スイッチ 1話・2話 あらすじと感想 チャン・グンソク サ・ドチャン役/ペク・ジュンス役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

スイッチ-世界を変えろ  스위치 – 세상을 바꿔라 全32回(16話)

第1回視聴率 7.0% 第2回視聴率 7.9% (第1話)

wakuwakuonmaさんより

第1話 あらすじ

海の上をスピードを上げて走るモーターボート。無人島で行われている、賭博の摘発に向かっているペク・ジュンス検事一行です。ここでは、違法賭博に殺人事件まで起こっていました。逮捕を命じるぺク・ジュンスですが、賭博元の社長は命からがら逃げ出してしまいます。

その時、賭博場にいた全員の態度が変わります!撃たれて死んでいた筈の人も起き上がり、なんと、全部が芝居、詐欺師サ・ドチャンのセッティングでした。

この頃、海岸沿いの一本道を走る車の中に「ぺク・ジュンス」の名札を付けた、同じ顔の人がいました。ダンプカーに追いまわされて、ついにそのまま車ごと海にダイブしてしまいます。

事故で寝たきりになったペク・ジュンスの元に駆けつける検事仲間オ・ハラと部長ですが、ハラはこれは事件だと気付きます。ナム・スンテという情報提供者に会う時に起こった事故だったのです。

一方、詐欺師サ・ドチャンのアジトでは、仲間たちが荷造り中でした。ドチャンは「ペク・ジュンス」の名札を見つめていました。仲間が以前のニュース動画で自分にそっくりなペク・ジュンスという検事がいるのを見つけて、検事役はやらない!と言っていたのに、今回検事セッテイングを行ったのでした。ドチャンは名札を焼却炉に投げ込みます。

逃げ出していた社長は、無人島に検事が来たことをおかしいと気付き、詐欺だったと気づいて部下にドチャン達を探させます。

船で中国に渡ろうとしていたドチャン一行でしたが、社長たちに見つかってしまいます。検察庁に行こうと連れて行きながら、ドチャンは仲間に連絡をしますが、仲間たちは事故にあって間に合いません。

検察庁の前に立って、ドチャンは昔、司法試験を受ける直前に、電話で呼ばれて試験が受けれなかった事を思い出していました。が、仲間が間に合わず、セッテイングが出来ないまま、なんとかこの社長たちを煙にまかなければなりません。この時、オ・ハラが「先輩!」と飛びついてきます。これで社長たちは逮捕されては!と逃げ出しますが、ジュンスはハラに取り調べ室に連れていかれます。

実は、オ・ハラはそっくりな詐欺師サ・ドチャンが存在する事を知って、探していたのです。そしてナム・スンテから証拠品を受け取る為、ペク検事の身代わりをする事になるのです。

ナム・スンテはブツはスペイン文化館の像の下だと言い、これを偶然を装って見つける事になります。
その時、予定外の邪魔が入り、賭博事件の社長の手下につかまりそうになって、ペク検事役をやっているドチャンは刺されてしまいます。

救急車で運ばれますが、実はこれもドチャンのセッテイング。救急車はドチャンの仲間で、オ・ハラ検事が銅像の下を調べた時には、箱の中は空だったのでした。

第1話 感想

待ちかねたチャン・グンソク主演の最新作です。彼はこの作品の後、兵役に行っています。
そして、アジアプリンスで有名になってしまったけれど、彼は本来、演技力に優れた俳優なので、このドラマの二役を楽しみにしていました。

二役と言うよりも、本当は三役?かもしれません。ペク・ジュンス検事本人と、詐欺師サ・ドチャン。そして、サ・ドチャンが演じるペク検事。全部、演じ分けているので、それが今後ますます楽しみです。
そして、1話では意識不明になっているペク・ジュンス検事の意識が戻って、二人が対峙する場面も出てきますので、一人で、これをどのように演じるのか?も見どころといえます。

ドラマは展開が早く、セリフを見逃してしまうと、あれ?という事になってしまうのですが、次々と場面も変わり、BGMもテンポの良い曲で引き込まれて見れます。そして、見ている方も、いつの間にかサ・ドチャンの詐欺に騙されてしまいます。

オ・ハラ検事を演じているのは、「六龍が飛ぶ」に出演していたハン・イェリさん。コクサン剣法の伝承者で、高麗王の恋人ユルランを演じていましたね。彼女は、沢山はドラマに出ていませんが2歳から韓国舞踊を習っていて、大学でも舞踊科だったそうなので、アクションなどがとてもキレイです。

ちょこちょこ出てくる、美術館館長のクム・テウンが黒幕のようですが、何故サ・ドチャンは命を狙われたのか?最初の賭博事件の社長との関係は?などなど、これからの展開が楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3回視聴率 6.8% 第4回視聴率 7.6% (第2話)

wakuwakuonmaさんより

第2話 あらすじ

スペイン文化館での証拠品が空箱だったので、オ・ハラはカンカンです。モルディブに出国する途中のドチャン一行をGPSで見つけます。

一方、賭博事件の社長チョ・ソンドゥは、ペク・ジュンス検事殺害を命じた、美術館代表クム・テウンの前で土下座していました。そして、死んだはずのペク検事が生きている?ことが判明します。

オ・ハラ検事に見つかったサ・ドチャンは、結局仲間の逮捕を解放してもらうために、ついに、ナム・スンテからブツを受け取るまでは、ペク・ジュンス検事として検察庁に出勤する事になります。そして、偽物とばれないように、オ・ハラから沢山の宿題をもらってペク検事になりきるのです。

が、会議では検察の隠語がわからなかったり、本物のペク検事の性格とあまりに違うので、検察庁の仲間たちにいぶかしがられてしまいます。

現大統領を好ましく思っていない、元総理チェ・ジョンピルの集まりに、姿が見えているのは、あの美術館代表のクム・テウンです。そして元総理は、現大統領の足をすくおうとしているようです。

オ・ハラは検察庁で残業していました。ペク検事はニセモノなので、その分ハラは激務になっているのです。ついウトウトして目を覚ますと、横にペク先輩?!と見たら、ニッと笑ったのは、ドチャンでした。でも居眠りの間に、彼は書類を仕分けして付箋を貼ってくれてありました。

じゃれているような声を聞きつけて入ってきたのは、記者クラブに詰めていたハラの妹ソラでした!ソラは家に帰ると、母にジュンスの事を話していました。研修生時代からの仲で、母は反対しているようです。

一方、とある倉庫に現れたのは、クム代表です。木箱の中の大きなモアイ像を壊すと、中から出てきたのは麻薬です!製粉会社のトラックに積んで、出ていきます。

検察庁に突然やってきたのは、ハラが絶対会ってはダメと注意していた元上司のウ・ジェシク部長でした。慌てて階段に逃げるドチャンですが、そのウ部長と鉢合わせてしまい、ことごとく話しが合いません。ハラにダメ出しされるドチャン。ナム・スンテからブツを受け取るまで!と念をおします。

そのナム・スンテはクム代表のところに捉えられていました。見張りを言いつけられて来たのはチョ・ソンドゥ社長です。しかも、逃げるのを押さえようとして、殺してしまいます!

クム代表の部屋の前で、オロオロするチョ社長は、クム代表の側近キム室長に取りなしてくれるように頼みますが、クム代表の為に手を汚してきたキム室長にすると、何故、このヘタレのチョ社長をクム代表がいつも許してしまうのか合点がいきません。

空港から出てきたのは、車椅子の妊婦と男の子です。迎えにきたヤクザのような兄さんが声をかけますが、妊婦は突然苦しみだしました。妊婦を麻薬の運び屋にしていたのです。

このニュースをネットで見たドチャンが新種の麻薬LSDTと言うのを聞いたハラ。ペク・ジュンス検事は、この麻薬を追っていたのです。そして、ドチャンは詐欺仲間を妊婦に仕立てて、近づこうと計画しますが、捕まってしまいます。捕まったドチャンが殴られ、やられそうになっている所に、ガスマスクをかぶった何者かの集団が、助けに?きますが、こちらも鉄槌を受け、手首が落ちるのです。

第2話 感想

韓国で放送当時は、30分で1話、という構成になっていました。最近そういうドラマが増えてきたのでしょうか?日本のドラマは、CMで細切れになるけれど、韓国ドラマは1話集中で、CMは前後にしか入りません。日本初放送となる、WOWOWでの放送は、韓国での12話が1話、34話が2話となっています。

場面が結構、次々変わり展開が早いので、ながら見だと分からなくなってしまうかもしれません。娘には、グンソク、おじさんになったね!と言われてしまいました。30過ぎましたからね、彼も。でも、ここではおじさんを演じているのです。それに男は30から!これから、彼の演技力が、もっともっと世間に認められて欲しい!と切に思いますね。

2話では、検察庁に出勤しなきゃいけなくなったドチャンが、偽ペク検事として、そしてまだ不本意ながらのニセ検事を演じています。

最後の方は、やられている所に助け?が現れたのか?何?と訳がよくわからないまま続くので、先が気になるところです。

ドチャンの詐欺団メンバーには、ポン監督役のチョ・ヒボンがいますが、この人は「快刀ホン・ギルドン」でチャン・グンソク演じた妖艶な元王子チャンフィの兄、暴君だった燕山王モデルの王様を演っていた方です。なかなか猟奇的な王様で印象的でした。

チャン・グンソク 장근석
2018年 スイッチ-世界を変えろ サ・ドチャン/ペク・ジュンス  一人二役
出典:http://programs.sbs.co.kr/
生年月日1987年9月26日、韓国の俳優、歌手、モデル。身長 182cm 血液型 A型
主な出演作
2018年 スイッチ-世界を変えろ サ・ドチャン/ペク・ジュンス  一人二役
2016年 テバク (※時代劇)
2013年 綺麗な男 トッコ・マテ
2012年 ラブレイン KBS ソ・イナ、ソ・ジュン 一人二役
2010年 メリは外泊中 KBS カン・ムギョル
2008年 ベートーベン・ウィルス MBC カン・ゴヌ
2005年 プラハの恋人 SBS ユン・ゴニ
主な受賞歴
2008年 MBC演技大賞 男性新人賞 (「ベートーベン・ウィルス」)
2008年 第44回百想芸術大賞 新人男優演技賞 (「楽しき人生」)
2008年 第2回 M.NET 20’s choice MOVIE STAR 男子部門
2009年 SBS演技大賞 ネチズン最高人気賞10大スター賞 (「美男(イケメン)ですね」)

 

スイッチ 3話・4話 あらすじと感想 ハン・イェリ オ・ハラ役

 

スイッチ-世界を変えろ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー