トゥジェニー(to. Jenny)視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送2018年 7月10日、 7月17日

トゥジェニー(to. Jenny) 투 제니   全2話
2018年放送 KBS2
平均視聴率 1.7% 시청률 第1話1.8% 第2話1.6%
KBS トゥジェニー(to. Jenny) 투 제니
あらすじ

誰もが一度は感じた初恋のときめきや宝石のようなインディーズ音楽が調和した新しい形式のミュージックドラマ。初恋に対するときめきいっぱいの純愛を歌で表現する男性と、厳しい環境の中で一つの夢に向かって突っ走っていく女性のストーリーを描く。

キャスト

以下画像出典:http://program.kbs.co.kr/

キム・ソンチョル パク・ジョンミン役 “母胎ソロ(生まれてから一度も恋愛経験がない人)コンビニのバイトをしながら生活
DIA チェヨン クォン・ナラ役 ガールズグループのメンバー パク・ジョンミンの7年前の片思いの女性

.

ジョンミンの妹
ジョンミンの母
ジョンミンの叔父

.

クォン・ナラとアイリーンが所属する事務所の代表取締役
NC.A アイリーン役 ナラと同じ事務所に所属する後輩人気歌手

 

スタッフ /脚本:イ・ジョンファ、演出:パク・ジヌ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

onwardさんより

第1話 あらすじ

路上、群がる観客の前でギターと歌を披露する若者たち。とあるコンビニ店内では、パク・ジュンミンが、その同じ曲を、歳が離れた妹に歌って聞かせていました。しかし、あまり感心していない様子の妹、オクヒ。

オクヒが、歌をネットにアップするようジュンミンに助言していると、叔父がやってきて、音楽などやっていないで仕事を探すよう小言を言います。それでも妹はインスタに兄の歌をアップロード。フォロワーが6人しかいない、ちょっと寂しいアカウント。

ある日、バイト先のコンビニにやってきた女の子を見て、ジュンミンはギョッとします。名前はクォン・ナラ。解散したアイドル・グループ「ココア」の元メンバーであり、高校の同級生であり、ジュンミンの初恋の人。まだ忘れられない人。学内の人気者だった彼女に比べ、目立たない存在だったジュンミンは、文化祭の時にピアノの弾き語りで彼女の気を引こうとして失敗し、その日以来、人前では絶対に演奏できない舞台恐怖症になってしまったのでした。

オクヒのおかげで、ナラはティラミスが好きなことを知ったジュンミン。コンビニへやってきたナラにティラミスを1個サービスしてアタック開始。ティラミスとナラの歌も作詞作曲してインスタに載せます。曲名「ティラミスケーキ」。曲の説明は「ジェニーへ(to.Jenny)」。サービスしたケーキの画像がナラのアカウントにアップされ、天にも昇る気持ちのジュンミン。

ナラはある日、所属芸能事務所の社長に、アイドルからシンガー・ソングライターへ路線変更するようにと言い渡されます。ギターを習う羽目になったナラ。ギターで苦労していることを知ったジュンミンは、今度はギターを使って作戦開始。何とか、ギターを教える約束を取り付けます!そうして、次第に、お互いが安らぎの存在になっていくナラとジュンミン。

ジュンミンはまたインスピレーションが沸いて、友達と一緒に作詞作曲します。タイトルは「Grab Me」。

ジュンミンのおかげでナラのギターは上達しますが、同じ事務所のアイリーンは面白く思っていないよう。

ある日、卒業した高校を訪ねた2人。ナラにせがまれて、ジュンミンは高校時代、あの文化祭で滅茶苦茶になった歌を披露します。そして、歌の中に出てくる人は誰?と聞くナラに、逆に質問をしたことで、知ってしまうのです。ナラにはジホという彼氏がいる事を。家に帰って、オクヒに慰められるジュンミンでしたが、次の日も気分が晴れません。バイト先に遊びに来た友達が、なぜ彼女が現れないのか不思議がっていると、ネットに速報が。何と、アイリーンとジホが公式に付き合っている!

第1話 感想

長編は疲れるし、ヘビーなものも気が重い。何か軽く観たい、と言うときにピッタリなドラマです。初めはあまり期待していなかったのですが、逆に、この、あまり知られていない俳優(でも“賢い独房生活”に出ています)の初心さ、女の子に対するぎこちなさの演技に新鮮な感覚を持ちました。それと同時に、妹オクヒの存在。オクヒが言うことは、なんと適切なのでしょう!ジュンミンにとっては姉みたいなことを言うけれど、ずっと年が下で離れているからこそ、ジュンミンも素直に彼女と話が出来るのです。こういう関係が実在したら、本当に理想的だと思いました。

音楽がテーマのこのドラマ。2人が音楽を愛する理由は違うかも知れません。ただ、音楽によって再度コネクトできた2人の過程が甘く、切なく、可愛くて、飽きる事なく観られました。皆さんはどう感じるでしょうか。ミュージック・ドラマであり、1話に出てきた「ティラミスケーキ」と「Grab Me」は、いずれも覚えやすく、乗りやすいメロディーと歌詞で、頭にこびりついて離れなくなります!やっとお膳立てが済んで、ストーリーの展開はまだこれからが本番、という気がしますので、第2話で何が起こるか楽しみです。一つ言えるのは、ナラとジュンミンはきっとハッピーエンディングを迎えるでしょう…ね?

 

onwardさんより

第2話 あらすじ

ジュンミンはまた作詞作曲に精を出していました。今度のタイトルは「Your Song」。母は過労から入院。叔父がやってきて、ジュンミンを外へ引っ張り出し、その場で歌えたら、音楽追及を認めると言いますが、ジュンミンはどうやってもそこで歌うことが出来ません。

ナラはジュンミンに、ジホと別れた事や、再デビューに対する心配事を打ち明けます。その帰り道、生演奏の募集を見て、ジュンミンに応募するよう懇願し、何とか約束を取り付けるナラ。別れ際、ジュンミンは出来上がった「Your Song」の楽譜をナラに手渡します。

翌朝のインスタには、ナラがギターを弾きながら「Your Song」を 歌う様子がアップされ、フォロワーの受けも上々。芸能事務所の社長も気に入り、シングル・デビューが決まりますが、曲が気に入ったのは社長だけではなく、ナラを敵視するアイリーンも。

ピクニックに出かけた2人は、ナラがアイドル・グループ「ココア」で初めてダンスを披露した会場へ忍び込みます。そして初キス!ギター・レッスンの為、ナラを自宅へ連れてきて、母とオクヒにも紹介し、すべてが順調に見えたのですが…

ある日、スタジオへ行ったナラは、アイリーンが「Your Song」をレコーディングしている場に遭遇します。他の曲を探すから、という社長に向かい、契約継続を拒否するナラ。

芸能事務所が、著作権に関して問い合わせをしてきたことから、事態を知ったジュンミン。ナラはまったく連絡がつかなくなり、心配したジュンミンは、ピザやチキンなど、毎日違う食べ物のデリバリーをナラの所に送り続けるのでした。

少し落ち着いたナラはネットカフェでアルバイトを始めます。一方、ジュンミンは、ライブ・セッションに応募し、友達やオクヒに助けられながら、人前で演奏する練習を始めますが、恐怖症はそう簡単に治るものではありません。彼は、約束を守る為、ナラをライブに招待します。そして、叔父にも生演奏のことを伝えますが、叔父は、ジョンミンが信用できない、とその場を立ち去ってしまいます。

ライブの日、ネットカフェで遊んでいた友人2人は、レジにいるナラに気付き、ライブに誘いますが、ナラは行く素振りを見せません。ジュンミンのインスタグラム・リンクを書いて出て行く友人達。映像を見て、ナラは、ジュンミンがどんなに曲造りに力を入れていたかを知ります。

ライブ会場にナラが現れるのをそわそわしながら待つジュンミン。でも彼女は現れず、そっと入ってきたのは叔父… 8時、開演。素晴らしい演奏を届けるジュンミン。と思いきや、カフェの彼女の前にジュンミンが?そして、新しく作った、彼女を勇気づける歌を、全員の前で披露。彼のインスタ・ライブには次々とコメントがアップされ、曲に賛同する人が増え続けるのでした…

第2話 感想

ナラのおかげで舞台恐怖症になり、ナラのおかげでその「殻」から解放されるジュンミン。最後にジュンミンがナラのカフェに現れる部分は少し唐突な感じがしました。でも考えてみると、彼はナラの為に生演奏する約束をしたのですから、彼女が来ないなら、自分から出向いて感謝の気持ちと愛情を、これまでと同じやり方―音楽―で伝えよう、と決心するのもうなずけます。

第2話は1時間の中で様々なことが起こりますが、無邪気で憎めないけれど、恋愛とは縁遠かったジュンミンの、何が起きてもナラを大事に想う一途さが、とにかく可愛いです。特に「ちゃんとご飯食べなくちゃ駄目だよ」と毎日デリバリーを注文する場面は、お互い離れていても、ジュンミンがどんなにナラを大切に思っているかがとてもよく伝わってきました。

一方のナラも、ジュンミンに出会い、好きな音楽を見つけて立ち上がれるようになります。ジュンミンにとって、音楽は気持ちを伝える唯一の手段。ナラにプレゼントした「Your Song」はサム・キムのカバーだそうですが、いずれにしても、キム・ソンチョルの歌声はなかなかですよね。

音楽を通して出会い、恋愛の楽しさを知って、お互いに成長するこのドラマ。見ていてキュート、どのキャラクターも皆良い人たちで、視聴者を明るい気持ちにしてくれます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿