ストーブリーグ 9話・10話  あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

ストーブリーグ 스토브리그 Hot Stove League

【韓国放送期間】2019年 12月13日から2020年 2月14日

2019年放送 SBS 全16話

第9話 第1回視聴率11.8% 第2回視聴率15.5%

えぱたさん

第9話あらすじ

「スンス (ナムグン・ミン) は自主退職することになった。臨時団長はセヨン (パク・ウンビン) がする」
ドリームス野球団オーナーのクォン・ギョンミン常務 (オ・ジョンセ) とドリームス社長コ・ガンソン (ソン・ジョンハク) が、ドリームスのフロントのスタッフらを招集して、アナウンスします。その記事がもう出ていて、セヨンはピョン広報チーム長 (パク・ジヌ) の仕業と知り、責めます。スンスは「頑張れば良い結果が出るわけではない」と言い、セヨンにUSBメモリを渡し、ドリームスを去ります。

コーチ陣とフロント側代表のミーティングが行なわれますが、スンスの弟ヨンス (ユン・ソヌ) のため、コーチ陣は反抗的で、話し合いになりません。ところが、ヨンスが分析についてのプレゼンを始めると、皆が静粛に耳を傾けます。

セヨンが自宅でスンスのUSBメモリを開くと、「2020年リーグ優勝プラン」のファイルがぎっしり入っていたのでした。スンスを自宅に訪ね、説得するセヨンでしたが、スンスは耳を貸さず…。

スンスは病院に両親を訪ね、「解雇された。しばらく休養する」と入院中の父親の介護に付き添います。

セヨンらドリームスのフロント団は、第二ドラフト会議に出席、望んでいた通りの結果を出し、スタッフらが喜ぶ様子が「勝者」と新聞記事に掲載されます。

セヨンはヨンチェ記者 (Girl’s Day ソジン) をつかまえ、記者会見を要求し、釈明します。
「スンスの弟ヨンスが面接に来た時、スンスの弟だとは知らなかった。スンスは最低のスコアをつけたが、その他スタッフが満点をつけたため、採用になったので、コネ入社ではない」

ヨンスがロビンソンというニックネームで有名野球分析サイトに記事を書いていたことが記事になり、コメント欄に「スンスを復帰させて」とあふれます。ヨンチェ記者は番組で、ロバート投手に「意図的にインタビューを編集した」と謝罪します。
「今シーズン後、入隊する」
番組でロバートは爆弾発言をします。

スンスが常務のオフィスに行き、復帰させるように交渉すると、既にジェソングループ会長 (チョン・グクファン) から常務に連絡があり、スンスを復帰させるように命じられていたのでした。しかし、常務は契約を更新し、「3月28日、新シーズン開始と同時に自主退職する」という項目を追加させます。

 

第9話感想

スンスが病院のベッドで手を取って介護していた、あの女性はいったい誰だったんでしょうか。手術が失敗して、外科医が「申し訳ありません」と頭を下げていたということは、子供が流産して、別れた元妻さんがいらしたとか。スンスが見舞いに行った入院中のお父様が「妻と子供は来なかったのか?」と言ったのは、認知症でスンスは独身なのにトボけたことを言ったんだろうと想像しましたが…。もしかするとセヨンとのロマンスがあるのかなと期待しましたが、もう結婚されていたのかもしれません。

ロバート投手の息子さんが産まれて、スンスが抱っこするのに躊躇して、やはり夫婦に勧められて抱っこするシーン、感動的でした。それでも、突然泣き出して、理由を知らないロバート夫婦はさぞびっくりしたでしょう。さらに夫婦に背を向けて歩き出したスンス、いったいどこまで赤ん坊を連れて行くのか、少し心配になりました。笑

オ・ジョンセ扮するクォン常務にクビを命じられ、どうなるのかと思いましたが、やはりメディアの影響力は大きかったです。Girl’s Day ソジン扮の記者さんがセヨンの脅しのような要求を飲んでくれて、記者会見や謝罪報道をよくしてくれたなと思いました。番組で何を報道するのか、ジャーナリストの一存で色々とできるのでしょう。演技も自然でカッコ良かったです。

 




第10話 第1回視聴率12.9% 第2回視聴率15.5% 第3回視聴率17.0%

えぱたさん

第10話あらすじ

自主トレ中の選手ら。ユ・ミノ投手が練習する場に2人のコーチが現れ、指導を始めます。ミノ投手は従順に指導を受けていましたが、ヨンジュ捕手はイラつき、言います。
「規則違反です。やめてください」
コーチらの会話。
「近頃の若い者は意欲がない…」
「もし、シーズンオフでもコーチする意欲があるのでしたら、やってください。私が責任を取ります」
スンスが会話に入って言います。

コーチらがトレーニングプランを貼り出すと、ヨンジュ捕手との言い合いになります。カン・ドゥギ投手が来て言います。
「申し訳ないが、規則は規則。シーズンオフ中に球団内でトレーニングすることは禁止されている。従わないなら、この件を野球協会に報告します」
ドゥギ投手は新野球選手協会の会長に着任します。

ドリームス野球団オーナーの会長はクォン常務と従兄弟を呼び出し、投資プランについて話します。リゾート計画は波に乗っている模様。
「重工業の分野に行きたい」
クォン常務が言うと、会長はぐうたらな従兄弟と比較して、感心します。

スンスが車でビルの前を通りかかると、クォン常務が従兄弟の落としたライターを一度無視するが拾って渡すのを見ます。クォンと目が合い、スンスは静かに去ります。

テレビ番組「野球人生」のジャーナリストのキム・ヨンチェ記者がドリームスにインタビューに来ます。
「注目されているドリームスですが、ペク・スンス団長は、給料をもらっていない選手のシーズンオフ期間中のトレーニングについて、野球協会に反対の立場だそうですね。協会はこれは『トレーニングの強制の始まりだ』と指摘しています」
「トレーニングをしたい選手について始めたいと考えているだけです」
ドリームスの選手が凡ミスをする様子がネット上で出回っている動画をヨンチェ記者に見せ、言います。
「これは選手が十分なトレーニングを受けていないからです」

クォン常務はインタビューを見て、スンスを呼び出し、呑もうと誘いますが、スンスは言い、去ります。
「おごっている人の言うことを聞くと、呆れます」
セヨンはスンスに、6年前の過去にあった、ドリームス史上の悲しい事柄を話します。
「有望だった新人投手パク・チャングンが、2人のコーチの指導の違いの中で悩み、肩の故障に苦しみ、球団を去って行った」

ユン監督は、ミーティングを招集し、ドリームスの立場として、シーズンオフ中のトレーニングはしないとの決定を発表します。

従兄弟に高級バーに呼び出しを受けたクォン常務は、酔った勢いで腕相撲を挑み、勝ち、相手をボコボコにし、フラフラの足取りでバーを去ります。

 

第10話 感想

今回はシーズンオフのトレーニングというテーマが描かれました。個人的な契約で働く野球選手も、シーズンオフにこそ体力がなまらないようにトレーニングが必要なのに、給料をもらっていないので労働はしないというスタンスなようです。

コーチとの関係もからまって、強制トレーニングにならないように、野球協会では禁止されているとのこと。なるほど、やるなら、一般的なスケジュールの枠外で自分だけでやれということでしょう。割り切っているのは、良いと思いました。大きな組織になってくると、色んな“しがらみ”ができてきますから。寒いと故障が起きやすいというのもあるのでしょう。

多くのやる気のある選手は、自腹で自分の足や列車での移動で暖かい地域に行き、自主トレをやると。ソウルから釜山あたりに行ったりするのでしょうか。そんな中で祖母からだけのサポートで野球をやっている、しかも、年俸を大幅カットされたお金がない、ユ・ミノ投手。スカウトチーム長ヤンに才能を見込まれただけあって、よほどラッキーボーイなのでしょう。オーストラリアでの自主トレに参加できることになりました。身体的な差がある人々と練習できるというのも、自分の限界を知る良いチャンスです。ミノ投手の笑顔が可愛いかったです。

 

ストーブリーグ 11話・12話  あらすじと感想

 

ストーブリーグ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【NEW!】7/29放送開始【悪の花】を追加で第6回開始

イ・ジュンギ 出演ドラマ ランキング



【NEW!】8月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【U-NEXT独占先行配信】

2020/9/2〜

太陽の帝国〜復讐のカルマ〜

太陽の帝国~復讐のカルマ キャスト・相関図 視聴率

2020/9/2〜 

君の歌を聴かせて

君の歌を聴かせて 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2020/10/2〜

欠点ある恋人たち

2020/10/2〜

ノクドゥ伝〜花に降る月明り〜

※姉妹サイト 韓国ドラマ時代劇 あら感 (別ページで開きます)

ノクドゥ伝 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー