ジャスティス2 -検法男女2- 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 ノ・ミヌ  チャン・チョル役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

ジャスティス2 -検法男女2-  검법남녀 시즌2 全32回(16話)

●韓国放送2019年6月3日~

第13回視聴率6.8% 第14回視聴率8.7%

quetalsurinoさんより

第13回・第14回 (第7話)あらすじ

ト・ジハン(オ・マンソク)の代わり、記者会見を開くことになったウンソル(チョン・ユミ)は、殺害され発見されたチョン・ヒジュの事件は、連続殺人事件の被害者ではないこと、犯人が捜査を混乱させるため意図的に連続殺人を装ったことを発表します。

その様子を、テレビのニュースで確認していたチャン・チョル(ノ・ミヌ)の表情がこわばります。その後、チョルは部長検事を訪ねます。もう一度挑発するようなことになると、黙っていないと念を押すチョル。

ペク・ボム(チョン・ジェヨン)と挨拶を交わした際、「死体に触れたのか」と唐突な質問を受けたチャン・チョルは、落ち着いた様子で「病院で働いていますから、毎日触れています」と答え。。。

チャン・チョルが勤務する病院で手術が行われ、糖尿病を患っていた患者から切断された足。ウンソルは、出頭医がチャン・チョルだと確認すると病院を訪れ、質問をぶつけます。医療廃棄物として処理されるもので、感染の危険性があるため、糖尿病患者から切断した足を見せることができないと答えるチャン・チョル。引き下がらないウンソルの質問を受けると緊張。

残された血痕からDNAを発見し、身元を割り出せると語るペク・ボム(チョン・ジェヨン)は、DNAを通じての身元確認が難しいことに気づくと、再び検査を続けます。データ上、マッチする番号が出され、ペク・ボムは驚きます。出された番号は事件番号ではなく、司法解剖の検死番号で、死んだはずのオ・マンサンの検死番号と一致。ペク・ボムの予想通り、オ・マンサンが生きていることに気づきます。

一方、復帰し捜査を進めていたト・ジハンも、オ・マンサンが生きていることに気づき、オ・マンソクの車を追跡します。海外に密航する前に車を発見することに成功しますが、車の中に乗っていたのは、オ・マンサンではなく、彼の部下のチャ・ウソクでした。

逮捕されたチャ・ウソクは、オ・マンサンは1年前に死んだと語り、チョン・ヒジュを殺害したのは自分だと自供すると、黙秘を続けます。彼を取り調べていたウンソルは、ドクターKとの関係を尋ねますが、黙秘続けるチャ・ウソク。記者会見を開いたウンソルは、オ・マンサンが生きていることを発表し、オ・マンソクを指名手配します。

監視カメラの映像からチャン・チョルが事件現場にいたことを知ったウンソルは、事件とチョン・チョルの関連を調べるため、ペク・ボムと共に再び事件現場を訪れます。 

第13回・第14回 (第7話)感想

面白い!

過去の事件の真相や新たに起きた事件との関係性など、シーズン1を見ていなくても、理解しやすい描き方でした。

オ・マンサンが生きていると確信していたペク・ボムの執念!1年前に発見された遺体はオ・マンサンのDNAが移植されていたことに気づき、シーズン1の最後の事件として登場したオ・マンサンの事件の真相がついに明かされることになるのでしょうか。

他人に骨髄移植を移植することでDNAを変える手口に気づいたペク・ボムですが、彼はチャン・チョルを疑っている様子。ただ、ペク・ボムがチョルを疑っている理由は、まだ明かされていないので、逆転があるのでしょうか。部長検事は、ドクターKがチャン・チョルだと知っていることから、この事件をきっかけに、オ・マンソクの逮捕から、さらにこれまで隠ぺいされた事件の真相が次々に浮上することになりそうで、興味津々な展開は続きます。

遺体で発見された女性は、性的暴行を受けていたことから、抵抗された犯人によって殺害されたと推理するペク・ボムは、殺人事件の犯人をオ・マンサンだと断定。ドクターKがチャン・チョルだと気づいたウンソルは、事件を新たに調べ直す予定のようで、果たしてチャン・チョルの秘密を探ることに成功するのでしょうか。

チャン・チョルが持っていたスケッチはこれまで起きた事件を描いたもの?サブタイトルは「死体に口!」で、不気味。彼は何者?何を隠しているのでしょうか。

一方、ハン・スヒョンは幼稚園に通うのを嫌う娘の異変に気づき、交通事故の時、スヒョンの娘の処置を担当したチャン・チョルから、娘ソヒョンが虐待を受けていることを知らされました。残されていた歯形で、ソヒョンを虐待していた幼稚園の先生を割り出したスヒョンですが、次の予告では娘ソヒョンが拉致されることになり、新たな事件が起きることになるようです。ソヒョンの拉致とチャン・チョルと関係があるのでしょうか。

一つの事件が解決し、次の事件へのシフトがスムーズで、真実を追求するペク・ボムとウンソルの捜査が本格化する。。。



第15回視聴率6.1% 第16回視聴率8.3%

quetalsurinoさんより

第15回・第16回 (第8話)あらすじ

ハン・スヒョン(ノ・スサンナ)の娘ソヒョンはチャン・チョル(ノ・ミヌ)を誕生日パーティーに招待します。突然の誘いに驚きながらも、一度も父と誕生日を祝ったことがないとのソヒョンの言葉に、幼い頃を思い出したチャン・チョルは、ソヒョンの誕生日パーティーに出席すると約束。チョルが去った後、ソヒョンを遠くから監視する男の存在が。

誕生日パーティー、ソヒョンは招待したチャン・チョルが現れるのを楽しみに待ち、そんなソヒョンを監視する男性の姿が。。。チャン・チョルと一緒にいるソヒョンを監視していた同じ男。風船をもっていたソヒョンの姿を追いますが、娘が姿を消したことに気づくと、監視カメラの映像を確認します。

スヒョンが男によって拉致されたことを確認したスヒョンは、警察に通報し対策チームが結成されることに。連絡を受けたペク・ボム(チョン・ジェヨン)とウンソル(チョン・ユミ)も、スヒョンを心配して現場に現れ、拉致されたスヒョンを捜し始めます。

事件発生から40分後、犯人から連絡を受けたスヒョン。ペク・ボムはソヒョンが生きている証拠を要求するようアドバイスします。しかし、証拠を見せて欲しいと聞くと電話を切る犯人。その後、再びコンタクトと取ってきた犯人は、要求された通り、スヒョンの写真を転送します。

掛かってきた電話の発信を確認、基地局を追跡していた警察は、インターネット電話が使われたことから、犯人の居場所を特定できない。その後、犯人はソヒョンの写真を転送し、娘が生きていることを確認したスヒョンは、指定された場所に準備したお金を持って向かいます。

張り込み中の警察をまいた拉致犯は、身代金を奪うと逃走します。しかし、逃走中、トラックと衝突し交通事故を起こした犯人は、病院に緊急移送され、手術を受ける。緊急手術を行ったのは医師のチャン・チョル。手術中、犯人が死亡したことで、拉致されたソヒョンの居場所が把握できない、緊急事態。ウンソルはアンバーアラートを配信させ、スヒョン誘拐事件を公開捜査することを決めます。

犯人から送られた写真を分析したペク・ボムは、スヒョンが監禁されている場所が低温貯蔵庫だと気づくと、4時間半以内にスヒョンを発見しないと命を落とす可能性があることを伝えます。スヒョンを発見する手がかりは死亡した犯人の遺体にあると、「まだ、仕事は終わっていない。犯人の遺体はどこだ?早く運んで来い!」と語るペク・ボムは、司法解剖を急ぎ。。。

第15回・第16回 (第8話)感想

Amber Alert

予告通り、ソヒョンが何者かによって誘拐されました。

でも、誘拐犯がソヒョンの居場所を知らせる前に死んでしまったので、拉致されたソヒョンがどこにいるのか分からず、監禁されたソヒョンを発見するためには、司法解剖を通じて手がかりを探すしかない緊迫した状況。4時間半の時間リミットがある中、果たしてペク・ボムは犯人の遺体からどんな手がかりを発見することになるのでしょうね。

国家科学研究所で働くスヒョンの娘が拉致されたことで、検察も研究所の同僚たちも団結してソヒョンを捜す手がかりを見つけようとする姿に、温かさを感じました。セリー(カン・スンヒョン)は、拉致された時の映像を確認すると、シロップ型の睡眠導入剤が使われたことに気づきました。

スヒョンの娘をターゲットにしたのは、彼女に恨みを持っているものの犯行でしょうか。それとも、身代金を目的とするただの偶然?チャン・チョルは誘拐事件とは関係がないようですが、子供の頃不幸だったチャン・チョルの姿が描かれ、暗い過去の持ち主であることは明らかになりました。悪に手を染めることになった理由が少しずつ明らかにある。。。

誘拐事件とは別に、オ・マンサンが骨髄を別の人に移植し死亡処理された背景や、チョン・ヒジュが殺害された様子、オ・マンサンの部下チャ・ウソクが逮捕されたのは、オ・マンサンが逃亡する時間をかせぐためだったことなども明らかになりました。指名手配さえた後、父と連絡を取るオ・マンさんの姿が描かれ、このまますぐにでも逮捕されることはなさそうな予感がします。

今話に登場する、アンバーアラートとは児童誘拐警報システムのことで、アメリカやカナダ等で運用されている児童誘拐や行方不明事件が発生した際に鳴る緊急地震警報の事ですが、韓国ではアンバーアラートシステムが導入されているようですね。

オ・マンサンの事件も公開捜査、指名手配した後、多くの情報が寄せられていたので、ソヒョンの誘拐事件も、目撃証言は必ずありそうですが、果たして残された時間内にソヒョンを発見することはできるのでしょうか。推理や勘を働かせる捜査とは違い、科学的な根拠のもとに行われるペク・ボムの犯人探しは、くせになる面白さがあります!

次の話でも展開が早いことを期待、楽しみに待ちます。

 

ノ・ミヌ  노민우 チャン・チョル役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日:1986年5月29日 身長185cm、体重63kg X JAPANのYOSHIKIがプロデュースするバンド TRAX の元ドラマー。2006年に脱退。脱退後、俳優に転身。
『私の残念な彼氏』(MBC、2015年)ユン・テウン 花屋の主人、庭園業界の実力者
『剣と花』 칼과 꽃 (KBS2、2013年)ヨン・ナムセン ヨン・ゲソムンの嫡子、ヨン・チュンの異母弟
『フルハウスTAKE2』(SBS Plus、)イ・テイク 「TAKE ONE」のメンバー
『僕の彼女は九尾狐<クミホ>』 (SBS、2010年)パク・トンジュ 獣医、九尾狐に接近する謎の男
『パスタ〜恋が出来るまで〜』 (MBC、2010年)フィリップ №4、イタリア派

 

ジャスティス2 -検法男女2- 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 カン・スンヒョン  サリー役

 

ジャスティス2 -検法男女2- 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

 






10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー