ゾンビ探偵 3話・4話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ゾンビ探偵 3話・4話 あらすじと感想



NEW! 投票開始!


【第1回継続中】ソ・ジヘ ドラマランキング


【第1回継続中】IU アイユー ドラマランキング



「広告」


ゾンビ探偵 좀비탐정

【韓国放送期間】2020年 9月21日から10月27日 2020年放送 KBS 

第3話視聴率2.1% 2.8%

えぱたさん

第3話あらすじ

女優でテレビ番組のレギュラー、カン・ゴウンがキム・ムヨン探偵事務所に来て、1か月前から行方不明の娘キム・ユンジュを探し出してほしいと言う。アタッシュケースに大金を見せ、娘を見つけたら、この2倍の報酬を払うと。ソンジ (パク・ジュヒョン) は「一緒にこの仕事を引き受けよう」と誘う。

ゴウンの家に行き、家政婦と話す。「娘は太っていて、母親に『追い出せ』と言われたこともあった」と。PCのネット履歴にあった怪しげな団体へ行く。レセプションの人間らが17年漬けた蛇酒を呑んでいた。ソンジが手を伸ばし、カウンターの会員名簿をパッと見ると、ユンジュの名前があったが、受付の女性は、「そういう名前の人はいません」と嘘をつく。

ムヨン (チェ・ジニョク) は会員として、3日間の修行に忍び込むことに。「所持品を調べます」と言われ、スマホその他を没収される。ムヨンに近づいてきた男から、ユンジュのスカーフと同じ香水の匂いがする。

ソンジは友人の刑事ともう一度、例の団体に来て、「警察だ。調べる」と言うが、「令状は?」と戸を締められる。



ムヨンは肉が食べたくなり、取り上げられた肉を錠がかかった冷蔵庫へ取りに行く。太った女性が盗み食いしていて、男に見つかる。ムヨンは隠れたが見つかり、逃げると追いかけられ、ロッカーに隠れるが、男らはロッカーをバールで叩き始める。すると、ムヨンの過去の記憶がフラッシュバックする。目隠しされ、銃を向けられた…。「はたしてオレは殺されたのか?」

 

第3話感想

今回は強烈なエピソードでした。私は韓国のソウル市ヨイドにある、世界最大と言われる規模の教会に行ったことがあります。付属施設のオサンリという場所にある、祈祷院にも行きました。いわゆるファスティングと呼ばれる断食もやりました。スケジュール強制などもなく、各自のペースで。あんなに気狂いじみてなかったですし、私が体調不良のため中庭で倒れた時に、親切に部屋まで運んで介抱してくださったり、いい人たちばかりでした。どこかの部屋から焼肉の匂いがして、誘惑でしたが。笑 

正統派も神の治癒や奇跡を言いますが、あのシーンでは「イエス・キリストの名前」を使っておらず、十字架による罪の赦しも言わず、教祖自身の何か特別な念力で奇跡が起こるかのように考えさせていました。それは、聖書に反していると言えるでしょう。

韓国に限らず、日本でも世界中に怪しい団体はたくさんあります。何でも見分けることが必要だと思います。まず、「所持品を預けます」とか言われたら、絶対に怪しいです。私なら、そこで逃げます。ムヨンの場合は、クライアントを助け出すミッションがあるので、逃げるわけにもいきませんが。

今エピソードの笑えたシーン。所持品検査の時に、渡すのが嫌で、鞄を引っ張り合い、手品師のように、ズボンの裾や帽子の中から、次々と隠し持っていた肉が出てくる…。

豆知識:ムヨンが探偵事務所の広告をトイレの壁に貼っていた時に表示された、좀버 (ジョムボ) とは、비처럼 티다 비처럼 끈질긴 생명력으로 티다 の略で、ゾンビのように堪える。ゾンビのように粘り強い生命力で堪えること。

 

第4話視聴率2.0% 2.8%

えぱたさん

第4話あらすじ

逃げ出してきたムヨンはソンジに、団体内で使用されていた“減量サプリ”を渡す。元看護師だった、モツ屋店主のキム・ボラ (イム・セジュ) に、ソンジは「成分を調べてほしい」と頼む。

再度、変装して団体に侵入するムヨンは、ユンジュを見つけ、キャリー付きの大きな洗濯物運びボックスに隠して脱出を試みる。途中でマネージャーに怪しまれ、うまくかわすが、例の男に絡まれる。捕まってしまい、教祖イ・ガンシクに“交渉”を持ちかけられる。ガンシクは、ソンジを誘拐しようとしたグループが撮影した映像やムヨンが脱走した時の映像を持っていた。よくは分からないが、“交渉”に応じたムヨンは、スマホを取り戻し、ソンジと連絡を取り合う。例のサプリを製造している人々を目撃する。

成分を調べたボラから「違法ドラッグだ」と報告されたソンジは、医師の証明書を持って、警察署のドヒョン (クォン・ファウン) の部署に持って行く。逮捕状を請求。

ドローンでユンジュの居場所を見つけ、侵入したソンジは、ユンジュを連れて逃げる。一方、ムヨンはガンシクの頼みで、ショーをやっていた。「ゾンビの力を見せてほしい」という交渉だったらしい。棒で打たれたムヨンは、何も感じないが、偽物の血をまき、死んだふりをする。警察が到着し、ガンシクらは逮捕される。

 

4話感想

とうとう、ムヨンは隣の興信所社長に、生で鶏肉を食べるのを見られてしまい、ソンジにも、ムヨンのお腹に穴が開いているのを見られてしまいました。

ドラッグを製造して金儲けをしていたカルト集団が逮捕されたというエンディングで、なんとも生々しい社会問題を取り扱ったエピソードとなりました。ムヨンとソンジはクライアントを無事救出して、あのアタッシュケースにいっぱいに詰まっていた現金の2倍の報酬がもらえて、とりあえずは「腹減った」ということもなくなるでしょう。

ムヨンが野菜配達員に偽装して侵入したシーン、ハラハラして心臓に悪いです。ドキドキしながらも、「マスクを取ってみろ」と言われ、つけ髭がヒラヒラ落ちそうなのが笑えました。ハラハラするのと笑えるシーンが交互に出てきて、内容の濃いエピソードでした。

事件が一件落着して、ソンジの一家が食べていた、フライドチキンが美味しそうなこと! 一家全員コーディネートが緑で統一されていて、コーラの缶まで緑でした。ソンジの叔父テギュンはゾンビのTシャツで、どこまでゾンビファンなのかっていう感じです。それだけの情熱がないと、ゾンビ映画まではつくれないのでしょう。

『絶対彼氏。』でAIロボットの開発のクロノスヘブン社コ部長役のコン・ジョンファンが、ドラッグの分析を依頼される医師役で特別出演しています。

 

ゾンビ探偵 5話・6話 あらすじと感想

ゾンビ探偵 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想

「広告」


【放送情報】


【Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~】

●【日本初放送・配信】Amazon Prime Video(2021/6/23日から)

Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~】

●BS朝日 全19話(2021/6/23から)月~金曜日8:30から 字幕

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【胸部外科:心臓を盗んだ医師たち】

●BS12 トゥエルビ(2021/6/24から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

胸部外科:心臓を盗んだ医師たち キャスト・相関図 視聴率と感想


【皇后の品格】

●BS日テレ(2021/6/28から)月~金曜日16時から 字幕

皇后の品格 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【あいつがそいつだ】

●Amazon Prime (2021/7/1~)配信開始

あいつがそいつだ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【99億の女】

●BS-TBS 全22話(2021/7/1から)月~金曜日13時から 字幕

99億の女 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【逆境の魔女〜シークレット・タウン〜】

●BSテレ東 全67話(2021/7/2から)月~金曜日15:54から 字幕

逆境の魔女〜シークレット・タウン〜 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【カンテク~運命の愛~】

●BSテレ東 全22話(2021/7/2から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【黄金の庭】

●BS12 トゥエルビ 全34話(2021/7/3から)土曜日14時から2話連続放送 字幕

黄金の庭 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第2回】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回】韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第2回】 韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第2回】韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






【PR】

U-NEXT【韓流】ページ



●【日本初配信】Amazon Prime Video (2021/5/23~)

ハッシュ~沈黙注意報~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー