トップスターユベク 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

トップスターユベク 톱스타 유백이  全11話

第9話視聴率 1.941%

quetalsurinoさんより

第9話あらすじ

島を去る決意をしたユベク(キム・ジソク)と、彼を引き留めることができないオ・カンスン(チョン・ソミン)は、ユベクの見送ることができない程、気持ちがボロボロで、涙を流します。

過去しつこい取材の果てユベクにカメラを壊された記者は、トップスターユベクが見捨てた実の母が貧しい生活を送っており、ユベクからの援助が全くないことを記事にし。。。ユベクの母は、状況を説明するため記者会見まで開きます。しかし、最もユベクを辛くするのは、家族の関係を噂されることよりもカンスンと別れたこと。。。

ユベクの友人ナムジョが島を訪ねてみるとユベクは既に島を出た後で、島中の住民は銀婚式に出席するためデジュク島に向かう準備中。カンスンの気持ちを知るマドルはカンスンから渡したいものがあると言われると不安になりますが、カンスンがマドルに渡したのは手編みのマフラでした。

ユベクと会えないことにカンスンは悲しみ、ユベクもカンスンと同じ気持ちで眠れない。。。カンスンの本音を知るマドルも眠れない夜を過ごします。ドンチュンの父と母の銀婚式はユベクが滞在中の同じホテルだったことから、ユベクはカンスンとマドルの結婚式と誤解します。落ち込んだユベクは初めてカンスンに告白した場所を訪れ、彼女との思い出に浸る。

その頃、このままだといけないと語り、カンスンの指からリングを外すマドル。。。カンスンの幸せのために、あきらめる決心をします。ユベクが結婚式のことを誤解していたこと、わざと本当はドンチュンの父と母の銀婚式だと伝えなかったことを告白する。誤解されていることを気にしたカンスンあユベクに電話・・・しかし、返事がない。

カンスンはナムジョと共にソウルに向かったカンスンは、ユベクとすれ違ってしまい、不安になるカンスン。しかし、初めて告白された場所でユベクと再会したカンスンは気持ちを伝えられず。。。こんな時は会いたかったと話すだけで充分と優しく語るユベク!その後、ユベクがカンスンにキスします。

第9話感想

第8話はストーリの展開は遅く、それぞれ主人公の心理的な面を中心に描かれ、早くカンスンとカップルになる相手がしりたい!の気持ちが強かったですが、これまでスッキリしなかったすべてを、最後のユベクのカンスンへのキスで吹き飛ばしました!素敵過ぎるキス!初めて告白された場所でカンスンもユベクのキスに応じ、最後のシーンを何度も観ちゃいそうなほどロマンティックでした!

ソンジュンギ主演の「優しい男」でも主人公ソ・ウンギに片想いする弁護士パク・ジュナをイ・サンヨプが演じていますが、片想いする男性の気持ちを上手に演じ過ぎて、マドルが可哀そうになりました。15年間も片想いしたカンスンとの結婚を島中の皆が応援する中、そのまま強引に結婚進めることができたはずなのに、結局は大好きなカンスンの幸せを願って、カンスンをユベクに行かせる決断を下しましたね!男らしい!

島に来ていたユベクの友人のナムジュは、ユベクとカンスンのキューピット的な存在を果たして、コミカルな演技から笑わせてもらいました。家族の問題でつたい立場にあるユベクの状況を説明したナムジョの言葉に、カンスンはユベクを心配し電話までし、カンスンからの電話に気づきながらも二人はすれ違いましたが、無事に再会を果たしました。

話の展開が遅いと思ったけど、最後の二人のキスにすべてが許せる!ドキドキさせられるキスでした。名場面として残りそうなほどキム・ジソクが素敵でした。カンスンに初めてプロポーズした場所でのキスはお互いの気持ちを確かめた証。。。カンスンの心が向く方向はやはりユベクでしたね。カンスンの気持ちを知って強引に進められなかったマドルのおかげもあって二人のハッピーエンディングに向けて、話は進むことになりますが、全11話の完結なので、二人がハッピーエンディングを迎える前に、また何かハプニングが起こることになるのでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率 2.048%

quetalsurinoさんより

第10話あらすじ

お互いの気持ちを確かめたキスの後、カンスン(チョン・ソミン)はユベク(キム・ジソク)の生い立ちを聞きます。両親はいなかったけど祖母と、島の皆に見守られ幸せな子供時代を過ごしたカンスンと違い、母一人で育てられたユベクの心の傷を慰めるカンスン。母の苦労に気づくことなく長年、母を憎んだ自分が許せなかったと語り、ユベクは母を思い浮かべます。母との関係を修復するため、ユベクは母を訪ねます。

カンスンをマネジメント会社の代表や友人のナムジュに正式に紹介すると、二人が付き合っていることを祖母に伝えるため、ヨジュク島を訪れるカンスンとユベク。島に到着した二人を迎えに来たマドルは優しく二人を迎え入れます。しかし、島の住民の反応がいまいち。。。付き合っていることを伝えると、カンスンの祖母は、二人の付き合いを反対!猛反対します。

祖母の反対にぶつかったカンスンとユベクは予想外の出来事に戸惑いを見せます。島全体でユベクを反対する理由は、島のおばあちゃんの一人が偶然聞いた電話の内容を誤解していたからでした。すべては誤解だったことを知ったカンスンの祖母が二人の付き合いを受け入れ、ホットするカンスン。しかし、カンスンはマドルの父をガッカリさせてしまったことを気にしながらも、勇気を出して、マドルではなくユベクを選択した報告をマドルの父にします。

マドルとの結婚はなくなったけど、カンスンは大切な友人の娘で、幼い頃からカンスンの成長を見守ったことから、マドルの父にとってカンスンは娘同様の存在と、優しい言葉を聞かされると、カンスンは悲しい気持ちになります。そんなカンスンを優しく慰めるユベク。

ヨジュク島で自然と共にデートを楽しむユベクとカンスン。ユベクが好きだけど、スキンシップはまだ苦手で、ゆっくり進めていきたいと語っていたカンスンの意見を尊重していたユベク。しかし、一緒に居ると高鳴るドキドキ感を隠せなくなったカンスンは、ユベクとのスキンシップを望む!と、告白。。。

第10話感想

カンスンとユベクのラブラブな関係!!

ちょっとした誤解でユベクとカンスンの関係を反対される出来事がおきました!でも、その誤解も田舎ならではの誤解。。。ユベクは子供がつくれない体だと噂されたことで、カンスンとの付き合いを反対した祖母でしたが、誤解だと知ると孫娘の婿として歓迎する。これで二人が付き合うことに意義を申し立てるものはいないです。最終話では二人のハッピーエンドが描かれることになりますが、果たして二人はどんな幸せなエンディングを迎えることになるのでしょうね。

島での二人の姿(ファッションも含め)とソウルにいる時の二人の姿が全く違うところがいい!特に島でのスローな時間を楽しむユベクとカンスンが釣りをするシーンは、忙しい都会生活が好きな人でも、次の旅行は絶対にゆっくりとした時間を過ごしたいと思わせるほど、影響力がありそう。カンスンのシンプルなアウトドア系のファッションがとてもかわいくて、このドラマを視聴していると必ず、アウトドアグッズや衣類に興味が沸きます。

2016年にリメイクされたチョン・ソミン主演の「1%の奇跡~運命を変える恋~」は、何度も繰り返し観るほど好きな作品で、ハ・ソクジンとチョン・ソミンのもたらすケミストリーにドキドキさせられました。リメイク版は一話の放送時間が短くて、程よいところで終わるので、1時間以上放送されることのあるドラマとは違い、少し物足りない感が個人的には好きだった記憶があります。似たような雰囲気で、ソンフンが主演した「じれったいロマンス」も主人公が御曹司の内容で、面白かったです。

ラブコメドラマはたくさん視聴してきましたが、キレイな島でのロマンス物語や、登場するキャラクターたちの純粋さ等、他のドラマでは観られない魅力が満載!チョン・ソミンが演じるカンスンは、同じ女性が見ても可愛いと思えるキャラクターでした。

シンプルなラブコメでも、過去の悪縁などが理由でごちゃごちゃした展開が続くドラマが多い中、このドラマは刺激的な内容や設定がないけど、笑ったり、泣いたり、感動したりと、長く記憶に残るラブコメの作品になりそうです!

トップスターユベク 11話(最終回) あらすじと感想

 

トップスターユベク 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー