愛の迷宮 (トンネル・韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【日本放送】

●日テレプラス(2020/7/28から)月~金曜日16:30から2話連続放送 字幕

●日テレプラス(2020/6/13-20)土曜日11時から8話連続放送 字幕

●ホームドラマチャンネル(2019/11/28から)水~金曜日7時から 字幕

【韓国放送期間】 2017年 3月25日〜5月21日 毎週土・日曜日の22時 (65分)
邦題:愛の迷宮

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

トンネル 터널 全16話
2017年放送 OCN
平均視聴率 4.43% 시청률 最低視聴率第1話 2.760% 最高視聴率第16話6.00%
 愛の迷宮‐トンネル‐ DVD-SET1
トンネル 터널 OCN

あらすじ

トンネルで連続殺人犯を追跡している途中後頭部を打たれ倒れた。
目が覚めギア出たところで、世界は2017年。

30年前の連続殺人犯そいつを捕まえるため
1986年に戻って行かなければならクァンホ!
しかし、事件は迷宮の中に陥って運命はねじれて行く。

田舍臭く昔のデカ(刑事)私は1986年の過去の刑事バクグァンホと
2016年の現代の刑事ギムソンジェの迷コンビプレイ-

まったく異なる二つの刑事がの犯人を最後まで追う。

相関図

http://kandera.jp

キャスト

主要人物

チェ・ジニョク パク・グァンホ役 殺人課刑事 (1986年から2016年にタイムスリップ)連続殺人犯を捕まえるために事件現場のトンネルをで不審者を発見し、追いかけていくが逃す。誰かが振り回した鈍器で迎え気絶になり。しばらくして目が覚めトンネルを抜けて、警察署に戻ってくるが、すべてが見慣れない。以後、1986年から2016年に来たという事実を悟る。

ユン・ヒョンミン キム・ソンジェ役 エリート刑事 刑事生活7年目。2016年華陽警察署殺人刑事。高校時代、母親の死が交通事故ではなく、殺害されたという事実を知ることになって、医師になろうとしていたが、夢をあきらめて警察になる。

イ・ユヨン シン・ジェミ役 心理学教授兼華陽警察署の犯罪心理相談 ヨンスクとグァンホの娘であり、子供の頃、イギリスに養子縁組を行って育ったが、里親が火災によって死ぬことになかったという罪悪感を持っている。以後殺人研究に没頭するようになる。

強力チーム

チョ・ヒボン チョン・ソンシク役 1965年生まれ 強力1チーム長 「私たち家族か?」警察官になり30年のベテラン。30年前のグァンホの正体を最初に気付く。

キム・ビョンチョル クァク・テヒ役 強力1チーム刑事 15年目の刑事。口を開けば嘘をついて、香りに鈍い。もちろん遺体が腐って入る現場ではその真価を発揮する。問題は、自分の臭いも取らないということ。ソンシクが転がり込んできたグァンホを取りまとめること不満をもらしている。

カン・ギヨン ソン・ミンハ役 強力1チーム刑事 5年目の刑事。大学1年生の時から、警察公務員試験を始め、卒業と同時についた。

その他の人物

イ・シア シン・ヨンスク役  (1958年生) グァンホの妻 高校を卒業して洋服店で働いてお見合いをしグァンホと結婚した。

キム・ミンサン モク・ジヌ役  国科捜解剖検査医 几帳面な性格に彼が働く解剖実はいつもきれいし、性格のように必要以上の話をしない。剖検で働いて10年の間にには、二回の離婚後、今では一人で住んでいる。

オ記者(ヤンジュホ)/記者 1986年華陽警察署に出入りしていた記者。質問が多く、執拗で、ドジョウのように、よく抜けていく。グァンホとことごとく角を立てた人物。

エン/(VIXX)  パク・グァンホ役  強力1チーム警長 「1988年生まれバク・グァンホ」3年目。家族がいない。化両地区隊に勤務し、その後華陽警察署に発令される。地区隊で働く当時ストーカー申告を軽視しており、通報者を戻ったが、すぐに次の日の女の子が殺される。以降トラウマに苦しまされた。1958年生まれグァンホと一度だけ遭遇する。

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /演出 シン・ヨンフィ、ナム・ギフン 脚本 イ・ウンミ
コメントにて随時感想募集中です。

話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有




●以下、話数ごとのあらすじと感想

話数あらすじと感想

amijkさんの感想より
愛の迷宮(トンネル) 1話2話 あらすじと感想 チェ・ジニョク (パク・グァンホ役)
愛の迷宮(トンネル) 3話4話 あらすじと感想 ユン・ヒョンミン (キム・ソンジェ役)
愛の迷宮(トンネル) 5話6話 あらすじと感想 イ・ユヨン (シン・ジェミ役)
愛の迷宮(トンネル) 7話8話9話 あらすじと感想
愛の迷宮(トンネル) 10話11話12話 あらすじと感想
愛の迷宮(トンネル) 13話14話 あらすじと感想
愛の迷宮(トンネル) 15話16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

amijkさん

刑事が過去にタイムスリップする話…と聞いて、正直「また?」という気持ちで見始めたのですが、よく作られていて面白かったです!
とくに、1話めは、主人公グァンホがもといた世界の1985年を描いているのですが、本当に面白くて、この1話だけでも満足できそうなくらいです。2話からは2017年に舞台が変わり、登場人物もがらりと変わるので、また別のドラマを見ているような気分になりました。

30年前に起こった連続殺人事件を追いつつ、ドラマ中盤までは、毎回違う事件が起こるので、テンポが良く、飽きません。

魅力の一つは、登場人物たちの相関関係です。はじめは何の関係もなさそうに見えていたのに、あとになって実はこの人はあのときの誰々の何々で…、というのがわかっていくので、「えっ、そうだったんだ!」なんて驚きながら見ました。
事件の犯人が誰か、というのはもちろんですが、それ以外にも隠されていることがいろいろあるので楽しみに見られると思います。

このドラマには主人公のパク・グァンホのほかにもう1人、1988年生まれのパク・グァンホ(VIXXエン)が登場します。この人物がいったい主人公のグァンホとどういうつながりがあるのか?ということも、全編を通じて気になっていた部分だったので、明かされたときはかなりスッキリしました。

俳優陣はそれぞれ熱演を見せていました。どの俳優にとっても、この作品が代表作になるのではないかと思います。主人公グァンホを演じたチェ・ジニョクは、これまでとは違った新たな魅力を存分に見せてくれました。個人的には「パスタ」や、トークバラエティ番組で見たことのある、繊細でナイーブなイメージがあったので、ちょっと荒っぽく男らしい刑事役がとても新鮮でした。

グァンホとともに事件解決に奔走するソンジェ役のユン・ヒョンミンは、「純情に惚れる」など、悪役を演じるイメージが強かったのですが、クールに見えて内側は熱いエリート刑事役がぴったりはまっていました。
この作品がドラマデビュー(映画出演は多数)となったジェイ役のイ・ユヨン、ヨンスク役のイ・シアも、今後注目されると思います。

※【豆情報】撮影地 物語の鍵となるトンネルは全羅南道羅州にあり、往復に10時間かかったそうです。




【NEW!】7月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版



【時代劇のあらすじと感想は姉妹サイト あら感】

7月の時代劇作品 (無料放送系)

オクニョ運命の女 BS-TBS 全51話(2020/7/1から)月~金曜日13時から 字幕

(全話あらすじ感想有)

トンイ テレビ東京(2020/7/17から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

ホジュン~伝説の心医~ BSテレ東 全68話(2020/7/27から)月~金曜日10:55から 字幕







【広告】
U-NEXTでは、人気作品から最新ドラマ、K-popアイドル番組、バラエティ番組など韓流コンテンツを多数配信中!


【U-NEXT独占先行配信】 

★太陽の帝国~復讐のカルマ 2020/9/2〜 U-NEXT独占先行配信  

2019年韓国地上波テレビドラマ 最高視聴率TOP10ランクイン 韓国ドラマ市場最も強烈な復讐計画が始まる 愛と野望が渦巻く作品

太陽の帝国~復讐のカルマ キャスト・相関図 視聴率

★君の歌を聴かせて  2020/9/2〜 U-NEXT独占先行配信  

殺人事件があった“その日”の記憶を全て失ったティンパニスト(打楽器奏者)が、怪しい音痴男に出会って失った真実を探していくミステリーラブコメディ。

ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン

君の歌を聴かせて 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



まずは30日間お試し 

韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー