ジャスティス2 -検法男女2- 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ジャスティス2 -検法男女2-  검법남녀 시즌2 全32回(16話)

●韓国放送2019年6月3日~

第17回視聴率5.9% 第18回視聴率8.5%

quetalsurinoさんより

第21回・第22回 (第11話)あらすじ

殺人の状況はあるけど、遺体が発見されない事件。ペク・ボム(チョン・ジェヨン)は消えた遺体を見つけるため、セリー(カン・スンヒョン)とチャン・ソンジュ(コ・ギュピル)と共に現場で、様々なテストを行います。ペク・ボムが発見した血痕は、地下駐車所まで続き、駐車所の中を正確に確認できる監視カメラはなく、出入り口の設置された監視カメラのみ。。。

万が一、有力な容疑者チョ・ハンスが遺体を車で運んだとしても、証明が難しい状況。部長検事のカル・デチョルはマンションの裏で発見されたビニール袋に入った骨を検視するようペク・ボムに伝えると、「そんな必要はない。人間の骨じゃないだろう」と冷たく断る。発見された骨は豚足だったことから、マスコミから豚足検事と呼ばれ、大恥をかかされたカル・デチョルは焦り始めます。

最新の車両監視システムを稼働させ、チョ・ハンスの運転する車を手配するよう命令するカル・デチョル。しかし、ト・ジハン(オ・マンソク)はチョ・ハンスのナンバープレートが破損されていたことを思い出すと、WASS(車両監視システム)を使って識別することができないことに気づきます。チョ・ハンスが妹のもとに向かった可能性があると読み、手配。。。

現場の鑑識結果、ベッドの上の腐敗した体液、血痕、髪の毛など、すべてチョ・ハンスの母、マ・ギルジャのもの。犯行に使われた凶器及び犯人は特定することに成功しますが、いまだ遺体が発見されていない。

有力な容疑者のチョ・ハンスの車の中に遺体が入っていたことを念頭に、チョ・ハンスが運転する同じタイプの車を準備させ、タイヤの形などを監視カメラの映像と照らし合わせます。ペク・ボムの予想通り、9日前から母の遺体を車の中に保管、その後、ずっと車の中に遺体があったことに気づきます。

チョ・ハンスは追いかける警察に気づくと、車を止め、近くの山に逃げ。。。駆け付けたト・ジハン(オ・マンソク)に追い込まれると、更に急いで逃亡をはかります。しかし、彼が進んだ先には・・・、絶壁が。崖から飛び起きたチョ・ハンス。夜になってもチョ・ハンスが発見されず、8年間連絡を絶っている妹を見張る警察。予想通りに、現れたチョ・ハンスは逮捕されます。

 亡した母の遺体も発見され、司法解剖を始めるペク・ボム。そんな中、凶悪な犯罪者の身元を明かす計画のカル・デチョル部長検事と、司法解剖の結果が出ていないことから、ウンソル(チョン・ユミ)は反対。ペク・ボムから死因の断定が難しいと告げられ。。。

第21回・第22回 (第11話)感想

Undoing・・・

遺体のない事件は、うつ病を患う息子、チョ・ハンスが犯人と断定。緊急逮捕が命じられました。逮捕され、母の遺体も発見。ただ、死因が断定できない状況・・・。このままチョ・ハンスの身元を公開すべきかの難しい判断に立たされます。韓国では犯罪者の人権を守るため、顔や身元などの公開をする際には審議が開かれます。

恥をかいてしまったカル・デチョルが何とかして、名誉を挽回するためにチョ・ハンス事件を急いで解決しようとするところがありました。今話でも犯人を追うト・ジハン検事の素早い判断と行動力に関心!カル・デチョルと対立する姿も見せ、カリスマ性の高い演技にハラハラする緊迫した空気を感じることができました。

ウンソルの活躍は少なかったけど、チョ・ハンスの息子から何があったのか聞いたウンソルが、幼い息子を抱きしめる姿は、じんわり。。。誕生日の翌日から姿を見せなかった祖母、その後、匂い・・・、幼いながら何かがあったことに気づきながらも、ドアを開けることが怖かったと語る少年の姿に。精神的に追い詰められた父と、亡くなったことに気づきながらも何もできなかっただろうと、考えると、切なくなります。

一方、ソヒョンが気になるチャン・チョル(ノ・ミヌ)は、彼女と再び時間を過ごす様子が描かれました。チャン・チョルとソヒョンの関係は、再び何かが起きそう。。。みていて不安でソワソワします。

チョ・ハンスの事件は、遺体が発見されましたが、死因が断定できない状況でチョ・ハンスを殺人容疑で断定することができるのでしょうか。司法解剖の時に発見されなかった被害者の手・足の爪10本が別に保管されていたことが不気味で、この事件の真相を明かす鍵になるのか、次の話に期待を寄せます。

事件の真相を明かすことは大事ですが、家族間の犯罪となると、その裏に隠されている真実を知ることに暗い気持ちになることがありますが、ショッキングな真相が隠されていないことを願って。。。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第23回視聴率7.1% 第24回視聴率9.0%

quetalsurinoさんより

第23回・第24回 (第12話)あらすじ

チョ・ハンスの妹は母、マ・ギルチャの死亡届を出そうとした時、生活保護を受けていたことを知ります。母を担当していたソーシャルワーカー、ファン・ボンスクがマ・ギルチャの口座を管理していたこと、お金を横領していたことに気づき。。。

マ・ギルチャが死亡した日、息子のチョ・ハンスの病状がひどいことから、病院治療を受けさせようとするマ・ギルチャが100万ウォンほど使えないかをファン・ボンスクに尋ねると、お金を横領していたことを隠すため、持っていた小銭をマ・ギルチャに投げつけ、家を出たことをチョ・ハンスの息子が証言します。

部長検事カル・デチョルはマ・ギルチャを殺害した容疑者として息子のチェ・ハンスの顔をマスコミに公開し、事件は注目の的になります。死因を断定することができなかったペク・ボム(チョン・ジェヨン)は諦めることなく地道に検査を続け、息子チョ・ハンスが母を殺害した犯人でないことを明かし、カル・デチョルは立場を守るため真実を隠すようにペク・ボムにお願いしますが、開かれた記者会見で、息子が犯人でないことを明かします。

死因は、ソーシャルワーカーが投げた小銭に驚いたことから、心臓発作を起こしたと予想しますが、因果関係を証明することができず、直接的な死因は断定できない。。。首元で発見された傷跡は、35年前に受けた手術の痕で、腐敗により破壊。発見された凶器のナイフは、腐敗が原因でたまった腹部のガスを抜くため、亡くなった後につけられた傷痕でした。皮膚からアルコールが発見されたことで、息子チョ・ハンスがアルコールを使って母の皮膚を清潔に保ち、手足の爪を大切に保管していたことを知ります。

チョ・ハンスは母マ・ギルチャが亡くなる前に、常に話していたことを覚えていました。死亡が確認されると生活保護を受けることができないので、死んだあと残された遺体は発見されないようにすべき・・・、と母が語っていたこと。

息子の無罪が証明され、事件は解決します。その後、連続殺人事件を調べていたペク・ボムは、監視カメラに映る犯人の映像から、犯人に血管腫があることを発見します。チャン・チョル(ノ・ミヌ)への疑いを強めるペク・ボムは、ハン・スヨン(ノ・スサンナ)と一緒に居るチャン・チョルを発見。幼い頃ひどい虐待を受けていた場合、赤アザのような血管腫が見られることを知っているかチャン・チョルに質問します。ペク・ボムの質問のすべてがチャン・チョルの特徴と一致しますが、チャン・チョルは「証明でますか?」の言葉を残すとその場を去ります。

第23回・第24回 (第12話)感想

今話で登場した事件は、初めは怖い話だと思いましたが、結末は意外なものでした。幸い息子は犯人ではなかったのと、絶縁状態にあった妹が母を殺害した容疑者になった兄と甥の面倒を見ることになり、すべては無事解決しました。

連続殺人事件の犯人がチャン・チョルだと疑い始めたペク・ボム。ベク・ボムのチャン・チョルに関する推理は、すべて正しかったです。部長検事カル・デチョルの命令に従うしかない理由は、チャン・チョルの父が誰なのか唯一知っているのがカル・デチョルのようで、今後チャン・チョルが再び殺人事件を起こしそうです。

スヒョンの描いた絵を見たチャン・チョルが動揺する姿が描かれました。病気の母を看病していたはずなのに・・・、ソヒョンが描いた絵にあるベッドの上には誰もいない。これはチャン・チョルの母は生きていないことをやはり意味するようで、カル・デチョルから受取っていた薬は、自分の中にいるもう一人の人格を呼び出さないための薬でした。

ソヒョンの母、スヨンと一緒にいると、チャン・チョルを演じるノ・ウミンの顔立ちが綺麗すぎて。。。二人の間にロマンスが描かれるのに少し抵抗はありますが、ノ・ウミンが演じるチャン・チョルの演技は期待以上によかったので、最終話まで連続殺人犯のチャン・チョルを逮捕することに成功するか、疑問に思いました。

個人的には、チャン・チョルの話に重点を置くことなく、新な事件やエピソードが登場する展開を続けて欲しいです。

シーズン化されても面白いと感じるのは、主人公のペク・ボムのキャラクターがハッキリしているからでしょうか。ますます俳優が演じている演技を見るというよりは、本物の法医学者を見ているようでした。でも、実際に法医学者に会ったことはないので、あくまでも日頃持っているイメージをリアルに再現したものでしょうが。。。

適度な緊張感もあり、小さな感動もある見応えのあるドラマです。指名手配されてもまだ捕まらないオ・マンサンの事件を解決することで、チャン・チョルとのかかわりを証明することになるのか、今後も予想できない展開が続くので、継続して楽しみです!

 

ジャスティス2 -検法男女2- 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想

 

ジャスティス2 -検法男女2- 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー