ヒーロー 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ヒーロー 히어로 全16話
2009年放送 
平均視聴率 5%台 
ヒーロー DVD-BOX 1
あらすじ

新聞記者で正義感の強いドヒョク(イ・ジュンギ)ら三流紙『マンデーソウル』の社長がお金を持ち逃げして失職。行き場を失った三流紙の記者と刑期を終え出 所した元ヤクザのヨンドク(ペク・ユンシク)が新しい新聞社『ヨンドク日報』を設立し、真実を追い求め、強大な権力に立ち向かうストーリー。大統領選に出 馬するテセグループ会長のチェ・イルトゥ(チェ・ジョンウ)の悪事を暴き、どこまでも汚い手を使うイルトゥ側に屈することなく、国民へ真実を訴え続ける 『ヨンドク日報』。そして、若くしてイルトゥの腹心でありながら過去の復讐へと燃えるドヒョクの悪友カン・ヘソン(オム・ギジュン)の行く末は……。当初 カン・ヘソンに恋心を抱いていたチュ・ジェイン(ユン・ソイ)は毛嫌いしていたドヒョクへと次第に惹かれていく。

キャスト

イ・ジュンギ チン・ドヒョク 三流新聞社ヨンドク日報記者

ユン・ソイ  チュ・ジェイン カンサン警察署強行犯2係の係長
オム・ギジュン カン・ヘソン テセ日報記者、ドヒョクの同級生
ペク・ユンシク チョ・ヨンドク 暴力団の元サンドキ派親分、ヨンドク日報社主
チョン・ソギョン チャ・マンス ヨンドク日報記者
チョン・スヨン ナ・ガヨン ヨンドク日報記者
チ・チャンウク パク・チュニョン ヨンドク日報記者
チン・ソン コ・ウンシク ヨンドク日報記者
チョ・ギョンフン ポン・サンチョル ヨンドクの元部下

DATV ヒーロー 相関図
スタッフ 監督:演出 キム・ギョンヒ イ・ドンユン 脚本 パク・チスク
コメントより

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●笑いと涙があります

ヒーローは主演のイジュンギさんのライバル役のオムギジュンさんが好きで見るようになりました。

一流の新聞の記者がオムギジュンさんで三流の雑誌の記者がイジュンギさんの2人はライバル関係にあり、毎回二人は競い合います。仕事だけではなく1人の女性を巡ってのロマンスもあり、多くの要素を堪能出来るドラマです。

オムギジュンさんの出演している他のドラマも多く見ていますが、どのドラマもその役になり切っており見事な演技力です。

この作品でイジュンギさんのことを初めて知りましたが、彼の演技力も見事でオムギジュンさんとのライバル関係がドラマを観ていて引き込まれて行きました。

撮影スタッフもこの2人の演技力の高さにカリスマ対決に撮影中に関心したようです。ドラマの設定も面白く元暴力団のボスなども登場して来て話を盛り上げてくれます。痛快な面白さがある反面、感動できる場面も多くあり一つのドラマでいろいろな面白さを楽しむことが出来ます。

オムギジュンさん演じるカンヘソンがただの嫌味な新聞記者ではなく、秘めている何かがあり冷徹に徹していることが徐々に分かって来て共感することが出来ました。

撮影当時イジュンギさんとオムギジュンさんに年の差があるのに同級生の役なのでオムギジュンさんが同級生に見えるように苦労したようです。

しかし、実際にドラマを観てみると回想シーンで学生時代のシーンがありオムギジュンさんは学生服姿も演じていますが、とてもよく似合っており年の差を感じさせない所もさすがオムギジュンさんだと感じます。

実際にドラマを観た人もオムギジュンさんの学生服姿がとても似合っているので驚いたようです。

ドラマの終盤には、オムギジュンさんが冷徹になった訳が分かり少し悲しい展開にはなっていきますが、カリスマ性のある2人の演技で最初から最後まで飽きることなく楽しめるドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー