ドクター弁護士 1話・2話 あらすじと感想

ドクター弁護士



ドクター弁護士 (ドクター・ロイヤー) 닥터 로이어 2022年放送 全16話 MBC金土

daisySSさん

第1話視聴率5.2%

第1話あらすじ

患者を心不全で死亡させた医療ミスで裁判に立たされたパク・ギテ。。。検事のクム・ソクヨン(イム・スヒャン)は、2年を求刑します。

裁判官の判決が出される前、呼吸混乱で倒れた被告人のパク・ギテ。修羅場となった法廷に現れたハン・イハン(ソ・ジソプ)を発見すると、「あなたはもう医者でもないのに、、、何をするの?」と問うクム・ソクヨンの言葉に、「医者・弁護士です。このまま何もしないで死なせるわけにはいけない・・・」と語ると応急処置を行う。

5年前、バンソク病院で働く天才外科医として知られ有名な医師だったハン・イハン(ソ・ジソプ)。病院の理事長の息子であるク・ヒョンソン(イ・ドンハ)の代わりに手術を行い、手術に参加した医師や看護師たちはそのことを秘密にする、、、手術室の幽霊と呼ばれた存在。

ハン・イハン(ソ・ジソプ)の恋人はクム・ソクヨン(イム・スヒャン)。心臓病を患っている弟ソクジュを看病し、ハン・イハンとの幸せな未来を夢みます。病気のソクジュは病室で大学に入学する共通テストを受け、満点を受ける。ソクジュが手術を受けられることになり、ソクジュが元気になった後、結婚しようとプロポーズの言葉と共にキスをする。

これまでク・ヒョンソン(イ・ドンハ)に代わりに手術を行ってきた代償としてク・ジンギ(イ・ギョンヨン)からソクジュの入院費用と治療費を受け取っていた。心臓移植ができるようになったソクジュへの支援だけではなく、直接手術を出頭するよう配慮する理事長で院長のク.ジンギ(イ・ギョンヨン)。

それだけではなく、人事異動の際に胸部外科の課長に任命するとの約束までされたイハン。ク・ジンギの意見に反対的な立場を見せる息子のク・ヒョンソン。

外科医としての息子の能力を認めないク・ジンギの決断に納得できないク・ヒョンソンは、イハンの父が患者を死亡させ、その責任から自殺したことをあげると彼を挑発しますが、イハンは全く動じない。

時間は流れ、、、ソクジュの手術日、、、イハンは難しい手術を無事に終えます。手術直後、無菌室に運ばれたソクジュ。臓器移植のあとは免疫力が低下し外部接触を自制する必要があると、心配する姉クム・ソクヨンに「僕が様子を確認するから、安心して」を語ると安心させるハン・イハン。

手術の後、休んでいたイハンは、ク・ジンギ(イ・ギョンヨン)から手術に入るよう連絡を受けます。ベッドに横たわる患者、、、顔は確認できず、患者が誰なのかを訪ねるイハンの質問に対して、「説明する必要がない人」だと語ると急いで心臓移植手術を行う必要があると語るク・ジンギの言葉に、「心臓がないのにどうやって移植手術を・・・」と反応するイハン。

「心臓はある」と語るク・ジンギ院長の言葉に、「誰の心臓ですか?」と不安そうに質問するイハン。

第1話感想

ソ・ジソプが医師である弁護士役を演じる??第1話から気になる展開が描かれ、今後の展開が気になる第1話でした。

法廷ドラマやメディカルドラマも進化し、このドラマでは医師だった人物が弁護士として活躍する?面白い展開になるが予想されますね。

実際に韓国では手術室に監視カメラを設置して手術の様子を監視するべきだと動く政治家と、対立する医師たちの動きがあるようです。このドラマでも政治的な動きを反映した展開になるのでしょうか。

ドラマはバンソク病院のク・ジンギ病院長が保険福祉部(日本の厚生省にあたる)の候補に任命されたことから、バンソク病院で起きた医療ミスや医療法違反などの理由から、ク・ジンギ病院長の任命を反対するデモの様子から始まったこのドラマ、、、法廷で被告人の弁護人として現れたのは、ソ・ジソプが演じるハン・イハン。

5年前にさかのぼると、ハン・イハンは弁護士ではなく、外科医だったことから医師だった彼が、弁護士になった理由があり、5年前の事件と何か関連があるようなミステリアスな展開が続き、徐々に5年前に何があったのか明かされるのでしょうか。

5年前は有望な外科医だったイハンが医師を辞めて弁護士をやっている特別な理由は、恋人クム・ソクヨンの弟の移植手術と関係があるのでしょうか。

今話のエンディング、、、イハンから移植手術を受けたソクジュ、、、その夜、内密に行われる心臓移植手術、、、イハンの不安そうな表情が意味するのは、移植手術を受けたソクジュに何か問題が起きる展開となるようです。

予定のない心臓移植手術を行うことができない状況で、提供者が不明、受ける側の患者も不明のまま院長から手術を命じられたイハンですが、果たして彼は手術を出頭するのでしょうか。院長が秘密に手術を行う患者は、VVIP患者ということで、一体誰が移植手術を受け、同じ日、手術を受けたソクジュには何か悪いことが起きそうな、、不安なエンディング!

第2話視聴率4.2%

第2話あらすじ

深夜必ず助ける必要なある人物だと語ると、ハン・イハン(ソ・ジソプ)に心臓移植手術をするよう命じる病院長のク・ジンギ(イ・ギョンヨン)。誰の心臓を提供されているのかを問う質問に対して、車の事故で同車者が死亡。その心臓を提供することになったと語る病院の言葉に、、、悩むイハン。

院長は、幽霊ドクターとして手術を出頭することは今後させないと約束し、すべての責任を自分が背負うと説得すると、「絶対に助けないといけない・・・」との言葉にイハンは手術を引き受けます。途中、危険な状況を迎えながらも無事に手術を終えたイハンに、院長はホテルのキーを渡すと休むよう伝える。

準備されたワインを飲んでそのまま眠りに落ちたイハン、、、翌日、ソクジュの容態が急変したとの連絡に急いで病院に向かいます。応急処置を行うもソクジュの心臓は停止。連絡を受けてかけつけた姉クム・ソクヨン(イム・スヒャン)の前で、イハンは死亡を伝える。

ソクジュの手術は成功したはずが、突然の状況に納得がいかないイハン。カン・デウンに途中経過を確認するよう事前に命じていたイハンは、彼に確認をします。しかし、看護課長のチョ・ジョンヒョン(キム・ホジョン)が勝手にシフトを変更し、ソクジュのチェックができなかったと語るカン・デウンの言葉に、何かがおかしいと気づきます。

その頃、死亡宣告が下され間もないソクジュの保護者クム・ソクヨンは、臓器を提供する同意書を求める病院側にサインをするところ、ソクジュの死因を解明するための司法解剖を行うことなく、臓器を提供することに反対するイハンは、病院側と対立。その時、病院長のク・ジンギが現れ、司法解剖の進行と同時に臓器を提供する準備を進めるよう命じ、イハンの意見を後押しします。

死因を断定するために行われた検死で、ソクジュの心臓移植手術の状態が最悪だったとの意見が出され、、完璧な手術を終えたはずのイハン、、、しかし、意見書は彼の手術が失敗したこと、その後の処置が正しくなったことが死因との見解。

幼い頃両親を失い、弟の保護者となったクム・ソクヨンは、ソクジュの死を悲しみます。先輩検事の

ペク・ガンホ(チェ・ジェウン)は、医療事件を担当する検事、、、弟の事件の真相を明かすと約束すると、ハン・イハンが医療ミスを起こした事件として捜査を始めます。手術に関する記録を確認し、手術を受けたVVIPの患者が誰なのかを確認しようとしますが、病院側に阻止される。

ペク・ガンホ検事に事情聴取をうけることになると、ハン・イハンは院長のク・ジンギの計画で罠にはまったことに気づきます。医療ミスで裁判にかけられたイハン、、、初公判ではソクジュの手術の記録は偽造され、手術に参加した看護部長のチョ・ジョンヒョンと麻酔科医のイ・ドヒョンは、堂々と嘘の証言をはじめ、パク・ギテは微妙な表情を浮かべながら嘘の証言をします。

唯一イハンの無実を証明する証言をしたのは、カン・デウン。彼の証言で裁判はイハンの医療ミスがなかったことを証明する状況、、、過去、カン・デウンが暴力事件を起こした経歴を明かした検察側は、彼の証言に信ぴょう性がないことを訴え、裁判はイハンに不利な状況へと進む。

過去、感謝の気持だと院長のク・ジンギから贈られた札束を返しそびれたイハンは、検察の家宅捜査で現金が発見され、、、拘置所にいるイハンは、リンチを受けた直後、彼を訪ねた院長のク・ジンギ。すべての罪を認めると、医師免許は失うものの実刑は受けないだろうと語ると、罪を認めるよう説得。

息子ク・ヒョンソン(イ・ドンハ)の代わりに代理で手術を行っていたことをすべて明かすと語るイハンの言葉に、誰もイハンの訴えに耳を向けないだけではなく、彼の病気の母のことをあげると脅迫を始めるク・ジンギの言葉に、「あの心臓はソクジュのものだったのか?」と問うイハン。

イハンは罠にはまり、無実を証明することができないと判断すると、すべての罪を認めて、2年が求刑され、執行猶予2年で釈放されることになります。彼が釈放される日、イハンを訪ねたクム・ソクヨンに「もう会うのははやめようと」語るイハン。ソクヨンは医療ミスを犯しながらも釈補される医師たちを裁くと、医師への復讐を誓います。

5年後、バンソク病院の弁護士として法廷に姿を見せたイハンの姿に、クム・ソクヨンは驚く!

第2話感想

ソクジュの死に関する真相が明かされました。

彼の心臓はVVIPの患者に移植されたことが分かり、このVVIPの患者が誰なのが気になる展開でした。5年前に医師だったイハンは、ク・ジンギに利用され、、、医療ミスを犯した罪で医師免許を奪われることになり、5年後バンソク病院の弁護士として現れた理由は、復讐のため?だとすれば、なぜ、自分をはめたク・ジンギ側に立つ弁護人になったのか、どんな計画が隠されているのでしょう。

病院と法廷を舞台に描かれることになり、メディカルドラマが好きな視聴者だけではなく、法廷ドラマが好きな視聴者からの関心を寄せられるドラマとなりそうです!




【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【ボーイフレンド】

●テレビ愛知 (2022/12/8(木)~)月曜~金曜 朝8:15~

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い海の伝説】

●BSJapanext 全26話(2022/12/16から)月~金曜日7:30から 字幕

青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP