。

セゲのことが気になるドジェは、撮影中のセゲを遠くから眺め、ドジェが撮影中近くにいたことを知ったセゲは、急いでドジェの会社に向かいますが、彼の姿を目にすると隠れてしまいます。セゲから別れを告げられることを恐れ、セゲに距離を置いていたことを打ち上げたドジェ。一緒にいる限り幸せになれないと信じるセゲはドジェに別れを告げます。何も返事をできないドジェはただ、セゲを抱きしめるだけで。。。一人になったセゲの気持ちを振り返らせることができないことに、苦しみます。

後日、映画の試写会に出席したセゲはドジェを避け、セゲの様子がおかしいことに気づいたウミは、10年前にドジェに起きた事故の原因がセゲにあることを打ち明けられます。セゲは女優を引退する意思を伝え、ウミと共に引退に向けての準備を進めます。

セゲが女優を引退することをニュースで知ったドジェ。ショックを受けるドジェに掛かってきたセゲの電話は最後の別れの言葉を伝えるものでした。「何があっても逃げない、隠れないとの約束を守れなくなった。愛している」のセゲの言葉に、ドジェがセゲの家を訪れると、セゲは既に姿を消した後・・・セゲが去ったことを確認したドジェは、号泣!

第14話 感想

ドジェが号泣するシーンは、悲しさが伝わって、前話に続きもらい泣きしました。

こんなにも悲しい気持ちにさせられることになるとは、予想外でした。原作の映画では、主人公たちが一度別れ、再びお互いへの気持ちを再確認するハッピーエンドなので、ドラマでもセゲとドジェの幸せなエンディングが描かれることを期待したいです。

サラとウノの関係はまたまた進展しました。病気のサラを一人にできないウノの発言は、神父になることをあきらめたようで、二人のロマンスは幸せな結末を迎えることになりそうです。

ドラマではストーリーに熱中してしまい、セゲが1ヶ月に一度、1週間だけ別人の姿に変わる理由が謎のままになっていたこと、最終話を目前に気づきました。でも、ドジェの病気も治せないものですし、姿を変える理由を明らかにしても、二人の状況が変わらないのなら、さほど意味がないように思えてきて。。。

ドジェを演じるイ・ミンギはオルチャン(イケメン)俳優として有名ですが、10年ほど前に観た「ダルジャの春」の後は、2012年「美男バンド~君に届けるピュアビート~」の特別出演以来、「この人生は初めてだから(原題)」に出演するまで、出演したドラマが少なく忘れていましたが、やっぱりイケメンでした!このドラマのキャラクターとも合っていて、これからイ・ミンギの出演するドラマは観続けたいと思います。

セゲとドジェが別れるまでを、じれったいほど遅い展開でした。姿を消したセゲはどこで何をしているのでしょうか。悲しむドジェがかわいそうで、早く次の話が観たい!!!

 

ビューティーインサイド 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

ビューティーインサイド 韓国ドラマ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー