トップスターユベク 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

【日本放送】

●BS12 トゥエルビ 全18話(2020/6/26から)月~金曜日7時から 字幕

●日テレプラス(2020/5/25から)月~金曜日9:10から 字幕
●BS12 トゥエルビ 全18話(2020/3/9から)月~金曜日16時から 字幕

【韓国放送期間】2018年11月16日~2019年1月25日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~ 톱스타 유백이  全11話
2018年放送 tvN
平均視聴率 2.48% 시청률 第1回2.83% 最高視聴率3.196% 最低視聴率1.941%

出典:tvN トップスターユベク 톱스타 유백이

あらすじ

トップスターとして成功を収めたユベクは、華々しい活躍をする一方、過去のある出来事が原因で心に傷を抱えていた。そんなある日、飲酒検問を無視して授賞式に現れたユベクは、世間から大バッシングを受け、ほとぼりが冷めるまでヨジュク島で過ごすことになる。まるで文明から取り残されたように原始的な暮らしをする島民たちに驚がくするユベクは、マネージャーから紹介されたオ・ガンスンという女性の家で世話になることに。価値観の違いからぶつかり合う2人だが、ユベクは純粋で温かいガンスンをだんだんと好きになっていき…。

出典:衛星劇場 トップスターユベク

相関図

出典:tvN 톱스타 유백이 相関図

キャスト

主要人物

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ジソク  ユベク役 「シリウス」のリーダー、歌手兼俳優 SNSフォロワー1,000万人。17歳の時、4人組アイドルグループ「シリウス」でデビュー。

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ソミン  オ・ガンスン役  別名カン・スンイ 海女 スーパー運営 ヨジュク島で祖母と暮らす。

画像出典:http://program.tving.com/

イ・サンヨプ チェ・マドゥル役  別名マドロス・チェ 最年少船長

ガンスン周辺人物

画像出典:http://program.tving.com/

イェ・スジョン ガンスンの祖母役 南道料理の巨匠 「料理の第一人者。料理職人」

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ヒョン ヤン・バンシル役  マドゥルの母 実質的村長

画像出典:http://program.tving.com/

イ・ハンウィ チェ・ハンボン役  村の村長 マドゥルの父 船長

画像出典:http://program.tving.com/

ホ・ジン :チャン・フンテク役(78歳)

ソン・ビョンスク :クン・サンテク役(75歳)

二人姉妹のように一緒に住んでいるが、夫が一つである本妻後妻の関係。

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・ウンピョ  パク・グクソプ役 (60歳) ドンチュンの父

画像出典:http://program.tving.com/

チョン・イラン イ・ヒャンギ役 (50歳)ドンチュンの母 美容室

画像出典:http://program.tving.com/

ユ・ジュウォン  パク・ドンマン役(9歳) ドンチュンの弟、ヨジュク島唯一の小学生 めんこの達人

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ジョンミン  カン・ミン役(40代後半)ヨジュク島の小学校教師、ドンマンの担任

画像出典:http://program.tving.com/

イ・アヒョン  ア・ソラ役(40代半ば)ヨジュク島の保健所の医師、ミンの元恋人

画像出典:http://program.tving.com/

謎の人物 山に住み、外によく出ていない自然人

ユベクの周辺人物

画像出典:http://program.tving.com/

ホ・ジョンミン ナムジョ役(30歳) 歌手兼俳優「シリウス」のメンバーでユベクの友人

画像出典:http://program.tving.com/

チョ・ヒボン  ソ・イル役(40代後半)ユベクの所属事務所の代表

画像出典:http://program.tving.com/

キム・ミンソク パク・ドンチュン役(20代半ば) ユベクのマネージャー

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /脚本:イ・ソジョン、イ・シウン、演出:ユ・ハクチャン
コメントにて随時感想募集中です。

話数ごとのあらすじと感想
●以下 作品感想ネタバレ有



話数ごとのあらすじと感想

daisySSさんより

BS12では18話VERで放送 以下目安

11話VER1・2話→18話VER1~3話
11話VER3・4話→18話VER4~6話
11話VER5・6話→18話VER7~10話
11話VER7・8話→18話VER11~13話
11話VER9・10話→18話VER14~16話
11話VER11話→18話VER17~18話

トップスターユベク 1話・2話 あらすじと感想 キム・ジソク  ユベク役
トップスターユベク 3話・4話 あらすじと感想 チョン・ソミン  オ・ガンスン役
トップスターユベク 5話・6話 あらすじと感想 イ・サンヨプ  チェ・マドゥル役
トップスターユベク 7話・8話 あらすじと感想
トップスターユベク 9話・10話 あらすじと感想
トップスターユベク 11話(最終回) あらすじと感想

作品感想

daisySSさんより

いっぱいの笑顔と幸せな気持ちに、癒されるラブコメ!

絶対におすすめしたいドラマ!

このドラマの個人的な感想を一言でまとめるなら、「何度も観なくなるドラマ」。ストーリーラインはいたってシンプルなラブコメですが、何度観ても飽きなさそう。。。ドラマの主題歌も素敵でしたし、登場する島もすごくキレイ、出演するキム・ジソクもチョン・ソミンもお似合いで、面白かったです。

キム・ジソクが演じる主人公は売れっ子トップスターのユベク。ちょっとしたハプニングの後、バカンスのつもりで向かったヨジュク島は、インターネットも携帯電話も使えない環境で、時が1980年代で止まったような離島。そんな島で出会ったのは素朴で明るい田舎娘のオ・カンスンでした。全く違う性格のユベクとカンスンが恋に落ちていく姿が、キレイな島の風景とマッチして、ドラマを観ている間、幸せな気持ちになる瞬間がありました。

11話と短い分、無駄のない描かれ方で、エピソードも笑えるものから、切なくなるものまで幅広く描かれましたが、全話を振りかえると笑った記憶の方が多いドラマでした。ロマンスドラマなので、ユベクの恋のライバルはもちろん登場し、三角関係を形成しますが、全く嫌みのない三角関係なので、シンプルに面白いです。ライバル役のチェ・マドルを演じるのは、イ・サンヨブ。「あなたが眠っている間」では悪役を演じたので怖いイメージがありましたが、このドラマでは15年も片想いを続けるチェ・マドルを演じて、いい人感がすごく出ていました。特に、初めて登場するシーンが笑えます。

ヒロインを演じるチョン・ソミンは、数年前に観た「オーロラ姫」のイメージが強くて、それほど好みのタイプのドラマではなかったので、それほど気になる女優ではなかったのですが、リメイクされ2016年に放送された「1%の奇跡~運命を変える恋~」にドキドキされて以来、ファンになりました。最新作の「トップスターユベク」では、オシャレに言えばボブだけど、おかっぱヘアスタイルで、決してオシャレとは言えないヒロインでしたが、ドラマの進行と共にとても愛らしく見えてくるので、ユベクが恋する理由に同感しますよ。訛った口調で話すカンスンが可愛いです!

登場するキャラクターたちは個性があって好きでしたが、このドラマの一番の魅力は主人公のユベクを演じるキム・ジソクでした。シャープさが出ていて、カンスンとのロマンスにおいても自己中心的な部分はありますが、たくさんドキドキさせるので、胸キュンするドラマが好きな方にはお薦めしたいドラマです。

カンスンとユベクのロマンスをみていると、心の重荷や痛みなどを分かち合える相手に出会えて幸せになっていく姿に、「幸せな愛」を感じました。お互い成長させるところもすごく良くて、カンスンの成長ドラマでもあり、ユベクの成長ドラマでもある。ラブコメですが、心温まるドラマでした。このドラマの影響で、スローライフや島での生活に憧れを持ち始めました!

たくさん笑って、ドキドキして、久々にドラマに癒されます。特に、キム・ジソクが好きな方や気になる方は、このドラマは見逃さないでください。財閥2世とのロマンスに飽きた方にもおすすめしたい作品です。






10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】AbemaTVは無料で見れるけどなかなかその時間に視聴の都合がつかない。
そんな方にはABEMAプレミアムがおすすめ!①すべての作品画見放題!②広告なしでビデオがすぐ再生!③放送中でも最初から見れる!④そして放送後の番組でもコメントが見れる楽しみがあります。
AbemaTV 無料体験


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー