ハイバイ、ママ! 11話・12話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ハイバイ、ママ! 11話・12話 あらすじと感想

「広告」


ハイバイ、ママ! tvN 全16話 하이바이、마마!【韓国放送期間】2020年 2月22日から2020年 4月19日まで

第11話視聴率5.324%

daisySSさん

第11話あらすじ

チャ・ユリ(キム・テヒ)との連絡が途絶え、彼女が事故に巻き込まれたと知ったチョ・ガンファ(イ・ギュヒョン)は急いで救命救急センターに向かいます。しかし事故に遭遇したのはユリではなく通行人。外傷は見当たらず治療の優先順から外されますが、魂が体から抜けていくところを目撃したユリは、緊急性を訴えガンファに命を助けるようお願いします。

ガンファが手術室を無断で離脱したとしてことから、一時診療禁止と減給を命じられたことを知ったユリは、ショックを驚きます。一方、ガンファはユリの後ろ姿に、事故が起こる前の思い出を浮かべ。。。

一方、幽霊を管理監督する公務員で巫女のミ・ドンデク(ユン・サボン)は現れた死神の姿に緊張する様子。納骨堂まで現れた訳を尋ねるミ・ドンデクに、「実績率99.9%を誇る僕を特別に派遣した理由は、あなたが任務を果たせないから。ところで、チャ・ユリとチョ・ソウの件はどのように処理する予定ですか?」答える死神。返事ができないミ・ドンデクに、死神は任された仕事をこなすと返事し、ミ・ドンデクの表情が暗くなります。

ユリの母チョン・ウンスク(キム・ミギョン)は、毎朝早く出かけては帰りが遅いユリを心配し、コ・ヒョンジョンを訪ねます。49日が過ぎると再び別れを告げることになることを知りながらも、ユリの母には沈黙。コ・ヒョンジョンの経営する食堂で母を発見したユリは、心配そうに母と自宅に戻ります。一方、このままユリを再び死なせるわけにはいかないコ・ヒョンジョンは巫女のミ・ドンデクを訪ねると、ユリに残された時間や彼女を死なせないためにできることを再確認。チョ・ガンファとの関係を修復しない限り、ユリの命を助ける方法がないことを確認します。



妻がミ・ドンテクと会っているところを見た夫のケ・グンサン(オ・ウィシク)。しばらく姿を隠していたゴーストカン・サンボンがケ・グンサンの側にいることを見つけると、彼を連れ納骨堂に戻ります。納骨堂では死神があの世に行くことを拒否するゴーストたちを送り出すため準備を始め。。。

チャ・ユリ、オ・ミンジョン(コ・ボギョル)とコ・ヒョンジョンの間に友情が芽生え始めます。オ・ミンジョンに離婚のことを切り出したコ・ヒョンジョン。これまで心を閉ざして一人で乗り切ろうとしたオ・ミンジョンが離婚を考えていたことなどの心境を語ります。コ・ヒョンジョンはミンジョンのガンファへの気持ち大きさを確認すると、過去、ガンファとミンジョンの恋を応援した自身を振り返り。

ミンジョンの留守中、娘ソウとの時間を楽しむガンファは、家族写真にはられたシールを発見すると、ソウに誰なのかを聞きます。「チャ・ユリ・・」と答える娘の声に驚きを隠せないガンファ。ソウにはチャ・ユリが母であることを話したことがないはずなのに、ソウはチャ・ユリとハッキリ答える様子に疑問を持ちます。

チャ・ユリと答えると微笑むソウ。。。

第11話感想

チョ・ソウ(ソ・ウジン)が母チャ・ユリ(キム・テヒ)の名前を知っていた??死んだ後娘の側に5年間いたユリは、娘がゴーストを見ることに気づいたのは49日間条件付きで人間に戻る少し前のことでした。

しかし、ソウははるかに前からチャ・ユリが誰なのか気づいていたのでしょうか。死神まで現れ、彼の口からユリとソウの名前が登場したことを考えると、ユリが人間として生き返った特別な理由が娘ソウと関係がありそうで、劇的な展開に発展していくのか楽しみです。ソウはいつからゴーストを見るようになったのかが、気になり始めた第11話。

ミンジョンはガンファにとって新たな恋でした。ユリを亡くし、新たな一歩が踏み出せないガンファの恋を応援したのはコ・ヒョンジョンだったことが分かり、ユリを再び死なせたくない気持ちが強い分、ミンジョンとガンファの結婚生活が終わることも望んでいない、難しい立場に置かれた様子。離婚を考えていたミンジョンはガンファへの気持ちを再確認すると、離婚をとどまるようです。そうなるとユリがガンファの元には戻れず、与えられた49日後に再び命を落とす結果に??

巫女のミ・ドンデク(ユン・サボン)は納骨堂に残るゴーストたちをあの世に送り出す任務があるにも拘わらず、それぞれの思い残した事情を無視できず、全く役割を果たせていない状況で現れた死神。次の話では自殺したゴーストたちのエピソードが登場するようです。

プロローグとエピローグでは妊娠中のユリの姿が登場しました。事故にあい命を落とす前のガンファとユリの関係も垣間見ることができ、個人的にはこのドラマで使われるプロローグとエピローグを通じて登場するキャラクターたちの心理状態が理解しやすく描かれると感じました。

ユリとユリの家族が登場するエピソードは、もしも大切な家族が生きて戻ったら?ということを前提に考えると、温かいエピソードばかりでした。予告編では死神がソウの名前をあげる場面があり、やはり幼いソウに何かが起こることを予想させます。

第12話視聴率5.227%

daisySSさん

第12話あらすじ

娘ソウの口から、チャ・ユリの名前を聞いたチョ・ガンファ(イ・ギュヒョン)は、これまで一度も口にしたことのない名前をソウが知っていることに驚きを隠せず。。。酔っぱらったオ・ミンジョン(コ・ボギョル)を連れて現れたチャ・ユリ(キム・テヒ)に、そのことを伝えます。長い時間娘の側にいたせいでソウが幽霊の自分を見るようになったことに責任を感じ、涙を見せます。

コ・ヒョンジョン(シン・ドンミ)が自分をユリと呼んだことをソウが聞いたはずだと、ずっと側で見守っていたことをガンファに正直に話せないユリ。ガンファは悲しむ彼女の姿に、すべてを妻ミンジョンに打ち明けて、堂々と娘ソウと会うようアドバイスしますが、ユリは理由を説明できず拒否するだけ。

ソウを巻き込んでしまったことを後悔するユリの前に突如現れた死神は、「お前の娘を迎えに来た。」と語るとユリを驚かせます。その時、ユリを守るために現れた幽霊を管理監督する公務員で、巫女のミ・ドンデク(ユン・サボン)に助けられますが、ソウが幽霊を見る能力を持ち続けるとミ・ドンデクのような巫女になるか、死神になる運命だと告げられ、ソウと共に生活できるチャンスをつかむようにアドバイスしますが、ミンジョンから妻と母の座を奪うことができないユリ。

一方、ガンファはユリやヒョンジョンと親しくなったミンジョンの姿に複雑な気持ち。送迎をユリではなく別の人に頼むことを提案しますが、ミンジョンはユリへの信頼を持ち始めたため、ガンファの提案には反対的な姿勢を見せます。

誰がソウにチャ・ユリの名前を教えたのかが気になるガンファは、ユリを最もよく知るオ・ミンジョン(コ・ボギョル)を訪ね、何か隠していることがないのかを確かめます。ガンファの妻に戻らない限り再び死を迎えることになると真実を伝えることができず涙を流すヒョンジョンの姿に、ガンファはユリとヒョンジョンが何か隠していることに気づく。

ユリが亡くなって一度もユリの家族と会っていなかったソウ。ガンファはユリの家族を配慮し、ソウをユリの実家に預けに現れます。ソウをユリの自宅に預けることをミンジョンに秘密にして、ユリにも急用ができたためと嘘の理由を作る。しかし、ガンファが嘘をついたことにミンジョンは気づいてしまいます。

ユリの実家からソウを連れて自宅に戻る途中、ミンジョンからのメールを確認していたガンファ。スの隙にソウの前に現れた死神が彼女の名前を呼び、ソウが近づくと彼女の頭に触れようとした時、ガンファが現れ、失敗に終わります。

誰なのかを尋ねるガンファの言葉に、「チャ・ユリの友人です。ゴーストとなった5年間、あなたの側にずっといたチャ・ユリの・・・」と答えるとその場を去る。しかし、その言葉にガンファはショックを受けてしまいます。ミンジョンと恋に落ち再婚した、、、すべてを側でユリが見ていたことを知ったガンファは、涙を流す。。。

第12話感想

生きて帰ったユリがミンジョンと再婚した自分を見ても驚かなかった理由、ソウがチャ・ユリのなめを知っていた理由などの疑問を持っていたガンファ。友人のヒョンジョンは口を閉ざし、ユリもそのわけを説明しませんでしたが、死神によってユリが5年間、ガンファ、ミンジョンとソウの側にずっといたことを知ったガンファが、ユリの前で申し訳なさそうに涙を流すシーンが今話の最後のシーンでした。

何気なく観ていたストーリーですが、今後はガンファ、ユリとミンジョンの運命に切ない気持にさせられることになるのでしょうね。ユリが49日後死を選択する理由は、ソウにとって唯一の母がこれまで彼女を育てたオ・ミンジョンだと分かったからでした。

娘から母の存在を奪うことができず、娘の幸せを願って死を選ぶ決心をしたユリ。母という存在って大きいと思いました。ドラマの設定ですが、自分だったらユリのような選択をすることができるだろうか、と色々考えさせられます。

プロローグはミンジョンとガンファの結婚生活の様子が描かれました。辛い物が苦手だったガンファが、ミンジョンとの結婚生活を通じて辛い物が好きになっていた。ミンジョンとの生活を通して変わっていくガンファの姿を、ユリはそっと見守っていたことを考えると、切なくなりますね。エピローグは、ミンジョンとのデートを楽しむ結婚前の二人のデートの様子が描かれ、二人の結婚写真が飾られ、、、プロローグもエピローグもミンジョンとガンファのストーリーでした。

準備していた離婚届を破り捨てたミンジョンの行動は、離婚ではなくガンファとの結婚生活を維持する意思があることを意味しますが、果たしていつまでユリの存在をミンジョンに隠し続けることができるのでしょうか。

ユリと段々仲良くなっていくミンジョンの姿を見ると、ガンファとユリがこれまで隠してきたことに気づいた時、大きく揺れるような気がして、今からハラハラします。コミカルなエピソードが続いていましたが、泣ける最終話に向けストーリーが流れていくことになります。

ハイバイ、ママ! 13話・14話 あらすじと感想

ハイバイ、ママ!全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 


「広告」


【放送情報】


【花道だけ歩きましょう】

●BS日テレ 全70話(2021/12/6から)月~金曜日11:30から 字幕

花道だけ歩きましょう キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜】

●BS12 トゥエルビ 全22話(2021/12/13から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜(チョンイル電子 ミス・リー) キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【夫婦の世界】

●BS朝日(2021/12/14から)月~金曜日8:30から 字幕

夫婦の世界 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【黄金の私の人生】

●BSテレ東 全70話(2021/12/20から)月~金曜日8:53から 吹替[二]

黄金の私の人生 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ストーブリーグ】

●BS日テレ(2021/12/20から)月~金曜日16時から 字幕 

ストーブリーグ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●WOWOWプライム 全21話(2021/12/22から)字幕

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率 


2021年版 投票中!


【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)

来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿