チアアップ 3話・4話 あらすじと感想

チアアップ



チアアップ 치얼업 Cheer Up 2022年放送 SBS 月火 全16話

neroさん

第3話視聴率2.2%

第3話あらすじ

備品庫の扉が閉まり、突然鳴り響く非常ベルにパニックを起こすト・ヘイ(ハン・ジヒョン)。過呼吸を起こしたヘイを椅子に座らせ、パク・ジョンウ(ペ・イニョク)はやさしく背中をさする。しばらくして、心配した副団長のテ・チョヒ(チャン・ギュリ)とチン・ソンホ(キム・ヒョンジン)がドアノブを破壊して駆けつける。翌朝、修理業者から鍵穴にボンドのような物が付着していると聞き、顔をしかめるジョンウ。

すっかり回復したヘイはいつものように応援団の練習に参加する。元気よくジョンウに向かって挨拶するヘイを見て、ソンホは昨日の2人の姿を思い出す。ヘイとジョンウのことが気になってか、なかなか練習に集中できないソンホ。そんなソンホに向かって、ジョンウは厳しい口調で指導をした。

そんななか、OBのチョン・スイル(ナム・ジュンギュ)らが現れると、その場の空気は一瞬にして凍りつく。実はスイルはジョンウの前の代の団長で、昨年の手抜き学園祭を行った張本人だった。何も知らない新入団員に向かって先輩面するスイルを見て、ジョンウは気を悪くする。その日、新たな練習日程を手渡すジョンウだったが、それを見たヘイは平日の夜はすべてバイトで埋まっていると返した。

スイルに応援戦での秘訣を聞いた新入団員らは、相手校のホギョン大学に潜入して、応援曲のリストを盗もうとする。くじ引きの結果選ばれたのは、ヘイ・ソンジャ・ヨンイルの3人だった。帰りのバスを待つヘイに向かって、男としてジョンウのようなスタイルはどうかと尋ねるソンホ。ヘイは興味のないフリをしたが、それ以来なぜかジョンウのことが気になってしまう。

数日後、ホギョン大のジャケットを着てキャンパス内に乗り込んだヘイらは、意を決して応援団の部室へ潜入する。椅子の上に置かれた楽曲リストを見つけるも、そこにはヘッドホンをしながら爆睡する団員の姿が。なんとかリストを手に取ったヘイだったが、そこへホギョン大応援団の団長イ・ハジン(チョン・シネ)がやってくる。

机の下で必死に息をひそめるヘイ。するとあろうことか、団員の男とキスをし始めるハジン。結局、お腹が鳴る音でハジンに気付かれてしまったヘイは、外で待つチュ・ソンジャ(イ・ウンセム)に事情を説明した。そんななかハジンから連絡を受け、慌ててジョンウが駆けつける。楽曲リストの件はヨンヒ大学側のリストを公開することでチャラとなり、ヘイを連れて部室を後にするジョンウ。危険を犯してまでリストを盗もうとしたヘイに向かって、ジョンウは厳しい言葉で非難した。自分の話を聞こうともせずに一方的に叱りつけるジョンウに、ショックを隠せないヘイ。

泣きながらバスに乗り込むヘイを追って、同じくバスに乗るソンホ。「俺だったらこんな風に泣かせたりしない。だから俺の方に来ないか?」と告白するソンホだったが、ヘイは一か月後にも気持ちが変わってなければ考えてみると言ったのは、自分と違ってなんでも持っているソンホを手放すのがもったいないと感じたからだと答えた。

ソンジャから事情を聞いたジョンウは、ヘイを飲みに誘う。リストの一件で感情的になったことを謝るジョンウ。無事仲直りした2人は泥酔するまで酒を飲む。酔いつぶれたジョンウを応援団の部室へ運ぶなか、ジョンウの友人からとある話を聞くヘイ。実は以前ヘイを気に入った友人がジョンウに紹介を頼んだが、断られたというのだ。これを聞いたヘイはすっかり気を良くし、ジョンウへの思いを募らせた。

翌日、いつものように練習へ向かったヘイは、スポーツカーに乗って現れたハジンを見て驚く。すると隣にいたキ・ウンチャン(イ・ジョンジュン)は、2人が恋人同士だと明かした。

第3話感想

ジョンウとハジンが交際している!?

これは驚きの展開となりました。確か先日、ハジンは部室で別の男性部員とキスをしていましたが…。これは一体どういうことでしょう。ウンチャンがデタラメなことを言っているのか、それとも2人は本当にそんな仲なのか。なんとも真相が気になります。

そして、少しずつジョンウに想いを募らせていくヘイ。ヘイを紹介して欲しいと言った友人に向かって、渋る様子を見せたというジョンウ。そんなジョンウの態度を見て、友人はてっきり2人が付き合っているのだと思ったと言います。これを聞いたヘイは、ジョンウも自分に気があると思い、より一層ジョンウへの想いを強くするのですが・・

ジョンウとヘイがお酒を飲むシーンでは、酔っ払ったジョンウがヘイの手を握るシーンも。これには思わず画面を見ながらドキッとしてしまいました。一方で、ヘイに思いを伝えるもフラれてしまうソンホ。このままソンホはヘイへの想いを諦めてしまうのでしょうか。

そして今話、ヘイの母とソンホの母が対面するシーンも登場しました。2人は学生時代の同級生で、かつてはミスコンで1位、2位を争うライバル同士だったようです。

【豆知識】ヘイの親友ソンジャを演じるのは、大ヒット時代劇「赤い袖先」でヒロイン・ドクイムの友人ヨンヒを演じ、Netflixドラマ「今、私たちの学校は…」では不良少女のミジン役を演じて一躍ブレイクを果たしたイ・ウンセム。

第4話視聴率2.4%

第4話あらすじ

ハジンがジョンウの彼女だと知って、ショックを隠せないヘイ。一度は応援団を辞めようと考えたソンホだったが、そんなヘイを見て思いとどまる。その後、ロッカー前で1人の男子学生がヘイに声をかける。それは放送部の3年、ソン・ホミン(ソン・ドクホ)だった。ホミンから授業でパートナーになったと言われ、番号を交換する2人。

衣装合わせの日、初めての団服に袖を通すヘイ。後ろのリボンがほどけているのを見たジョンウは、ヘイの後ろに回ってリボンを結び直してやる。そんなジョンウに向かって、「こういうの、一歩間違ったら誤解されますよ。きっと彼女が見たら嫌だと思います。」とヘイ。ふたたび練習服に着替えたヘイとソンホは、チョヒに頼まれた荷物を持ってステージへ。するとソンホは、どうして自分が男として嫌なのかと尋ねた。

そんななか、同じくステージのセッティングに現れた元カレ、イ・ジェヒョク(ウン・ヘソン)。未だにヘイに未練を抱くジェヒョクは、その場を立ち去ろうとするヘイを追いかけ、声をかける。ヘイが面倒くさそうにすると、そこへソンホが。ソンホはヘイの手を握り、ヘイと交際中だと伝えた。自分1人でも解決できたと言うヘイに、これが一番効果的だとソンホ。

一方、応援団のステージに乱入したスイルは、そこに立つジョンウを見るなり、その顔面を殴りつけた。昨年の帳簿額と実際に使った金額の差が300万ウォン(約30万円)もあったと指摘し、説明を求めるジョンウ。これに腹を立てたスイルは、「まさかユミンのせいか?」と一言。実は過去、団長の座を奪いたいがゆえに、当時団長を務めていたユミンの良からぬ噂を流して歩いたスイル。そんな矢先、練習中に照明が落下し、ちょうど照明の下にいたユミンが巻き込まれてしまうという事故が…。

ステージに戻ったジョンウの顔が腫れているのを見て、心配するヘイ。衣装に着替えようと控え室に向かうヘイだったが、途中でお腹が痛くなり、トイレへ。その隙を狙って、控え室に侵入する怪しい人影。それは他でもないヘイと同じ新入団員の女子だった。女子団員は机に置かれたヘイの団服にコーヒーをこぼそうとするが、ソンホに止められる。実はヘイが仮病を使って練習を休んだのをジョンウに告げ口したのも、この女子団員だったという。何も知らずトイレから戻ったヘイは、ソンホから別の部屋で着替えるよう言われ、それに従った。

その頃、廊下でハジンとジョンウの会話を聞いたソンジャは、2人が3か月前に別れていたことを知って驚く。その後、衣装に着替えたヘイにその事実を伝えるソンジャ。ハジンとジョンウが現在進行形ではないと知り、ふたたびヘイの心は複雑に。一方、ジョンウにヘイが好きだと伝えるソンホ。変に振り回さないで欲しいと言うソンホに、この先もそんなことはないとジョンウは返す。

ついに始まったホギョン大学との応援戦。ステージで華麗に舞うハジンの姿を見て、ヘイは感嘆しながらもより一層緊張を強めた。手の震えが止まらないヘイを見て、大きく深呼吸をするよう促すソンホ。同じく緊張するヘイに歩み寄ると、「練習通りにすればいい。全体を見るんじゃなくて、誰か1人だけに集中しろ。」とジョンウ。いよいよヨンヒ大学の番となり、ステージに登場するテイアのメンバー。最初は緊張して思うように身体が動かなかったヘイだったが、いつも一歩前で一緒に練習していたジョンウの姿を思い出し、落ち着きを取り戻した。

最後の舞台となり、ふたたびステージに向かうヘイら。ありったけの力を振り絞ってパフォーマンスを繰り広げるヘイだったが、そこへ天井から照明が落下。間一髪のところでヘイを抱き寄せ、照明を避けるソンホ。その瞬間、ジョンホはかつて同じように照明の落下に巻き込まれたユミンのことを思い出し…。

第4話感想

またしてもホラーチックなエンディングに・・

ヘイらがステージに立つなか、舞台裏に現れた怪しい人影。ヨンヒ大学のジャンパーを羽織ったその人物は、照明のスイッチを作動させてわざと照明が落下するよう仕向けたのです。果たして、ヘイを狙うこの人物とは一体…?

間一髪、ヘイを救ったのはソンホでした。もしもあの時、ソンホが一歩でも遅れていれば、今事ヘイは照明の下敷きに。考えただけでもゾッとしますね。そして、少しづつ明らかになる2年前の不慮の事故。事故に巻き込まれたのは当時団長を務めていたユミンという女子団員で、回想シーンを見る限り、ジョンウはユミンに特別な感情を抱いていたようです。

そんななか、前回のラストで波紋を呼んだジョンウとハジンの熱愛説ですが、2人は“元”恋人同士で、現在はよき戦友といったところでしょうか。ハジンのサバサバとした性格が見ていて気持ちいいです。一方、ジョンウがフリーだと知ったヘイの心は、またしても複雑に…。ヘイとジョンウ、そしてソンホの三角関係にドキドキ。

【豆知識】演出を担当するのは、同じくSBSで2019年に放送されたドラマ「ストーブリーグ」で共同演出を務めたハン・テソプ監督。




【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP