スーツ(韓国ドラマ)視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●WOWOWプライム(2018/11/12-16)月~金曜日9:35から4話連続放送11/12は2話連続、11/16は11:45から2話連続 字幕
●【日本初放送】WOWOWプライム(2018/8/10から)金曜日19時から2話連続放送 字幕
●韓国放送 2018年 4月25日から2018年 6月14日まで

スーツ 슈츠 全16話
2018年放送 KBS
平均視聴率 8.9% 시청률 最高視聴率第16回10.7% 最低視聴率第8回7.4%
KBS スーツ 슈츠
あらすじ

法律事務所を舞台に、チャン・ドンゴン演じるセクシーなエリート弁護士と、パク・ヒョンシク演じるキュートな新人弁護士が、恋も仕事もデンジャラスに繰り広げる、ときめき満載のリーガル・ラブ・エンターテインメント。
最高学府を卒業し、弁護スキルに絶対の自信を持つ傲慢でプレイボーイのエリート弁護士チェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)と、重大な秘密を抱えながら弁護士事務所に潜り込んだ天才的な記憶力を持つコ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)。年齢や立場も全く異なる2人がタッグを組み、難しい訴訟に果敢に挑む。生き馬の目を抜くような法曹界を舞台に、シビアな駆け引きや複雑な人間模様、女性たちとの恋の行方が、ユーモアあふれる会話とスタイリッシュな映像とともに展開される。

WOWOW スーツ
キャスト

チャン・ドンゴン/チェ・ガンソク役 シニアパートナー弁護士
パク・ヒョンシク(ZE:A)/コ・ヨヌ役 新入弁護士(アソシエイト)

チン・ヒギョン/カン・ハヨン役  代表パートナー 弁護士

チェ・グィファ/チェ・グンシク役 ジュニア・パートナー 弁護士

チェ・ジョンアン/ホン・ダハム役 法律秘書
コ・ソンヒ/キム・ジナ役 パラリーガル

イ・サンイ/チョルスン役 ヨヌの友人

スタッフ /脚本:キム・ジョンミン 演出:キム・ジヌ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●驚異的な記憶力を持つ天才青年が偽弁護士に変身!スタイリッシュなブロマンス法廷ドラマ!

近年、韓国の法廷ドラマが熱い!弁護士中心に描かれる作品から、検事を中心に描かれた作品へと続き、2018年以降は同じ法廷ドラマでも判事を中心に描かれるドラマが増える中、シーズン進行中の米国ドラマをリメイクした作品「スーツ」は、主演を務めるのがチャン・ドンゴンとパク・ヒョンシク。ロマンスドラマというよりは、主人公のブロマンスが楽しめる作品から、これまでとは違う法廷ドラマを楽しめる作品でした。

個人的に、米国ドラマも韓国ドラマも大好きなので、リメイクドラマと知るとどうしてもオリジナルと比較してしまいますが、社会システムや法に関する考え方が違うことからオリジナルドラマに登場する人物とは設定や背景がオリジナルの「Suits」とは若干違いました。

「紳士の品格」でダンディな姿を披露したチャン・ドンゴン復帰作で、チャン・ドンゴンと息を合わせるのは注目の若手俳優のパク・ヒョンシクです。財閥2世の役から「花郎~ファラン~」では正体を隠した王子役まで、幅広い演技を披露するパク・ヒョンシク(ZE:Aのメンバー)は、出演する作品で毎回新たな一面を披露しますね。チャン・ドンゴンに負けないほどの存在感で、ドラマの結末まで主人公、コ・ヨヌのキャラクターを失うことはなかった!

一度見たものや読んだものはすべて記憶する驚異的な能力の持ち主、コ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)。その能力に気づいたチェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)は、弁護士資格のないコ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)を新米弁護士として、アシスタント弁護士として採用することから始まる話ですが、周りを欺き嘘で固められたコ・ヨヌの成長していく姿を描いた一面もあり、扱う訴訟事件を通じて変わっていく姿が面白かったです。

オリジナルドラマと一点だけ比較すると、パク・ヒョンシクが演じるコ・ヨヌは。弁護士資格のないまま周りを欺くことに罪悪感を持つ真っすぐな性格で、オリジナルドラマのマイク・ロスは詐欺師っぽいところがもっとあるキャラクター。最終話を迎える前に偽弁護士だったことがバレてしまったコ・ヨヌ。逆転が待っているのかと期待させる展開が続きます。

タイトルの通り、カッコいいスーツ姿を披露するドラマなので、スーツ姿男子が大好きな方にはおすすめできる作品です。チャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクのスーツ姿の違いは、「シューズ」。きれいな革靴姿のチャン・ドンゴンとは違い、パク・ドンシクはスーツにスニーカー。今風でカッコいい。

フォーファームといえば、弁護士事務所で、弁護士を中心に調査員が業務をサポートするイメージが強い中、法律に関する専門知識を持つ「パラリーガル」の存在をアピールすることになった作品。米国では弁護士のように専門職の一つとして認識される「パラリーガル」の仕事ぶりが新鮮でした。

アメリカのオリジナルドラマ「Suits」はシーズン7まで放送されましたが、リメイクされた韓国版は法廷プレイ(法廷バトル)の方が個人的には好きでした。スタイリッシュで、オリジナルをご覧になった方でも楽しめる作品だと感じました。

【豆知識】「あなたが眠っている間に」で検事シン・ヒミン役を演じたコ・ソンヒが、パラリーガル、キム・ジナ役を演じています。前作「マザー」では子育てを放棄したシングルマザー役を演じています。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー