トキメキ注意報 9話・10話 あらすじと感想 (Block B)P.O ユジュン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

トキメキ注意報  トキメキ注意報 설렘주의보 全16話

第9話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

第9話 感想

ウヒョンとユジョンが別れたことが報じられた後も、秘密恋愛中の二人。しかし、カン・ヘジュとウヒョンが政略結婚する仲だと知ったジェギョンは、ウヒョンとユジョンが嘘の恋愛から本当の恋愛に発展したことを知り、24時間ユジョンを監視し、ウヒョンとは連絡が取れない状況になりました。会えないだけ気持ちは大きくなるもので、ウヒョンは彼女を想う気持ちの大きさから、具合を壊してしまって・・・ウヒョンの気持ちがすごく伝わって切ない!

食事がのどを通らず元気のないユジョンを心配したウヒョンは手紙を残します。通常ドラマだと、ナレーションで手紙の内容を伝えることが多いですが、手紙の内容が画面に映されたのが逆に新鮮で、ウヒョンの「会いたい」の言葉に、ドキドキしました。

ウヒョンへのユジョンの気持ちを察した弟、ユン・ユジュン(ピオ)のおかげで、こっそり外出することに成功したユジョンは、3日間ウヒョンとの旅行に出かけ、ユジョンは母が残した両親の結婚指輪をウヒョンに送るなど、ロマンティックな時間を過ごす二人が描かれました。

一方、10年間ユジョンに隠していたことを打ち明けたソンフン。チュ・ウジェの演じるソンフンは、意外にもストレートに気持ちを伝えるタイプで、ユジョンへの気持ちを告白しました。でもユジョンをときめかせるのはウヒョン。。。カン・ヘジュとの結婚に向け、ウヒョンの父がユジョンつぶしに本格的に乗り出したことで、ユジョンエンターテインメントは大きな危機を迎えることになりそうで、新たな展開を迎えることになります。

ウヒョンはチェゴグループとの関係を打ち明けようとしますが、結局、家族の話をすることなく終わりましたが、このことが今後二人の関係に何か影響を与えることになるのでしょうか。幸せそうに笑うユジョンに、ウヒョンが優しくキスするところで終わりました。

チョン・ジョンミョンの優しい笑顔が素敵です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

第10話 感想

大切な存在の相手には、秘密をいつ打ち上げるかが、やはり大事ですね。父を含め家族のことや、出生の秘密をユジョンに話すチャンスを失ってしまったことで、二人の間にできた溝を果たしてどのように埋めていくのかが、これからの展開のポイントになりそうで、ワクワクします。

控えめで多くを望まないウヒョンが、ユジョンを守るために動きだしました。幼い頃に起きた火災事件の証拠をもとに父と全面対決することになるのでしょうか。火災事故を処理した担当消防士がユジョンの父だと、まだユジョンもウヒョンも知らない状態で、これから先、再び新たな危機が訪れそうで、二人のロマンスにはまだまだ様々困難が待っていそう!

旅行先で、ウヒョンとチェゴグループの関係を知ったユジョンは、カッガリした気持ちのまま宿を飛び出し、困った状況で連絡を取った相手はソンフンでした。一度始まった恋を諦めることができないユジョンが葛藤しながらも、ウヒョンを思う純粋な恋心が切ない。女優を諦めてまで突き進む必要のある恋など存在しないと、強く反対していたジェギョン。カン・ヘジュの勝手すぎる態度には、観ていてイライラさせられました。どんな手を使ってでもウヒョンとの結婚を強引に進めるヘジュ。ウヒョンとの関係を反対していたジェギョンが、ユジョンの気持ちを理解し、二人を応援するような雰囲気から、周囲を巻き込むことになった二人の恋。。。

これまではやい展開で進んでいきましたが、今話はお互いへの想いを中心に、回想シーンも多く、ユジョンのウヒョンへの気持ちが多く描かれました。お互いを想う気持ちが大きく、切ない一話でした。

 

(Block B)P.O ユジュン役
出典:http://www.mbn.co.kr/
生年月日: 1993年2月2日 身長: 181cm 2011年4月14日デビュー Block B(ブロックビー)男性7人組アーティストのラップ担当P.O

 

トキメキ注意報 11話・12話 あらすじと感想 イ・ヘラン チュ・ミナ役

 

トキメキ注意報 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー