ハートレスシティ ~無情都市~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●FOX S&E(2018/8/31から)月~金曜日8時から全話無料放送です 字幕
●TOKYO MX2月~金曜日7:05から 字幕
●FOX S&E(2018/5/21から)月~金曜日8時から全話無料放送 字幕

ハートレスシティ ~無情都市~ 무정도시  全20話
2013年放送 
平均視聴率 0.77% 시청률
ハートレスシティ~無情都市~ DVD-BOX1
あらすじ

 ソウルに暗躍する麻薬組織の幹部であるシヒョン(チョン・ギョンホ)は、“博士の息子”という異名で、組織の中で急速に勢力を拡大しつつあった。ある日シヒョンは、組織のボスを抹殺することを計画する。しかしそれは、単なる組織掌握を目的としたクーデターではなかった。一方、麻薬組織壊滅のために奔走する特捜部部長のヒョンミン(イ・ジェユン)は、一大勢力である天秤派のキーマンが“博士の息子”であることを突き止める。“博士の息子”をあぶり出すため、ヒョンミンの同僚で恋人でもあるギョンミがおとりとして組織に送り込まれるが、ギョンミは何者かに暗殺されてしまう。姉ギョンミと同じ警察官を目指していたスミン(ナム・ギュリ)は、姉の仇である“博士の息子”を捕らえるため、捜査官として麻薬組織に潜入することを決意するのだった。
そんな中シヒョンとスミンは互いに本当の姿を知らぬまま出会い、惹かれあっていくが…。

2017y08m03d_233528206
 ハートレスシティ ~無情都市~ 公式サイト 相関図
キャスト

チョン・ギョンホ チョン・シヒョン 麻薬組織幹部、「博士の息子」
ナム・ギュリ ユン・スミン 麻薬組織潜入捜査官
イ・ジェユン チ・ヒョンミン 麻薬捜査課特捜部長
ソン・チャンミン ミン局長(ミン・ホンギ) 警察庁捜査局長
キム・ユミ イ・ジンスク シヒョンの支援者、事業家
コ・ナウン イ・ギョンミ ヒョンミンの恋人、麻薬捜査課特捜部刑事
チェ・ムソン サファリ(ムン・ドクベ) 麻薬組織員、シヒョンとジンスクの昔なじみ

スタッフ /[演出]イ・ジョンヒョ
コメントにて随時感想募集中です。

第1回 0.56%
第2回 0.68%
第3回 0.55%
第4回 0.88%
第5回 0.91%
第6回 0.81%
第7回 0.71%
第8回 0.84%
第9回 0.78%
第10回 0.55%
第11回 0.97%
第12回 0.85%
第13回 0.74%
第14回 0.87%
第15回 0.74%
第16回 0.65%
第17回 0.85%
第18回 0.79%
第19回 0.76%
第20回 0.84%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

ハートレスシティの主演であるチョンギョンホさんが出演しているドラマ「あなた笑って」を見て彼のファンになりました。

その後、兵役に行った後の復帰作がこのハートレスシティでした。

ドラマの見どころは、それぞれが自分の本当の身分を偽って命を懸けて麻薬組織に潜入している姿が、どうなるんだろうとドラマを観ている人を惹きつける魅力があります。

チョンギョンホさんの以前見た「あなた笑って」の時の演技とはこのドラマの演技はまるで違い自分を抑えた男くさい演技が新たに彼の魅力を発見した気がします。

兵役に行く前の最後はの作品が「あなた笑って」で明るいキャラクターの役だったので、チョンギョンホさん自身が除隊後には、その明るいキャラクターとは違う役を演じたいと思っていたようでこのドラマへの出演を決めたようです。

チョンギョンホさんは、麻薬組織の幹部になり切っていますが、実は警察から潜入した潜入捜査官で今までのドラマとは違いこのドラマの中での彼はクールで哀愁が漂っています。

麻薬組織に潜入したいる役なので当然アクションシーンも多くあり、明るいキャラクターの彼の演技しか知らなかったのでまるで別人のような感じがしました。

撮影秘話でアクションシーンの多さでは苦労したと語っており7時間もアクションシーンを撮影して実際に使われたのが3分しかなかったと語っています。

またこのドラマの中にはロマンスもあり、姉を麻薬組織に殺されて妹が潜入捜査官として麻薬組織に潜入してチョンギョンホさんと恋に落ちるというロマンスもあり見どころ一杯です。

相手役の女優さんも潜入捜査官になりきるために、撮影が始まる前に本当の警察官に会って立ち居振る舞いを勉強されたそうです。

ドラマの中では裏切りが繰り返され、毎回新事実が明らかになって行く展開になっており飽きることがありません。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー