ザ・スリングショット~男の物語  視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2017/5/16から)再放送月・火曜日深夜24:35から 字幕
原題:~男の物語

ザ・スリングショット~男の物語 남자 이야기 全20話
2009年放送 KBS
平均視聴率 9.8% 시청률
ザ・スリングショット~男の物語 DVD-BOXI
あらすじ

 裕福な家に生まれたキム・シン(パク・ヨンハ)は、何ひとつ不自由のない暮らしを送っていた。ところが、ある陰謀に巻き込まれ父の会社は倒産、兄は自殺してしまう。汚名を着せた犯人を捜しに行くキム・シンであったが、殺人未遂容疑で逮捕されてしまうのであった―。
刑務所内でキム・シンは陰謀の背後に“チェドン・グループ”のチェ・ドウ(キム・ガンウ)という人物が深く関与している事実を知る。キムは刑務所で知り合った様々な人から、金儲けの方法やこの世を行きぬく術を学んでいく。復讐のため、M&A専門家として生まれ変わった彼は出所後、株投資の世界に飛び込むのだが…。

キャスト

パク・ヨンハ キム・シン 復讐に生きる男、2924番 2流大学経済学科出身。
キム・ガンウ チェ・ドウ チェドングループ後継者、シンの宿敵不動産、 M&Aなどを動かす巨大企業NSグループの後継者。 スポーツ万能で高学歴の天才型。
パク・シヨン ソ・ギョンア(ジェニー) シンの元恋人、ドウのパートナー
ハン・ヨウン チェ・ウンス ドウの妹、シンに好意

イ・フィリップ ト・ジェミョン(ジェイミー・チャン) シンの仲間、国際弁護士
イ・ムンシク パク・ムノ シンの仲間、詐欺師
パク・キウン アン・ギョンテ(マジンガー) シンの仲間、ムノの甥、株の天才
キム・ヒョンボム ジュンホ シンの仲間、ナムバン派構成員
チャン・セジン ボムファン ナムバン派のボス
チャン・ハンソン チェ会長(チェ・ドンス) ドウの父、チェドングループ会長
キム・レハ オ理事(オ・サンウォン) チェ会長の側近

スタッフ /[脚本]ソン・ジナ[演出]キム・ギョンヨン
コメントにて随時感想募集中です。

パク・ヨンハ 박용하 キム・シン役
2017y05m04d_235111521
出典:KBS 남자 이야기
1977年8月12日 – 2010年6月30日(32歳没) 韓国出身の俳優、歌手。父は韓国の音楽プロデューサーのパク・スンイン。
Loving you (2002/KBS) イ・ヒョク リゾート会社御曹司、元映画監督
冬のソナタ(2002/KBS) キム・サンヒョク ユジンの婚約者、幼なじみ、ラジオ局勤務

 

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
oyuki0501さんの感想より

●パク・ヨンハさん最後の作品

今は亡き、パク・ヨンハさん主演のドラマです。

この”ザ・スリングショット”が最後の主演作品だったんですね。”冬のソナタ”のサンヒョク役でも分かるように、とても実力のある俳優さんだったので、残念です。

パク・ヨンハさんは、これまでは、どちらかというと、好青年の役が多かったと思うのですが、今回のドラマでは、何と言うんでしょうか…ならず者?的な役で、珍しいなと思いました。

韓国では、あまり視聴率がよくなかったようですが、私は、このドラマ、見応えがあって、すごくよかったと思います。

パク・ヨンハさん演じる主人公キム・シンは、とても魅力を感じる男でした。初めは、お兄さんのスネをかじって、自由気ままな生活で、恋人のギョンアにも、思いっきり振られるし、何この男!と、あまり好感が持てませんでした。けれど、お兄さんが、交通事故で亡くなって、すべてを失ってしまい、どん底に落ちてから、みるみるうちに、このキム・シンという男の良さが出てきて、魅力的でした。

彼は、自分の周りの人々を、とても大事にしますね。やさしさの奥深くに、しっかりとした男気を感じました。お兄さんの借金を肩代わりし、お兄さんの妻と子供を遠くへ行かせて守ってあげたりと自分が犠牲になって、大切な人を助けたキム・シン。

そして、何といっても、男同士の友情が非常に美しい!このドラマは~男の物語~という副題がついていますが、ピッタリですね。
壮絶な男同士の物語でした。

恋人のギョンアは、本当にキム・シンのことを、心から愛しています。大好きなのに、彼との将来を真剣に考えていたのに、ひどいことを言われて傷ついて…。そして、彼を愛するあまり、ギョンアもまた、自分が犠牲になる…切なすぎる。観ているこちらは、号泣でしたね。

このドラマは、できれば、もう一度じっくりと観たいなぁと思っています。パク・ヨンハさんの活躍を、これからも、もっともっと観たかったですね。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー