ドクタープリズナー 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 キム・ビョンチョル ソン・ミンシク役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

ドクタープリズナ-  닥터 프리즈너 全32回(16話) 2019年放送 KBS

第9話視聴率 13.2% 第10話視聴率 15.4%

daisySSさんより

第9話・第10話 あらすじ

オ・ジョンヒ(キム・ジョンナン)からの連絡で、ソン・ミンシク(キム・ビョンチョル)の罠に引っかかったことに気づいたナ・イジェ(ナム・グンミン)。しかし、刑務所の外に出ることができず、シン・ヒョンサンと部下の受刑者に捕まったナ・イジェは、危険を察知します。

その後、現れたキム・サンチュンは、ナ・イジェを裏切り、ソン・ミンソクと手を結んでいました。16年間、娘の存在を知らなかったキム・チュンサンは、脳腫瘍で余命わずかの娘の側に居ることを望み。。。ナ・イジェの腕を切り落とそうとするキム・チュンサンに、刑務から出る方法があると伝える。キム・チュンサンの体から癌が発見されたことを知ったナ・イジェは、ソン・ミンソクと協力関係があるハウン病院ではなく、外部の病院で手術を受け、娘の側に居られる方法を提案します。

その様子を監視カメラで見ていたソン・ミンソクは、ナ・イジェを刑務所におびき寄せることには成功したものの、キム・チュンサンとナ・イジェが話し合う姿を目撃すると不安な表情を浮かべます。刑務所内部で発生した争いで傷を負った設定を装い、ナ・イジェしは証拠となる映像を残さないため、側に置いてあった消火器を手にすると、ノズルを引きます。

その後、血を流すキム・チュンサンの様子が。。。しかし、彼が傷つけられるところをとらえた監視カメラはなかった!大量の血を流したキム・チュンサンを助けようとするナ・イジェ。しかし、血液が固まらない先天性の病気を持つキム・チュンサンの命は危険にさらされ…一生懸命止血するナ・イジェの努力で一命を取り留めます。

娘の最期は、側で見守ってあげたいと願うキム・チュンサンの願いを聞いたナ・イジェは、過去、最期を看取ることができなかった母を思い浮かべると、彼をテギョン病院で治療できるよう動き始めますが、ソン・ミンシクの反対にぶつかり苦戦する。。。

キム・チュンサンの望みを叶えるため、新たな受刑囚として刑務所に移送されてきたJH鉄鋼の会長の息子、キム・ソグウに目を付けたナ・イジェ。モ・イラは、JH鉄鋼のキム・ビョンジュンの協力が必要な状況で、キム・チュンサンをテガン病院に入院させるための診断書が必要なナ・イジェとの理解関係が一致。取引きの条件通り、3週間後、キム・ソグウはテガン病院に移されます。

移送された患者が、キム・ソグウだと知ったハン・ソグム(クォン・ナラ)は驚き、ナ・イジェが関与していることを知ると、キム・ソグウは刑の執行の免除をうけるべきではないと思いながらも、弟ハン・ビッの失踪に関する情報を得るため、ナ・イジェに協力せざるを得ない状況を迎えます。

第9話・第10話 感想

これまでドラマが持つ緊張感を維持しつつも、少しルーズな感じの展開・・・これまではイ・ジェファン(パク・ウンソク)への復讐のため、西ソウル刑務所の医療課長(矯正医官)を志願したように見えた主人公のナ・イジェでしたが、彼が復讐を誓った相手はジェファン以外にも存在したことが明らかになり、その相手となるソン・ミンシク(キム・ビョンチョル)医療課長との対立はまるでシーソーゲームのように描かれました。

チ・ソンが主演したドラマ「被告人(ピゴイン)」は、妻を殺害した罪で検事から受刑者となった主人公が、無実を晴らすため刑務所が脱獄する内容で、これまで描かれたことのない斬新な展開とストーリーが面白かったサスペンスドラマでした。「ドクタープリズナー」はタイトル通りに、刑務所で働く矯正医官を主人公にしていますが、目的を果たすため、間違っていると知りながらも医学知識を悪用する姿にハラハラ、内容も登場するキャラクターも新鮮です。

善と悪の境界が微妙で、始まったばかりですが、ナム・グンミンが演じるナ・イジェの最後が気になりますね。第1話で、オ・ジョンヒ(キム・ジョンナン)が持病を悪化し、刑務所から病院へ移されることになりましたが、サイコパスの財閥3世、キム・ソグウも見事に刑務所から病院へ移される状況に持っていくことに成功したナ・イジェ。

直接、精神鑑定を行ったハン・ソグム(クォン・ナラ)は、偽っていることに気づきながらも、失踪した弟に関する情報を得るためナ・イジェに協力していくことになりました。ナ・イジェを疑っていたハン・ソグムは、失踪する前に弟の処置を行ったナ・イジェの対応に問題がなかったことを確認。方法が間違っていると知りながらも、ナ・イジェに協力していくことになりそうですね。

ソン・ミンシク(キム・ビョンチョル)の罠に落ちたナ・イジェは、無事に危機を乗り越え、娘の最期を見守りたいと願うキム・チュンサンを助けるため、危険な取引を続ける。。。誰もナ・イジェの味方はいないと思われていた刑務所内に、ナ・イジェに協力する人物がいました。

地味だったけど、個人的には意外に最後まで面白いと思った作品の一つに「操作」がありますが、違う雰囲気のドラマにみえますが、「ドクタープリズナー」とはどこか共通する面もあり、サスペンスドラマや捜査ドラマなどが好きな方は、楽しめる作品だと思います。主人公は悪に立ち向かうというより、悪を利用しようとする、ちょっとブラックな雰囲気が!



第11話視聴率 13.3% 第12話視聴率 14.6%

daisySSさんより

第11話・第12話 あらすじ

体調を崩し病院に送られ、再診断を待つのがキム・ソグウだと知ったハン・ソグム(クォン・ナラ)は、サイコパスとして既に診断を下したキム・ソグウを刑の執行の免除を受けさせるべきではないと判断しながらも、弟、ハン・ビッが気になり迷う。。。

ナ・イジェ(ナム・グンミン)はモ・イラ(ジン・ヒギョン)と手を組み、キム・ソグウをサイコパスではなく、ウィルスン病と診断を受けさせられると、確信に満ちた姿。結局弟に関する情報を手に入れるため、ハン・ソグムはナ・イジェに協力する決心をします。

一方、ナ・イジェの計画が成功することを恐れたソン・ミンシク(キム・ビョンチョル)は、検事のチョン・ウィシク(チャン・ヒョンソン)にナ・イジェの存在を知らせます。オ・ジョンヒ(キム・ジョンナン)が釈放された裏に、ナ・イジェの存在があったことに気づいたチョン部長検事は、ナ・イジェを密かに調べ始め。。。 

いくつかの検査を受けたキム・ソグウは、MRI検査を残し、すべての検査でウィルスン病を疑わせる状況。このままMRIの検査を受けると、ナ・イジェの思い通りになることを知ったソン・ミンシクは、キム・ソグウと同じ病院に入院中の被疑者女性に、キム・ソグウが釈放される可能性があることを伝えます。すると、被害を受けた女性が、彼の釈放を反対し起こしたハプニングを目撃したソグムの気持ちが変わり始めます。

チョン部長検事は、このままだとキム・ソグウが病気を理由に釈放される可能性があることを恐れ、別の検査を受けるよう命じます。ナ・イジェの計画とは違う方向に動き出したことから、キム・ソグウの不安は頂点に達し、これまで彼の釈放を認めてこなかったハン・ソグムへの怒りが高まり、ハン・ソグムに危害を加えてしまいます。

目の前で血を流して倒れたソグムを目撃したナ・イジェは怒りに満ちた表情で、西ソウル刑務所に向かいます。血まみれになった状態でソン・ミンシクの前に姿を現したナ・イジェ(ナム・グンミン)は、必ずソン・ミンソクを必ず倒すと宣言。。。

第11話・第12話 感想

結局は悪対悪?

イ・ジェファン(パク・ウンソク)への復讐から始まったはずが、いつからか、ナ・イジェのターゲットはソン・ミンシク(キム・ビョンチョル)になり、今話でもソン・ミンシクとの対立が中心的に描かれました。ナ・イジェの計画通りに進むように見えましたが、ソン・ミンジェはそう簡単に倒せる相手では、やはりなかったですね。

ハラハラさせられ、スピードのある展開が続いていたはずが、ちょっと回想シーンが増え、話しはそれほど進んでいない印象はありました。でも、今話以降、ナ・イジェがこれまで以上に必死にソン・ミンシクに対抗していくことが分かったので、次の話では再びスリル感のある展開が始まりそう・・・始まることを願います。

新たに分かった点は、行方が分からない状態になっていたハン・ソグムの弟、ハン・ビッが登場したことです。イ・ジェジュン(チェ・ウォンヨン)本部長が、ハン・ビッを追っていて、コンビニの監視カメラに映るハン・ビッを確認していました。刑務所から姿を消したまま、脱獄中ってことでしょうか。

悪役のようですが、これまで目立った行動を起こしていないイ・ジェジュン。イ・ジェジュンとナ・イジェは協力し合う仲だと思っていましたが、今話を観る限り、誰が見方で誰が敵なのかに混乱。。。ソン・ミンシクがこれまで嘘の診断書を発行していたことを知るイ・ジェジュンが、ナ・イジェを利用したことは分かりましたが、ナ・イジェとチョン・ウィシク部長検事は対立関係にあり、どのような利害関係で結ばれているのは、今後明らかになるのでしょう。

ナ・イジェを本気で怒らせたソン・ミンシクとの対立の決着はつくのか、今後が楽しみです!イ・ジェジュンの動向がこのドラマの展開に関係がありそうで、彼の言動から目が離せなくなりそうです。

キム・ビョンチョル ソン・ミンシク役
出典:http://program.kbs.co.kr/
生年月日: 1974年身長: 175cm
仮面の王イ・ソン (2017/MBC) キム・ウジェ ファグンの父、テモクの息子
愛の迷宮-トンネル-(2017/OCN) クァク・テヒ 強力1チーム刑事、葬儀屋の次男
トッケビ (2016-2017/tvN) パク・ジュンホン (高麗時代)ワン・ヨの師
ショッピング王ルイ (2016/MBC) イ・ギョングク ゴールドライン企画チーム課長
太陽の末裔(2016/KBS) パク・ビョンス 大隊長

ドクタープリズナー 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 チェ・ウォニョン イ・ジェジュン役

ドクタープリズナー 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー