ジャスティス2 -検法男女2- 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初放送】衛星劇場(2019/9/16~)毎(木)23:00~ (再)水 13:30~ 字幕
●韓国放送2019年6月3日~

ジャスティス2 -検法男女2-  검법남녀 시즌2 全32回(16話)
2019年放送 MBC
平均視聴率 6.9% 시청률 最高視聴率第1回3.70% 最高視聴率第32回9.90%
MBC 검법남녀2
あらすじ

剣法男女シーズン2が再び帰ってきた!

被害者を解剖する変わり者の解剖医と加害者を捜査する新人検事の特別な協力を描くドラマ

MBC 검법남녀 시즌2 相関図
キャスト

チョン・ジェヨン ペク・ボム役 国立科学捜査研究院11年経歴の冷徹な解剖医

チョン・ユミ ウン・ソル役 1年生検事

オ・マンソク ト・ジハン役 東部地検刑事部検事 ベテラン検事

ノ・ミヌ  チャン・チョル役 総合病院応急医学と外傷外科専門

カン・スンヒョン  サリー役 ステラの後継者、約毒物学と研究

スタッフ /脚本:ミン・ジウン、演出:ノ・ドチョル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

ジャスティス2 -検法男女2- 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 チョン・ジェヨン ペク・ボム役
ジャスティス2 -検法男女2- 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 チョン・ユミ ウン・ソル役
ジャスティス2 -検法男女2- 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 オ・マンソク ト・ジハン役
ジャスティス2 -検法男女2- 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 ノ・ミヌ  チャン・チョル役
ジャスティス2 -検法男女2- 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 カン・スンヒョン  サリー役
ジャスティス2 -検法男女2- 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
ジャスティス2 -検法男女2- 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
ジャスティス2 -検法男女2- 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

.

●以下作品感想

高い人気を誇った法医学者と検事の共同捜査・・・、犯罪捜査ドラマのシリーズ化!

リアル感アップ、科学捜査に基づき犯罪の真相を暴いていく!

 

新たなシーズンの放送が待ち望ましい!

韓国版の科捜研にあたる「国立科学研究所」を舞台にした犯罪捜査ドラマのシーズン2で、主人公を演じる俳優・女優は変わらず出演しているので、シーズン1を楽しんだ方は、更にパワーアップしたシーズン2を楽しめます。

登場する事件やエピソードもバラエティー豊富で、より複雑なもの。簡単に予想可能な展開とは違い、予想できそうで予想ができない、ハラハラする展開が楽しいです。プロフェッショナルとして妥協することのないペク・ボム(チョン・ジェヨン)の姿は、シーズン1よりも頑固で、新米検事だったウンソル(チョン・ユミ)も検事としての経験を積み、再びト・ジハン(オ・マンソク)と共に事件を担当することになります。

シーズン1の方がウンソルの活躍が目立った気がしますが、全体的にキャラクターの設定などは、イメージしていた通りでした。ストーリー面では、登場する事件やエピソードの逆転があって、科学的な根拠をもとに事件にアプローチする主人公ペク・ボムの変わらない姿が描かれ、ペク・ボムのキャラクターが好きな方はシーズン2でも期待を裏切らない。

第1話から最終話まで最も注目を集めたのはオ・マンソクが演じるト・ジハンと、新たに登場することになったノ・ミヌが演じる外科医のチャン・チョルです。シーズン1はト・ジハンが担当した財閥2世のオ・マンソクの事件を最後にドラマが終わります。

しかし、容疑者だったオ・マンソクが死亡したことで事件はクローズされたはずが、シーズン2では、オ・マンソクが生きていたことが判明・・・、その後、ト・ジハンが再び事件を再調査することになる過程で、驚きの事実が判明します。

新たに登場した外科医チャン・チョルが起きる事件に関係していることから、過去の事件とのかかわり、検察内部に潜む権力を悪用した悪の存在まで、ストーリーはさらに複雑になっていきます。

このドラマの魅力は法医学者ペク・ボムの科学的な視線と、ウンソルとト・ジハンの検事の勘と経験や捜査、証拠などを通じて事件の真相を暴こうとする視線がどちらも楽しめるので、サスペンスドラマや犯罪捜査ドラマが好きな方にはお薦めです。

映像やドラマの流れは、米国の犯罪クライムドラマをみているようで、韓国ドラマだけど米国ドラマのような感覚で楽しめます。シーズン1に比べて、シーズン2は米国ドラマ的な要素が加わった印象は強く受けましたが、主人公を演じるペク・ボムのキャラクターが独創的で、好きでした。

ノ・ミヌの演じるチャン・チョルが意外と記憶に残る曲者で、シーズン3の放送を予想させるエンディングでした。シリーズ化しても楽しめるドラマなので、来シーズンが楽しみです。

捜査ドラマとしてはかなりの本格派!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー