トゥー・カップス 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2018/8/31から)毎日深夜26:45から 字幕
●【日本初放送】KNTV 2018年03月26日~
●韓国放送 2017年11月27日~2018年1月16日 (月・火)ドラマ

トゥー・カップス  투깝스  全16話
2017年放送 MBC
平均視聴率 6.76% 시청률 最低視聴率3.30% 最高視聴率9.7%
トゥー・カップス OST (MBC TVドラマ) (2CD)
あらすじ

刑事のチャ・ドンタク(チョ・ジョンソク)はある夜張り込み中少し目を離した間に相棒のハンジュン(キム・ミンジョン)が刺殺される。真犯人逮捕を誓うドンタクだったが、そこには大きな陰謀があった。その頃詐欺で服役していたスチャン(キム・ソンホ)が出所する。スチャンがハンジュン殺害の犯人だという目撃情報が入り、ドンタクはスチャンを逮捕するが、スチャンは冤罪だと訴える。そんな中謎の集団に襲われた2人は漢江に飛び込む。病院でスチャンが目を覚ますと、鏡に映るその姿はドンタクだった!正義感の強い刑事とちゃら~い詐欺師、正反対の2人が真犯人逮捕のため1つの身体でタッグを組むことに!

 
KNTV トゥー・カップス 相関図
キャスト

チョ・ジョンソク チャ・ドンタク ソウル中央警察署の熱血刑事
ヘリ ソン・ジアン NBC報道局社会部記者

キム・ソンホ コン・スチャン ドンタクの体に憑依した口のうまい詐欺師
チョン・ヘギュン マ・ジングク ソウル中央警察署署長
キム・ミンジョン チョ・ハンジュン ソウル中央警察ドンタクの先輩で相棒、殉職
イ・ホウォン トッコ・ソンヒョク ソウル中央警察署刑事、ドンタクの新たな相棒

イ・シオン ヨンパリ ドンタクの協力者、ナイフの達人
パク・フン タク・ジェヒ ジアンの兄貴分、検事
チェ・イルファ タク・ジョンファン ジェヒの父、ソウル南部地検検事長 元刑事
オク・チャヨン チン・スア 日本料理店の女将 話すことが出来ない。
リュ・ヘリン ポン・ダルレ スチャンの魂が見える占い師
イ・ジェウォン イ・ドゥシク スチャンの幼なじみ、チンピラ
イム・セミ コ・ボンスク スチャンの幼なじみ、スリ

スタッフ /演出:オ・ヒョンジョン 脚本:ピョン・サンスン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●コテコテの刑事の体に性格真逆の詐欺師の魂が?一人二役で魅力満点の刑事に変身!

登場人物の職業は刑事、詐欺師と記者。単純な警察捜査ドラマなのかと思ったら、正反対の性格の詐欺師(コン・スチャン/キム・ソノ)が刑事(チャ・ドンタク/チョ・ジョンソク)の体を借りて事件を解決していく、ファンタジーロマンスドラマでした。正直、期待していた以上に面白いドラマでした。特に、主人公を演じたチョ・ジョンソクの一人二役がよい!

主人公を演じたのはチョ・ジョンソクで、2012年に放送されて「キング~Two Hearts~」では主人公のイ・スンギよりも注目を集めたほど。笑いを誘うようなコミカルな演技から純情だけど、カリスタある男性美まで、どのキャラクターを演じても完璧ですよね。もちろん、歌も上手!チョ・ジョンソクが出演するだけで、是非観たいドラマの一つとなりました。ロマンスもあり、ヒロインはアイドルグループ、ガールズデイのへりです。どんなケミストリーを見せてくれるか、ドラマを進行と共にドキドキします。

意識不明になった詐欺師コン・スチャン(キム・ソノ)が刑事チャ・ドンタク(チョ・ジョンソク)の体を借りて事件を解決する設定なので、チョ・ジョンソクが刑事と詐欺師のキャラクターの両方を演じるところが、見どころです。二人の異なるキャラクターをやっぱり完璧に演じています。コン・スチャンの魂がチャ・ドンタクの体に入った時がコミカルで、捜査ドラマですが重い気持ちにならないのもよかったです。

ロマンスにおいては、ヒロインのソン・ジアン(ヘリ)が、突如性格が変わるチャ・ドンタクに戸惑いながらも、ときめいていく姿に、ジアン(ヘリ)が好きなのはどっち?と疑問に思いながら観ていました。ロマンス中心に描かれるファンタジーものではないので、アクションあり、捜査あり、登場する人物の過去のかかわりなど、コン・スチャンがチャ・ドンタクの体を借りることになった理由や、その結末まで、ストーリー的には正直ちょっと物足りなさもありましたが、一人で二役を演じたチョ・ジョンソクの演技が素晴らしかったと思います。

「キング~Two Hearts~」、2016年に放送された「嫉妬の化身」に続き、幅広い演技で、チョ・ジョンソクの出演するドラマは、どれも印象深く、早く新しいドラマを通じて新たなチョ・ジョンソクをみてみたいと思わせる俳優でした。ちょっとチョ・ジョンソクの話ばかりになってしまったような気はしますが、一人で二役を演じているのでチョ・ジョンソクの魅力にどっぷりハマってしまったドラマでした。「青い海の伝説」に特別出演しています。人間に恋して人間界にやってきた先輩人魚役を演じているので、あわせておすすめしたい作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー