ザ・キング: 永遠の君主 3話・4話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ザ・キング: 永遠の君主 3話・4話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


ザ・キング: 永遠の君主  더 킹 : 영 원 의 군 주 2020年放送 SBS 全16話 【韓国放送期間】2020年4月17日~2020年6月12日

第3話視聴率 7.8% 9.0%

hg@さらんさん

第3話あらすじ

ゴンはテウルを突然皇后にすると言い出す。テウルを連れて竹林に行くが、何も起こらない。萬波息笛(マンパシンチョク)がカギだと確めに行ったようなもの。パラレルワールドを全く信じていないテウルは、ゴンの行動が理解できない。

ある殺人事件を追うテウルたち強力班。新入りチャン・ミカエルを迎え、市内中の鉄くず処理場を探し回った末、凶器のバールを見つける。

ゴンのDNA鑑定の結果では誰とも一致せず。ゴンの言うことが本当なのかと、納得できないテウル。乗って来た馬もスペインの希少種で韓国にいないはずだという報告を受けて混乱する。

嵐の晩。稲光が煌めく瞬間、ゴンは肩に激痛を覚える。あまりの痛みで肩を見ると、稲光がうごめいていた。あくる日、ゴンはテウルの車が故障した現場に駆けつける。すると、どのくらいの間か、ゴン以外の時間が止まる。

帝国の広報職に就いたミョン・スンアは、ゴンが不在中の世間の興味を他に向けさせる。ゴンの行方を案じるヨンは、リムの死の不自然さに何かがそこに足されていると話していたのを思い出す。



犯人と被害者両方の血痕がついた凶器の鑑定結果。テウルがシンジェと被害者の家に来ると、妻の姿は消えていた。2人は証拠品を手に入れるが、突然シンジェの知り合いのやくざに襲われ大立ち回り。凶器を持つボスをゴンは鮮やかに打ち倒し、子分たちをもやっつけてしまう。シンジェとテウルは目を見張る。

帝国の総理ソリョンは、実家の魚屋に久しぶりに帰る。部屋にある見慣れない傘は、誰かお客さんの忘れもの。それはリムが持ち歩いている傘のよう。

シンジェはなぜかゴンの馬鞍の文様(帝国の紋章)に見覚えがあり気にする。テウルはナリ(カフェオーナー・テウルの友達)が200万ウォンもゴンに貸したと聞く。ゴンの持つ特別な気品は信頼できると。

ゴンは帝国に帰ることを決意する。そして、リムが2つの世界を往来している直感を得る。自分のやるべきことが見えて来た…。

第3話感想

ようやく状況説明がある程度終わった感じがしています。あらかたの登場人物が出そろったようです。2つの世界の同一人物が何せ多すぎる状況で、立場も背景も全く違うのですから。肩の異変と時間の停止、2つの不思議な現象はゴンが帝国に戻らなくてはならない兆しなのかもしれません。

このドラマの脚本家はキム・ウンスク女史。この方がどなたかというと、あの『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』を書いた方です。ゴンはまだそんなにテウルを知らない段階で、唐突にテウルを皇后にすると言い出したこととか。このちょっと強引すぎるシチュエーションは、なんだか道理で…という感じがしないでもありませんね。

ゴンの持つ馬鞭。これの柄に萬波息笛が仕込まれています。それがカギで2つの世界の扉が開くことがわかりました。ということは、リムがいつも持っている傘にも萬波息笛の半分が仕込まれていそうです。その傘が総理ソリョンの実家にあったのには、何かの伏線なのでしょうか。

第4話視聴率 8.0% 9.7%

hg@さらんさん

第4話あらすじ

《帝国》ソリョンは皇宮を急襲、ノ尚宮を退けてゴンの部屋のドアを開けた。ゴンがいたことに驚くが、不在だったことは隠せなかった。

怒っているノ尚宮はゴンにそっと抱きしめられ、小言を言いながらもそれ以上怒れない。衣装チェックでポケットから出てきたのは不思議な小物と、一冊の本。

《韓国》被害者イ・サンドが賭博サイトで不審な動きに、テウルは上司を説得、証拠の携帯が復旧する時間を獲得する。他課の事件の捜査中、通りがかりの美人と話すジンジェを見る。実はジンジェの担当精神科医。

《帝国》ソリョンは内閣で議員らと協議をこなす。ある議員のソリョンの悪口がニュースに。お返しに女との写真をリークする。特別な情報源があるらしい。ジョンイン教授にも接触する。

リムの反乱のせいでゴンを守るため、家族が生涯海外で暮らさなくてはならないジョンイン教授。ゴンは教授が自分の側か、改めて確める。どうしても解けない難問があると、リムの死体検案書を置いて行く。

《韓国》賭博依存のジンジェの母のカバンの中に大金が…。ジンジェはその賭博場を検挙する。ジンジェの母と知って巻き込みを企んだ賭博主。母を置き去りにしてジンジェは苦悩する。

リムは二つの世界を行ったり来たり。両方のギュンナムがそれぞれ仕える。帝国のギュンナムにレアアースの本を置いて、再び韓国に戻る。暗室にあるたくさんの写真の中、最新の写真に映るのはジョンイン教授。

《帝国》ゴンはまた時間が止まるのを経験し、時間を測る2.71828….秒。パラレルワールドの話を信じないヨンは、ゴンのそばから片時も離れない。嵐の晩、痛みを訴えるゴンの肩を目にしたヨンが御医を呼びに走る。その隙に抜け出すゴン。

《韓国》ゴンの持っていた紙幣は正真正銘の本物と判明。テウルは狐に包まれた気分でゴンの行方を追うが、防犯カメラでは竹林の前までしか姿を確認できない。新しい身分証の発行された日、ゴンが再びテウルの前に現れる。ことの真相を知るため、テウルはゴンの誘いのままに時空を超える決意をして…。

第4話感想

テウルはある子供とぶつかって身分証を無くしてしまい、再発行を頼みます。それが10月末にはできると確認したのに、手違いで11月11日になりました。ゴンが持っているテウルの身分証の発行日がまさにその日。他にいろんなことがゴンの言ってたことと一致してぞっとしてしまうテウルでした。

ジョンイン教授が隠した秘密。リムの遺体を鑑定したのは現役の医師だったジョンイン教授。偽のリムが自殺の可能性があると発表できず、遺体検案書に手を加えたことでした。数学者であるゴンの計算では解くことができない事が足されていたということ。前回の答えです。

リムの部下ギュンナムは、韓国に連れていったのかと思っていましたが、それぞれの世界の人でした。韓国のギュンナムは書店を営んでいるということですから、そこの本に挟まれたメモをリムが見ていたのは韓国ということで。では、いったいそのメモはどこから来たのでしょうか。相変わらず解けない謎がいっぱいです。

ザ・キング: 永遠の君主 5話・6話 あらすじと感想

ザ・キング: 永遠の君主 キャスト・相関図 視聴率 感想 あらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー