シティホール キャスト あらすじと感想 視聴率

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【韓国放送期間】2009年 4月29日から 7月2日まで 毎週水・木曜日 の21時55分

シティホール  시티홀 全20話
2009年放送 SBS
平均視聴率 15.9% 시청률 最低視聴率第1回13.8% 最高視聴率第20回18.7%
SBS シティホール  시티홀
あらすじ

アラフォー目前のお茶汲み公務員から、女性市長に!?「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナ主演ラブコメ最新作!アラフォー公務員とエリート官僚と繰り広げる、恋の政権交代!

市長秘書室7年目の下級公務員シン・ミレ(キム・ソナ)は今回もまた昇進試験に落ちてしまう。
借金あり、彼氏なし、ミレの特技といえば、市庁の職員それぞれの口にあうコーヒーを入れることくらい。

そんなある日、副市長として赴任してきたチョ・グク(チャ・スンウォン)にミレは一目惚れをする。その頃、市が企画する「ミスいわしコンテスト」が開催される。賞金目当てで出場したミレはなんと優勝してしまう。

しかし、この賞金は市長が寄付という名目で裏金を集めるのが目的だった。このことを知ってしまったミレは激怒して市庁の前でデモを行う。裏金工作事件がマスコミに取りあげられて市長を辞任に追い込むことに。野心家のグクは一躍有名となったミレを利用するため、彼女を市長に推薦。ミレは市長選挙に出馬することになるのだが・・・

キャスト

キム・ソナ  シン・ミレ(36歳) 無職から下級公務員に、そして最年少・女市長になってしまう奇跡の女性。 高校卒業後、公務員試験の準備名目の下、非経済活動人口や失業率の数値に貢献

チャ・スンウォン  チョ・グク(39歳)  仁州市副市長から国会議員へ 父親が誰かも分からない未婚女性を母に持つが、国家公務員1種と司法試験に同時にパスした天才官僚であり、韓国の大統領になるという野心を抱く男。

チュ・サンミ  ミン・ジュファ (36歳)勝利党の仁州市議会議員 、資産家の娘 お金と美貌で市議会に進出

イ・ヒョンチョル  イ・ジョンド( 44歳)ジュファの夫、仁州市文化観光局長から副市長に 平凡な人生を目指す中道主義者

 

その他の人物

ユン・セア  コ・ゴヘ(27歳) グクの婚約者、テハングループ令嬢 政略的婚約者だが、彼の唯一の女性は自分で、自分がファーストレディになると信じている

イ・ジュニョク  ハ・スイン(28歳)グクの秘書 個人的な感情は一切表に出さない。チョ・グクの最側近だが、BBが送り込んだ腹心で、2人をつなぐ橋渡し役。

チョン・スヨン  チョン・ブミ ミレの友人 9級公務員

チェ・イルファ  BB(チェ・ドンギュ) グクの指導者、前国会議長

チャ・ファヨン  チョ・ヨンヒ グクの実母 水商売出身

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
hoshibooさんの感想より

●ラブラインありのコメディドラマです

あまり出来のよくない、出世欲も無い女性7級公務員が、市政の裏側に淀む不正、更にはその不正を陰で操る巨悪に立ち向かうために、心機一転、市長に立候補して、市政を立て直していこうというシリアスな流れがキモのなっています。

残念ながら今やどこの自治体でもおそらくこのような流れで政治がおこなわれて、一部の人間が私服を肥やすために議員になったり官僚になったりしている社会。そして多くの市民たちはそれに気付きつつも、自分達の仕事が上手く行くなら、夫お子供が、会社や学校で今まで通り過ごせるならと、そんな不正を見逃して来た結果、悪はもはや手が付けられないほどの巨悪になってしまい、しかし誰かが世直しをしなければと立ち上がったのが、キム・ソナ演じるシン。ミレ。漢字で書くと「新未来」となります。

正に新しい未来を目指すこの市長候補は、数々の誹謗中傷や妨害にもめげず、友人たちと力を合わせて一歩一歩前進します。不正を見て見ぬ振りする庶民たちの対極に立ち、生真面目に事を勧めようとする姿に、実は自分も巨悪の一部として出世をもくろんていたチャ・スンウォン演じる副市長も、やがて考えを変える事になります。

世の中には損得で物を考える人、自分さえ良ければと思う人、人を踏み台にしてまで出世したいと思う人など、様々な人がいますが、その中にあって絶対にやってはいけない事は嘘をつくこと。嘘は一度ついたらそれを取り繕うためにずっとつきつづけなければならず、それでも最後には破綻をきたして、結果他人も傷つけるけれども、自分が立ち直れないほどの痛手を負ってしまう。

嘘は真実には勝てない。
真実が堂々と大通りを両手を振って歩ける社会でなければならない。
実直に不器用にその信念を貫き通したのがシン・ミレで、弱者に優しい社会こそが、実はみんなが望んでいる社会なんだとコミカルな演出を挟みつつ、こちらに教えてくれている作品でした。

あとがき

チャ・スンウォンはこの時点ではあまり好きな俳優ではありませんでしたが、この後の「君たちは包囲された」で好きになり、ドラマではありませんが、最近の「三食ごはん」で大ファンになりました。自分も男性で料理好きなので、彼の料理の腕前には感服。大いに参考にさせてもらっています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー