ナインルーム 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ナインルーム  나인룸 Room No. 9 全16話

第9話 視聴率4.041%

onwardさんより

第9話 あらすじ

ヘイとファサの手首を結わくユジン。しかしゲルを忘れたことに気付き、取りに行こうとしますが、その時キ・サンが現れます。ベッドの下にファサを押し込み、何とか逃げ切るユジン。そして古い除細動器を当てて…体が元に戻ったヘイとファサ。しかし、チャンソンの公判に勝てなければ、マ・ヒョンチョル殺人犯にすると脅されているヘイは、すぐに正体を明かせず、ファサのフリをします。一方、公判の朝、報道陣に堂々と発言する“ファサ”を見て驚くミラン。

ヘイはチャンソンの公判で、堂々とした意見を述べ、勝訴します。見返りとして、チャンソンが教授に挨拶している映像と引き換えに、ホテルにいる自分(ファサ)の映像を破棄するよう、キ・サンと取引するヘイ。更に、ファサの調査書類を渡し、ボーナスとしてシニアパートナーのポジションも要求します。亡くなった教授が、パク秘書と大学で同級生だったのを思い出したキ・サンは、書類にあるエスタという女性について調査するよう依頼。

ヘイがファサの首にかかったリングを取り戻そうとすると、6日も意識不明だったファサが急に眼を覚まします。カン教授を呼んで欲しいというファサの願いを無視するヘイ。そこへやって来たユジンは、やっとヘイが元に戻ったと感じ、抱きしめるのでした。

事務所に戻ると、シニアパートナーに昇格していたヘイ。その様子に戸惑うミラン。そんなミランに、今までのご褒美、とお金を渡し、ヘイは海外旅行を勧めます…

ファサの病室を訪ねたウルチ・ソンとカン教授のおかげで、ファサは執行停止で釈放されます。すぐにハッカーの元を訪ね、チャンソンが親しかった教授モーガン・キムの映像復元を頼むファサ。一方のヘイは、ファサの痕跡をアパートからすべて消そうと躍起。そして、ユジンと甘い時を過ごします。しかし、呼び鈴が鳴って、以前と同じような箱…それは、ユジンがプロポーズの為に用意したものでした。するとまた箱が届けられ(視聴者には送り主がボン・サンダルだと知らされます)…不安になるユジンとヘイ。

チャンソン公判最終日。裁判官が評決を述べている最中に、ファサが法廷に入ってきて、静かに後ろの席に座ります。そして、本件が事故だと裁判官が述べた時、オ・ボンサムが突然押し入り、これは計画的な殺人で、証拠もあります、と叫びます。騒然となる法廷!反論するヘイ。チャン・ファサの甲高い笑い声が響き渡り、人々の視線は彼女に注がれるのでした。

第9話 感想

やっと元に戻ったヘイとファサ。

ミランをそばに置いて、ファサのフリを続けたことで、ヘイは、チャンソンとモーガン・キムの映像を手に入れます。しかし、それを材料に、ホテルの映像を破棄してもらおうと言うのは、発想が安直すぎます。ホテルのCCTVなら、他の誰かも持っている可能性が大いにありますから。「入れ替わった」事が証明できない限り、マ・ヒョンチョルを殺害したのはヘイの姿をした人物です。彼女はハメられた可能性がまだ残っていますが、ファサの協力がなければ、真犯人の追及は無理でしょう。

ファサの刑が執行停止になり、彼女はチュ・ヨンベの復讐に向かって、本格的に動き出しました。彼女が考える得る「復讐」は達成できそうにみえますが、チャンソンを傷つけられたキ・サンが黙っているはずがありません。キ・サンだけでなく、パク秘書もチャンソン自身も、ファサが思っているより遥かに恐ろしい人間だと思われます。法廷に現れて、自分が仕掛けたのだと彼らに知らしめてしまったが故に、消される可能性が出てきました。

いずれにせよ、ヘイとファサはお互いが持っている知識と情報を出し合って協力しない限り、難しい立場になりました。早くそれに気づいて欲しいと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ナインルーム  나인룸 Room No. 9 全16話

第10話 視聴率4.384%

onwardさんより

第10話 あらすじ

催眠療法士の指導で、事件当時に戻り、隣に座っているのが本物のキ・サンだと気づくチャン・ファサ。現在に戻されると、目の前にいるキ・ユジンを見て、死んだのはヨンベではなくて貴方だった、と言います。その15日前…

裁判長、検察、弁護団は、オ刑事が証拠だと見せたUSBの内容を確認することになります。その日の朝、朝から酒を飲んでいたオ刑事と元同僚のファンは、急に店のテレビからチャンソンと教授の映像が流れて驚きます。しかし、騒いでいる間に、ハンビュル達は、USBを置いて去ってしまうのでした。

拘束捜査となり、オ刑事と検事側がチャンソンを尋問していると、ヘイがやってきます。教授と何を話したか質問するヘイに、知る必要はない、と言うチャンソン。ユジンを呼び、差し入れの食事をガツガツと食べ始めますが、ユジンが教授の事を質問すると、立ち上がって叫び出します。そんなチャンソンを冷静に眺め、薬を渡すユジン。

旅行から帰ってきたカン・ミランを「私がファサに見える?」と言ってアパートから追い出すヘイ。ハンビュルの連絡で、ファサが居るモーテルへ行ったミランは、ファサの病気のことを知ります。そして、ダムジャンで現金を盗んだところをバン・サンスに見られ、ファサの居所がパク秘書に解ってしまいます。チャンソンに害が及ばないよう処理してほしい、というキ会長。

ファサの点滴に何者かが薬を混入し、ファサはショック状態に。ミランに呼ばれたユジンは、ファサに最小限の治療を施し、帰ろうとしますが、足元に落ちた書類の中にエスタの写真を見つけ、ファサ達をヘイのアパートに連れていきます。信じられない、と説明を求めるヘイに、写真を見せるユジン。それは、ヘイがミランからもらって、キ会長に渡したのと同じ写真でした。

USBの指紋からハンビュルを見つけ出したオ刑事に、ウルチ・ヘイに頼まれた、と写真を証拠として見せるハンビュル。その時ファサと入れ替わっていたとは誰も知らず…

キ先生を見ると頭が痛くなる、と言うファサを、ユジンは、先輩の催眠療法士の所へ連れていきます。そして、10話の最初の通り、ヨンベではなかったことを知るのです。

ファサの居所を見つけ、彼女が一人でアパートに居る時に入ってきたキ・サンは、ファサが復讐を止めないと分かると、息子だけには手を出すな、と警告します。

その頃、アパートの部屋へ向かっていたヘイの所にオ刑事が現れます。車の中で、やりとりの一部始終を見ているパク秘書。

先日届いた新しい箱の底から、キ・セウンと若い男の写真を見つけるユジン。裏には「シカゴにて。愛する息子サンと」の文字!

事務所前まで来たヘイを呼び止めるオ刑事。マ・ソンチョル殺人容疑でヘイを逮捕します…

第10話 感想

ユジンはエスタと、本当のキ・サンの子供。視聴者が既に分かっていたことを、やっとユジンが気付きました。この事実が、ユジンと視聴者が同時に共有される展開だったら、もう少し盛り上がったと思いますが、皆さんはどうお感じでしょうか。

これからユジンは、キ会長と対決していくと思います。それより、兄弟と言ってきたユジンが、父親の事を知ってしまい、キ会長は彼を消そうとするかもしれません。番組最後の予告編を見ると、どうも次回はその展開になるようです。

ヘイも、にっちもさっちも行かない状況に陥りました。ファサが自宅に居た事といい、オ・ボンサムがヘイの本性云々を語った時、パク秘書が一部始終を見ていた事といい、キ会長を裏切ったことになりますから、これからどのような動きをするのか。体が入れ替わった話は、ファサが協力してくれなければ話が成り立ちませんし、背水の陣に見えます。

チャンソンの態度も気になります。彼は、今自分が置かれた立場をどう感じているのでしょうか。無頓着なのか、何か妄想に取りつかれているのか、判断しかねます。大体、ユジンが与えている、あの薬は何?

最後に、写真をユジンに送った取締役且つ医者のボン。今、このような手段に出てきた彼は何を望んでいるのでしょう?

殺すことが平気な3人に、その他がどう対応するのかと、今は思っています。

 

ナインルーム 11話・12話 あらすじと感想

 

ナインルーム(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー