バガボンド(韓国ドラマ)7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

バガボンド 배가본드 VAGABOND 【韓国放送期間】2019年9月20日~

第7話視聴率 7.5% 9.5% 11.4%

quetalsurinoさん

第7話あらすじ

ピョンファ日報の記者チョ・ブヨンが生きている?彼の後を追うチャ・ダルゴン(イ・スンギ)の前に、エドワード・パク(イ・ギョンヨン)が現れ、確認できず見逃してしまいます。国家情報院ではTFチームが形成され、飛行機墜落テロに協力した人物、副機長の行方をさがします。

コ・ヘリ(ペ・スジ)はチャ・ダルゴンの連絡を待つ。。。距離を置かれた理由が、酔っぱらった夜にあると考えるコ・ヘリは、全く記憶がなくただ連絡を待つばかり。

脱北者で形成された暗殺団は、過去、国家情報院で秘密に形成されたエージェントたち。しかし、一度解散されたエージェントたちを再び集めたのは7局長のミン・ジェシク(チョン・マンシク)。逃亡中のミン・ジェシクを助けたのは、秘密を隠そうとするジェシカ・リ。過去、彼女と副機長キム・ウギが一緒にいる写真が国家情報院に送られ、二人の間に接点があることが証明されます。ジェシカ・リは妻オ・サンミとキム・ウギが連絡を取っていた携帯電話を国家情報院が回収したことを知り、キム・ウギ副機長を早く確保する必要があることに焦りを見せます。

インターネットを通じてニュースを確認するキム・ウギは不安になったキム・ウギは、携帯電話の電源をオンにし、妻と連絡を取ろうとします。一方、キム・ウギが使っている携帯電話の位置を確認した国家情報院おTFチーム。しかし、貧民層が集まる地域で、位置が数キロ範囲でしか確認できない。

正確な位置を確認し、キム・ウギを逮捕するためキ・テウン(シン・ソンロク)が率いるチームがモロッコに向かうことになります。モロッコに向かう飛行機の中でチャ・ダルゴンを発見したコ・ヘリは驚き、チャ・ダルゴンは独自にキム・ウギ副機長を見つける計画。

モロッコ現地警察の協力を得るはずが、国家情報院のエージェントたちが到着すると連絡が届いていないとの理由に、動かない。NIS(国家情報院)が到着する前、現地警察と連絡を取ったジェシカ・リは、NISよりも先にキム・ウギを発見するよう要求します。一方、キム・ウギは妻オ・サンミと自身の記事をインターネットで確認すると、危険を感知。持っていた携帯電話を破壊し、携帯電話の信号なしでキム・ウギを発見するしかない状況に置かれます。

韓国ではカン・ジュチョル(イ・ギヨン)が、ジェシカ・リを逮捕。

モロッコで雑用ばかりさせられるコ・ヘリは、直接キム・ウギが食料や飲料水を調達できないことから、協力者がいることに気づきますが、キ・ウヨンはドローンを使って位置を発見しようとするだけ。。。チャ・ダルゴンが直接、一軒一軒確認をする作業をはじめ、大量のペットボトルの容器が放置されている場所を発見します。

第7話感想

隠れていたキム・ウギ副機長を先に発見するのに成功したのは、チャ・ダルゴンでした!

チャ・ダルゴンがキム・ウギの隠れ家に侵入した頃、モロッコ警察もキム・ウギの位置を確認し移動、どちらが先にキム・ウギを発見することになるのか、ハラハラする展開が続き、心細い気持ちにさせられました。先に見つけたのは幸いにもチャ・ダルゴンでした。でも、このまま現地警察がキム・ウギをNISに引き渡すとは思えない。。。正義感のない警察官の姿に、本当にこんな警察がいたら怖いなぁと、思いました。この緊張感ある展開は次の話でも続きそうですね。

NIS(国家情報院)の内密情報を漏らすシャドウの正体は明らかになりませんでしたが、ミン・ジェシク局長は明らかにシャドウではないことが判明。キ・ウヨンが登場する時、彼の足もとがクローズアップされました。まさか?キ・ウヨンがシャドウ??このドラマでもシン・ソンロクは悪役を演じているのでしょうか。それとも、伏線が引かれている?推理が楽しくなる展開です。

イ・スンギの演じるチャ・ダルゴンは、個人的には好みのタイプのキャラクターではなかったです。知的なタイプのアクションヒーロの方が好きなので、ちょっと違うイメージ。。。正直、ペ・スジが演じるコ・ヘリのキャラクターの方が魅力的で、徐々に責任感あるエージェントとして成長する姿が素敵。

テロ事件を起こしたはずのジェシカ・リが逮捕され、事情聴取を受けることになりますが、参考人としてライバル会社のエドワード・パクも呼ばれ、二人の会話が意味深げ。テロを起こしていないと語るジェシカ・リ、、、彼女は本当にテロと無関係なのか、謎が深まります。国家情報院にジェシカ・リとキム・ウギが映る写真を匿名で送らせたのはエドワード・パクで、死んだはずの記者を追うチャ・ダルゴンを発見したのも、エドワード・パクでした。

もしかすると、エドワード・パクが事件に大きく関与している可能性があることを意味しているのでしょうか。このドラマが向かう方向性がいまいちつかめない。。。

【豆知識】主題歌OST Part3I’ll が歌う「Breaking Dawn

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話視聴率7.2% 8.8% 10.1%

quetalsurinoさん

第8話あらすじ

コ・ヘリ(ペ・スジ)の協力で隠れていた副機長のキム・ウギを見つけることに成功したチャ・ダルゴン(イ・スンギ)。しかし、キム・ウギに銃を向けられると素早く銃を奪いキム・ウギを押さえつけます。ドローンの映像を分析していたTFチームは、チャ・ダルゴンを発見すると、キム・ウギが隠れている場所に向かい。。。

ジェシカ・リ(ムン・ジョンヒ)に協力する現地警察も動き、キ・テウン(シン・ソンロク)が到着する前に到着。NIS(国家情報院)が見つける前にキム・ウギを殺す予定だった警察は、チャ・ダルゴンを発見すると暗殺に失敗し、二人を逮捕。モロッコ警察の反対でキム・ウギを連行することに失敗した国家情報院のTFチーム。

チャ・ダルゴンが飛行機テロ事件の被害者家族だと知ったキ・テヨンは、チャ・ダルゴンとコ・ヘリが協力し合っていたことを知ると、信頼を失ったとコ・ヘリに冷たく接します。

キム・ウギが逮捕された報告を受けた国家情報院長は大統領に報告しようとしますが、大統領府民情首席室秘書官のユン・ハンギ(キム・ミンジョン)に阻止されます。秘密を握られた国家情報院長を脅し、TFチームの解散を要求、ジョン&マーク社への調査を辞めるよう圧力をかけます。大統領の反応も冷たい。。。

モロッコでは逮捕されたキム・ウギの取り調べが始まります。テロに参加したわけではなく墜落する飛行機から脱出したと、テロ事件とは無関係だと語るキム・ウギは突然発作を起こします。薬物中毒のキム・ウギは薬が切れるとショック状態になる恐れがある中、彼を死なせることができないキ・テウンが薬を投与しようとした時、反対するチャ・ダルゴン。結局、キム・ウギはテロを計画した人物が誰なのかを話します。テロを計画したのは、自殺として処理された副社長のマイケルでした。

その後、黙秘権を主張するキム・ウギは韓国に送還されることが決まり、TFチームと共に移動する中、彼らを狙う殺し屋のリリと脱泡者出身のキム・ドスの攻撃を受け、チームのメンバーを失ったキ・テウン。キム・ウギも足に銃傷を負い、、、キ・テウンが反撃に出ますが不利な状況に置かれ。

キ・テウンとは分かれて移動していたチャ・ダルゴンとコ・ヘリが現れ彼らを助けます。病院に向かうことができず、大使館でキム・ウギの手術をするキ・テウン。大量出血で命を落とす可能性があるキム・ウギのために輸血をするチャ・ダルゴン。

一方、韓国ではTFチームのリーダーがカン・ジュチョル(イ・ギヨン)から、ミン・ジェシク(チョン・マンシク)に変わり、逮捕されていたジェシカ・リが釈放される。。。

第8話感想

シャドウの正体はユン・ハンギ(キム・ミンジョン)でした。キ・テウンがシャドウの可能性が捨てられなかったので、ハラハラする気持ちが続きました。でも、シャドウはキ・テウンではなかった!

キム・ウギは死ぬと語るユン・ハンギの言葉通り、暗殺者と脱北者で形成された暗殺団のキム・ドスがモロッコに現れ、キム・ウギを殺すため攻撃をします。銃傷を受けたキム・ウギは生きたまま韓国に戻ることができるのでしょうか。飛行機テロの実行犯のジェロムも殺されたようなシーンが以前登場しましたが、銃声が聞こえただけで彼が死ぬところは見せられなかったので、もしかするとジェロムが生きている可能性もありますね。

キム・ウギを逮捕したのは、特殊な訓練を受けたNIS(国家情報院)のエージェントではなく、スタントマンのチャ・ダルゴンでした。キ・テウンとチャ・ダルゴンの対立に緊張する雰囲気が続きましたが、今後はチャ・ダルゴンがキ・テウンと協力して、テロの真相を明かすことになるようです。

テロ事件の真相を大統領も知っているのか、事件の真相を明かすことに興味がないのか、シャドウの上にもっと大きな権力が存在しそうで、単純な武器商人によるテロ事件ではないということでしょう。テロを指示した人物は、事件が起きる前に通報したマイケルだったことは以外な展開でした。

 自殺を装ってマイケルを殺したのは誰なのでしょう。これまでの流れや登場したシーンから予想すると、エドワード・パク(イ・ギョンヨン)がマイケルの死に関係があるようにも思えます。シャドウの協力で、釈放されたジェシカ・リがエドワード・パクと対立することになり、激しい争いが予想される。

TFチームのリーダーまで交換になり、逃亡していたミン・ジェシク局長がいつの間にか復帰。権力を持つことは悪党でも堂々とできる、正義に変えられる間違った世界。チャ・ダルゴンは自分が立ち向かう相手がどれほど大きな力を持っているのかまだ、気づいていない。。。

今後何が起きるのか、ハラハラ!!

 

バガボンド(韓国ドラマ)9話・10話 あらすじと感想

 

バガボンド(韓国ドラマ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー