ハイクラス~私の1円の愛 (不夜城) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●原題:不夜城

ハイクラス~私の1円の愛  불야성 全20話
2016年放送 
平均視聴率 4.6% 시청률
韓国ドラマ ハイクラス~私の1円の愛~ DVD-BOX1 KEDV-0595 パソコン・AV機器関連 CD/DVD ab1-1105038-ah [簡素パッケージ品]
あらすじ

欲しいものは必ず手にいれるたとえ、それが1円の愛でも―
並外れた美貌をもつセジン(ユイ)は、家庭が貧しくアルバイトに追われていた。恋人代行のアルバイトとして高額のドレスを借りて競売パーティーに出席したある日、会場にいた女性実業家のイギョン(イ・ヨウォン)と出会う。イギョンはセジンに、「一度目を付けた人は忘れない」と言い放ち、お金を稼ぎたいなら連絡をするようにと名刺を渡す。

数日後、イギョンの元を訪ねたセジンは1日だけ私の代わりをしてほしいというイギョンの依頼を引き受ける。

その依頼は自分に迫る危機を感じていたイギョンがセジンを身代わりにすることを意味していた。セジンは指定されたホテルに向かうが、取引き先に騙され廃墟に監禁されてしまう。自力で脱出したセジンは、イギョンに利用されたことを知り、金持ちに憧れたことを後悔したが、貧しさから抜け出すために結局イギョンの元で働く決意をする。一方イギョンは、昔の恋人であるムジングループ後継者ゴヌ(チン・グ)が日本から戻ってきたことを知る。平然と振る舞っていたが内心は動揺していたイギョンはある日、ゴヌに近づくようセジンに指示を出す。

イギョンの本当の狙いとは?そして、イギョンとゴヌの過去には一体何が…

BSフジ ハイクラス~私の1円の愛 相関図
キャスト

イ・ヨウォン ソ・イギョン ギャラリーS代表
チン・グ パク・ゴヌ ムジングループ御曹司、特別企画室長
ユイ イ・セジン フリーター、イギョンの部下
チョン・ヘイン タク イギョンの部下
チェ・イルファ ソ・ボンス イギョンの父、日韓金融会長
チェ・ミン チョ理事(チョ・ソンムク) イギョンの側近、ボンスの元秘書
シム・イヨン キム作家 天才ハッカー、イギョンの協力者
ユン・ボギン チャン・スッキ セジンの叔母
キム・ゴウン シン・ソンミ スッキの娘
チョン・ハニョン パク・ムイル ゴヌの父、ムジングループ会長
イ・ジェヨン パク・ムサム ムイルの弟、ムジン物産社長
ナム・ギエ ムン室長(ムン・ヒジョン) ゴヌの秘書
チョン・グクファン ソン会長(ソン・ウィソン) チョナ金融会長
パク・ソヌ ソン社長(ソン・ギテ) ソン会長の息子、チョナ金融社長
イ・ホジョン ソン・マリ ソン社長の娘、

スタッフ /脚本:ハン・ジフン 演出:イ・ジェドン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

「外科医ポンダルヒ」で主人公のポンダルヒに扮していたイヨウォンさんの細い体のどこから出て来るんだろうと感じさせてくれるパワーに魅了され彼女のファンになりました。

彼女が主演しているこのハイクラス~私の1円の愛も楽しみにしながらドラマを見始めました。

ベテラン女優となったイヨウォンさんが、野望を抱く貪欲な役で今まで見て来た彼女のドラマの役とは違い自分の野望のために他の人を利用するという役を演じています。

最初は、今まで見て来たイヨウォンさんのイメージと違う役どころに戸惑いを感じましたが、ドラマの回が進むごとにその面白いストーリーに嵌って行きました。

このドラマで初めて知ったユイさんの演技もイヨウォンさんに引けを取らない演技でドラマをさらに面白くしていました。イヨウォンさんとユイさんは、2人ともスタイル抜群の美人ですが雰囲気が全く違いこの雰囲気の違う2人の演技がぶつかり合いドラマに引き込まれて行きました。ロマンスの要素もあり、ロマンスも楽しむことが出来ます。

またドラマの中で流れる音楽を日本でも人気のジュンスが担当して大きな話題になりました。ジュンスの美しい歌声とオーケストラの旋律がこのドラマをさらに盛り上げてその歌声にも魅了されます。

このドラマでは、イヨウォンさんが野望のために、徐々にモンスターになってしまい、彼女を尊敬していたユイさん演じるセジンが途中で彼女と違う道に進んで行きます。

しかしセジンがイギョンがモンスターになるのを最終的に止めに来てくれ、女同士の友情の美しさを感じさせてくれました。

このドラマのタイトルがハイクラス~私の1円の愛というタイトルですが、最後まで見るとこの1円の意味が理解出来て納得出来ました。
男女の愛と同じように女性同士の友情も凄いということをこのドラマは感じさせてくれます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿