スターの恋人 キャスト・相関図  感想とあらすじ 視聴率

【PR】
チャンネルがありすぎてどのチャンネルを契約していいか分からないそんな時は是非参考に!
韓ドラ オススメ有料チャンネル ベスト10

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

放送予定

●【日本放送】

●GYAO!(2019/11/11)配信開始!

https://gyao.yahoo.co.jp/p/00005/v12084/

【韓国放送期間】2008年12月10日から2009年2月12日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

スターの恋人

스타의 연인

2008年放送 SBS 全20話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回% 初回9.2% 最終回7.2%

スターの恋人 DVD-BOXI

あらすじ

国文科を卒業して大学で時間講師をするキム・チョルスは、幼い頃両親に捨てられてナイトクラブのバックコーラスをしていた3人のおばさんたちに育てられる。現在はそのおばさん3人と妹のユリと一緒に暮らしている。貧しい生活を送るチョルスは教授になるために大学院の博士課程に進むことにするのだが、大学院の登録料はすでに振り込まれていた。インターネット記者をしている友人のビョンジュンに問いただすと、日本に留学中のウニョンが払ったことが分かる。ウニョンはチョルスの元恋人で裕福な家庭で育った。チョルスは、ウニョンが自分とは育ちが違うということを知って別れを告げたのだが、チョルスに未練のあるウニョンは、チョルスに気づかれないように金銭援助をしていたのだ。

一方、韓国のみならずアジアで絶大な人気を誇るイ・マリは、幼い頃両親に先立たれて祖母の孤児院で育つ。目立たない少女だったマリは、ある日、ひょんなことから自分の美しさに気づく。その後マリは美容院でアシスタントとして働くようになり、そこで芸能事務所の社長テソクにスカウトされて女優になる。しかし一度も賞を受賞したことのないマリを案じてテソクはイメージ戦略を立てる。それは知的なイメージを打ち出すために本を出版するというものだった。ただしマリ本人ではなくゴーストライターに書かせることに。
そこでテソクは、チョルスに代筆を依頼する。チョルスは、ウニョンから借りたお金を返済するために、代筆は物書きとして一番やってはいけないことだという信念に反してテソクの依頼を承諾する。チョルスが依頼された本は、日本の奈良を舞台にした紀行文。そのためチョルスは、一ヶ月間奈良にあるマリの屋敷に滞在して本を書くことに。

ある日、ファンレターを見ていたマリは一通のエアメールを目にする。封筒には写真が二枚入っていた。一枚は自分とカメラを構える男性が写った写真。もう一枚は葦の広がる景色が写っていた。いても立ってもいられなくなったマリは変装してその場所へ向かうために奈良へ。そして同じく奈良へ向かったチョルスとマリの屋敷で出会う・・・。

あらすじ出典:https://knda.tv/kntv/program/10306/

相関図

画像出典:https://www.tbs.co.jp/

キャスト

主要人物

チェ・ジウ(イ・マリ役)韓流スターとして名高い映画俳優美しい外観と確かな演技力で愛されるが一方では、恋愛をゲームに考える派手な男性遍歴を誇る韓国とアジアのNo.1女優

ユ・ジテ(キム・チョルス役)国文学大学院生 彫刻のような容貌のソウル大国文学博士課程中の非常勤講師 小説家志望で短編小説を書き貯めている。幼い頃に母親に捨てられた経験があるため、他人と親密な関係を築くことが苦手。

 

イ・ギウ(チョン・ウジン役)国内屈指のM財閥の後継者。アメリカの名門大学でMBAを取得して帰国後、財閥内のメディア部門であるANCの代表に就任する。

チャ・イェリョン(チェ・ウニョン役)作家を父に、ピアニストを母に持つ才媛。大学の先輩であるチョルスを愛し、経済的に苦しい彼を助けようとするが、彼は一線を引いて心を閉ざしてしまう。

その他の人物

イ・ジュニョク(ミン・ジャンス役) マリのマネージャー「バニラアイスを買ってくる」と言ったまま、彼女の前から姿を消した過去を持つ。

ソン・ジル  (ソ・テソク役)  マリの所属事務所のマネージメント会社TSエンターテインメント社長。マリをトップスターに育てたが強引な手腕が問題に。

チョン・ウンテク  (チョン・ビョン役) ジュン チョルスの友人、インターネット記者

シム・ウンジン  (ソ・イェリン役) テソクの妹、マリのマネージャー

キ・テヨン  (ソン・ハヨン役) Mグループ後継者、チョン・ウジンの従弟

ヤン・ヒギョン  (イ・スンヨン役) マリの発掘者、ヘアメイクデザイナー

クァク・ヒョンファ   (イ・ウンシル役) マリのコーディネーター

チェ・フィリップ(ソ・ウジン役) マリの初恋の相手、写真家 「バニラアイスを買ってくる」と言ったまま、彼女の前から姿を消した過去を持つ。

シン・ミニ  (キム・ユリ役) チョルスの妹、重病

 

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /製作コ・フンシク 監督ブ・ソンチョル 脚本オ・スヨン

受賞

2008年 SBS演技大賞ニュースター賞(イ・ジュニョク)

第1話 – 第4話は日本の奈良県、大阪府、兵庫県で撮影が行われた。

●以下感想ネタバレ有。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


話数ごとのあらすじと感想

monamyu40さん

大人の二人の切ないドラマだなと見て思いました。
スターのイ・マリを演じるチェ・ジュウの瑞々しい雰囲気とキム・チョルス演じるユ・ジテとの恋愛の静かさの中の情熱を感じます。浮かれている部分があんまりなく、季節で言うとしっとりとした秋の感じがします。自分も40代でもういい歳なのでこの感じがしっくりきました。

でもこの二人の愛し合い方が有名人と影の存在のような男性を演じている大学の講師の貧しいチョルス役が印象的で存在感が素晴らしいです。

韓流スターのイ・マリのゴーストライターという役割で借りたお金を返すために始めたのがきっかけで出会う二人。

チョルスが日本で出会う所から始まりますが、ソウル大学で撮影が行われていたり本格的です。マリは女優ですこしわがままな態度でいるとしっかりした大人の考え方で苦労をしてきているチョルスは言い聞かせようとするとキスをしてくるマリ。そこがドキッとしてしまいチョルスの気持ちになるとドキドキが止まりません。大スターにキスされるなんてと思いびっくりします。

マリに振り回される感覚もあり、そこで会いにくるなというチョルス男心が辛いです。一話は日本での撮影が行われていて、大阪とか奈良です。

すごく俳優さんの身長もみんな高いので見栄えが凄くて素敵すぎて、みなさんリアルなスターというのがぴったりです。
二人の出会いの時から告白まで結構長い道のりがあり、最後は永遠の誓いをするのですが、イ・マリの周囲との関係も大変です。

チョルスはユリの病気のことでマリのことをあきらめなくてはいけないという現実を突きつけられた時はさすがに落ち込んだと思います。

でも本当の運命の二人ならどんなことでもダメにはならないのでそれが大事だと思いました。女性なので、チェ・ジュウの衣装の凄さにもびっくりしてここも大変見どころの一つだと思いました。最後に結婚する二人には女の子が生まれるのだが、とても幸せにハッピーでとても嬉しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー