ナビレラ 9話・10話 あらすじと感想

ナビレラ



ナビレラ 니빌레라 Nabillera 2021年放送 tvN 全12話

第9話視聴率3.150%

neroさん

第9話あらすじ

正気を取り戻したシム・ドクチュル(パク・インファン)を家まで送って行くイ・チェロク(ソン・ガン)。すると家の前には、荷物を取りに来た末っ子ソングァン(チョ・ボンレ)の姿が。ソングァンを呼び出したチェロクは、ドクチュルがアルツハイマーを患っていると明かします。思い掛けないチェロクの言葉に、茫然とするソングァン。その後、皆で食卓を囲んだソングァンは、「父さんを主人公にドキュメンタリーを撮ることにした」と言います。

翌朝、早速荷物をまとめたソングァンはドクチュルの家へ。今日から24時間、ドクチュルと行動をともにするつもりだとソングァンは言います。昨夜チェロクが言っていた、ドクチュルの手帳を手に取ったソングァン。そこに書かれたドクチュルの想いを目にしたソングァンは、人知れず涙を流します。

ドクチュルと一緒にスタジオへ向かったソングァンは、チェロクの指導のもと一生懸命バレエの練習に励む父親の姿を、カメラに収めます。ドクチュルと食事をしたチェロクは、これからは午後のレッスンも追加することにしたと話します。会計を済ませる間、ドクチュルの携帯に位置追跡アプリをダウンロードするチェロク。

次の日も、ソングァンはドクチュルのレッスンに付き合います。しきりに集中力を切らすドクチュルに、喝を入れるチェロク。昼休憩になると、ドクチュルはチュンシクのもとへ。膝の痛みを訴え、「身体が言うことを聞いてくれない」と嘆くドクチュル。そんなドクチュルを見兼ねたチュンシクは、「ここら辺で諦めるのはどうですか?そうすれば、こんな風に悩むことだってなくなる」と言います。スタジオへ戻ったドクチュルは、バレエダンサーのファンヒ(ソ・イングク)と対面。70歳のドクチュルがバレエを習っていると知ったファンヒは、ドクチュルのバレエを「趣味」と呼びます。するとチェロクはファンヒを追いかけ「趣味なんかじゃない。もちろん難しいことはわかってる。でもおじいさんは、残りの人生をすべて賭けているんだ」と訂正します。

スタジオへ戻ったチェロクは、どうして趣味だと言われ言い返さなかったのかと尋ねます。「俺は諦めない。誰に何と言われようと」とドクチュル。ドクチュルの言葉を聞いたチェロクは、スンジュにドクチュルを舞台に立たせたいと提案。最初は反対するスンジュでしたが、チェロクの熱意に負け、1か月後にオーディションを開催することに。これを聞いたドクチュルは、目を輝かせ、何度もチェロクにありがとうと礼を言います。その頃、チェロクの父ムヨン(チョ・ソンハ)がチェロクに会う為、ソウルへ。

家に帰ったチェロクは、連絡もなしに訪ねて来た父親を見て驚きます。チェロクが負傷したと聞き、心配して駆け付けたムヨン。ぎこちない空気が流れるなか、2人はムヨンが持って来た料理を食べることに。するとチェロクは、「今度一緒に銭湯に行こう」と言います。翌朝、チェロクの家を出たムヨンが向かった先は、かつての教え子ヤン・ホボム(キム・グォン)が出入りするビリヤード場。

一方、発表の集まりがあると言っていたにもかかわらず、なかなか現れないドクチュルを心配するチェロク。するとスンジュは、ドクチュルが既にスタジオに来ていて、今はトイレに行ったと話します。これにハッとしたチェロクは、慌てて男子トイレへ。鍵のかかった個室から、「思い出せ、思い出せ…」と何度も呟くドクチュルの声が。

第9話感想

段々と悪化していくドクチュルの症状…

ドキュメンタリーの撮影の為、しばらく遠くへ行くと言っていたソングァン。しかし、ドクチュルの病気を知ったチェロクは、ソングァンにそれを伝えます。ソウルを離れるつもりだったソングァンでしたが、父ドクチュルの病気を知り、留まることに。さらにソングァンは、ドクチュルを主人公にドキュメンタリーを撮影すると言います。ドクチュルの病気を知った時のソングァンの反応が、何とも切ない。ただ、一人で抱え込むにはあまりにも深刻な問題だったので、チェロクの行動は正解だったと思います。

そんななか、ドクチュルを舞台に立たせたいと考えるチェロクは、スンジュに相談します。最初は否定的だったスンジュでしたが、チェロクの熱意に負け、オーディションを承諾。これに喜ぶドクチュル。しかしその後、気を良くしたドクチュルが飲み物を買いに出掛けますが、買ってきたメニューが全く別の物で… 思わず目を合わせるチェロクとソングァンでした。

一方、負傷したチェロクを心配し、ソウルへやってきたムヨン。不器用ながらも、少しずつ父子の間が縮まっているようにも感じ、見ていて微笑ましかったです。そして、チェロクと別れたムヨンが向かった先は、何とホボムのもと。実はムヨンは、チェロクの家へ向かう途中でセジョンと会っていました。セジョンからチェロクに怪我をさせたのが、ホボムだと聞いたムヨン。果たしてこれは正しい選択だったのかどうか、不安です。

第10話視聴率2.859%

neroさん

第10話あらすじ

トイレの個室でうずくまるドクチュルを発見したチェロク。「しっかりしろ…思い出せ…」そう何度も呟くドクチュルに、チェロクは大丈夫かと声を掛けます。チェロクの顔を見た瞬間、ドクチュルの目からは涙が。

チェロクが自分の病気について知っていると知り、驚くドクチュル。さらにチェロクは、ソングァンも知っていると明かします。茫然と通りを歩くなか、車に轢かれそうになってしまうドクチュル… 咄嗟にドクチュルの手を掴んだチェロクは、「何をしてるんですか!しっかりして下さい!」と怒鳴ります。帰り道、チェロクはドクチュルにもうバレエを辞めるようにと告げます。大丈夫だと伝えるドクチュルでしたが、不安で仕方ないと首を振るチェロク。

その頃、ホボムに会いに行ったムヨンは、すべて自分のせいだったと謝罪。「こんなことなら、もっと早くチェロクの足を潰しておくべきだった」と、ホボムは吐き捨てます。「すまなかったホボム、でもな、まだ遅くない。まだやり直せる、お前には才能がある」ムヨンの言葉に、ホボムは憤りを隠せません。

翌日、レッスンに現れないドクチュルを心配するスンジュ。しかし、チェロクは何も語ろうとしません。一方ドクチュルはと言うと、チェロクとの件は口にせず、水漏れのせいでスタジオが使えなくなったとソングァンに説明。するとドクチュルは、ソングァンを“アジト”へ連れて行きます。ドクチュルに連れられてソングァンがやってきたのは、公園。ドクチュルのトレーニングに付き合ったソングァンは、そのハードさに思わず音を上げてしまいます。

身体の不調を感じたチェ・ヘナム(ナ・ムニ)は、ソングァンに付き添ってもらい、病院へ。検査の結果、幸い大きな問題はなく、これまで通り食事をちゃんととるようにと話す医師。これに安堵したヘナムは、「良かった、私まで病気になる訳にはいかないから」と呟きます。実は、先日のチェロクとソングァンの会話を聞いていたヘナム…

公園のベンチでぼーっとするドクチュルを見掛けたホボムは、チェロクにメールを入れます。しかし、素っ気ない返事に舌打ちするホボム。そんなホボムに気付いたドクチュルは、食事に誘います。ホボムが再び運動を始めたと知り、笑顔を見せるドクチュル。

自宅へ戻ったドクチュルは、ラーメンを食べようと鍋を火に掛けたまま外出。しばらくして帰宅したヘナムは、コンロから煙が出ているのを見て驚きます。慌てて鍋を取ろうとし、手のひらを火傷してしまうヘナム。帰宅後、自分のせいでヘナムが怪我したと知り、ドクチュルはショックを受けます。翌日、スーツに着替えたドクチュルが向かったのは、療養院でした。説明を受け、その足でドクチュルは友人の墓参りへ。

ドクチュルと連絡がつかないとヘナムから言われ、慌てて周辺を捜索するソングァン。しかし、アジトにもその姿はなく。困ったソングァンは、兄ソンサンに事情を伝えます。ドクチュルの病気を知ったソンサンは、動揺を隠せません。そんななか、アプリで調べた位置情報を伝えるチェロク。連絡を受けたソンサンは、ドクチュルのもとへ。「幾ら年を取ったって、父さんはいつまでも俺にとっては大きな山なんだ。忘れないでくれ」と涙を流すソンサン。

ソンサンの車で帰るなか、チェロクに気付いたドクチュルは、車を降ります。雪が降るなか、チェロクの前で何度も練習したバレエを披露するドクチュル。「馬鹿になっていくこの頭ではなく、身体が覚えるように、一日も休まずに練習したんだ」そんなドクチュルに、チェロクは一緒にバレエをやろうと微笑みます。

第10話感想

涙なくしては見られない第10話。あらすじを書きながらも、涙が止まりません。。アルツハイマーという病気を抱えながらも、バレエに対する情熱を注ぐドクチュルの姿に、勇気が貰えました。一方、そんなドクチュルを心配して、バレエを辞めるように告げたチェロク。もちろん、ドクチュルもそんなチェロクの気持ちを十分わかっています。

誰に何を言われようとも、バレエを続けたいと話すドクチュル。一番不安なのは、家族でもチェロクでもなく、ドクチュル自身なんです。それでも必死に、最後まで夢を追い続けるドクチュルがとても頼もしく見えました。特に最後のバレエのシーンは、何とも美しい姿に感動。

また、10話では長男のソンサンを始め、ヘナムまでもがドクチュルの病気を知ることに。ヘナムがめまいを訴えた時は、このタイミングで…?と思わず頭を抱えましたが、何ともなくて良かったです。ドクチュルの病気を知りながらも、彼を支える決意を固めるヘナム。そんななか、ドクチュルは自ら施設に入る準備を始めます。ドクチュルなりに考えがあってのことだと思いますが、そろそろここらで、家族に全てを明かして欲しいなと思うのは、私だけでしょうか。家族としては、最後まで最善と尽くしたいと思うのでは?今後のドクチュルと家族の関係に注目です。

前回のラストで、ホボムを訪ねるムヨンのシーンが登場しましたが、2人のわだかまりも少しずつ解決しつつあり、ほっとしました。ムヨンに言われた通り、トレーニングに励むホボム。そんなホボムとドクチュルの絡みが、何とも心地良いです。

ナビレラ 11話・12話(最終回) あらすじと感想

ナビレラ(韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 あらすじ



【放送情報】


【風と雲と雨】

●テレビ大阪 (2023/2/2) (木) 月~金曜日 9:30~

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト) 


【オクニョ運命の女】

●BS日テレ 全51話(2023/2/3から)月~金曜日13時から 字幕

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【智異山(チリサン)】

●BSテレ東 全16話(2023/2/6から)月~金曜日15:54から 字幕

智異山(チリサン)(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋の予感〜モンシュシュ・シェアハウス】

●BSフジ(2022/2/8~)(水)10:00~(全2話・字幕)

恋の予感〜モンシュシュ・シェアハウス キャスト/あらすじと感想


【紳士とお嬢さん】

●テレビ東京 全68話(2023/2/9から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

紳士とお嬢さん(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想  視聴率


【九家の書~千年に一度の恋~】

●サンテレビ(2023/2/9)(木)スタート毎週 月-金曜日 13:00~ 放送

九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 (外部リンク・姉妹サイト)


【優しい男】

●BS松竹東急 全20話(2023/2/9から)月~金曜日16:30から 字幕

優しい男 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【ヒョンジェは美しい】

●WOWOWプライム 全50話(2023/2/13から) 月~金曜日8:30から 字幕

ヒョンジェは美しい 全50話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP