パフューム 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 キム・ミンギュ ユン・ミンソク役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

パフューム  퍼퓸 全16話(32回)

視聴率 第17回 4.0% 第18回 5.0%

marikoさん

第17話・第18話 あらすじ

記者会見中、「ミン・イェリン(ジェヒ)は僕の女です。愛しています。彼女が愛しているのも僕です。3か月同居もして…」と告白するソイド。それをテレビで見ているジェヒは、感動して泣いてしまうのだった。しかし、ソイドのマイクは切られ、会見は途中で終わってしまう。

ソイドはジェヒに会いに来る。「どうして会見であんなこと言ったのですか?」と聞くジェヒ。すると、ソイドはジェヒに聞きたいことがあると言う。ソイドは「キスしてもいいか?」と聞き、ジェヒは頷くのだった。キスをする2人…。しかしジェヒは、ソイドを愛しても良いものかと悩み始めるのだった。

現状に失望するジナに、スケッチブックを渡すソイド。それはソイドが幼い頃から同じ人を描いたものだという。それを見たジナは、それがイェリンだと気付く。しかしソイドは、本名はイェリンじゃなくジェヒだと教える。ソイドの愛の深さを知り、涙するジナ…。

コンビニでソイドの報道が載った新聞を読んでいると、人だかりができてしまったジェヒ。ミンソクのファンから、「正体をバラしてやる」と言われる。香水をつけると変身する、と言われるジェヒ。仕方なく香水をつけるが、何も変わらないのだった。その後、弁明しろと市民から迫られるジェヒ。するとそこに、ヘルメットをかぶった男が現れ、ジェヒを連れ去る。それはミンソクだった。

ソイドの母が開いたパーティーで、手伝いをするジェヒ。パーティー後、2人になった母とジェヒは、昔の話になる。幼いソイドは、アメリカにいる父の元へ行けと命じた母に反抗し、水に飛び込んだのだという。しかし母はミンソクを身ごもっていたため、ソイドを助けることができなかった。その話を聞いて、涙を流すジェヒ。

記者たちに取り囲まれたジェヒは、二股をかけていたと告白する。しかも2人とも愛していると衝撃発言をするジェヒ。

その後、ソイドはジェヒに「考えに整理がついたから、会おう」とメールする。するとジェヒは、「私も考えがついた。終わりにしましょう」と返事をするのだった。ジェヒを探すソイド…。

レストランで、アレルギーで倒れるソイド。そこにちょうど居合わせた新人モデルが助けたのだという。

娘を迎えに行ったジェヒは、ソイドの部下に見られてしまう。そして、ジェヒがイェリンだということがバレてしまうのだった。「私は本当のイェリンじゃないから、ソイドの傍には居られません」と言うジェヒ。しかしソイドが倒れたと聞いて、ジェヒは急いで病院に向かう。

目を覚ましたソイドは、ジェヒに「雇用主とモデル。家政婦の関係に戻ろう」と言う。ジェヒは契約書をソイドに差し出す。そこには、恋愛関係に口出ししない、契約期間が終わったらクールにジェヒを送り出す、などの項目があった。仕方なく条件をのむソイド。そんな中、突然ミンソクがソイドの家に引っ越ししてきて!?

第17話・第18話 感想

ミンソクがソイドの家に引っ越してくるとは驚きました!ミンソクもだんだんイェリンに本気になっているのですね~。ジナも離婚するほど元カレ・ソイドを忘れられないなんて、切ないです。ソイドはイェリンしか目に入ってないですし…。

ソイドの幼少期の話も、悲しかったです。ソイドのお母さんが、もっとしっかりした人だったらなぁ…。ソイドのアレルギーも覚えてくれてないなんて、悪気はないにしても、ひどいですよ。

そしてレストランで倒れたソイドを助けてくれた新人モデル。むしろソイドに恨みがあるはずなのに、怪しいです。何か裏があるのでしょう。

イェリンはソイドから離れると決めていますが、期限までの間に何が起こるか楽しみです。ジェヒの夫も邪魔してきそうで気になりますが、ソイドとイェリンが結ばれることを願います。



視聴率 第19回 % 第20回 %

marikoさん

第19話・第20話 あらすじ

記者の前で、愛の勝利宣言をするミンソク。しかし、ソイドの家で防犯の仕掛けで怪我をしてしまう。

ソイドは、新人モデルから連絡があり、謝罪を受ける。アレルギー症状が出たのは、新人モデルのせいだと知っていたのだ。ソイドとジェヒの写真を撮って悪用したこと、ソイドに酒を飲ませたこと、アレルギーを出させたことを謝る新人モデル。そしてソイドを好きだと言うのだった。

ジェヒは、ソイドがホテルで誰に会っているのか気になっていた。そんな時、帰宅するソイド。ソイドはミンソクとジェヒの仲に嫉妬するのだった。

ジェヒのせいでモデル事務所は危機にさらされていたが、ジナはなんとかしてジェヒのイメージ回復を図ろうとする。

ミンソクはお金が好きだというジェヒのために、お金が出る箱をプレゼントしていた。ソイドはお金で作った新しい服を作り上げる。

最低に落ちたジェヒの評判。ソイドは「良いモデルへの道を作ってあげて、ジェヒが旅立てるようにする」と言うが、ジナは「ジェヒの評判を知らないの?」と言うのだった。

学校へ来たジェヒ。ミンソクは子どもの頃は、ソイドを尊敬していたと言う。ソイドに着いて学校に来た幼いミンソクは、ソイドに教室に置き去りにされたのだという。慰めるジェヒ。ジェヒは、2人を仲直りさせようと、ソイドに連絡をする。しかしスマホの電波が悪くて、ソイドは良く聞こえないのだった。

ソイドは2人がどこにいるのか気になって仕方ない。そのとき、ジェヒから頼まれたという運送業者が来て、ソイドを学校へ運ぶ。その運送業者は、ジェヒに香水を届けた人物だった。ジェヒは配達人に会おうとするが、間に合わないのだった。

ミンソクは、遊びで嘘発券機を取り出す。ミンソクは、ソイドに質問を出す。「イェリンを愛していますか」という言葉に、NOを出すソイド。

ミンソクはなぜ自分を置いて帰ったのか?と聞くと、ソイドはミンソクのせいでアレルギー症状が出て、病院に運ばれていたのだと言う。「なんでそれを早く言わなかったんだ」と怒るミンソク…。キャンプ場でもアレルギー症状が出てしまうソイド。ミンソクが鞄から注射器を出して助けるのだった。

ジェヒの夫は、ジェヒを呼び出す。ジェヒの夫は、「家に戻って来い」と言う。しかし別れるというジェヒの思いは強い。

ジェヒは、ジナから「悪女」役のモデルの仕事を紹介される。ジェヒは「やった方がいいか?」とソイドに聞くが、ソイドは「君がいてこそ、俺のファッションが完成する」と励ますのだった。

ソイドは、ジェヒについて調査していた。ジェヒが、どこに住んでいるかは分からないという探偵。そしてソイドは、ジェヒの夫の浮気相手の写真も手に入れるのだった。ジェヒの夫は、若い頃のジェヒに似た人ばかりと付き合っていると言う探偵。ジェヒの夫は、イェリンのところに訪れる。そして「これからの10年間は僕が君にすがりつきながら生きるよ」と言うのだった。そこにソイドが現れて、殴り倒す。

第19話・第20話 感想

子どもの頃に学校に置いていかれたミンソク、可哀相です。でもその時に病院に運ばれていたソイドも不憫ですよね。もうちょっと早くソイドが本当のことを言っていれば、ここまで仲たがいすることは無かったような気もするのですが、そこが不器用なソイドらしいと言えばソイドらしいです。

嘘発見機で、イェリンを愛していないと答えたソイドの心中は何だったのでしょうか?自分と離れた方が幸せになると思っているのでしょうか?気になります。

いよいよドラマも半分以上が終わりましたが、面白く観ています。ソイドとミンソクの関係、恋愛はどう結びつくのか、ジェヒの離婚は!?…などなど、気になることが盛りだくさんです。何より、不思議な香水を届けた、あのおじいさんは一体何者!?すごく気になります!

キム・ミンギュ 김민규 ユン・ミンソク役
出典:http://program.kbs.co.kr/
生年月日:1994年12月25日 身長: 183 cm
金持ちの息子(MBC,2018)キム・ミョンハ
ただ愛する仲(JTBC,2017 )ジニョン
メロホリック(OCN,2017)ユ・ビョンチョル
この恋は初めてだから~Because This is My First Life(tvN,2017 )ヨン・ボンナム
オー・マイ・クムビ(KBS2,2016 )高校生のモ・フィチョル
これが人生!ケ・セラ・セラ(SBS,2016 )カン・スミの息子
チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~(KBS,2016 )シン・スクチュ

 

パフューム 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

 

パフューム(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 






9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー