チョコレート(韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

チョコレート 초콜릿 (드라마) 2019年放送 JTBC 全16話

第3話視聴率4.745%

えぱたさん

第3話あらすじ

ガン (ユン・ゲサン) の回想…。親友ミンソン (ユ・テオ) はがっかり肩を落としてバーのカウンターで呑んでいて、「彼女、別れたいって。他の男がいるらしい」と言います。「そいつ、誰だ?」と問うガン。

チャヨン (ハ・ジウォン) の回想…。ミンソンとガンと3人で映画を観に行くことになりますが、ミンソンがキャンセルして、ガンと2人切りで観ることに。あくびするガンは居眠りし、チャヨンの肩に寄りかかります。これ以上好きにならないよう、ガンから遠く離れた場所に行くことを決心したチャヨンでした。

チャヨンの働くイタリアンレストランを見つけ出し、チャヨンと話すガン。
「誰か他の男性がいるのですか?」
「そうです」
「心を変えてください。あなたは本当にミンソンを愛したのか?」
「他に好きな人がいると言っているでしょう⁉︎」

コンテストでチャヨンの料理の審査について、ガンが「同じ韓国人として」現地人には理解不能の辛口批評をし、二次審査に残ったチャヨンでしたが、賞品の高級ワインを逃します。

レストランに再度訪問するガンは、ワンタンを注文し、韓国語が分かるチャヨンが呼ばれ、対応します。
「ここはイタリアンレストランです。メニューにありません」
「ここで一番高い料理を」
「閉店までお待ちください。ワンタンを作ります」
ガンのためにワンタンを作るチャヨンに、「ミンソンは末期の病気だ」と言い、ガンは去ります。

ミンソンの入院するホスピスを見舞うチャヨンは、ガンの姿を見かけ、バケツをかぶって隠れると、ホスピスに出入りしていた食堂女将が職を探してウロつく人間かと思い違い、雑用を頼み、自分の食堂へ連れて行き、食事を出します。急なお客に出す料理をチャヨンが作り、大好評。「働く場所は?」と問う女将でした。

ミンソンの手術の件での不手際を責められ、ガンは処罰を受け、不当な取り扱いを受けます。家も追い出され、思い出の品のレシピ本を見るガンは、料理人をやめて医師を目指したのは、ジュンへの敵対心であったことを回想します。

チャヨンがホスピスの台所へワンタンの材料を持って行くと、既に料理している人がいて、ガンでした。急患のため呼び出しを受けるガンの代わりにチャヨンはワンタンを作り、ミンソンの付き添い人に渡します。

「ミンソンが亡くなった」とガンは連絡を受けます。

 

第3話感想

ガンが親友ミンソンのために食べさせたいと思ったワンタンスープ、プリプリしててスープも出汁が効いてそうで、本当に美味しそうでした。ガンがギリシャまで行って、同じ韓国人の辛口批評でチャヨンが獲得するはずだったロマン・シャンテも逃し、韓国に戻ったチャヨンがホスピスの見習い職員と勘違いされたりと、回り回って、やっとできたワンタンでした。

ガンがソウル中探して用意したグルメな料理の数々も美味しそうでしたが、それに手をつけず、ミンソンがこのワンタン、どうしても食べたかったのには意味があったこと、それがギリシャからチャヨンが来なくてはいけなかったとしても…。エンディングに来てやっと分かりました。

片思いの恋愛が成就して、苦虫を噛み潰したような顔のガンとチャヨンの真ん中に入って、嬉しそうな幸せそうな顔のミンソンでしたが、帰らぬ人となってしまうとは。

遥々とギリシャまで来たのに、ガンの冷たい態度、チャヨンのガンへの思いに全く気がついていないようです。チャヨンがあの時の女の子だとは、夢にも思わないのでしょう。末期の親友を置いて、他の男の後を追いかけている女としか思っていない? それはガン自身なのに。

チャヨンの弟テヒョン役のミン・ジヌン、すでにいい味を出しています。冷たい言葉を言って去ろうとするガンを制止し、チャラい雰囲気で頑張って帰さないように妨害してくれてましたが、ぶん殴られてしまいました。

グッドデータの解析によれば、韓国内での評判は「ストーリーが陳腐、設定がオールドファッション」など、厳しい評価らしいですが、ガンが直面しているような職場での辛い扱いに遭って、週末は癒されたい人に愛されるドラマなのではと思いました。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話視聴率5.370%

えぱたさん

第4話あらすじ

ミンソンの葬式に参列するチャヨンは、彼が書いた手紙の中に、ガンと釣り堀に行く予定にしていたこと、チャヨンが酔っ払って言った「ピータパンの男の子」はガンだと分かったこと、釣りに行ったらそれを言うつもりだったことを知ります。

チャヨンは高速バスを降りて、タクシーを拾い、釣り堀へ行きます。折しも雨が降り出し、ポツンとひとり水辺に座るガンを見つけます。無言のガンを後にし、荷物を引いて道を歩くチャヨンを、ガンが車でピックアップします。「これからギリシャへ帰るのですか? もう会わないことを願います」と言うガン。

眠くなってきたガンが車を止め、仮眠し始め、寝顔を見つめるチャヨン。突然トラックが後ろから追突し、負傷しながらも意識を回復したガンは重傷のチャヨンを連れて病院へ。チャヨンはトラウマになっていた、ショッピングセンター倒壊事故のことを断片的に思い出します。ガンはチャヨンの手術をし、朦朧として倒れたガンを、連絡を受けたジュン (チャン・スンジョ) が手術します。

1年後…。食堂でチャヨンが作ってあげたバナナライスケーキを食べた男の子が緊急搬送され、男の子の祖母がチャヨンを見つけ出し、病院内でつかみかかります。入院した原因はバナナライスケーキではなく、他にあったのです。通りかかったガンはチャヨンを見つけ、脱げた靴の一方を探して、そばに置いて去ります。

お偉方の手術の際、下見に来た人々の前でガンは手術をしますが、手術中に右手の麻痺が出て、ガンはCTにより脳内に過去の手術の欠陥を見つけます。代わりに執刀したジュンは評価され、ガンは左遷させられます。全てガンの叔父であるジュンの父親の仕組んだことでした。

ホスピスに入院した先の男の子たちと隠れんぼをするチャヨンは、オフィスのロッカーに隠れますが、暗闇の中で過去の恐ろしかった体験を思い出します。いつしか眠ってしまい、子供たちにも忘れられて、時は夕暮れ…。

ホスピス病棟前で車から降りるガンは、病院長と2人の看護師に挨拶して、オフィスへ行きます。ロッカーを開けると、中から女性が出て来て、半泣きでガンにしがみつくのでした。

第4話感想

ホスピス病棟の子供たちと隠れんぼをやっていて、オフィスのロッカーに隠れて居眠りしてしまったチャヨンでしたが、叔父に仕組まれて左遷させられてホスピスへ移動して来たガンに夕暮れ時に見つけ出され、チャヨンがガンにしがみつく場面が胸キュンというかホッとしたというか、感動しました。まだ道のりは険しいですが、これでガンとチャヨンの距離が少し縮まった気がします。

チャヨンはガンの母親と、同じショッピングセンター(?)での倒壊事故に遭遇していたのでした。時々記憶が蘇ってきていますが、瓦礫に埋もれながらも、その人が「チョン・スヒ」と名前を言っていたこと、息子に作ってあげるはずだった食材のチョコレートを持参していて、お腹が空いた幼いチャヨンにチョコレートを食べさせてあげたことも、思い出しました。チャヨンはこの人がガンの母親とは、まだ気づいていないかもしれません。

ミンソンの最期の手紙で、チャヨンはミンソンとの約束の場所、釣り堀にいたガンに会えて、「ミンソンにワンタンを作って食べさせてあげられた」と言えて、良かったと思いました。雨が降り出しずぶ濡れになりながらの撮影、大変だっただろうと思いますが、2人切りの再会のシーンとして、また無言の2人が印象的でした。

ガンとチャヨンが乗った車が後ろから追突され、チャヨンが重傷を負った場面で、ガンも怪我をしながらもチャヨンの緊急手術をするのが、脚本家さんのやや作った感が出てしまいました。

キム・ウォネ氏が病院長のホスピスの看護師さん、1人はつい最近まで大ヒットで「椿の花咲く頃」(コン・ヒョジン主演) に弁護士ホン・ジャヨン役で出演の、ヨム・ヘランです。

OST No.2は、Car the garden の「木」で、No.3はチョン・ジヌの「Always be Here」。このドラマは音楽にも力を入れているようです。

 

チョコレート(韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想

 

チョコレート(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー