トキメキ注意報 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2019/4/17から)毎日早朝5:15から 字幕 2018MBN
●DATV(2019/3/4から)月~金曜日13:45から 字幕
●【日本初放送】DATV (2018.12.9~)(日)23:15~(※2話連続)【第1話先行】11月28日(水)18:30~
●韓国放送 2018年10月31日~

トキメキ注意報  トキメキ注意報 설렘주의보 全16話
2018年放送 MBN
平均視聴率 -% 시청률
MBN トキメキ注意報  설렘주의보
あらすじ

国民的スターユン・ユジョンの恋愛は、いつも長続きしない。浮気者の大スター、ファン・ジェミンともそうだった。2人の交際を公表しようとした時、あろうことか彼が別の女性と結婚することがわかった。そこへおかしな偶然が重なり、ユジョンは皮膚科医師チャ・ウヒョンと出会う。彼は愛を全く信じない独身主義。初対面は最悪の印象の2人だったが、それぞれ抱えている事情とお互いの思惑が合致し、ウヒョンとユジョンはなんと偽装恋愛を始める…。

MBN トキメキ注意報  설렘주의보 相関図
キャスト

チョン・ジョンミョン チャ・ウヒョン役(34才) スタードクター人気皮膚科医

ユン・ウネ ユン・ユジョン役(32才) トップスター ベテラン女優

ハン・ゴウン ハンジェギョン役(40歳)ユジョンエンター代表

チュ・ウジェ ファン・ジェミン役(32歳) ユン・ユジョンの恋人で俳優

Block BのP.O ユジュン役(24歳) ユジョンの弟でニート

イ・ヘラン チュ・ミナ役(29歳)スクープ日報芸能部の記者

スタッフ /脚本:キム・シネ
コメントにて随時感想募集中です。

●こんなドラマ●

ラブコメの女王と呼ばれている、ユン・ウネさんが5年ぶりに主演したドラマ。
ユン・ウネさんというと「未来の選択」でのコミカルな演技と「会いたい」での切ない演技などいろいろな役を演じ分けることが出来る女優さんです。

5年ぶりの主演するこのドラマでは、恋愛が長続きしない有名なスターを演じており、新しい恋人との交際宣言をしようとしたらその恋人が他の女性と結婚することが分かったと言う、コミカルな展開を予想できる始まり方をします。

ユン・ウネさん演じるスターのユジョンは、交際宣言が出来ず困っていた時におかしな偶然が続き皮膚科の医師のウヒョンと出会い彼と偽装恋愛をしていることにします。

相手役のウヒョンを演じるのがチョン・ジョンミョン。この皮膚科の医師は、女性からモテるのに恋愛にも興味がないし愛も女性も信じない独身主義の男性を演じます。

恋愛が長続きしない女優と独身主義の医師が、お互いの利益のために偽装恋愛をはじめ、お互いのことを知るようになるといつの間にか心臓がドキドキするようなトキメキが訪れます。

最初のコミカルな偽装恋愛の始まりから、徐々にお互いを好きになって行く姿がドラマを見ている方もドキドキしながらトキメキを感じることが出来ます。

大人の女性のときめきような恋愛を楽しめるドラマです。

 

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

トキメキ注意報 1話・2話 あらすじと感想 チョン・ジョンミョン チャ・ウヒョン役
トキメキ注意報 3話・4話 あらすじと感想 ユン・ウネ ユン・ユジョン役
トキメキ注意報 5話・6話 あらすじと感想 ハン・ゴウン ハンジェギョン役
トキメキ注意報 7話・8話 あらすじと感想 チュ・ウジェ ファン・ジェミン役
トキメキ注意報 9話・10話 あらすじと感想 (Block B)P.O ユジュン役
トキメキ注意報 11話・12話 あらすじと感想 イ・ヘラン チュ・ミナ役
トキメキ注意報 13話・14話 あらすじと感想
トキメキ注意報 15話・16話(最終回)あらすじと感想

 

quetalsurinoさんより

以下 作品感想

●偽装恋愛から始まったロマンスは、真実の愛へと発展する・・・淡く幸せなロマンス!

恋愛中の相手に振られた主人公ユン・ユジョン(ユン・ウネ)と、父親にすすめられた相手と政略結婚させられそうになったチャ・ウヒョン(チョン・ジョンミョン)が、取った選択は、「偽装恋愛」!ビジネス的な関係だった二人は、お互いに惹かれあい、真実の恋へと発展していく過程がすごく良かったです。ドキドキと切なさが混じった展開が興味深く、程よい刺激もあって、明るいラブコメでした。

複雑な家庭環境を持つウヒョンは、恋を否定し結婚願望はゼロの人物で、相手のユジョンは恋愛下手だけど、恋する気持ちに正直なヒロインでした。恋愛に慣れていない二人のロマンスが、すごく純粋で、ドキドキ度がかなり上がりました。二人の間に共通するのが、幼い頃に経験した火災事件によるトラウマ。お互いの傷を癒し合い、トラウマを克服していく二人は、過去の火災事件とのかかわりを知り、互いを運命的な相手だと感じていくところが、個人的には好きでした。

ユン・ウネが主演を務めた「宮(クン)Love in Palace」の高校生、シン・ジェギョンのイメージとも重なることもあり、ユン・ユネらしい明るい演技がこのドラマでもみられます。韓国ドラマでは近年、ブロマンス(男の友情)を描くドラマが増えてきましたが、このドラマではハン・ゴウンが演じるハン・ジェギョンとのウーマンス(女性同士の友情)も描かれ、主人公たちのロマンスだけではなく、友情や家族愛まで描かれています。

登場するエピソードも面白く、キャストや設定を確認する限りでは、若干、ドロドロドラマを連想させるようなところもありますが、実際にドラマの内容は想像するイメージとは全く違い、サラっと観られるラブコメで、運命的な恋に落ちたことで、過去の傷やトラウマを克服し、家族の絆を深めるストーリーが、とても温かいタッチで描かれています。

特に、チョン・ジョンミョンが演じるチャ・ウヒョンが、意外にも素敵!丸いイメージが強く、ドラマの初めは、果たしてドキドキするピンク色の可愛いロマンスへと発展するのか?ドキドキするの?などと、チャ・ウヒョンのキャラクターに半信半疑。でも、ドラマの進行と共に、どんどんハマっていきました。丸いイメージは優しいイメージへと変わり、チョン・ジョンミョンって不思議な魅力を持つ俳優でした。

2018年はパク・ソジュンが出演し話題になった「パク秘書がなぜそうか(原題)」を始め、ウェブ小説やウェブ漫画を原作とする作品が多くラインアップしています。このドラマは人気のウェブ小説をドラマ化した作品で、原作が小説だと、ストーリーラインがしっかりしていて、期待を裏切らない展開が続き、エンディングまでドキドキが続きました。観終わった後、幸せで明るい気持ちにさせてくれる作品でした。

ラブコメが大好きな方には、特におすすめしたい作品です!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー