チアアップ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

チアアップ



チアアップ 치얼업 Cheer Up 2022年放送 SBS 月火 全16話

neroさん

第15話視聴率1.9%

第15話あらすじ

健康診断の結果、ソン・チュンヤン(チャン・ヨンナム)は乳がんと診断された。遅れてその事実を知ったト・ヘイ(ハン・ジヒョン)は、ショックを隠せない。母の病気を知ってヘイが一番最初に心配したのは、やはりお金だった。

練習にも身が入らず、ミスを連発してしまうヘイ。親友のチュ・ソンジャ(イ・ウンセム)に何かあったのかと聞かれるも、ヘイは答えることができない。いつものようにチアーズでバイトをしていると、そこへ恋人のパク・ジョンウ(ペ・イニョク)がやってくる。その日はヘイとジョンウが付き合って、ちょうど100日の記念日だという。

予約したレストランにヘイを連れて行くジョンウ。さらにジョンウは、用意しておいたプレゼントを差し出す。母親のことで頭がいっぱいなヘイは何も準備しておらず、代わりに食事代を支払うことに。ジョンウとのデートを終えて帰宅したヘイは、ソファーに座ってテレビを見るチュンヤンに「大丈夫、きっと治る。だから大丈夫」と伝える。

翌日、ジョンウを呼び出したヘイは母親がガンだと明かした。ただでさえバイトに明け暮れてデートの時間もロクに取れないというのに、これからはもっと忙しくなるとし、ジョンウに別れを告げるヘイ。

その後、ジョンウから団員たちにヘイの退部が告げられた。“家庭の事情”と聞き、皆はヘイのことを心配した。母ジンヒ(ペク・ジウォン)に少しでも力になれないかと頼むチン・ソンホ(キム・ヒョンジン)だったが、ジンヒはお金の問題はそう簡単なものではないという。一方、どうしてもヘイとの別れを受け入れられないジョンウは、ふたたびヘイのもとへ。完全に別れるのではなく、しばらくの間、休みながら見守ってみないかとジョンウ。

ヘイが生活費のために大学を休学すると聞いたチュンヤンは、憤りを隠せない。なんとかして方法を考えると話すチュンヤンだったが、それを聞かずに休学届を出すヘイ。そんななか、ジョンウのもとへチョン・スイル(ナム・ジュンギュ)から連絡が。なんとか意識を取り戻したスイルは、すべての黒幕がキム・ジンイル(イム・ジホ)だと明かした。

警察の捜査が始まるも、すでにジンイルは地方に逃げたようだという。その日、ヘイにジンイルの件を伝えたジョンウは、ジンイルが捕まるまでは日替わりで団員たちがヘイを家まで送って行くと話した。そして、ヘイのために作ったお弁当を差し出すジョンウ。

バイトを終えて外に出たヘイを待っていたのは、ソンジャだった。ヘイを家まで送って行ったソンジャは、大丈夫かと尋ねる。そんなソンジャの前で、「辛い…」と本音をもらすヘイ。その瞬間、ヘイの目からは涙が溢れ出す。

そんななか、ヘイが働くチアーズで応援団の団員らによるイベントが行われることに。楽しそうに働く皆を見て、すでにテイアを辞めたヘイはどこか寂しさを感じた。トイレから戻ったヘイは、スクリーンに映し出された映像を見て驚く。それは他でもない、ヘイのために撮られた応援動画だったのだ。

実は今回のイベントは、金銭面でも精神面でもつらい思いをしているヘイを想って、テイアの皆が考えたものだった。その日の売り上げに少しプラスして、母親の治療費に充てるようヘイに渡すオーナーのペ・ヨンウン(ヤン・ドングン)。

皆のやさしさに感動するヘイの前に、今度はジョンウが現れる。そしてジョンウは、ヘイと会ってから誰かと一緒にいるのがどれほど大事な時間かに気付いたと語った。「だから傍にいたかったんだ。ヘイが寂しくないように」そう言って手を差し伸べるジョンウ。少し戸惑いながらも、ヘイはその手を握った。

コンビニに出かけた帰りにジンイルと遭遇するヘイ。人気のない路地裏にヘイを連れ込んだジンイルは、ポケットからナイフを取り出す。恐怖に震えるヘイを救ったのは、ジョンウ。しかし、代わりにジンイルに刺されてしまったジョンウは、その場に力なく倒れこみ…。

第15話感想

これまた衝撃の展開!!

地方に逃げたと思われたジンイルでしたが、実はすぐ近くに潜んでいたのです。ジンイルが身を隠していたのは、なんと応援団の部室・・まさかこんな近くにいたとは。

引き返せない所まで来てしまったジンイルは、すべてはヘイのせいだと言い、ヘイに襲いかかります。イマイチなぜジンイルがヘイをここまで恨むのか納得いきませんが、恐らくユミンの一件からヘイにその姿を重ねているように見えました。そんななか、ヘイを庇って代わりに重傷を負ってしまったジョンウ。果たしてジョンウは無事なのでしょうか。

せっかくヨリを戻した2人に、まさかこんな結末が待っているとは。。次回予告ではジョンウの姿は登場せず、その安否が気になります。

それにしても、最後まで反転につづく反転を見せてくれるドラマ「チアアップ」。母チュンヤンの病気を知って一人ですべてを抱え込もうとするヘイでしたが、そんなヘイを救ったのは応援団の皆でした。応援メッセージを見て号泣するヘイを見て、思わずもらい泣き。最終回ではうれし涙が見られるといいのですが、、最後まで気が抜けません。

第16話視聴率2.2%

第16話(最終回)あらすじ

ジンイルに刺されて地面に倒れこむジョンウ。痛みに苦しむジョンウを見て、ヘイはその場で泣きじゃくった。現場から逃げ出そうとするジンイルだったが、そこへ応援団の団員たちが駆け付ける。もみ合いの末、なんとかジンイルの拘束に成功する男子団員たち。

病院へ運ばれたジョンウは幸い臓器に損傷はないといい、命に別状ないと告げられる。それを聞いて思わず足の力が抜けるヘイ。一週間後、ジョンウの見舞いに訪れたヘイは、ベッドの上で携帯をいじるジョンウを見て呆れた。すっかり回復したジョンウは、「怪我をしたのがお前じゃなくて良かった」とヘイの手を握る。

ラブラブな2人の前に現れたのは、ジョンウの母ソンへ(ユン・ボクイン)。ソンへは毎日ジョンウに付き添うヘイに向かって、礼を言った。そんななか、チュンヤンからヘイのもとへ、しばらく旅行に出かけてくると連絡が。

すぐに電話をかけたヘイだったが、電話は繋がらず。家に帰ってからもヘイは何度もチュンヤンに電話をかけるも、電源が入っていないとアナウンスが流れる。かつてチュンヤンが幼いヘイと弟を残し、家を出たときのことを思い出すヘイ。慌てて外に飛び出したヘイは、連絡のつかない母を心配して警察に失踪届を出そうとする。すると、そんなヘイの前にチャンヤンが帰ってくる。

携帯の充電器を忘れて出かけていたと話すチュンヤン。そんな母の顔を見て安心したヘイは、その場に泣き崩れた。ヘイが閉ざされたドアにトラウマを抱いていたのは、チュンヤンが自分と弟を残して家を出て行ったのが原因だった。若くして夫を亡くし、その後を追おうと子供たちを残して家を出たチュンヤンだったが、ヘイと同じくらいの年頃の子供を見て思いとどまったという。しばらくして家に戻ったチュンヤンは、ドアの前で泣きじゃくるヘイを見て、もう二度と馬鹿な真似はしないと誓ったのだった。

今までどこにいたのかと聞かれ、絶縁していた兄のもとへ金の工面に行っていたと明かす母。受け取った手術費を見て、これでしばらくは金の心配はしなくていいとチュンヤンは語る。

その後、ライバルのホギョン校との対抗戦を間近に控え、無事テイアに復帰したヘイ。同じくジョンウも退院し、テイアは完全体となった。対抗戦に向けて、練習に励む団員たち。

会場へ向かうバスの中、緊張した様子のソンジャに「全体を見ないで、前だけを見て。一点に集中するの。そうすればきっと大丈夫」とアドバイスするヘイ。そんなヘイもまた、得体の知れない緊張感を抱いていた。衣装に身を包み、一同は決戦の舞台へ…。

3年後、星が好きだったジョンウは航空宇宙に関連する企業に就職。テイアの副団長テ・チョヒ(チャン・ギュリ)は研究員として活躍していた。キ・ウンチャン(イ・ジョンジュン)とチェ・ソユン(ハン・スア)もそれぞれ就職し、プライベートではラブラブな日々を送る。テイアに残るのは、新たに団長となったキム・ミンジェ(ヒョン・ウソク)と副団長のソンジャの2人。ヘイはというと、証券会社の就職活動に挑んでいた。

そんななか、ヨンウンとシン・ジヨン(リュ・ヒョンギョン)の結婚パーティーで再会を果たした一同。それぞれの近況を報告し合いながら、かつてテイアで一緒に夢を追いかけていた日々を振り返る。するとそこへ、テイアの三大予言の主人公でもあるOBが現れる。絶対に予言が外れたことはないと語るOBだったが、3つ目の予言である「2019年に現役団員の内一人が死ぬ」という予言は不発に終わった。しかし、OBはそんな予言をした覚えはないという。本当の予言は、「現役団員の内、一人が“寂しくて”死ぬ」というものだった。

式を終え、久々にヨンヒ大学の公演場へ集まった一同。そして音楽に合わせ、かつての舞いを披露する。

第16話(最終回)感想

最後は文句なしのハッピーエンド!!

前回のラストでジンイルに刺されて地面に倒れこむジョンウの姿が登場し、その行方が気になる結末となりましたが、幸いジョンウの怪我は大したことはなく一命をとりとめました。最後までハラハラドキドキな展開が続くかと思いきや、最終回は終始和気あいあいとした雰囲気で終了。見てるこっちまで笑顔になる、そんなエンディングでした。

ヨンウンとジヨンの結婚式で久々に再会したテイアのメンバー。気付けば周りがみんなカップルになっていることに気付き、どこか居心地の悪いソンホの姿が登場しました。OBが言っていた第3の予言とは、まさにソンホのことを指していたのです。

個人的に一番うれしかったのは、ずっとチョヒに片思いしていたイム・ヨンイル(キム・シンビ)が、ついにチョヒと想いが通じた瞬間!ガールクラッシュなチョヒと一途なヨンイルのカップルが素敵でした。最終回ではヘイとジョンウの関係にとくに進展はなく、そこはちょっと残念だったかな~という感じ。もう少しラブラブな2人が見たかったです。

青春の甘酸っぱさとほろ苦さが見事に描かれたドラマ「チアアップ」。サスペンス的な要素もあって、最後まで飽きることなく完走することができました。放送休止がつづいて視聴率が伸びなかったのが残念ではありますが、内容はとっても面白いので、ぜひオススメしたい作品です。




【放送情報】


【人生最高の贈り物~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレQ 全50話 (2023/2/8(水)~) 月~金 8:00~

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋の予感〜モンシュシュ・シェアハウス】

●BSフジ(2022/2/8~)(水)10:00~(全2話・字幕)

恋の予感〜モンシュシュ・シェアハウス キャスト/あらすじと感想


【紳士とお嬢さん】

●テレビ東京 全68話(2023/2/9から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

紳士とお嬢さん(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想  視聴率


【九家の書~千年に一度の恋~】

●サンテレビ(2023/2/9)(木)スタート毎週 月-金曜日 13:00~ 放送

九家の書~千年に一度の恋~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 (外部リンク・姉妹サイト)


【優しい男】

●BS松竹東急 全20話(2023/2/9から)月~金曜日16:30から 字幕

優しい男 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【ヒョンジェは美しい】

●WOWOWプライム 全50話(2023/2/13から) 月~金曜日8:30から 字幕

ヒョンジェは美しい 全50話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【一緒に暮らしませんか?】

●テレビ大阪 全72話 (2023/2/13~)月~金曜日 8:30から 字幕

一緒に暮らしませんか? 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【秘密の家】

●BS朝日(2023/2/13から)月~金曜日8:30から 字幕

秘密の家(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率


【のだめカンタービレ(韓国版)】

●テレビせとうち 全21話(2023/2/13 (月) ) 月~金曜日8:00~

のだめカンタービレ(韓国版) 感想 相関図 視聴率 あらすじ キャスト


【師任堂(サイムダン)】

●BSテレ東 全40話(2023/2/15から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

師任堂(サイムダン)色の日記 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【浮気したら死ぬ】

●BS12 トゥエルビ 全21話(2023/2/16から)月~金曜日7時から 字幕

浮気したら死ぬ キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率


【ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2023/2/17から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)~(韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【トレイン】

●BS-TBS 全16話(2023/2/20から)月~金曜日7時から 字幕

トレイン Train(韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP