チャングムが見ている 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

チャングムが見ている  대장금이 보고있다 全16話 2018年放送 MBC

第13話あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn190703/

quetalsurinoさんより

第13話感想

餃子!

告白したスンアが悩む。。。

新年を迎え、暖房が壊れ寒い中、一人寂しい時間を過ごしていた時、お正月の料理をもってスンアを訪ねたのはハン・ジョンシク(キム・ヒョンジュン)でした!料理が上手な男性って惹かれますね。個人的に異性を評価する時に一番大切にするのが価値観と食べ物に関する考え方です。同じものを食べても美味しいと感じないことが実際にはあるので、その辺の感覚もカップルや結婚する際にはとても大切なポイント。そうなると、料理が上手な男性よりも、美味しいものを一緒に食べられる相手の方が理想かなぁ。

ハン・ジョンシク(キム・ヒョンジュン)も素敵だけど、ハン・サンへ(シン・ドンウク)の方が好きなタイプに近いので、スンアとサンヘが結ばれて欲しいですね。スンアの言葉に、目の下にクマを作って悩むサンヘの姿も登場しましたし。。。

ハン・ジョンシク(キム・ヒョンジュン)から告白されたボク・スンア(ユリ)は、優しいジョンシクか冷たいけど片想い中のハン・サンへ(シン・ドンウク)か、恋に悩み、結論が出せない状況で、結局タロット占い師を訪ねます。二人の男性のうち、一人が彼女の運命の相手だと伝えられると、モデルのような長身でスマートなタイプだと伝えられると、ジョンシクとサンヘを思い浮かべます。確かに、両方とも占い師の言う男性像にピッタリ!

一緒にいるといつも美味しいものが食べられ、どんな時にも守ってくれる男性・・・しかし、ジョンシクもサンヘにも該当し、悩むスンア。追加料金を払って、運命の相手に対する決定的なヒントをもらいます。「白いドア!白いドアを開けて現れる男性が運命の相手・・」と言われたスンア。

白いドアってどこのドア??

今話登場した料理は、韓国式スープ餃子のマンドゥククと揚げ焼き餃子でした。韓国でクンマンドゥは直訳すると焼き餃子ですが、日本で食べられている焼き餃子とは違い、揚げ餃子に近いものやその中間くらいのもの。マンドゥククに入る餃子は、キムチや豆腐が入った伝統的なものでした。

ハン・ジンミ(イ・ヨルム)はミニョク(イ・ミニョク)が運命の相手なのか、様々なスキンシップを試す中、ミニョクのアイドルデビューが決まりました。ジンミが作るコンビニレシピも餃子を使ったもので、市販の辛い餃子、トマトソース、コーン、チーズと卵で作る餃子グラタン。これなら試せそうですが、赤い?辛い?餃子は手に入らないので、アラビアータ―のソースを代用すれば似たような味になるのかなぁ。

占い師から告げられた白いドアは、スンアの母が検査のため入院した病室のドアだったようで、果たして白いドアを開けて入ってくる男性は誰?

スンアの運命の相手が明かされる。。。

【豆知識】タロット占い師役をNORAZOのチョビンが演じています。NORAZOは踊れるヘビィメタルのデュオバンド

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話あらすじ

後日掲載

https://knda.tv/kntv/program/kn190703/

quetalsurinoさんより

第14話感想

身体をいたわる食べ物(スタミナ)!

スンア(ユリ)への一途なハン・ジョンシク(キム・ヒョンジュン)の恋は、一時停止?スンアの母が入院検査、手術を受けられるよう動いたのはジョンシクでした。その後も、彼女への気持ちをストレートに表現するジョンシク。しかし、兄ハン・サンへ(シン・ドンウク)への気持ちに気づき、スンアが片想いしている相手が兄だと知ることになりました。

白いドアを開けて入ってきた男性が運命の相手と占い師から言われた後、病室のドアを開けてはってくるのが誰なのか、ドキドキ!でも、サンヘもジョンシクも病室を訪れたので、この人がスンアの運命の相手と断言できない状況が描かれ、兄サンヘがスンアに告白するところを目撃したジョンシクは強いショックを受け、愉快な展開が続いていたこのドラマでも、ついにハラハラする瞬間が訪れた感じがして、見入っちゃいました。

それぞれ気持ちを告白した状態で、スンアはサンヘの告白にどうこたえるか。恋のライバルが兄サンヘだったことを知ったジョンシクがとる行動が気になりますね。

一方、ラブラブだったハン・ジンミ(イ・ヨルム)とミニョク(イ・ミニョク)の関係に危機が!デビューすることが決まったミニョクの伯父がマネージメント会社の代表だと知ったジンミは、自分がアイドルの練習生になれた理由が、ミニョクのおかげだと誤解し、ミニョクを避けるようになり、ミニョクの電話にも出ないジンミ。

普段から路上で喫煙する人を見つけると、注意していたジンミ。同じく、禁煙を呼び掛けたジンミは、相手の高校生たちに囲まれ危険な状況に置かれます。その時、彼女を助けるため現れたミニョク!殴り合いの喧嘩をすることになったミニョクは顔に傷をおい、デビューする前なのに、大丈夫なのかなあ、と心配になるエピソードでした。

でも、誤解を解き、ジンミの気持ちを振り向かせることができたのはよかった!ジンミの「ぐれてやる・・・」と語る時の表情が可愛くて、ミニョクもアイドルのイメージしかなかったけど、期待した以上に、この二人のロマンスが可愛いです。

スンアの母のために準備したジョンシクのレシピは、ジョンボクジュク(アワビ入りお粥)と、作り方がいたってシンプルだけど、素材の良さを生かしたアワビのスープでした。スンアの母に気に入られ、スンアとの恋が実ることを想像するジョンシクの姿が描かれましたが、後に、スンアとサンヘがお互いに恋していることを気づくので、まっすぐなジョンシクの気持ちが伝わって、なんか可哀そうになりました。

 

チャングムが見ている 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

チャングムが見ている 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー