ナインルーム 3話・4話 あらすじと感想 キム・ヘスク チャン・ファサ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ナインルーム  나인룸 Room No. 9 全16話

第3話 視聴率4.785%

onwardさんより

第3話 あらすじ

時は2002年。アルバイトをするウルチ・ヘイをスケッチする高校生のキ・ユジン。高校生には興味がない、と言われてしまいますが…時がたち、学生を卒業したユジン。ヘイの弁護士事務所にやってきて、お互いにあの時を思い出し、ヘイは言います。「高校生は興味ないけど、年下は好きよ!」

現在に戻り、ユジンは、ファサのゴンジュ精神病院行きに反対し、ヘイに9号室で面会させます。体を借りているだけで、貴方になる気はない、と言うファサ。しかし、ヘイの姿をしているだけで、物事が動くことを知っているファサは、ヘイをゴンジュへ送ろうとします。いくら主張しても、誰も信じてくれないことを悟ったヘイは、とうとう自分がファサだと言い、何とかゴンジュ行きを逃れるのでした。

職を失いたくないヘイは、ファサに、家にジッとしているようにと言いつけます。

キ会長は、自分をチュ・ヨンベと呼んだのが誰だったか、周辺のCCTVを調べさせますが、フードを被っていたせいで、人物の特定は出来ません。その名前を知っているのは3人しかいないはず…

ユジンは病院で、こっそり血液鑑定を依頼します。刑務所のチャン・ファサの生活に戻ったヘイは、元の自分に戻る方法を思案します。

一方、ダムジャン弁護士事務所のバン・サンスは、何とかヘイを、担当していたキ会長の息子キ・チャンソンの公判に引っ張り出しますが、当然ファサが弁護できるはずがありません。目の前に生きているユ・チョンベの事ばかりが気になって、検察側からの主張に「異論有りません」と答えてしまいます。

刑務所では、ファサ姉さんの様子が変だと噂になります。ファサの姿をしていると、桃アレルギーにならないことに驚くヘイ。

ファサはカン教授を訪ねます。「チャン・ファサが意識不明だった19時間の間に何があったのですか。どうして彼女が無罪だと思うのか、伺いに来ました。」何枚かの写真を見せられるファサ。彼女の事件に関わった人達は、その後、キ・サン率いるSHCの側近になっていたのです。

チュ・ヨンベと呼ばれた所を再び訪れたキ・サンは、34年前の事件を思い出します。ファサから会社の金庫の番号を聞き出し、現金を盗み出したところをキ・セウン会長の息子キ・サンに見つかったヨンベ。キ・サンともみ合いになり、相手を階段から突き落としてしまうのでした…

戻ってきた血液鑑定の結果を見たユジンはフッとため息をつきます。

ファサの母が、ヘイの支持で別の施設に移動させられてしまいます。9号室で「どこへ連れて行ったの!」と詰め寄るファサに、桃入りサンドイッチを指し出すヘイ。一口食べたファサはアレルギーショックで意識不明に…脳裏を横切る映像は、事故当時の車の中…隣の席には、チュ・ヨンベではなくてキ・ユジンが!?

第3話 感想

最初の出会いはともかくとして、今の状況で、チャン・ファサは、チュ・ヨンベの出世に利用されただけのように見えます。そして、地位と金が欲しい人々は、ヨンベの殺人隠匿に協力しました。でも、事件当時のヨンベは当然力がなかったはずで、ここまで操作できるのは、前の会長キ・セウンしかいないでしょう。これで分かったのは、ユジンがキ・セウンの子供ではなく、どうも本当のキ・サンの子供だという事です。そして、遺伝子鑑定の結果は、あのユジンの表情からすると、「ノー」でしょう。だとすると、ファサでない本当の母のことが、これから明かされるのでしょうか。

そうなると、更なる疑問が湧いてきます。キ・セウンはなぜチュ・ヨンベを受け入れたのか。視聴者に、キ・セウンの事は、まだほとんど知らされていません。今後の展開が楽しみです。

ドラマは、まだ、メイン・ストーリーの「お膳立て」をしている感じで、少しスピード感に欠ける時があるように思います。でも、主要人物は出そろっていて、これから、これらの人々がファサの復讐にどのように絡んでくるのか、明らかになるでしょう。まだ3話ですから、今後に期待します。

桃でアレルギーを起こさせた、ということは、体が入れ替わった時の状態を作り出そうとしているようですが、まだ、2人が元に戻るには早すぎ。次回を待つしかありません。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ナインルーム  나인룸 Room No. 9 全16話

第4話 視聴率5.602%

onwardさんより

第4話 あらすじ

死んだキ・サンを車に乗せるチュ・ヨンベ。車の中には睡眠薬で眠っているチャン・ファサが…翌朝、車が発見され、病院へ運ばれるファサ。一部始終を木の陰から見ていたヨンベ…

桃アレルギーのショックで気を失う寸前に、ファサはあの日の事を思い出します。隣に居たのはヨンベではなくて、キ・ユジンにそっくりな…?

除細動器が必要な状況を作り出したヘイ。看護資格を持つ受刑者を丸め込み、彼女が除細動器をファサに当てたとたん、ファサの上に倒れこみますが…目が覚めてみると、まだファサの姿。

一方のイ・サンは、専門家を使って、回転木馬の近くに居て、自分をチュ・ヨンベと呼んだ人物がウルチ・ヘイであることを突き止めます。

ヘイは、ユジンに、自分はヘイなのだと懸命に訴えますが、ユジンはまったく信じようとしません。わざと桃を食べさせたことを知ると、出て行ってしまいます。

ファサはガン・ミランの家を訪ね、一緒に服役していた時の話をします。ファサとミランにしか判らない事。最初は拒否するミランでしたが、ファサの言葉を思い返し、ヘイは実はファサなのだ、と気づくのでした。

ミランと一緒に母を家へ連れ戻しに行ったファサは、母の頭に大きな傷跡を見つけ、それが鈍器で殴られた跡であると聞かされます。そして、もうすぐ証拠が揃うから、と刑務所の面会室に来て話していた母が、突然来なくなった事を思い出すのでした。

ユジンは、自分の誕生日に父の古い薬箱を持ってきたのが、ダムジャンのマ・ヒョンチョルだったことを探し出します。ヒョンチョルの家を訪ねるユジンを、誰かが隠し撮りします。もしユジンがSHCを手に入れる代わりに、ダムジャンの経営権をくれたら、問題解決を手伝おう、と言うヒョンチョル。しかし、ユジンが返事をする前に悲鳴が聞こえ、庭に出てみると、ヒョンチョルの愛犬が刺し殺されていました。

一方、ファサはオ・ボンサムを通して、警察へチャン・ファサの事件の現場写真の閲覧に行き、死んだチュ・ヨンベの写真とネガだけがないことを確認します。

刑務所のヘイは、こっそりと医師のPCを見て、ヒュンソクとチャンソンの件を知ります。そして、元に戻るためにヒュンソクを利用しようと、英語で手紙を認めます。

キ会長を潰すためにはヘイにならなければいけない、と言うミラン。ミランを秘書として事務所へ連れて行ったファサ。ヘイがヒョンチョル宛に手紙を書いたことを知り、ヒョンチョルが読む前にそれを取り戻そうとヒョンチョルの部屋へ。するとヒョンチョルは急にファサに向かって英語で話しかけます。「君はチャン・ファサなのか?」

第4話 感想

ドラマのお膳立てが済んで、いよいよ復讐が始まるようです。ユジンはSHCの正当な後継者で、マ・ヒョンチョルはそのことを知っています。しかし、イ・サンのフリをしているチュ・ヨンベは、何としても自分の息子に事業を継がせたい。ファサは、復讐として、大事な一人息子キ・チャンソンに狙いを定めました。法律の知識もない彼女がどうするのか気になります。

そして、可哀そうなユジン。彼はヘイという心の癒しを失い、母かと思った人はやはりそうではなく、兄は自分の母親探しに興味がないようで、今や、孤独で気の毒な存在です。ひょっとしたら、彼は、隕石が落ちてきて、泣き叫ぶ赤ん坊だけが残った、あの病院の赤ちゃんなのかも知れません。それと、キ・セウンがある日連れてきた、赤ん坊のキ・ユジンがどう繋がるのか。回答より疑問が増えるドラマです。

英語で手紙を書く、というアイディアは、流石、頭脳派のヘイだと思いますが、ファサはいかに対応するか?ファサは意外と頭が良いのかもしれません。オ・ボンサムとお酒を飲むシーンで、小説も聖書も暗記した、と話していましたから。

母でなかった、と分かった後のユジンにとって、ファサがただの「殺人犯」になってしまったことを見ても分かるように、演出家は、人が関係を構築する為には、内面(性格)だけでなく、外見の重要性も言いたいようです。ただ、今変わりつつあるオ・ボンサムのヘイに対する感情が、彼女が元の体に戻った時、今度はファサに向かうでしょうか。

キム・ヘスク  김해숙 チャン・ファサ役
出典:http://program.tving.com/
生年月日 1955年12月30日 女優 1975年にMBCの第7期公募採用タレントに選ばれ、同年放送のテレビドラマ『第三教室』でデビュー。
主な出演
アバウトタイム(2018/tvN) オ・ソニョ ミカの親孝行代行バイトの客
イ判サ判(2017-2018/SBS) ユン・ミョンヒ ハンジュンの母、元判事
耳打ち(2017/SBS) キム・スッキ ヨンジュの母、総菜屋
師任堂(サイムダン)、色の日記(2017/SBS) ナム貴人 (500年前)朝鮮第9代王・成宗の側室 キム・ジョンヒ(現代)ミンソクの母
王(ワン)家の家族たち(2013/KBS) イ・アングム ワン家の母
カインとアベル ナ・ヘジュ(2009/SBS) ソヌの母、チョインの養母、副院長
威風堂々な彼女 (2003/MBC)キム・ギルニョ ウニの養母、クミの実母
夏の香り(2003/MBC)   ミヌの母
冬のソナタ (2002/KBS) イ・ギョンヒ ユジンの母
秋の童話(2000/KBS) キム・スニム ウンソの実母、シネの養母
ホジュン~宮廷医官への道~(1999-2000/MBC) ハマン イルソの妻
その他多数

 

ナインルーム 5話・6話 あらすじと感想 キム・ヨングァン キ・ユジン役

 

ナインルーム(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー