ソンジェ背負って走れ! 15話・16話(最終回) あらすじと感想

ソンジェ背負って走れ!


ソンジェ背負って走れ! 선재 업고 튀어 2024年放送 tvN 月火 全16話

第15話視聴率5.297

第15話あらすじ

突然止まってしまった観覧車の中で、ソル(キム・へユン)はソンジェ(ピョン・ウソク)の胸元に光る、“S”のイニシャルが刻まれたペンダントを目にする。それはかつて、ソンジェがソルの誕生日に贈ったものとよく似ていた。

ゆっくりと観覧車が動き出すも、ソンジェはソルの体調が思わしくないことに気づく。高熱を出したソルをお姫様抱っこし、外へ連れ出すソンジェ。

その夜、ソルは熱にうなされて、何度もソンジェの名前を呼んだ。

翌朝になるとソルの体調はすっかり回復したが、自分がソンジェの家で一夜を明かしたと知って大慌て。急いで家を出ようとするソル。しかし、あらかじめソルの靴を隠しておいたソンジェは、まずは一緒に朝ごはんを食べようと言う。

食事をしながら、ソンジェは会社の代表から、ソルの夢が映画を作ることだと聞いたと話す。そんなソンジェに、「別の夢もある」とソル。そしてソルは、愛する人が末永く幸せに暮らすことだと、もう1つの夢について語った。

ソルの口から「愛する人」というワードが出たことに、動揺を隠せないソンジェ。

その後、ソルを送って行こうとロビーへ向かうと、そこにはソルの友人テソン(ソン・ゴンヒ)の姿があった。

テソンが調べていたのは、ソンジェが暮らすマンションの近くで起こった拉致未遂事件。マンションのCCTVを確認すると、犯人と思われるタクシーとすれ違う1台の車が。車の持ち主は、他でもないソンジェだという。

一方、ソルとテソンの関係が気になってしょうがないソンジェ。そんななか、ソルが置いて行った薬を見つけたソンジェは、自らソルに届けようとアパートへ。ベビーカーを押して現れたソルを見て、驚くソンジェ。しかしそれはソルの子ではなく、甥っ子だった。

ほっとしたのも束の間、ソンジェは滑り台に隠れているところをソルに見つかってしまう。泣き出した子供をあやそうと抱っこした瞬間、ソンジェの服に吐いてしまうソルの甥っ子。

シャワーを浴びて上半身裸のまま出てきたソンジェに、適当な服を渡すソル。するとそこへ、母と祖母が帰ってくる。

慌ててソンジェを自分の部屋に連れて行き、ソルは玄関に置いてあったソンジェの靴を隠す。ソルの部屋を見渡したソンジェは、机の上に置かれた時計を手にとる。それは、ソルがタイムカプセルに入れてソンジェに渡した時計だった。

しばらくして、母と祖母が寝静まったのを確認したソルは、ソンジェを連れて玄関へ。その瞬間、ソンジェは過去にソルとこの玄関でキスを交わしたことを思い出す。

本格的に映画の制作が決定し、ソルとソンジェはふたたびお互いの関係者と共に顔を合わせた。すると、結末を変更することはできないかとソンジェ。あまりにも結末が悲しいと話したソンジェは、主役の男女が再会し、ふたたび恋に落ちるのはどうかという。

しかし、ソルはせっかくすべてを捨てて男性を助けたというのに、またもや同じ運命を繰り返すのはあんまりだと否定。

打合せの後、先に出たソルを追いかけたソンジェは、「君に惚れたのかな?」と好意を明かした。そんなソンジェに、「私には愛する人がいます。だからリュ・ソンジェさんではダメなんです」とソル。

二度目の打合せにソルの姿はなく…。そこではじめて、ソンジェはソルが会社を辞めたと知る。ソンジェの手には、ソルの部屋から持ち出した例の時計が握られていた。

一方、犯人の身元を突き止めたテソンは、男が働くタクシー会社でその帰りを待つ。辺りが暗くなった頃、1台のタクシーが戻ってくる。窓をノックして男に話しかけるテソンだったが、次の瞬間、犯人は猛スピードで逃走。

その頃、激しい耳鳴りに頭を抑えるソンジェ。黄色い傘を差したソルの姿を思い出したソンジェは、思わず車道に飛び出した。そこへ、猛スピードでやってくる2台の車…。

第15話感想

ソンジェに向かってアクセルを踏み込むキム・ヨンス。間一髪、テソンのおかげで大事に至ることはありませんでしたが、地面に倒れたソンジェは無事なのでしょうか。

第15話のラストでは、ついにソルとの記憶を思い出すソンジェの姿が描かれました。てっきり時間を戻したソルとソンジェには、なんの接点もないのかと思いましたが、やはり2人はつよい絆で結ばれていたようです。

ソルとの記憶が戻った今、ソンジェはソルが言う「愛する人」が自分であることに気づくことでしょう。次回予告では、幸せな時間を過ごすソルとソンジェの姿が描かれ、ほっとしました。

最後はぜひとも、ハッピーエンドであってほしいです。

第15話の視聴率は5.3%と、自己最高記録を更新。ソンジェ役のピョン・ウソクの人気もすごいですね。バラエティ番組にも出ずっぱりで、今後の活躍にも期待です。

泣いても笑っても今夜が最終回。どんな結末が待っているのか、楽しみです。もうソル&ソンジェの絡みが見られなくなるのかと思うと残念で仕方ありませんが、最後まで集中して視聴したいと思います。

第16話視聴率

第16話 (最終回)あらすじ

過去の記憶が戻ったソンジェは、思わず車道に飛び出してしまう。激しい耳鳴りと頭痛に襲われ、その場に立ち尽くすソンジェ。そこへ、キム・ヨンスが乗った車が接近し…。

ソンジェが危ないと気づいたテソンは、ハンドルを大きく切ってキム・ヨンスが乗るタクシーに自分の車をぶつけた。衝撃でその場に倒れこむソンジェ。しばらくして、マネージャーのドンソク(イ・イルジュン)が駆けつける。

そんななか、一瞬の隙をついて逃げ出すキム・ヨンス。慌ててテソンが後を追うも、車道に飛び出した瞬間、キム・ヨンスは大型トラックにはねられて川へ落ちてしまう。

ラジオでキム・ヨンスが死亡したと知ったソルは、ふとソンジェは無事なのかと心配になる。ソンジェが交通事故に遭ったというニュースを見て、居ても立っても居られないソル。急いで病院へ駆けつけると、そこには同じくソルに会おうと病院を出たソンジェの姿が。

ソンジェが過去の記憶を取り戻したと知り、驚くソル。そんなソルを抱きしめ、キスをするソンジェ。

「君を忘れたことはなかった」そう話すソンジェは、例のペンダントを差し出す。実は過去、ソンジェはジュエリーショップの前に並ぶこのペンダントを見て、訳も分からず涙が溢れ出したという。

「頭では君を忘れても、心臓はずっと覚えていたんだ」とソンジェ。ソルもまた、祖母のマルジャ(ソン・ビョンスク)が「記憶は消えるのではなく、魂にしみ込むものだ」と言っていたことを思い出した。

改めてペンダントをソルにつけてあげたソンジェは、「愛してる」と告白。

1か月後、ソルとソンジェはお互いに忙しいながらも、相変わらずラブラブな日々を過ごしていた。締切りに追われてなかなか時間が作れないソルのため、カフェまで会いに行くソンジェ。図書館に場所を移すも、すぐに周囲に気づかれてしまう。

結局、ソンジェはソルを連れて自宅マンションへ。作業を終えて帰ろうとするソルに「今日はソルがしたいことを全部しよう」とソンジェ。

2人はその日、一緒に朝を迎えた。ソンジェの家を出る前、ソルは「なんだか新婚夫婦みたい」と呟く。

そんななか、ソルとソンジェの熱愛説が浮上。一般人のソルはモザイク処理されたものの、大スターのソンジェとの熱愛に気が気ではない。

一方、すっかりソルと結婚する気でいるソンジェは、婚約指輪を買いに来ていた。ソンジェがソルにプロポーズするつもりだと知ったインヒョク(イ・スンヒョプ)は、家族の許可は得たかと聞く。

その夜、ソンジェと一緒にいるソルと会ったテソンは、「親友に彼氏ができたのを記事で知らないといけないのか」と文句を言った。3人は近くの飲み屋で酒を飲み、すっかり酔っぱらったソンジェは帰り際にテソンに抱き着く。そして、「キム・ヨンス、犯人を捕まえてくれてありがとう」とソンジェ。

翌日、ソンジェはソルの甥っ子のトルジャンチ(1歳の誕生日を祝う行事)に参加。会場はなんと、ソンジェの父が経営するカルビ店だった。

思いがけずお互いの親に交際を明かすこととなった2人。その日の帰り、店の外でソルを待つソンジェの手を握ったマルジャは、「末永く幸せに暮らすんだよ、いつも笑顔で」と微笑んだ。

ソルを遊覧船に誘ったソンジェは、意を決してプロポーズしようとするが、「話がある」とソル。ソルの話とは、ついに夢だった映画監督の道に進むと言うものだった。しばらくは忙しくなると言われ、ひとまずプロポーズ作戦を中断するソンジェ。

月日は流れ、映画監督として短編映画を撮ることになったソル。すると現場に、ソンジェからコーヒーカーが届く。

ソンジェの応援を受けながら、やっとの思いで編集を終えるソル。そして2人は、かつて一緒に歩いた桜並木を並んで歩く。以前そうしたように、ソルの手をつかんで花びらをキャッチするソンジェ。目を開けると、ソルの手のひらにはソンジェが用意した指輪が置かれていた。

「これからは、すべての時間を僕と一緒に過ごしてくれ」とソンジェ。ソルもまた、「うん」と笑顔で頷く。‐完‐

第16話(最終回)感想

最終話は、序盤でキム・ヨンスが死亡し、終始和やかな雰囲気で流れて行きました。最後はソンジェのプロポーズに応えるソルと、2人の脳裏に浮かぶウェディングシーンで幕を下ろした本作。最後は文句なしのハッピーエンドで、本当によかったです。

ソルを守るために命を落としたソンジェ。そんなソンジェを守ろうと、過去に戻ったソル。。最後のタイムスリップの後、ソルを知らないソンジェが登場したときには、一体どんな結末が待っているのかと不安でしょうがありませんでしたが、最後の最後でソンジェが記憶を取り戻すというなんともロマンチックなエンディングでした。

また、マルジャに手を握られて「長生きしてね」と言われた時、ソンジェが顔をくしゃくしゃにして泣くシーンが印象的でした。少し前に放送された「ユ・クイズ ON THE BLOCK」で、ソンジェ役のピョン・ウソクが一緒に暮らしていた祖母について語る場面があり、きっと祖母のことを思い出したのではないかな~と感じるワンシーンでした。

最終回の視聴率は5.8%で、これまた自己最高を更新。視聴率は惜しくも6%に及びませんでしたが、本国では視聴率以上の反響があるように感じます。今後も、ソンジェことピョン・ウソクの活躍に期待!

ソンジェ背負って走れ! あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP