バベル (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送2019年1月27日(日)~

バベル  바벨 全16話+スペシャル1話
2019年放送 TV朝鮮
平均視聴率 3.16% 시청률 最低視聴率第2回2.509% 第12回3.713%
TV朝鮮 バベル  바벨
あらすじ

復讐のために人生を投げ打った検事と財閥の家門に嫁に行ったことにより人生が台無しになった女優との愛を描いたドラマ。

公式サイト TV朝鮮 バベル 바벨 相関図
キャスト

パク・シフ チャ・ウヒョク役 主人公の検事 復讐の為に人生をささげる

チャン・ヒジン ハン・ジョンウォン役 財閥との結婚のために人生が壊れた女優

キム・ヘスク シン・ヒョンスク役 ゴサングループのオーナー

チャン・シニョン テ・ユラ役 ゴサングループの長女

キム・ジフン テ・ミノ役 ゴサングループの社長 シン・ヒョンスクの息子 婚外子

ソン・ジェヒ テ・スホ役 MIT工科大学で量子物理学を専攻しているボミの保育園の同級生

イム・ジョンウン ナ・ヨンウン役 保育園の先生

キム・ジョング テ・ビョンチョル役 ゴサングループの会長

イ・スンヒョン シン理事役 シン・ヒョンスクの従兄弟

ソン・ウォングン ウ室長役 コサングループ婚外子であるテミンホに行われたあらゆる汚い仕事を処理するフィクサー

スタッフ /演出:ユン・ソンシク。脚本:クォン・スンウォン、パク・サンウク。
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

バベル 1話・2話 あらすじと感想 パク・シフ チャ・ウヒョク役
バベル 3話・4話 あらすじと感想 チャン・ヒジン ハン・ジョンウォン役
バベル 5話・6話 あらすじと感想
バベル 7話・8話 あらすじと感想
バベル 9話・10話 あらすじと感想
バベル 11話・12話 あらすじと感想
バベル 13話・14話 あらすじと感想
バベル 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

●以下作品感想

●息子を後継者にするための母のとどまらない欲望の結末は?復讐と恋に悩む主人公の選択は?刺激的な大人のためのメロドラマ!

パク・シフが出演するドラマが好きな方は、必見!

父の復讐を目標に突き進んできた主人公、チャ・ウヒョクをパク・シフが演じています。ドラマの内容は大人向けのメロドラマらしく、刺激・過激的な内容でした。

復讐のため、検事となり真実を明かすため、財閥一家を追及する主人公!しかし、ドラマのスタートと共に後継者テ・ミノ(キム・ジフン)の殺人事件が発生し、真犯人を逮捕するまでミステリアスで緊張感溢れる展開が続きます。過去と現在が交差し、チャ・ウヒョクの父が殺害された30年前の事件と、テ・ミノの殺人事件の真相を明かすため、奮闘する主人公チャ・ウヒョク。

殺害されたテ・ミノの妻で、ヒロインのハン・ジョンウォンを演じるのは、チャン・ヒジンです。主人公のチャ・ウヒョクとは意外な関係だったことや、テ・ミノの殺人容疑をかけられ、ストーリーの中心的に存在になります。

チャン・ヒジンは、ドラマ「あなたはひどいです(原題)」ではク・ヘソンの代役として第7話から、ヒロインのチョン・ヘダン役を熱演して話題を呼びましたが、このドラマでも落ち着いた雰囲気で財閥家に嫁いだ人物を演じています。夫との関係には話せない秘密を抱え、多くを語らず悲しみを秘めた表情が、特徴的でした。

主人公を演じるパク・シフに関しては、完璧!長年誓ってきた復讐を、愛のために諦める姿が、息子、テ・スホ(ソン・ジェヒ)を会社の後継者にするため、殺人まで犯して最後まで欲望を捨てきれず、どん底に落ちてしまうシン・ヒョンスク(キム・ヘスク)とは対照的でした。

財閥一家のシン・ヒョンスクを演じるキム・ヘスクの圧倒的な演技力、テ・ミノを演じたキム・ジフンの悪役ぶり、ドラマの始まりからエンディングまで、重要なキーを握るキャラクターだった財閥一家の長男テ・スホをソン・ジェヒが演じています。悲劇的な結末を迎えたテ・スホの妻、ナ・ヨンウン(イム・ジョンウン)も含め、ストーリーはそれほど複雑なものではなく、出演者の演技力がドラマを盛り上げ、エンディングが全く予想できない展開でした。

ドラマの前半は事件や出来事などをスピードよく展開し、後半は心理的な面を強調して描かれるため、登場するそれぞれの考えや心境などが理解しやすい展開でした。

最終話までエンディングが予想できず、サスペンスメロドラマなので、逆転も登場します。第16話で、事件が解決しすべてが終わったと思った時、主人公チャ・ウヒョク(パク・シフ)が明かす真実を聞いたシン・ヒョンスクが絶句するシーンが、個人的には一番記憶に残りました。結果的には30年前に殺害された父の復讐につながったようで。。。すべてを手に入れようとする一人の人間の果てしない欲望がもたらした結果がどのようなものか、このドラマを通じて確認することができます。

刺激的なメロドラマやサスペンスドラマが好きな方にはお薦めしたい作品です。パク・シフの格闘技シーンが登場し、タフなパク・シフも見られます。やはり、パク・シフの演じるメロドラマはいつみてもときめく!恋に一途な役にピッタリなパク・シフでした。

パク・シフ主演した最近のドラマの中では、「町のヒーロ」と「黄金色の私の人生」がお薦めです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー