ハッシュ~沈黙注意報~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 | 韓ドラの鬼

ハッシュ~沈黙注意報~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

NEW! 投票開始!


【第1回継続中】ソ・ジヘ ドラマランキング


【第1回継続中】IU アイユー ドラマランキング


【第3回】VSイケメン 花郎 パク・ソジュン パク・ヒョンシク ミンホ チョ・ユヌ キム・テヒョン ト・ジハン (外部リンク・姉妹サイト)



「広告」


放送予定

【日本放送】

●【日本初放送・配信】Amazon Prime Video (2021/5/23~)

 

【韓国放送期間】 2020年12月11日~2021年2月6日

Amazon Prime Video ハッシュ ~沈黙注意報~

ハッシュ~沈黙注意報~

허쇠 Hush

2020年放送 JTBC    全16話

視聴率

平均視聴率 2.49% 시청률 最低視聴率第10回1.89% 最高視聴率第1回3.384%

出典:http://tv.jtbc.joins.com/

あらすじ

“ベテラン”記者と“生存型”のインターン記者の成長と現実ライフを描くストーリー。記者たちの生存と良心、その境界のジレンマで絶え間なく衝突して揺れる彼らの世界が、愉快でダイナミックに展開される。チョン・ジニョンによる小説『沈黙注意報』が原作。リアルで現実的な記者たちの“本物の世界”を描く。

相関図

画像出典:JTBC

キャスト


出典:JTBC

ファン・ジョンミン ハン・ジュンヒョク役 (40代半ば)   『毎日韓国』12年目記者。毎日、虚空の酒を飲む、遊び人のように見えるが、国内屈指のメディア『毎日韓国』の12年目のベテラン記者である。記者としての能力はもちろん、キャリア、体力、精神力のバランスが取れ、何一つ劣るところなく完全である。忘れられない「その日」のことが起こらなければ、おそらくジュンヒョクは、大韓民国を揺るがす中核の記者になったかもしれない。


出典:JTBC

少女時代のユナ イ・ジス役 20代半ば。『毎日韓国』インターン。空腹に勝つ以上の価値はないと思う。生涯、自分だけを見つめて、医師になってほしいと望む母親には申し訳ないこともあるが、6歳の時から漫画の代わりにニュースをまとめていた、生来のDNAはどうすることもできない。マスコミの傲慢と偏見は早くから知っていた! だから『毎日韓国』に注目した! ついにインターンとなった。休まずに走ってきたその理由は、『毎日韓国』で見せるつもりだ。


出典:JTBC

ソン・ビョンホ ナ・ソンウォン役 (50代半ば)   『毎日韓国』編集局長。雑務にも品格と階級があると信じている。目に見えない信念やプライドより、目の前の計算は、組織の利益が先という考えで、『毎日韓国』の実勢になって組織を管理する。休みたい時もあったが、ここまで上がってきた。ここで止めることはできない。


出典:JTBC

ユソン ヤン・ユンギョン役 (40代半ば)   『毎日韓国』社会部次長。ニックネームはヤンケプ。(部品の一種) 「ホかジX〜」が口グセの先輩であり、ジュンヒョクの精神的支柱。夫と離婚し、優しい息子イ・ジュンと優等生の娘ソジンを育てている。シックに走ってきた生活に自負があるが、わりが合わない結果を見て、多くの場合、物悲しいものがある。


出典:JTBC



キム・ウォネ チョン・セジュン役 (50代前半)   『毎日韓国』デジタルニュース第2チームのチーム長。腰をきちんと伸ばすことができないほど、懸命に働いたのに、不屈の反骨精神のために、部長昇進でいつも不足している。会社では、懸命に生きるスタッフより、無心の会社の従業員が便利であることが分かるのも遅かった。覚えておいて! 『毎日韓国』の兄を愛する後輩たちに告げる。沈黙せよ!


出典:JTBC

パク・ホサン オム・ソンハン役 (50代前半)   デジタルニュース部長。ニックネーム型崩れ。“オンソンハン(しっかりしていないという意味)”という愛称。信念のあるジャーナリストよりも、こだわりのある会社員に適した人物である。気づかない時は汚れていることも気づくことなく、速い時は汚れに気づくのも速い。名前は粗く見えても、記者としての能力も、後輩を接する心も劣らない。


出典:JTBC

イ・スンジュン キム・ギハ役 (40代前半)   デジタルニュース部記者。ベルト締め!精神を引き締めよ!細く!『毎日韓国』に、より長く長く生き残ることが目標だ。徒歩10分先には古城がたくさんあるオフィスでも、石仏のようなテンションを維持する。ああ!そんな彼もプルプル震える瞬間があったりする。休むとき?


出典:JTBC

キョン・スジン オ・スヨン役 (20代後半)   『毎日韓国』インターン。ウエストが減れば修繕費は上がり、年齢が増せば自信は減り、雇用の境界線は高まって、居場所は日に日に狭くなる今日だが、スヨンは知っている。より切実であれば切実なほど、貴重な明日がある。


出典:JTBC

キム・ジェチョル パク・ミョンファン役 (40代前半)   『毎日韓国』社長。虚しく息子を手放し挫折に陥っていた時もあったが、今は人生の第2幕の準備中だ。人々は知らない。『毎日韓国』は彼にとって終着駅ではなく、しばらく
休んで行く駅であることを。


出典:JTBC

チョン・ジュンウォン チェ・ギョンウ役 (20代後半)   社会部見習い記者。虚栄心あるような話が嫌いではない。ギョンウを記者にしたものも「知的虚栄心」が合うから。簡単な人に見られたくないので記者となり、世界はある程度目をつぶってくれるようだった。少なくともジスが後頭部を熱く見つめるまで。


出典:JTBC

ペク・ジュイ イ・ジェウン役 (40代前半)   デジタルニュース部。でたらめでいい加減さは『毎日韓国』記者の中では断然トップだ。スプーン一つから個人の化粧品までの記事を獲得する、愛情深い(?)ワーキングママでもある。休まず響く、携帯電話振動音のおかげで、ジェウンは今日も欠席だ。

イ・ジフン ユン・サンギュ役 (40代半ば)   社会部長。空しい夢は見ない。見込みのある現実は、なりふり選ばない。記者生命の中で、検察担当記者だけしてきた法曹通であり、上司の命令に服従し、秩序に服従する傾向が強い。シックなふりをするが、実際には、恐いものが多い。

パク・ソンイル チャン・ジェグォン役 (40代前半)   政治部部長。虚心坦懐 (心にわだかまりがなく、気持ちがスッキリしていること) は、組織社会で1位になるための概念だと考える。表裏は浮動するという彼の鉄則により、『毎日韓国』内でも高速昇進のタイトルを獲得した。休みたい人がいれば、遠く飛びたい人もいる。


出典:JTBC

チェ・ガンス チョ・ドンウク役 (30代半ば)   デジタルニュース部。腰につけた指。しかし、勤務態度は良くない。出勤して、会社でのゲームのレベルを高めることが、ドンウクの主な仕事。記者だが取材したことはなく、世界に流れるニュースにはあまり関心がない。休み休み、与えられた業務をこなせるだけ。


出典:JTBC

イ・スンウ ホン・ギュテ役 (20代半ば)  『毎日韓国』インターン。虚像を追えば、真実になり、夢を見れば、現実となった。少なくともギュテが生きてきた世界はそうだった。休み休み生き、鋭敏でなくても、切実でなくても、時が来れば、世話者ギュテの手に握られた。この場所、『毎日韓国』の出入証のように。


出典:JTBC

イム・ソンジェ カン・ジュアン役 (20代半ば)   『毎日韓国』インターン。
時間を無駄に過ごしたことがない。勉強なら勉強、外国語なら外国語、放送なら放送と、徹底した自己管理の結果、『毎日韓国』のインターン記者となった。小心者だったが、鋭い現実感を持つ。全てが簡単ではなかったが、デジタルニュース部では簡単だ。彼にはそれが向いている。

 

出典:JTBC

スタッフ /演出:チェ・ギュシク、脚本:キム・ジョンミン
OST:
作成:え

話数ごとのあらすじと感想 ●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

 

neroさん

ハッシュ~沈黙注意報~ 1話・2話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 3話・4話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 5話・6話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 7話・8話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 9話・10話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 11話・12話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 13話・14話 あらすじと感想
ハッシュ~沈黙注意報~ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●ファン・ジョンミンと少女時代のユナが贈る、本格社会派ドラマ!!

最近はスクリーンでの活躍が多い俳優ファン・ジョンミンが、なんと約8年ぶりにドラマ復帰。ファン・ジョンミンといえば、日本でも人気の実力派韓国人俳優の1人ですよね。放送前から韓国での注目度も高く、何かと話題になった作品です。

ヒロインを演じたのは、少女時代のユナ。こちらも映画にドラマにバラエティーにと、引っ張りだこですよね。ユナは、ドラマ「ラブレイン」での演技が個人的に印象的でした。自然体で、思わず引き込まれてしまう魅力がる女優さんです。本作でも、ベテラン俳優らに負けず、存在感のある演技で魅力をアピールしています。

ドラマの舞台は、言論社。日本でいう新聞社でしょうか。そこで働く記者たちの、信念と夢、そして現実の間で揺れ動く、心の葛藤を描いた作品です。

ファン・ジョンミン演じるハン・ジュニョクは、かつてはやり手のエース記者でしたが、6年前のとある事件をきっかけに、現在はすっかり前線から退き、ただのキレギ(韓国語で、記者“キジャ”とゴミを表す“スレギ”を合わせた呼び名)に。使命感や信念など一切なく、ただのサラリーマンと化したジュニョク。そんなジュニョクのもとへ、新たに採用されたインターン4名がやってきます。その内の1人、イ・ジス(ユナ)は、何かとジュニョクの行動に難癖をつけ…。実はジスとジュニョクには、過去に大きな接点があったのです。

一方、ジスの同期のオ・スヨン(キョン・スジン)は、ジュニョクを尊敬する記者だと話します。スヨンは地方大学出身ということで、これまで数多くの差別を受けてきました。今回が最後のチャンスだと話すスヨン。しかし、インターン最後の日、スヨンの身に事件が…。

1人のインターンの死をきっかけに、目まぐるしく変化する日常。いつしか本当の記者として再び動き出すジュニョクの姿に、思わず応援したくなる、そんなドラマです。

社会派ドラマといえば、日本でも大ヒットした「ミセン-未生-」が思い浮かびますが、本作はどちらかというとインターン目線というより、インターンを育てる中堅どころがメインとなったドラマです。社会の荒波に揉まれて、必死にしがみつこうとする人間の泥臭い部分に、共感間違いなし。また、言論社が舞台ということもあって、ユニークな言葉遊びにも注目です!

キム・ウォネ、ユソン、イ・スンジュンといった韓国を代表する名脇役が名を連ね、非常に見ごたえのある作品に仕上がっています。予測不能な展開に、最後の最後まで気が抜けません。


「広告」


【放送情報】


【Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~】

●【日本初放送・配信】Amazon Prime Video(2021/6/23日から)

Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~】

●BS朝日 全19話(2021/6/23から)月~金曜日8:30から 字幕

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【胸部外科:心臓を盗んだ医師たち】

●BS12 トゥエルビ(2021/6/24から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

胸部外科:心臓を盗んだ医師たち キャスト・相関図 視聴率と感想


【皇后の品格】

●BS日テレ(2021/6/28から)月~金曜日16時から 字幕

皇后の品格 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【あいつがそいつだ】

●Amazon Prime (2021/7/1~)配信開始

あいつがそいつだ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【99億の女】

●BS-TBS 全22話(2021/7/1から)月~金曜日13時から 字幕

99億の女 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【逆境の魔女〜シークレット・タウン〜】

●BSテレ東 全67話(2021/7/2から)月~金曜日15:54から 字幕

逆境の魔女〜シークレット・タウン〜 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【カンテク~運命の愛~】

●BSテレ東 全22話(2021/7/2から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【黄金の庭】

●BS12 トゥエルビ 全34話(2021/7/3から)土曜日14時から2話連続放送 字幕

黄金の庭 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第2回】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回】韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第2回】 韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第2回】韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






【PR】

U-NEXT【韓流】ページ



●【日本初配信】Amazon Prime Video (2021/5/23~)

ハッシュ~沈黙注意報~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー