ジャグラス 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ジャグラス  저글러스 全16話

第11話あらすじ

会社に訪ねて来たドヒは、父親の副社長とチウォンとハグをしながら親しげに挨拶を交わす。酔った勢いでチウォンと殴り合いをしたチャンスは、翌日ユニの勧めでチウォンに謝りに行くが、チウォンは今度ユニに恥をかかせたら退職させると厳しい口調で話す。副社長はジウォンの変化を評価する。

一方、チョ専務は影武者のように動かしている部下たちに、チウォンとユニがイチャイチャしている決定的な写真を早く手に入れろと急かすが…

https://knda.tv/

quetalsurinoさん

第11話感想

チウォンとユニのロマンスが始まったばかり。しかしチウォンの元妻が現れたことで、ユニは不安になる様子が描かれました。チウォンの過去とはいえ、元妻は副社長の娘だったことや彼女が再び家族になりたいと伝えた時、三角関係に発展することになるのか、ハラハラしました。火事で叔父を亡くしたチウォンの後見人となり、その後家族になった関係だったんですね。

元妻のドヒに付き合っているユニの話をするチウォンですが、ドヒはついにチウォンとユニの住む家の前に現れ、チウォンはドヒと話すために出ようとした時、ユニがチウォンを引きとめます。果たしてチウォンが取った行動は?次の話で確認するしかない終わり方でした。

一方、ユニが失くしたメモを拾ったゴンユ部長は、社内恋愛をしている二人をさがすため、色々と探り始め、ユニが書いたメモだと気づいた元カレのチャンスは二人の秘密を隠すため、メモを食べちゃいました。チウォンとユニの社内恋愛は秘密のまま、続くことになるのでしょうかね。

ライバルのチョウ常務はちょっとおバカな一面も見せてきましたが、意外の戦略家。チウォンの行動を監視する別のスパイがいるようで、秘書のマ・ボナまで完璧な見方につけることに成功しました。

マ・ボナはユニのベストフレンドですが、今後チョウ常務と協力することが予想されるので、ユニともライバル的な関係になりそうです。今後、社内での競争が激しくなりそうで、恋愛モードのチウォンの応対が心配になるところです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第12話あらすじ

チウォンとユニが仲よく家に帰ると、なぜかそこにドヒが待っていた。チウォンが副社長の病院に忘れたマフラーを届けに来たのだが、ドヒを警戒するユニはチウォンの手を離そうとしない。強引に居座ろうとするドヒに、ユニは自分がお茶を出すと言い切るが2人の気まずい空気にチウォンはいたたまれない。

一方、ユルはジョンエが自分の味方だと固く信じるものの、ジョンエはファンボ一家が自分を調べていないかと不安を抱えて過ごす。

https://knda.tv/

quetalsurinoさん

第12話感想

ラブラブなチウォンとユニの前に現れた元妻のドヒ。チウォンとドヒを二人にさせたくないユニは、三人で彼女の部屋でお茶をすることになりましたね。堂々とするユニとドヒとは違い、過去の女性(元妻)と現在の彼女との間で、居心地悪そうな表情に笑ってしまいました。チウォンの意外な姿が見られた感じ。

チウォンとユニの関係を反対していたユニの母は、チウォンと叔父の事故死を知り、更に二人の関係を反対するようになりました。エピローグでは、誰にもばれないで社内恋愛しているつもりでいるユニとチウォンですが、実は部署の全員が二人のロマンスに気づいていることが描かれました。エピローグを見て、それぞれのちょっと不自然だった行動が理解できたので、やっぱりエピローグありのドラマの方が、面白いと思いました。

チウォンとユニが同じ家の上下に住んでいることを知ったチョウ常務は、二人の同居している証拠写真を手に入れるため苦戦。しかし、マ・ボナは二人が写った写真を手に入れ、チョウ常務はこの写真を使ってユニを脅す計画のようです。

過去、上司との不適切な関係が噂になり辛い思いをしたユニ。チウォンとのドキドキするロマンスが続く中、ユニを不安にさせる写真が送られ、のちにチウォンとユニの写真が会社の掲示板に公開されることになるようです。

チウォンはユニを守ることはできるのでしょうか。副社長の座を狙い本格的に動きだしたチョウ常務と、彼の悪事を暴こうとするチウォンの対立がしばらく続きそうです。しかし、第12話の最大の見どころは、元妻のドヒの登場に揺らぐことなく、お互いの愛を確かめ合うユニとチウォンのエピソードでした!

ジャグラス 13話・14話 あらすじと感想

ジャグラス (韓国ドラマ ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー