バガボンド(韓国ドラマ)3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

バガボンド 배가본드 VAGABOND 【韓国放送期間】2019年9月20日~

第3回視聴率7.3%、8.4%、9.3%

quetalsurinoさん

第3話あらすじ

ブラックボックスの会話と事故が起きた時間を比較していたコ・ヘリ(ペ・スジ)は、副機長とテロ犯との間の会話に登場する数字が、飛行機テロと関係があるものだと気づき。飛行機事故はテロと断定。。。

大使館職員のキム・ホソクの働き掛けで、釈放されたチャ・ダルゴン(イ・スンギ)は、移動中射撃を受けます。しかし、銃傷を負ったのはキム・ホソク。キム・ホソクを病院に運んだあと、コ・ヘリ(ペ・スジ)にキム・ホソクが銃傷を負ったことを伝えます。病院に向かう前、自宅に寄ったコ・ヘリは男に命を狙われ、顔を確認したコ・ヘリはショックを受けます。その理由は、チャ・ダルゴンがテロ犯の仲間だと主張したホテルの職員だったことと、キム・ホソクの命令だったこと。

コ・ヘリとチャ・ダルゴンは急いで手術を受けているキム・ホソクを訪ねます。しかし、彼は既に逃げた後、、、キム・ホソクの見つけた二人の前で、持っていた毒入りカプセルをのみ、「何もするな、相手はかなわない」と語った時、鳴り響く銃声。キム・ホソクの命を狙うスナイパー(飛行機テロ犯)の姿に、チャ・ダルゴンがコ・ヘリの銃を奪って犯人に近づきます。

銃声を分析したコ・ヘリはチャ・ダルゴンと共に犯人のいる建物に向けて走り出します。チャ・ダルゴンの命を狙うテロ犯が銃を発砲しようとした時、彼に銃を向ける女性。。。組織の命令に背いて動いていたテロ犯のジェロムは、組織に発見され。

韓国の国家情報院では、コ・ヘリから送られた映像を分析しているコン・ファスク(ファン・ボラ)がセキュリティチェックにかかり、キ・テウン(シン・ソンロク)の命令でデータを没収されます。その後、国家情報院長をはじめとする局長級の会議が開かれ、コ・ヘリから報告を受けるカン・ジュチョル(イ・ギヨン)は、飛行機事故がテロを受けた報告を受けます。院長の命令で韓国に復帰することになったコ・ヘリは、モロッコに残って犯人を追う決心を固めるチャ・ダルゴンを説得し、二人は韓国に戻る飛行機に乗ります。

二人が韓国に向かっている頃、サイバー攻撃を受けた国家情報院では、テロ犯の顔が写っている動画が消え、国家情報院長は、飛行機テロ事件の捜査を中断するよう命じます。その処置に不満を表すキ・テウンチーム長。

一方、飛行機テロを計画したジョン&マーク社のジェシカ・リ社長は、戦闘機落札の結果が出ないことに苛立ち、決定権のある国防長官を動かすため新たな計画を進めます。飛行機テロに気づいたチャ・ダルゴンを消すため殺し屋(キラー)を雇ったジェシカ・リ。自然死に見せかけチャ・ダルゴンを殺害するよう依頼し、心臓発作を起こす薬を使って彼を殺害する計画。

韓国に到着したチャ・ダルゴとコ・ヘリ・・・、後ろから近づく男に気づいたチャ・ダルゴンが「お前は何者だ」と相手の腕をつかむ。

第3話感想

最後エピソードが面白い!殺し屋の計画では空港でチャ・ダルゴンに電気ショックを与え、救急車で運ばれる間、静脈に毒物を注射し心臓発作を起こさせ、自然死に見せかけ殺害することでした。でも、常に相手や状況を疑うチャ・ダルゴンにはこの方法は通用しなかった!

コ・ヘリのサングラスに映る男が自分を目指して向かっていることに気づいたチャ・ダルゴン。なんか無敵でスパイよりも危機回避能力が高い!チャ・ダルゴンの命を狙う殺し屋(キラー)リリの次なる計画が始まるようです。

テロによる飛行機事故だったことが明らかになり、捜査が進むのと思いましたが、国家情報院長が電話を受けた後、捜査を取り消しました。彼に電話を掛けてきた人物は誰なのでしょうか。国家情報院で飛行機事故の真相を明かすと信じ韓国に戻ってきたチャ・ダルゴン。テロが起きたこと、そのものを隠そうとする展開になると、チャ・ダルゴンが逆上する??

チャ・ダルゴンとコ・ヘリの関係は、一緒に過ごす時間お互いへの理解を深め、事件を解決するための仲間以上に発展しそうですね。チャ・ダルゴンの命を狙うのはテロ組織とジョン&マーク社のジェシカ・リ社長、そして今後は国家情報院も加わることになるのでしょうか。

武器を売るためあらゆる方法を使う武器商人のジェシカ・リは国防長官と深い関係になり、ジョン&マーク社の戦闘機を買わせるため体をはった駆け引き。飛行機爆破を命令したのはジェシカ・リですが、それ以上の秘密が隠されているようです。

ストーリー面ではそれほど新鮮な題材ではないですが、アクションドラマとしては今後も期待ができるドラマ。スジが演じるコ・ヘリの魅力も加わり、今後ブラックエージェントとしてのコ・ヘリの活躍と成長が楽しみです。

【豆知識】主題歌OST Part1はイ・チャンソルが歌う「Good Old Days」と、Part2 はイレインが歌う「Fallen Star

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4回視聴率6.8%、8.1%、10.2%

quetalsurinoさん

第4話あらすじ

キラーに命を狙われていることにきづかないチャ・ダルゴン(イ・スンギ)。。。キラーのリリは計画に失敗すると新たな計画を進め。

チャ・ダルゴンと一緒にいるコ・ヘリ(ペ・スジ)とコン・ファスク(ファン・ボラ)を確認した記者が内密にチャ・ダルゴンにコンタクトを取ります。遺族をインタビューしている過程で、飛行機転落事故がテロによるものだと主張したと聞いたチョ・ブヨン記者と会っているところを見たコ・ヘリとコン・ファスクは二人を尾行。

飛行機事故が起きる前日、警察にテロを伝える通報があったこと、担当した警官が意識を失いその後昏睡状態にあることをチャ・ダルゴンに就てる記者。戦闘機入札と深く関係していることを示す証拠品を受け取る予定の記者に同伴し、約束場所のホテルに向かい。二人を尾行するコ・ヘリとコン・ファスク。

ホテルの外で記者を待つチャ・ダルゴンは時間が過ぎても姿を現せないチョ・ブヨン記者を心配し、ホテルの中に入り、死にかけている記者を発見します。警察に通報したチャ・ダルゴン・・・、しかし犯人はトレイに隠れていて、逃走。チャ・ダルゴンを尾行していた二人と共に容疑者を負います。しかし、途中で逃してしまう。

ホテルに戻った三人は、部屋から遺体が消え部屋がキレイに片されている、出動した警察が確認するとチョ・ブヨン記者は休暇中。。。しかし、コ・ヘリはチャ・ダルゴンの言葉を信じます。

記者が死ぬ前にチャ・ダルゴンに渡したペンからUSBを発見したコ・ヘリは、残されている情報を確認します。飛行機テロに協力したと疑われる副機長の身元調査書が発見され、飛行機事故が起きる前に多額の保険に加入していることが確認でき、50億ウォンの保険金を受け取る予定の人は妻のオ・サンミ。

オ・サンミは飛行機事故で命を落とした犠牲者グループの代表を務めていることを知ったチャ・ダルゴンは、遺族が集まっている会に姿を現し、大騒ぎ。事故を起こした飛行機会社の傘下で、遺族との交渉を担当するダイナミックKP(D.K.P)のリーダーエドワード・パク(イ・ギョンヨン)に、チャ・ダルゴンは飛行機事故がテロであることを伝え、コ・ヘリ(ペ・スジ)は副社長の自殺にも関与している可能性を伝え。

しばらくの間、エドワード・パクの隠れ家で過ごすことになったチャ・ダルゴンとコ・ヘリ。一方、チャ・ダルゴンの命を狙うキラーリリは二人を監視中。国家情報院に復帰し、墜落事故の報告をするコ・ヘリは上司のミン・ジェシク(チョン・マンシク)から、捜査を打ち切るよう命じます。納得のいかないコ・ヘリ。。。キ・テウン(シン・ソンロク)は、コ・ヘリの報告が事実なら、事件をほうむることに罪悪感を持つ。

チャ・ダルゴンの車のブレーキを操作したキラーのリリ。しかし、彼女の計画は再び失敗に終わり、クラッシュした車から姿を現したチャ・ダルゴンは、その足でジェシカ・リ(ムン・ジョンヒ)が出席しているイベントに向かう。。。

第4話感想

スリル感のある展開が!!

副社長がテロに加担したことを主張してきたチャ・ダルゴンは、多額の保険金をかけ副機長が事故で死亡したことが偶然ではないとよみ、情報を提供された記者が残したUSBにも副機長を調べた痕跡が。。。殺害された記者はずの記者の遺体は消え、まるで何も起きなかったような状況。監視カメラの映像も残っておらず、ホテル側は、407号室は使われなかったと話し、チャ・ダルゴンが嘘の通報をしたような状況に陥りました。短時間で、遺体を処理しホテルを清掃できるほどだと、チャ・ダルゴンが今後相手にするのは、予想以上に大きな組織(パワーを持つ)の可能性があります。

テロを計画したのはジェシカ・リかもしれませんが、予想外の逆転が待っていそう!

ダイナミックシステム・コーポレーションとジョン&マーク社のライバル関係、戦闘機導入問題で、飛行機事故が原因で ジョン&マーク社の戦闘機を導入する可能性が高いと知ったチャ・ダルゴンは、ジェシカ・リの前に現れ、、、次の話では何が起きるか緊張させる展開になるのでしょうか。

コ・ヘリがキ・テウンを避けようとする理由は、過去にあったエピソードが原因でした。酔っぱらった勢いで、皆の前でキ・テウンヘの気持ちを告白してしまったコ・ヘリ。あれれ?微妙な三角関係が描かれることになるのでしょうか。

シン・ソンロクが国家情報院のチーム長で登場!悪役なのかいい役なのか微妙に判断できない知的なやはりお似合い。悪役を演じ続けたので、前作「パフューム」で見せたデザイナー役は逆に新鮮でしたが、ビシッとスーツ姿のスマートな役。チャ・ダルゴンとは全く真逆の冷静なタイプのようなので、今後事件を解決し大きな組織を暴いているのに彼がどのような役割を果たすのか、楽しみです!

 

バガボンド(韓国ドラマ)5話・6話 あらすじと感想

 

バガボンド(韓国ドラマ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー