タンタラ (韓国ドラマ) 全話感想 視聴率 相関図 あらすじ キャスト | 韓ドラの鬼

タンタラ (韓国ドラマ) 全話感想 視聴率 相関図 あらすじ キャスト


NEW! 投票開始!


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第1回継続中】ソン・スンホン ドラマ ランキング


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


「広告」


放送予定

【日本放送】

●KNTV 1/2, 3:10:45から5話連続放送、1/4-7:12:00から2話連続放送 字幕
●KNTV(2020/1/2-7)1/2, 3:10:45から5話連続放送、1/4-7:12:00から2話連続放送 字幕
●日テレプラス(2018/1/2-3)12時から12話.6話連続放送 字幕 2016

【韓国放送期間】2016年 4月20日から 6月16日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

タンタラ 딴따라」 全18話
2016年放送 SBS

視聴率

平均視聴率 7.74% 시청률 最低視聴率第1回6.2% 最高視聴率第6回8.7%

 【早期予約特典】タンタラ~キミを感じてるDVD-BOX(12枚組)(特製韓国版ポスター絵柄スリップケース付)
タンタラ 딴따라」 公式サイト

あらすじ

 大手芸能事務所で辣腕を振るうマネージャーのシン・ソクホ(チソン)は、育ててきたアイドルグループのJACKSONとともに独立を進めていた。投資家たちからも援助を受け、独立に向けて順調に見えたが、ある日ソクホは飲酒運転事故を起こし拘置所に収容される。拘置所から出たソクホはJACKSONが事務所と和解し残留することになったという知らせを受ける。それはソクホを蹴落とそうとするイ代表(チョン・ノミン)の策略なのだった。投資家たちから1ヶ月以内に新たなグループを結成するよう迫られたソクホは釜山に住む作曲家に会いに行ったところ偶然、チョ・ハヌル(カン・ミンヒョク)の歌声を耳にする。ハヌルは幼なじみのイ・ジヨン(ユンソ)に暴行の濡れ衣を着せられて前科者となり、心を閉ざしていた。しかしソクホの説得に、やがてハヌルは再び歌うことを決意。はじめは反対していた姉代わりのグリン(ヘリ)もハヌルを支えていこうと心に決める。ソクホはメンバーを集め、バンド“タンタラ”を結成。芸能界での成功を夢見て動きだすが……。

出典:kntv タンタラ

相関図

acm-c タンタラ DVD 日本公式サイト

キャスト

シン・ソクホ役_チソン
芸能事務所MANGO ENTERTAINMENTの代表理事。



チョン・グリン役_ヘリ(Girl’sDay)
4つのアルバイトを掛け持ちしているフリーター。

チョ・ハヌル役_カン・ミンヒョク(CNBLUE)
高校3年生。暴行の濡れ衣を着せられて前科者に。

ソ・ジェフン役_L.JOE(TEENTOP)
ソウル大学に在学中の優等生。

ヨ・ミンジュ役_チェ・ジョンアン
音楽投資会社OCEAN MUSICの部長。実は財閥一家の末娘

カイル役_コンミョン(5urprise)
ジュリアード音楽院でギターを専攻していたが、中退して帰国。

ナ・ヨンス役_イ・テソン
三流ルームサロンでギターを弾く、心やさしいシングルファーザー。5

スタッフ /脚本:ユ・ヨンア 演出:ホン・ソンチャン、イ・グァンヨン
コメントにて随時感想募集中です。

視聴率

第1回 6.20%
第2回 6.60%
第3回 7.20%
第4回 8.30%
第5回 7.40%
第6回 8.70%
第7回 7.80%
第8回 8.60%
第9回 7.80%
第10回 7.70%
第11回 7.50%
第12回 8.60%
第13回 8.40%
第14回 8.10%
第15回 7.20%
第16回 7.90%
第17回 7.50%
第18回 7.80%

●最低視聴率6.20%最高視聴率8.70% 平均視聴率 7.74%

話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

amijkさんの感想より

オリジナル18話verでの感想です。

タンタラ 1話・2話 感想とあらすじ シン・ソクホ役 チソン
タンタラ 3話・4話 感想とあらすじ チョン・グリン役 ヘリ(Girl’sDay)
タンタラ 5話・6話 感想とあらすじ チョ・ハヌル役_カン・ミンヒョク(CNBLUE)
タンタラ 7話・8話 感想とあらすじ ソ・ジェフン役_L.JOE(TEENTOP)
タンタラ 9話・10話 感想とあらすじ  ヨ・ミンジュ役_チェ・ジョンアン
タンタラ 11話・12話 感想とあらすじ カイル役_コンミョン(5urprise)
タンタラ 13話・14話 感想とあらすじ ナ・ヨンス役_イ・テソン
タンタラ 15話・16話 感想とあらすじ
タンタラ 17話・18話 感想とあらすじ

作品感想

芸能界の裏側を描いたドラマ

このドラマの魅力の一つはキャスティングではないでしょうか。チソンの演技を楽しみに見た方はもちろん多かったと思いますし、CNBLUEのミニョク、TEENTOPのエルジョ、「応答せよ1988」で人気急上昇のGirl’s dayヘリが出演しているので、それぞれのファンが楽しみに注目して見たドラマだと思います。

バンドの結成から成功までの話を芸能界の裏側も含め描いたストーリーですが、楽曲の盗作や所属アーティストの独立の妨害など、けっこう生々しい部分がありました。デビューするために手段を選ばない野心に満ちた女の子は本当にいそうな感じでしたし、登場する芸能事務所の社長たちを見ながら、「これはあの事務所の代表をモデルにしてるのかな」と想像してしまいました。

前半部分はかなり衝撃的な話が続いてハードですが、後半では色々な問題を、当事者たちがそれぞれ勇気をもって解決するので明るい気持ちになれます。

タンタラバンドのメンバーたちはみんな好感の持てる人物で、彼ら一人ひとりの背景を描いたところではそれぞれに心温まるエピソードがあって、一息つけました。とくに息子を一人で育てているヨンスは気持ちが優しく、子持ちであることもファンの前で正直に告白して、ファンもそれを好意的に受け止めます。ドラマで起こる事件はひどいことばかりですが、タンタラバンドのメンバーに関しては一貫して純粋さが保たれているので、それでバランスが取れているのかなと思います。

ツッコミどころは、バンドがわりとあっさり人気が出てしまうところと、大手事務所から独立するマネージャー役のチソンがイケメンすぎて、マネージャーではなく芸能人にしか見えないところですね。「あなたがデビューしたら?」と何度も言いたくなりました。


「広告」


【放送情報】


【その男の記憶法】

●Amazon Prime  (2021/8/1~)配信開始

その男の記憶法 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2021/8/2-27)月~金曜日13時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【魔女たちの楽園~二度なき人生~】

●テレビ東京 全40話(2021/8/3から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

魔女たちの楽園~二度なき人生~ (二度はない)キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【師任堂(サイムダン)色の日記】

●(2021/8/3から) BSテレ東月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

師任堂(サイムダン)色の日記 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図(別ページ・時代劇サイト)


【ピオラ花店の娘たち】

●BS日テレ 全74話(2021/8/4から)月~金曜日16時から 字幕

ピオラ花店の娘たち キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ジャスティス 〜復讐という名の正義〜】

●Amazon Prime (2021/8/5~)配信開始

ジャスティス 〜復讐という名の正義〜 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


【スイッチ~君と世界を変える~】

●WOWOWプライム(2021/8/6-27)月~金曜日9:45から 字幕

スイッチ~君と世界を変える~ 全話あらすじと感想 キャスト・視聴率・相関図


【悪の花】

● WOWOWプライム(2021/8/6から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

悪の花 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【悲しくて、愛】

●Amazon Prime(2021/8/10~)配信開始

悲しくて、愛 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


2021年版 投票中!


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第2回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第2回】 韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






【PR】

U-NEXT【韓流】ページ



韓流ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー