ドドソソララソ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


放送予定

●【日本放送】未定

Netflixでも配信予定

【韓国放送期間】2020年 10月7日から2020年 11月26日まで午後09:30から放送

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

ドドソソララソ

도도솔솔라라솔 Do Do Sol Sol La La Sol

2020年放送 KBS2水木 全16話(前後で32回)

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回前1.9% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

出典:KBS 도도솔솔라라솔

 

あらすじ

エネルギッシュなピアニストのク・ララ(Ara)と、最高のバイト能力の持ち主であるソン・ウジュン(イ・ジェウク)の、キラキラ輝くラブコメディ。それぞれの傷と秘密を抱えて、小さな田舎のピアノ教室“ララランド”に集まった人々の物語

相関図

画像出典:KBS2

キャスト

画像出典:KBS2

Ara  ク・ララ役 人生のピンチを迎えたポジティブなピアニスト。遊び人ピアニスト。いや、ただ単にピアノ専攻の学生。メンデルスゾーン交響曲第4番「イタリアの1楽章アレグロヴィヴァーチェ!」そんな感じがぴったりな女性だ。よく笑い、華やかで、のびのびして、シンプル。澄んだ美しさを持ち、自信満々で愛らしい。どんな困難な状況でも、他人を笑うことができようにするのが、彼女の魅力。冗談も上手で、限りなく真剣な雰囲気の中で、突発行動に走る選手だ。ねじれたところのない人で、他人の言葉を察することなく、他人の顔色見ることもない。豊かな財産で何でもできたからこそ、世界に恐いもののない生活を送った。幼い頃から受けた父の無条件的盲目の愛が今のララを作り、父の言葉なら一度は聞いてみるパパっ子。ララは思うように生きるのではなく、生きるために考えている人である。熟慮と煩悩が必要のない人生を生きる。このように平坦なララの人生の前に、想像もできない巨大な波が押し寄せてきていた。

画像出典:KBS2

イ・ジェウク ソン・ウジュン役 自由奔放な性格。夢も目標もなく、アルバイトで生計を立てる秘密の多い若者。無関心なようで優しい。荒々しく見えるが繊細で、冷たそうに見えるが温かい、ギャップのある魅力を持つ。他人との距離を置こうと無愛想に対応する。「嫌いなのに?」口数も少ない彼が、一番よく使う言葉だ。ラフに孤独に生き、ライオンのような男性。ベートーベンソナタ8番「悲愴」第2楽章アダージョのような感じの男だ。悲しみと美しさが同時に感じられる叙情的な雰囲気。強さと弱さが共存する二重性を持っている。恐そうに見えて甘く、涼しいようだが暖かい。荒んでいるようで繊細。すべてを知っているような大人っぽさがあり、時に少年の顔をしている。果たしてどのような顔が本当に与えたであろうか?

画像出典:KBS2

キム・ジュホン チャ・ウンソク役 整形外科医。バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)で笑顔と意欲を失う。ララの“あしながおじさん” 。バツイチ。かつてピアノ収載。信頼を与える声。端正なルックス。人々に安心感を与える男性。ウンソクを見ると、バッハの音楽が浮かび上がる。無味乾燥な性格に見えるが、深い響きがある。規則正しく、勤勉できっちりした性格。そんなウンソクの本質を知ったララが「先生は…バッハが合っている」と言ったとき、ウンソクの心臓は強く鳴った。 「聞く時は穏やかですが、実際にバッハの演奏をするのは難しい。人々に安心感を与えるためには、厳しい自制が必要でしょう。何かそれと似ている。まさか先生、そう生きるつもりですか?」ララの前では、取るに足りないことのように笑って過ごしたウンソクは、誰よりも正確に自分自身を理解してくれたララの近くにいたい気持ちを持つようになる。(*バーンアウト症候群:意欲的に仕事に没頭していた人が極度の身体的・精神的疲労感を訴えて無気力になる現象)

画像出典:KBS2

シン・ウンス チン・ハヨン役 ちょっと遊び人で、…ちょっと見え張り。ちょっと反抗期でもある。かなり強いお姉さん。高3。横の店に住んでいるウジュンの熱烈なファンで、ウジュンと結婚するのが夢だ。毎回ブツブツ不平を言いながらも、忙しい母を助ける、言葉と行動が遊離している奇妙な孝行娘。ララより5歳も若いが、父がなく母と2人暮らしで、いつも速攻で帰って来るララよりもはるかに大人だ。最初はララを牽制して嫌い、人々にララの噂話を夢中でするが、悪口を言いながら愛情を感じていたのか? ララがいないと、ララを探すようになり、ララのファッションにかぶれて、美味しい食べ物があると、ララの分も残したり。他人の視線は? ララの子分か模範にしているのか、それともライバルのか、友達なのか? さっぱり分からないキャラクターだ。

画像出典:KBS2

イェ・ジウォン チン・スクギョン役 ハヨンの母親。美容室「チンヘア」経営。未婚の母で、21歳の時にハヨンを生み、強い生命力と責任感で美容技術を学び、ハヨンを育てた。30代前半のような美貌を持っており、ハヨンの姉だと言っても信じてもらえる。ウンポに現れたララが「ホームレスで、寄生虫」と言うので、世界で初めて聞く言葉で、痛みを覚える。いざ一緒に過ごしてみると、世界中でこんなに温かい姉はいない。愉快でたくましく、情が深い。近所のイクムモ(離婚を夢見る会)メンバーと一緒に、無理矢理作った感じのトンデモないドラマを見るのが趣味。無心に働いて、無心におしゃべりし、ヒロインが平手打ちされたり、髪の毛を引っ張られたりする刺激的な場面が出ると、そこだけ熱烈な反応をする、呆れたかわいいおばさん。ララランドによく訪ねてくる、チャセム차쌤!なウンソクをこっそり恋慕し、ドラマの中の悲恋の女主人公になって、熱くなる。しかし、中年の胸焼けをすることになる。そんな彼女の前に、別の男が現れる!

画像出典:KBS2

イ・スンジェ キム・マンボク役 “謎の廃紙おじいさん” 認知症を苦しんだ一年前に天国に行った妻が、生前聞いていたピアノ曲を弾きたいと、ララランドに登録する。そのマンボクにララに聞かせた音楽は、私たちがあまりにも聞き慣れている『少女の祈り』だった。甘く親密な曲だが、マンボクはたとえ一週間ピアノの前に座ったとしても、また座る位置を忘れてしまう。このマンボクお爺さんは、果たして死ぬ前にこの曲を演奏する日が来るのであろうか。ララは目の前真っ暗だ。

画像出典:KBS2

ユン・ジョンビン イ・スンギ役 ハヨンの親友。子供の頃から同じ地区に住み、ハヨンの良い面も醜い面も、かなりよく見て育った。友情や嫌がらせ、同病相憐むの時期を過ぎて、今では彼女に向けた片思いを進めている。突然近所に現れ、自分の愛情戦線に暗雲をもたらしてきたウジュン兄貴を見るのが嫌いで、日に日に病気になるほどだ。ハヨンについて同様の知識の所有者なので、ウジュンから無知だと蔑視を受けていて、奇妙な自負心がある。 Z世代らしく、個人主義的独立者であり、リアルが充実していて、どうやって自分の声を出すかを知っている。毎日毎日、なんだかんだするだけだが、ハヨンをハヨンよりよく理解する人で、本人は影響力のあるYouTubeのバーになりたいと公表している。毎日ユニークな競争力のあるコンテンツを探す。結局ウジュンの頭脳とハヨンの行動力、ウンソクの資本、ララのスター性によって、YouTubeに「ララランド」チャンネルを開設して運営するプロデューサーになる。ララと何だかんだ言っても、ララが人間的に好きで、彼女の精神世界に憧れている。

画像出典:KBS2

オム・ヒョソプ ク・マンス役 ララの父。中小企業ララコスメチック社長。自力で成功した孤児で、単身の血縁。三十越えた年齢で授かった娘ララを甘やかす。欲しいものは何でも聞いて育てた。ララの誕生とともに妻を失ったマンス。生前の妻にしてあげられなかったことが悔やまれ、深い悲しみを感じた。その時からだったか。マンスは娘にだけは、後悔しないようにと心に決めて、ララに最善を尽くした。そんなマンスの愛を受けて育ったララも、父の意志であれば何でも従った。

画像出典:KBS2

アン・ネサン ムン秘書役 マンスの腹心。ララコスメの栄枯盛衰を共にした人物。ムン秘書は果たしてどこでどのように過ごしているか。

画像出典:KBS2

ムン・ヒギョン コン・ミスク役 ララの子供の頃から大学時代まで、熱意と誠意を尽くして怒りながら、ララを師事した教授。才能のないララがある程度の演奏をすることになるまで。とんでもないことで怒るララのレッスンを途中でやめることもあった。ミスクはララを離れなかった。現在、ドイツの交換教授というのが、私がいる立場だから。ララに近づいてくる苦難を知らず、助けを与えることなく、ドラマの最後には帰国する。

画像出典:KBS2

ソ・イソク チョ・ユンシル役 頑固で強そうな印象を持つ。何でも賄賂で解決しようとする。心よりお金が先に来る人。それでも息子の心だけは大切なのは、どこの親とも変わらない。ただ何に優先順位を置くかが、彼女の態度を決めるだけ。

画像出典:KBS2

チェ・グァンジェ チュ・ミンス役 別名、チュ室長。ジュンを追う謎の男。誰でも見れば避けたいと思うほど、怖い顔をしている。

画像出典:KBS2

チェ・グァンイル ソン・ウミョン役 冷徹でルールを優先し、血も涙もなく仕事の処理をする。ソシオパスではないかという気がするほど、心に温かさがない人。

画像出典:KBS2

ムン・テユ バン・ジョンナム役 ララの最初の夫(?)。ウンソクの医科大学の後輩。

画像出典:KBS2

チョン・スギョン イム・ジャギョン役 ジョンナムの母。ララの姑になるところだった夫人。医師の息子の結婚で、家の経済を一段階アップグレードしたい欲望を持つ女性。

画像出典:KBS2

キム・ジュヨン キム・シア役 友達という何かが足りない、ララの大学同期。鋭敏な性格で艶あり、自分の話をあまりしない。結婚式場で捨てられ、経済的困難に直面し、ララが助けを求めたとき、家の中で大変なことが生じて、他人の世話をする心の余力がなく、助けてあげられなかったのが、胸の片隅に後悔として残っている。偶然ララの居所を知って、ララを見に行って、ショッキングな真実と向き合うことになる。

画像出典:KBS2

イ・ソアン オ・ヨンジュ役 ウンソクの前妻。金持ちの娘。人間のウンソクはなく、医師ウンソクと結婚した女性。

画像出典:KBS2

ソン・ミンジェ シン・ジェミン役 貧しくて恵まれないがピアノの天才。ララが仕事帰りの足取りに合わせて演奏する『6月のためのセレナーデ』を聞いて、同じように演奏してララを驚かせている。特別な耳を持つララは、ジェミンが才能あふれる子供だということを直ちに発見し、ジェミンを教えることになる。陰があったジェミンは好きなピアノを弾いて、身も心も丈夫な子供になっていく。

画像出典:KBS2

カン・ヒョンソク アン・ジュンホ役 会社員。ハンサムでジェントルな未婚男子。ララに関心がある。いや、ララが好きなようだ。

画像出典:KBS2

パク・ソンヨン スンギの母。イクムモ(離婚を夢見る会)メンバー。イクムモ中で、バッグのひもが一番長く、ソウルの4年制大学卒業者。イクムモの頭脳として活躍する彼女は何をするか。息子スンギが後ろから1〜2位等を争う成績で、並大抵の恥ずかしさではない。特に、無知でイェソの母が娘イェソ自慢をするときは、なおさらだ。年齢とともに食い意地だけ張っていく夫と、いつも食べることで戦う。

画像出典:KBS2

イ・ソンヒ イェソの母。イクムモ(離婚を夢見る会)のメンバー。勉強できるイェソのおかげで、肩を張って生きる女性。娘が勉強ができることまでは良いことですが、自分を無視し、あたかも侍女かのように扱われるのは、非常に寂しい。時々人より酷いこともある。夫とは離婚しても、娘とは離婚することができない。私の腹を痛めて産んだ娘が、毒を持つということはあり得る。

画像出典:KBS2

チョン・ヨン ミランさん役 イクムモ(離婚を夢見る会)のメンバー。自分をディンク族 (子供を産まず共働きする若い夫婦) と紹介するが、実際には、人生の黄金期、30代に子供を持つために、血のにじむ努力をして、黄金期が暗黒時代に変わった人物である。子供の問題で憂い、深い闘いのため、イクムモでは「子供がいないほうがいいよ」と説くが…、一方で、子供への羨ましさがある。非常に疲れた夫の実家の姑がいるミランさんは、イクムモにいつも離婚をイチオシされる。

画像出典:KBS2

ミミ 雌。ララの犬。なめらかな毛を持つポメライアン。孤独で辛かったララのそばを守った友であり、妹。

 

ユ・ソンジュン

 

 

画像出典:KBS2

スタッフ /演出:キム・ミンギョン、脚本:オ・ジヨン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想




●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

hg@さらんさん
ドドソソララソ 1話・2話 あらすじと感想
ドドソソララソ 3話・4話 あらすじと感想
ドドソソララソ 5話・6話 あらすじと感想
ドドソソララソ 7話・8話 あらすじと感想
ドドソソララソ 9話・10話 あらすじと感想
ドドソソララソ 11話・12話 あらすじと感想
ドドソソララソ 13話・14話 あらすじと感想
ドドソソララソ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

.

作品感想

 






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー