Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トラップ(韓国ドラマ) 1話と2話 あらすじと感想 イ・ソジン カン・ウヒョン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

トラップ  트랩 全7話 ●韓国放送 2019年 2月9日~2019年 3月3日 (土・日)

第1話視聴率 2.360%

onwardさんより

第1話あらすじ

<ハンター>

燃えさかる建物を見ながら、片方落ちているパンプスを拾い上げる血だらけの男...路上に倒れたところを、通りがかった車の運転手が見つけ警察へ通報。所持していた家族旅行の写真を見て、これは、あの有名な元キャスター、カン・ウヒョン!

搬送された病院で、治療は拒否しつつも、パソコンを使って証言を書き始めるカン・ウヒョン。

...元、人気キャスターのウヒョンと、妻で現役キャスターのヨンス。ウヒョンは結婚10周年を記念して、息子と3人で山へ家族旅行に出かけます。ポラロイド・カメラを愛用するウヒョン。道中、景色が良いスポットで、親子3人の記念写真を撮影。雨が降る中、ヨンスとの初デートで立ち寄ったという、山奥のカフェにたどり着きますが、マスターは変っていて、店内は何とも陰気な雰囲気。先客の猟師風な男達を見て「あの人達、気持ちが悪いわ」と夫に囁くヨンス。やがて彼らは出て行きますが…ふと気付くと息子シウが見当たりません。暗い店内。降りしきる雨。嫌な予感にかられたヨンスは、外に飛びだして探し回ります。彼女を追って外に出たウヒョンの足元に、息子のおもちゃが。と、銃声…!?携帯の電波は入らず、店内にはわざと電話を置いていないと笑うマスター。妻を車に乗せ、自分だけ店に戻ると「あれは銃声ではなく雷鳴」「あなた達家族が、この3日間で初めてのお客さん」。鍵がかかった車内から、妻も消えてしまいます。マスターにスコップを振り回して問い詰めるウヒョン...しかし、気が付いてみると、彼は逆に縛られていて、警察に電話をするマスター...と思いきや、それはすべて空演技でした。弓矢を突きつけ、あるゲームをしようと言うマスター。妻か息子を助けてから死ぬか、どちらも助けないまま死ぬか。

一方、久しぶりに、別れて暮らす娘と「デート」する刑事ゴ・ドングク。今日だけは仕事に邪魔されたくない。しかし、携帯に送られてきた証言が、あのキャスター、カン・ウヒョンのものだと聞くと、表情が一転。上司のジャンに、捜索隊ではなく、雨の中でも山に入る「高麗人参堀り」を集めるよう指示します。そして、口実を作って、カン・ウヒョンのマンション内に侵入。

病院に張り込んでいた後輩刑事ベ・ナムスが目を離したすきに、病室で暴れ出すウヒョン。誰も手を付けられないでいるところへ、ウヒョンの秘書且つ後見人キム・シヒョンが駆けつけます。精神状態が安定するまで、取材拒否を言い渡すシヒョンに、何かを感じるベ刑事。病院の上層階から、ある証拠を撮影しようとしますが…

直接話をしようと病院へやって来るドングク。ベ刑事と会話中に、突然病棟から人が墜落…!

第1話感想

ロマンス系のドラマが多い中で、久しぶりにスリラー物を視聴。スン・ドンイルが刑事、と聞いただけで、濃い内容が想像できます。そして、この作品の中の彼も、やはり(?)妻や子供と別れ、人間味に溢れた、一匹狼的存在。

1話でカン・ウヒョンと彼の家族に起こる事件は、彼が病院で書いている証言内容です。そうすることによって、事後に起こっている捜査と、既に起こった事件を同時に表現する事ができますよね。クレバー!

カフェのオーナーであるユンは、「人間剥製を作りたい」という精神異常者。そして既に、ウヒョンの秘書シヒョンと、カフェに居た黒い帽子の男が繋がっているらしい事が分かりました。彼女が“後見人”という事は、ウヒョンのすべてを支配できる立場の人間なので、随分前から綿密な計画が立てられていた可能性がです。旅行に向かう車中の会話から、妻ヨンスは、夫と彼女の関係を、どこか不自然に感じていたニュアンスがありました。シヒョンは、ウヒョンが政治家になったら、その妻の座を狙っていたのかも。

ベ刑事は亡くなってしまうのでしょうか。あの彼かシヒョンが突き落とした、と考えるのが、現段階では自然ですが、それでは面白くなさ過ぎます。ベ刑事の手帳が意味を持ってきそうな感じ。そして、退職間際のゴ・ドングク刑事の活躍に期待。妻や娘との関係も是非修復して欲しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話視聴率 3.624%

onwardさんより

第2話あらすじ

<2つの顔>

ゴ・ドングクの目の前で、ベ刑事は8階のベランダから転落し、亡くなってしまいます。

当時、病棟の7・8階だけ停電になった事、亡くなる前、ベ刑事は「不審な光景を見た」とドングクに話していた事が分っても、ベ刑事の検死もせず、隠密に片付けようとするガンウォン警察ジャン署長。有名人であるカン・ウヒョンの捜査で自分の点を稼ごうという意図が見え見えで、うんざりするドングク。しかし、誰かが警察のウェブサイトに記事を投稿したことで、事件が中央の目に留まり、ソウル地方検察庁から、腕利き女性プロファイラー、ユン・ソヨンが送り込まれます。しかし、まだ若く、多少メディアに“ちやほや”されている彼女に協力する気はないドングク。「犯行現場の特定も出来ないのに、何を分析するんだ?」

… ウヒョンを逃がし、それを2人の猟師に負わせるマスター・ユン。しかし、カフェに戻ってきたウヒョンは、ユンを縛り上げ、弓矢を手に、2人の猟師達を追います。実は軍隊で特別な教育を受けていたウヒョン。追手の一人を殺し、シウと再会するも、結局2人目の猟師に捉えられてしまいます。そしてその彼は、シウがウヒョンの実子ではない事まで知っていたのでした…

ベ刑事が残した手帳から、秘書シヒョンを疑うドングク。ウヒョンの自宅の金庫から回収された携帯電話は、ウヒョンが彼女に連絡を取る為に使っていたと推測します。その後、ウヒョンが経営する会社の大株主、ホン・ウォンテの会社を訪ねるドングクとユン・ソヨン。ソヨンは社長室を出ると、全く違う分析をします。「関係があったのは、ウヒョンと秘書ではなく、ホン・ウォンテと妻ヨンス。そして、サイコ集団を纏めているカリスマ的人物はホン・ウォンテ。彼には表と裏2つの顔がある。」今まで、猟師スタイルの連続殺人事件を追い続けてきたソヨンは、ウォンテが経営するENWホールディングス社内に、怪しき人物を見つけたのでした。顔写真が病院に居るジャン署長に送られ、それを見て反応を示すウヒョン。

2人目の猟師に痛めつけられ、動けなかったウヒョンの横で、妻ヨンスとシウは再会を果たしたようでした。しかし… 「子供発見」の連絡を受け、現場へ駆けつけた偵察隊長は、体に掛かったシートを捲り、思わず顔を背けるのでした。

第2話感想

秘書シヒョンは、やはり“あちら側の人間”でした。でも、実際に「狩り」をする人達は使われているだけで、本当の雇い主を知っているのはごく一部の人間のようです。ホン・ウォンテを頂点としたサイコ組織が、ウヒョンを殺さない理由は何でしょうか。ウォンテとヨンスが内密に連絡を取り合う関係だったのなら、なぜウォンテはヨンスまで苦しい目に合わせたのか。そして、シウは誰の子供?

疑問はまだあります。ドングクとウヒョンの間に、以前何があったのでしょう。ジャン刑事がドングクに言っていた、「過去の事件」が関係していそうです。

それにしても、訪問した会社のエレベーター内ですぐに事件関連の事を喋り出すソヨンは、少し軽薄だと思いました。セキュリティー・カメラがありますし、録音されていないとも限りません。ソウル地方検察庁付きプロファイラーなのに?いみじくも、彼女が言っていた「彼らは証拠を残しません。でも、自信過剰になるとミスするんです。」という言葉をソックリお返ししたい感じですが、そこが「お話」という事でしょうか。

分からない事が沢山あって、これからこれらがどう繋がっていくのか、緊迫感と、複線探しの面白さに引き込まれます。ただ、内容が、大変リアルで身近にありそうなので、今後、あまり残虐な場面が無いと良いなとも思っています。

 

 

 

イ・ソジン 이서진 李 瑞鎮  カン・ウヒョン役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1971年1月30日 身長178cm、体重68kg、血液型A型
主な出演歴
火の鳥(2004年)チャン・セフン(ウィル) ジウンの元夫、チャン社長
恋人(2006年)ハ・ガンジェ ヤクザ、エクボの親分
イ・サン(2007年)イ・サン、正祖(チョンジョ) 世孫、朝鮮王朝第22代王
本当に良い時代(2014年)カン・ドンソク 検事
結婚契約(2016年)ハン・ジフン 役

 

トラップ(韓国ドラマ) 3話と4話 あらすじと感想 ソン・ドンイル コ・ドングク役

 

トラップ(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー