トラップ(韓国ドラマ) 3話と4話 あらすじと感想 ソン・ドンイル コ・ドングク役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

トラップ  트랩 全7話 ●韓国放送 2019年 2月9日~2019年 3月3日 (土・日)

第3話視聴率 2.800%

onwardさんより

第3話あらすじ

<1ミリの差>

ENWを後にし、シウが発見された現場へ向かうジングクとソヨン。顔半分が無くなった遺体は、残忍で計算しつくされた殺人方法を示していました。崩れそうな精神状態の中、ジャン刑事に伴われ、遺体の確認に現れるウヒョン。

一方、ENW社内では、ソヨンに顔写真を取られた若い男が、ウォンテに叩きのめされ、男はその罰を甘んじて受けている雰囲気。

署に戻り、ジャンに自分の推理を報告するソヨン。しかし、証拠品が使い捨て携帯しかなく、ジャンは彼女の推理を一蹴します。

火災現場を検証したドングク達はこのカフェが、集団の“猟場”だったと結論付けます。建物はわざと燃えやすい木材で再建築され、獲物を射止めた後は、集団の一員ではないマスターと一緒に処分。集団はまた別の場所に“猟場”を作るのだ、と。カン・ウヒョン一家がそのカフェ最後の獲物だったとすると、今度は自分達が狙われる番?外へ出て、尾行されていると感じるドングク。藪の中で取り押さえた人物は…何と長年の知り合いのコ記者!

コ記者と、以前カフェにコーヒーを届けた事があるという、ロシア人のウェイトレスは、重要な情報を持っていました。カフェは賭博場で、そこに居たのは、遊びで狩猟をする人々。狙われた人達は二度と戻ってこない。更に、この人が居た、と見せられた携帯に映っている写真は、フォーブスの表紙に載ったホン・ウォンテ。

燃えた賭博場に居た猟師数人を集めて次の“猟場”の話をするウォンテ。不機嫌な若者が現れると、その足元に頭を擦り付けてご機嫌を取ります。その後、そんなウォンテに「あの男も全部纏めて射止めよう」と言う年配猟師、キム・シンウ。

足が動くようになったウヒョンは、自分が通う教会の牧師を病院に呼び、その服を奪って病院を抜け出します。向かう先は、ウォンテが主催するイベント会場。それを知ったドングクは、ウヒョンの車がウォンテに突っ込む寸前、自分の車を体当たりさせて、突進を阻止!

そして...明らかになるドングクの過去。暴力犯罪課所属だったドングクは、ジャンと一緒に麻薬取引を現行犯逮捕。しかし、裏工作で若者達は釈放され、その晩、ドングクの息子は彼の目の前で車に引かれ、死んでしまうのです。ドライバーは、午前中に逮捕した若者。事件に関する証拠をすべて隠匿されたドングクは、事故のニュースを取り上げたカン・ウヒョンに協力を依頼します。しかし、相手が大きすぎると知ったウヒョンはそれを断るのでした…

警察上層部にキム・シンウの手が回り、カン・ウヒョンの件はソウルの暴力犯罪課に引き渡され、以前、証拠隠滅に加担した刑事、ヤン・ドクチョルが担当することに。チーム全員が居る前で、ホン・ウォンテに従っているのかと、ドクチョルに“突っ込む”ドングク…

第3話感想

“猟師”集団が、単に金と力がある人の集まりに見えてきました。今のところ、カン・ウヒョンを狙う理由がはっきりしません。彼と直接関係があるのはホン・ウォンテのみ。ウォンテの上に、あの若造イ・シフンが居る事が分かりましたが、彼とドングクの過去の関係が、ウォンテがウヒョンに個人的恨みを持つ理由にはならないと思います。ただ、ウォンテはウヒョンの妻ヨンスと関係を持っていましたから、彼を嫌う動機にはなり得ます。

違う角度から考えて、ヨンスがこの集団の1員だとしたらどうでしょうか。彼女が死んだのか、まだはっきりしていませんね。ウォンテが自分の精神病質を隠し続けられるのと同じように、ヨンスも他人の感情移入方法を真似して生きているとしたら、ソヨンが言った“1ミリもない本物と偽りの差”を夫は見破れないかもしれません。でも実は、彼女は夫に居なくなって欲しい…

ドングクがウヒョンを嫌う理由が解明しました。当時、ウヒョンとウォンテはまだ直接関係を持っていなかったはずですが、ウヒョンは、イ・シフンの事を聞いただけで、後ろの強大な力に気付きました。病院を抜け出してウォンテを殺そうとしたことからも、ウォンテが関わっている事を知っている訳です。彼が何をどこまで知っているのか。狙われる理由はここに有りそうです。



第4話視聴率 3.692%

onwardさんより

第4話あらすじ

<秘密と嘘>

後輩の前で、ヤン刑事を直接批判するドングク。殴り合いになり、もう若くないドングクは、ソヨンに助けられる羽目に。傷の手当をしながら、ある刑事が警察学校の講義で言った言葉が、今でも心の支えになっていると話すソヨンに“目覚めた”ドングクは、ソヨンとウヒョンの自宅へ向かいます。ヤンの捜査スタイルを熟知しているドングク。自由に捜査を続けるには、一歩先を行く必要がありました。

一方、知り合いの“猟師”2人と逃亡するシヒョン。手には常に携帯電話が。

ウヒョンを加害者扱いするヤン。巷では、殺人犯カン・ウヒョン、という噂が広がり始めます。

数か月前、ホン・ウォンテと食事をするカン夫婦。ウヒョンは中座し、食事を終えたウォンテとヨンスは一緒にENW社へ。エレベーター内でキスする2人。2人の後を追ったシヒョンは、すべてをカメラに収め、ウヒョンに手渡したのでした…

病院でうそ発見器にかけられるウヒョン。妻を愛していないと知ったヤンは、それをネタに、ウヒョンの殺人動機を組たて、嘘の自白に追い込もうとします。「それが奴のやり方だ。」ソヨンに説明するドングク。

投薬に来た新しい看護師を信用したウヒョンは、洗面所に隠していた携帯を持ってきてくれるよう頼みますが、実は彼女は警官。シヒョンに繋がる携帯はヤンの手に渡ってしまいます。ウヒョンに電話をさせ、シヒョンの居場所を割り出そうとする刑事達。事態を悟り、携帯を投げ捨てた“猟師”は、相棒の喉を掻き切り、シヒョンの首を絞め… イ・シフンのクラブへ連行されるシヒョン。

刑事達を前に、ウヒョンは、3年前に彼を訪ねてきた刑事の供述を始めます。その刑事を陥れたのが、今、目の前にいる人間だという事も。後輩の前で、汚職を暴かれるヤン。

カン家の家宅捜索するドングク達。夫婦間に問題があったのは明らか。山へ行くことを知っていたのは、秘書以外にはヨンスしかいない、と言うソヨン。と、そこには先客が!! 格闘...首を絞められ気を失うソヨン。フェイスマスクの下から現れたのは、あの、ウォンテの補佐。

病院では、ヤンが、ウヒョンを人気がない戸外へ連れ出していました。組織の事を知り過ぎている。ウヒョンを殺そうとするヤン。その彼に注射針を刺したウヒョンは、銃と携帯を持って逃走。

新人パクがトイレ内に隠れていることを知らないジャンは、キム・シンウと携帯で会話を始めます。内容を聞いてショックを受けるパク。

そして同じ頃、ウヒョンの家の中に響き渡る銃声…

第4話感想

思った通り、やはりヨンスは生きている!?ヨンスがこのサイコ集団の一員だったとしても、ウォンテと関係を持っていたのですから、もはやあまり驚きでは有りません。驚愕するのは、「自分にとって必要がなくなった夫と息子を“処分”して、先へ進もう」という発想です。

あと3話しかなくて、どうやって、この大人数の異常者それぞれに、打倒な結末を持ってくるのか。図らずも、ジャン刑事まで、猟師集団と通じていましたから。情報提供を始めた頃の彼は、殺害隠匿に加担していることを知りませんでした。少なくとも、他の異常者達よりは、自分のした事を恥じているようで、まだ少し情状酌量の余地がありそう。ドングクがこの事を知った時、どう反応するでしょう。

ウォンテ、ヨンス、3人の年配“猟師”、黒ずくめの若手“猟師”達。この巨大なサイコ集団を見ているうちに、サリン事件を起こした集団の事を思い出しました。世の中に、この様な異常組織は存在し得る。そして、ソヨンが言った通り、隣の人がそれに所属していても、見分けるのは難しいに違いありません。

悪者はさておき、ドングクとソヨンがとても良い関係で、一匹狼のドングクは今、救われていると思います。2人の間には、お互いの仕事に対する信頼と尊敬がありますよね。さて、銃声が響き、どうなるのでしょうか。

 

ソン・ドンイル 성동일  コ・ドングク役
出典:http://tv.jtbc.joins.com/
生年月日: 1967年4月27日 俳優,放送進行者,タレント 妻は女優のパク・キョンヘ
ミス・ハンムラビ(2018/JTBC)ハン・セサン役 ウル中央地方法院民事第44部 部長判事
Live(2018/tvN) キ・ハンソル ホンイル交番所長
花郎(ファラン)(2016-2017/KBS) キム・ウィファ 初代風月主、花郎の師
青い海の伝説(2016-2017/SBS) マ・デヨン 脱獄囚、殺人容疑者 (朝鮮時代)ヤン氏 悪徳商人、宿の主人
ディア・マイ・フレンズ(2016/tvN) パク教授 チュンナムの友人、大学教授
麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~(2016/SBS) パク・スギョン 高麗の大将軍、開国功臣
恋のスケッチ~応答せよ1988~(2015-2016/tvN) ソン・ドンイル ドクソンの父、銀行員
大丈夫、愛だ(2014/SBS) チョ・ドンミン ヘスの初恋の相手、精神科開業医
応答せよ1994(2013/tvN) ソン・ドンイル ナジョンの父、プロ野球コーチ
チャン・オクチョン(2013/SBS) チャン・ヒョン オクチョンの父の従兄、訳官、商人
アイリス2(2013/KBS) パク・ジュンハン NSS対テロ室室長
チョンウチ(田禹治)(2012-2013/KBS) ボング ウチの助手、司僕寺の奴婢
応答せよ1997(2012/tvN) ソン・ドンイル シウォンの父、野球監督
チュノ~推奴~ (2010/KBS) チョン・ジホ テギルのライバル、推奴
他、多数
2005 MBC演技大賞 進行者部門 特別賞
2009 第17回 利川春史大賞映画祭 助演男優賞(国家代表)
2010 第7回 マックスムービー最高の映画賞 男子助演俳優賞(国家代表)
2010 KBS演技大賞 男子助演賞(チュノ ~推奴~)
2013 MBC放送芸能大賞 ショーバラエティー部門 男子優秀賞
大賞(パパ!どこ? チーム)
2013 SBS演技大賞 中編ドラマ部門 男子優秀演技賞(チャン・オクチョン,愛に生きる)
2014 SBS演技大賞 ミニシリーズ部門 男優秀演技賞(大丈夫,愛だ!)
2016 tvN 10アワーズ スペシャル 演技賞(応答せよ1988)
2016 SBS演技大賞ファンタジー部門 男子特別演技賞(青い海の伝説)

 

トラップ(韓国ドラマ) 5話と6話 あらすじと感想 イム・ファヨン ユン・ソヨン役

 

 

トラップ(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー