ヒョンジェは美しい 39話・40話 あらすじと感想

ヒョンジェは美しい



ヒョンジェは美しい 현재는 아름다워   It’s Beautiful Now 2022年放送 KBS 2TV週末 全50話

hg@さらんさん

第39話視聴率25.0%

第39話あらすじ

ヒョンジェはミレの固い決意をしぶしぶ受け入れ、少しの間距離を置くことに応じるが、一つだけ条件を出す。それは「別れないこと」。それに関してはミレも同じ思いだ。どれだけスジョンのことを思っても、ヒョンジェを思って流す涙は別の物だから。一方、ギョンチョルはスジョンの母の散骨をしたという川辺にスジョンを連れて行く。

この美しい自然の中に母が眠っている…。スジョンは景色を眺めて思いを馳せる。ギョンチョルは幼な子を置いて、この世を去った母がどれだけ心残りだったか、その母にスジョンを立派に育てると約束したことを伝える。結核は恐ろしい病であり、それを娘に移したりしたら、生きて行けなかった。自らの命さえ先の見えない状況で施設にスジョンを預ける時に、見失わないようにと同じ入れ墨を入れたことまで告白する。

スジョンは養母ミヨンとの暮らしていく難しさを、入れ墨を消す時の苦痛を、本当の親に捨てられたという心の枷を吐露する。ギョンチョルは謝って謝って、謝ったからと今どうなるというスジョンの言い分を受け止める。「言いたいことを全て受け止めよう。」それだけが今のギョンチョルにできることだから。

ギョンチョルは真っすぐ帰ろうとするスジョンに食事をして帰ろうと誘う。スジョンもそれに応じてくれ、向かい合って食事をしているうち、ギョンチョルはあまりにも幸せ過ぎて食事がのどを通らなくなってしまう。そんなギョンチョルの様子を見て、話を聞いて、だんだん気持ちがほぐれていくのを感じるスジョン。

いつもは感情を見せないヒョンジェが元気なく戻って来たのに気づいたソンス。ソンスもだいたいの事情を知ってはいるが、だからと言って慰めも通じないと感じている。見ているだけしかできない状況にヤキモキするだけ。当のヒョンジェはコーヒーを入れても上の空でこぼしたり、大事な依頼人とのミーティングを度忘れしたり、考えられないミスの連続だ。

ヒョンジェからミレと距離を置くことになったと聞いたヘジュン。落ち込むヒョンジェにミレも本心からそうしたいわけではないと代弁する。ヒョンジェもそれをわかっていながらも、たとえ時間をおいてもギョンチョルとスジョンの関係が変わるはずもなく、ただ手をこまねいているだけの状況が耐えられない時間だ。

ヘソンはギョンスンと一階に遊びに来て、ギョンチョルがギョンエにも黙って、スジョンに会いに行ったことを曲げて解釈し、ギョンエの神経を逆なでする。腹を立てたギョンエが自室に閉じこもっていると、上機嫌なギョンチョルが戻って来る。スジョンと一緒に食事をしたというギョンチョルは、50年間の時間を埋めるためにモット努力すると前向きだ。ギョンスンたちもギョンエもそのことを大いに喜ぶ。

家に帰ったスジョンに、いつものようにどこに行ってきたかを訪ねたジョンジャ。スジョンはギョンチョルと会ってきたと答える。会うつもりはなかったけれど、母親のことや当時の詳しい状況などを知りたかったから。今やスジョンも自分が父を探して保育院を出たせいで、ギョンチョルと生き別れてしまったことを理解したという。しかし、なぜスジョンの養父母はスジョンをみつけて、警察に届けたり、実の親を探したりしなかったのかが納得いかないジョンジャ。

ユンジェは休みの日に外で一緒に夕食を取るために、ヘジュンの事務所を訪ねる。少し早く来たのには、ヒョンジェがどうしているかが心配だから。そんなユンジェにヒョンジェと一緒に兄弟だけで食事するように勧めるヘジュン。ユンジェはヘジュンの優しさに感動してしまう。さらにソンスの子供たちが事務所の見学にやって来たが、やんちゃな子供たちがヘジュンの服にアイスクリームをこぼしても親たちに叱らないようにと、子供たちをかばう姿に情愛を感じる。

ジョンジャはミレにこの結婚がダメだということを早く教えるべきだとジノンやスジョンを説得する。スジョンの前では無理に明るく振舞っているミレだが、部屋に入り一人になるとやはり落ち込む。遅れてこのことを知ったジョンフはミレを心配するが、スジョンの前で悲しみを見せないようにする姿を見て感心する。スジョンはミレが気丈に別れをも決意しながらも、スジョンの思うままにしてほしいという言葉に胸を痛める。

スジェは堅実な仕事ぶりを評価されて、社長からボーナスを受け取る。それで、ヒョンジェの家に集まる時に差し入れを買っていく。ヒョンジェはつらい状況ながらも、スジェにいいことがあったのを喜んで暮れる。家族誰かにいいことがあれば、それも一種の慰めになるものだと。一方、のぼせ気味のギョンチョルの勢いの反面、スジェからヒョンジェの様子を聞いたミノは心配して電話をかける。

電話口で泣いていたヒョンジェのことが心配で、早朝から訪ねて行くミノ。潔癖症のヒョンジェが食べて飲んだ後かたずけさえもせず、ソファで寝た様子を見てしまう。一方、ミレもスジョンには健気な様子を見せたものの、ヒョンジェがプロポーズに渡されたスカーフを握りしめて涙に暮れる。

ヘジュンに頼まれて事務所まで服を持ってきたミレは、依頼人の約束に遅れたせいで慌てて出て行こうとするヒョンジェと鉢合わせる。早くいかなくてはと思いながらもミレの前から離れられない。挨拶を交わして早々にヘジュンの部屋に入っていく。ヘジュンは、「しばらくは会社を大きくすることだけを考える」というミレの決意が切なかった。

ギョンチョルはスジョンに何かしてやりたくて、ギョンエのアドバイスで子供の頃に大層好きだったというミカンを渡しに行く。スジョンはそんな昔のことを覚えていてくれるギョンチョルに何か心が動く感じがする。スジョンからお礼のメールを受け取ったギョンチョルは飛び跳ねるように喜んで、返事を書くために部屋にいそいそと戻る。

ヒョンジェがひどく落ち込んでいるとヘジュンから聞いたユンジェ。ギョンチョルに話をしたかったが、あまりに嬉しそうで話すタイミングを逸する。そうと聞いたミノは自分の部屋でしばらく考え事をしていたが、ある決意を持ってギョンチョルに向かい合って…。

第39話感想

大学時代にヨンウンとの愛に傷つき、もう誰も愛さないと思っていたヒョンジェの中に、自然に沁み込んで来たミレという存在は、真実、永遠の愛であるはずだったんです。それを失いかけているヒョンジェの潤んだ目、力なく落ち込んだ背中、深いため息をつく姿を見るにつけ、本当に可哀そうで仕方ありません。

ミレもまた、スジョンの前では強がって「私は若いし、愛と結婚は必ずしも同じじゃない。」などとうそぶきますが、ひとたび一人になれば、深いため息をついて涙をこぼしています。でも、ヒョンジェよりミレは強いかも。仕事も生活もグダグダ担ってしまったヒョンジェに比べると、一生懸命乗り越えようとしているのがわかります。

とはいえ、スジョンとギョンチョルの関係も少しづつ変化して、スジョンはギョンチョルの言い分をある程度受け入れられるようになってきました。突然家まで訪ねて来られても、もはや嫌がりません。こうなると、心配事はヒョンジェとミレのことばかりということ。このままではヒョンジェが壊れてしまわないかと…本当に心配です。

第40話視聴率27.3%

第40話あらすじ

「ジョンウンに自分の居場所を譲る。」それはミノがヒョンジェもギョンチョルも、みんなが幸せになれる道を考えに考えて出した結論。つまり、ミノがギョンチョルとの養子縁組を解消すれば、ギョンチョルがスジョンとの親子関係を回復してもヒョンジェとミレの結婚が叶うと考えたのだ。これに対して、ギョンチョルは火のように怒り出す。2人の喧嘩に割って入ったギョンエはミノをいさめ、ユンジェは興奮気味のギョンチョルを必死でなだめる。

ギョンスンの家ではスジョンの養父母がいくら何でも実の親を探そうとしなかったことに不審感を強める。同じ疑問を抱いていたジョンジャはギョンスンからの電話をきっかけに、スジョンに養子になったいきさつを訊ねる。腕の入れ墨に虐待と捉え、また、フランスに赴任する直前であわただしかったせいだと答えるスジョン。ジョンジャはそんな道理に合わない答えにさらに疑問を深める。また、ジノンから過去の写真など持っていないかと確かめられ、自身にもわずかな疑問が沸いてくるスジョン。

翌朝ミノはギョンチョルを避けて、ギョンチョルが運動に出かけている間に出勤してしまう。自分を避けているのを薄々感じるギョンチョルにギョンエは違うと言いながらも、心の中では本当はミノがギョンチョルに駄々をこねているのだとわかっている。いくつになっても親は親、子供は子供だということだ。

ミレの結婚を破談にするべく自らが動いてを秩序を正すというジョンジャの言葉を聞いて、憤慨してジノンに食って掛かるジョンフ。その後、早朝から仕事に出たミレを訪ねて気遣う。一方、相変わらず荒れ気味の部屋で過ごしていたヒョンジェを訪ねて来たユンジェ。部屋のありさまにため息をつきつつ、今しがたの騒動を伝えて行く。ヒョンジェは自分を思ってのこととは理解しながらも、ミノの真意を問うために会う約束を取り付ける。

スジェは地方に掃除の仕事に出かけ、殴られる一方の男性を助ける。なんとその人はスジェのお金をだまし取ったチャンヨル。黙って絆創膏を差し出しながら、どうしていたのかと訊ねるスジェ。チャンヨルはあれから詐欺を繰り返し、それは両親のことを助けるためだったことを知る。

ジョンジャはギョンチョルに会って、ミレとヒョンジェの結婚を破棄するために互いの孫を説得しようと持ちかける。それに、ギョンチョルがなんの返事もしなかったことでそれを了解と理解、家族会議でミレに破談を宣告する。ミレは「わかった」とだけ返事をして、自分の部屋に入るなり電気もつけないままその場にうずくまって泣き続ける。扉の外では声さえかけられず、立ち去ることもできず、涙を湛えて立ち尽くすスジョン。

ミノからギョンチョルに楯突いた理由を聞いたヒョンジェ。その時、ギョンエからギョンチョルが2人を呼んでいるという電話が入る。ギョンチョルは駆けつけた2人にジョンジャの意思を伝え、それに対して何も語れなかったと言うのに、黙っていたら同意と取られてしまうと再び強く訴えるミノ。ついにギョンチョルからきつい叱咤を受ける。ヒョンジェとギョンエは交互にミノをかばって弁明する。

ギョンチョルは最初のスジョンの態度を見て、まずスジョンに理解を得るのが先決と考えたと明かし、ミノもギョンチョルの寝具を整えながら、自分の考えが浅はかだったと詫びる。親子の道理は天の意思なのだと言い切るギョンチョル。一方、肩を落として事務所に戻ったヒョンジェはそのまま事務所で夜を明かし、仕事に没頭することでつらさを紛らわそうとする。そうしながらも、ふとした瞬間に浮き上がって来る絶望を振り払うのに必死で、仕事もおろそかになってしまう結果に。

ジョンフは夜にビョルカロンを訪ね、突然の停電に見舞われて驚き怯える。そんなジョンフがおかしくてしょうがないユナ。気を取り直したジョンフはユナと2人でブレーカーを探し、高いところにあるスイッチを上げるのを手伝う。明るくなった店内に達成感を感じて、ユナを誘い漢江にビールを飲みに行く。ユナのジョンフへの好意は男と女のそれとは違うため、誤解が生じることを恐れていると言うのに、難しく考えずに気楽に付き合おうと笑うジョンフ。

ミレは一晩中ベッドの中で泣いていた。大丈夫とは言いながらも、耐えているのがはた目で見てもよくわかり、スジョンの心も穏やかではない。ギョンチョルとはもう会うつもりもないが、それでも2人を別れさせるしかないのか。心は揺れる。ジョンジャも心が痛むが、それよりもどうしても理解できないことはスジョンの亡き両親の行動がどうしても理解できないと重ねて言い募る。スジョンの反論にも「わずか4歳の子が本当の事情を知るわけがない。」そう言い聞かせられてきたのだろうと。何も言い返せないスジョン。

ヘジュンはギョンエにいつも総菜をもらっているお礼にと、お小遣いをあげに行く。義姉から世のがそうしていることを教えてもらった。同時に、昨夜ヒョンジェに起こった出来事を聞いて、あの有様に納得する。その足でミレの事務所を訪ねていき、つらさに耐えるミレをそっと抱きしめる。ミレを諦められないヒョンジェの為に、ミレ自身が別れを告げようと決心していることを知ってしまう。

スジョンはジョンジャから亡き義両親が意図的に自分を警察に連れて行かなかったのではと問われ、さらに気にかかるように。そんな中、ミレからミノがヒョンジェのことで思いつめていたこと、それでさらにギョンチョルが心を痛めていることを知り、さらに複雑な気持ちになる。車の運転中、ひっきりなしにミヨンの言葉が頭をかすめ、そのうちジョンジャの言う通りなのではないかという考えに行きつく。

ヘジュンから状況を聞いたミノは黙ってヒョンジェを訪ねる。ヒョンジェは荒れた自分を見られたことを恥じたが、自分がやりたいようにしろと背中を押してくれるミノ。ヒョンジェはミレを訪ねて、もう我慢の限界であることを告げる。2人で心ひとつにして、行動を起こそうと。しかし、冷静な表情を浮かべるミレは自分たちにはなすすべがないと答える。そんなミレに「一緒に暮らそう。」というヒョンジェは…。

第40話感想

ジョンジャは実の娘を失って50年もずっと探し続けていたという事実だけでギョンチョルが可愛そうでならず、全て許してしまいたい気持ち。ジノンも自分たちの子供がそんな状況だったら、生きた気がしないと身震いします。スジョンもそれを改めて想像してみると、そんな時間を耐えて来たギョンチョルを許す気持ちが芽生えて来ます。

ミレとヒョンジェは結局別れるしかない、絶望的な状況に陥ってしまいました。特にヒョンジェの荒れっぷりはもう見ていられないくらい。ヘジュンのことも遠ざけるくらいです。だから、ヘジュンはギョンエから情報を得ますが、2人をよく知るヘジュンだからこそミレのことも慰められるんですね。ヘジュンも本当のところ相当つらいでしょう。

ヒョンジェがとうとう行動を起こし始めました。ミレに会いに行ったのです。でも、ミレはヒョンジェに別れを告げる決心をしているので、なんだか冷たく接しているようです。ヒョンジェの渾身の訴えにひとつも揺らがない様子。業を煮やしたヒョンジェは一緒に暮らそうと言うのですが、それでどうするつもりなのでしょうか。




【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP