ビューティーインサイド 韓国ドラマ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2019/6から)字幕
●【日本初放送】KNTV(2019/3から)字幕
● 韓国放送2018年 10月1日から2018年 11月20日 月火ドラマ
beautyinside

ビューティーインサイド  뷰티 인사이드 全16話
2018年放送 JTBC
平均視聴率 4.19% 시청률 最低視聴率第2回2.83% 第16回最高視聴率5.18%
ビューティーインサイド  뷰티 인사이드 公式サイト
あらすじ

1ヶ月に1週間ずつ他人として生きる女性と、1年中、他人の顔が見分けられない男性とのちょっと特別なロマンスを描いたドラマ。

ビューティーインサイド  뷰티 인사이드 相関図
キャスト

ソ・ヒョンジン ハン・セゲ役 一ヶ月に一回顔が変わるトップスター
イ・ミンギ ソ・ドジェ役 航空会社の本部長 抜群のルックスと長身、スマートな頭脳まで、神の祝福を受けた完璧な男

イ・ダヒ カン・サラ役 ソ・ドジェとは血縁関係がない兄妹
アン・ジェヒョン リュ・ウンホ役 神父志望

スタッフ /脚本:イム・メアリ、演出:ソン・ヒョンウク
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

ビューティーインサイド 1話・2話 あらすじと感想 ソ・ヒョンジン ハン・セゲ役
ビューティーインサイド 3話・4話 あらすじと感想 イ・ミンギ ソ・ドジェ役
ビューティーインサイド 5話・6話 あらすじと感想 イ・ダヒ カン・サラ役
ビューティーインサイド 7話・8話 あらすじと感想 アン・ジェヒョン リュ・ウンホ役
ビューティーインサイド 9話・10話 あらすじと感想
ビューティーインサイド 11話・12話 あらすじと感想
ビューティーインサイド 13話・14話 あらすじと感想
ビューティーインサイド 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

以下作品感想

quetalsurinoさんより

●同名の原作映画が持つオリジナリティと繊細さに、愉快でラブリーな展開がプラスされた、この上ない本物のラブコメ!

「また、オ・ヘヨン~僕が愛した未来(時間)~」の監督と再びタックを組んだソ・ヒョンジンの最新作は、王道のラブコメでした!

月に一度全く違う別人の姿で1週間を生きること謎の病気の持ち主のハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)と、相貌失認(顔面認識)障害を患っていることを秘密に生きる財閥2世、ソ・ドジェ(イ・ミンギ)のラブストーリーは前向きで温かい物語でした。

ハン・ヒョジュ主演の映画「ビューティー・インサイド」をリメイクした作品ですが、映画が持つ繊細な主人公たちの心理変化にプラス、ドラマでは愉快なロマンチックコメディ独特のタッチが加わり、面白さが倍増した作品です。若干暗いタッチの映画とは違い、始まりから最後まで明るい、観ていて前向きになれるドラマでした。

月に一度全く違う別人の姿で1週間を生きる設定で、ファンタジーロマンチックコメディですが、ヒロインセゲは姿を変えていく様子が不思議なほど違和感なく、病気の原因などが全く気にならなくなります。姿を変える1週間が苦痛だったセゲが、ドジェと出会ってから変わっていく様子も、自分の運命を受け入れるセゲの姿勢もよかったです。姿を変えた時のエピソードは感動的なものもあり、笑って泣けて共感できるものが多かったです。

正直、ドラマが始まってすぐは、主人公を演じるイ・ミンギのイメージが、「この人生は初めてだから(原題)」で演じたナム・セヒ役と重なって見えたのが残念でしたが、間違っていました。先入観を持って見ちゃっていたようで、イ・ミンギが演じるソ・ドジェはこれ以上にない完璧なソ・ドジェでした。どのドラマもそうでしょうが、ドラマは必ず最後まで視聴するべきですね!イ・ミンギが演じた財閥2世はこれまでいたようでいなかった、オルチャン(イケメン)俳優だけに、最終話までカッコよかったです。

個人的に、ソ・ヒョンジン主演のロマンスドラマは、説明が必要ない「絶対に観ないと後悔する」ドラマが多かった気がします。姿が変わっても変わらずセゲを愛し続けるドジェの姿に、ドラマが伝えようとするメッセージがしっかりと伝わり、外見ではなく内面の美しさに気づいていく物語を通じ、愛の持つ意味を考え直すきっかけにもなりました。

主人公たちのロマンス以上に注目を浴びたのが、ドジェの妹カン・サラ(イ・ダヒ)とセゲの友人のリュ・ウノ(アン・ジェヒョン)の恋物語でした。個人的には、神父になることを目標にしていたウノが恋に落ちていく様子が面白いです。

1999年放送され大人気だったシットコム「順風産婦人科」で子役ジョンベを演じたイ・テヒが秘書役のチョン・ジュファンを演じ、チョン・ヘビン、キム・ソンリョン、キム・ミンソク、ラ・ミラン等の特別出演者が多いのも、このドラマの魅力の一つでした。

ラブコメが好きな方、ソ・ヒョンジンが好きな方、久々のドラマ出演となるイ・ミンギが気になる方、原作の映画をすでにご覧になっている方には、特におすすめしたいドラマです。終わった後も長く余韻が残るドラマで、いまの、今日の自分を愛する大切さを教えられました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー