ザ・キング: 永遠の君主 11話・12話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

ザ・キング: 永遠の君主  더 킹 : 영 원 의 군 주 2020年放送 SBS 全16話 【韓国放送期間】2020年4月17日~2020年6月12日

第11話視聴率 5.2% 6.6%

hg@さらんさん

第11話あらすじ

ルナは警察に追われバイクで疾走する。追跡するパトカーは唐突に出てきたダンプカーと衝突。と、ルナのバイクにも車が突っ込む。拉致されたルナの前に現れたリム。両親のいないルナにテウルと入れ替わる誘いをかける。

ジョンイン教授の葬儀がしめやかに執り行われる。絶望したゴンの姿を見て、セクシーさを感じるソリョン。個の件の捜査権はゴンが持つと発表される。葬儀のあと寝込んでしまったノ尚宮のため、おかゆを作りながらゴンは一人泣き崩れる。

帝国へ行くことを希望していたヨンジ。携帯のありかをリムの手下に伝えて殺される。当時、停電をしていた拘置所に映像はなく、自殺として処理される。その話を聞いたテウルはジョンへを探すことにする。

韓国に出掛けようとしていたゴンの元に飛び込んできたのは、皇室を空けてたびたびいなくなるゴンの記事。ソリョンの仕業と感じたゴンはやむなく、ジョンイン教授の護衛日誌を調査することにする。

シンジェはリムの部下に襲われる。取り押さえたが、誰かから連絡が来ると言い残し電話を置いて逃げられる。怪我をしたシンジェだが、まずは警察で電話機の指紋の調査を依頼する。テウルはシンジェを病院に送った後、ソリョンと瓜二つの女性と遭遇し、職務質問と尾行をする。一方、ヨンもナリのカフェでソリョンそっくりの女性と遭遇する。

ルナはテウルに成り済ますために韓国にやって来て、テウル親子の様子を監察する。テウルは自宅でテコンドーの稽古をした後、水を飲んだとたん倒れてしまい、気づいたらどこかの倉庫の中。見張りの男たちの様子を伺う。

ジョンイン教授の痕跡からヘス書店を絞り込んだゴンは、逆賊のアジトとして襲撃・壊滅させる。当時の逆賊である店主の肩にあるはずの銃創がないと判明する。

外扉から覗いていた男の子はいつの間にかそばに来て、ロープを切ってくれる。見覚えのあるその子は自分があっちの世界から来たという。

テウルは男たちを振り払い、銃と車を奪って逃げる途中、ここが帝国だと気づく。ガソリンが切れ歩いて皇宮を目指す。身も心もズタズタになったテウルは歩道にある電話で、ゴンに伝言を残す。そこに大型トラックが突っ込み、危うくかわしたテウルの前に迫る男たちの群れにもうなすすべもなく…。

第11話感想

ルナは親も知らずに天涯孤独で育って、誰も信じられず生きるために何でもやって来た可哀そうな子。親がいないからって悪いことしていい訳ではない。でも、ちょっとそれはそういう立場になったことがない人が言うのは、きれいごと過ぎますよね。拘置所に収監されたルナが釈放された理由も余命わずかだから。

ルナはテウルの両親の写真を食い入るように見ます。親を知らないルナには両親の顔など、知り得ないことだったから。テウルの境遇がうらやましく思えたのか、リムの誘いに乗ってしまったようです。あの赤い髪はカツラだったようでした。テウル親子の様子を見守り何を考えていたのか…。

テウルを助けたのはどちらの国でも書店のシーンの度に、ある時はヨーヨーをして、ある時は本を読み、ルナのカギを預かったりと不思議な男の子なのですが、今回みたいなことは初めてです。そんなに重要人物とは考えていませんでしたが、正体は意外なものになりそうな予感がしました。



第12話視聴率 6.1% 8.1%

hg@さらんさん

第12話あらすじ

《韓国》自殺を図ったジョンへを取り押さえ、手当てをするスタッフ。夫も子供も失って以来ジョンへは何度となく自殺を図るが、リムの部下に徹底的に見張られ、その度に助けられ死なせてもらえず恨み言を放つ。

《帝国》入院中のウンソプ見舞いに来たスンアをナリと勘違いし、スンアの不振を買う。一方、ウンソプの目の前で突然トレーを落とした男の入院患者の足元にはガラケーが。

ゴンはあらゆる手段を動員してテウルを探す。カン刑事から逃亡中のテウルの映像を手に入れると、近衛隊員たちと駆けつけ、救い出されたテウルは「会いたかった」という一言を残して気を失ってしまう。

《韓国》ナリのカフェでソリョンと瓜二つの女性を見たヨンは、それがソリョン本人だと確信を持ち追跡する。追いついて問い詰めるが、不審な車に狙撃され倒れる。その間にソリョンは立ち去り、シンジェに助けられる。ヨンは幸い軽傷に留まり、シンジェに問われてゴンの生い立ちを伝える。

テウルはゴンの寝室で手当てを受ける。生傷は多いが深手はなく、ゴンと懐かしく会話を交わす。翌日ウンソプに再会した後、拉致現場を訪れ検証を見守る。ゴンの大事な物と引き換えにするために、連れて来られたようだ。

《韓国》ルナはテウルの携帯を手に入れ、履歴からテウルの人格・行動を探る。何者かが手を回し、テウルは休暇を取っていることに。シンジェには気晴らしをしているとメッセージを返す。

ゴンの両親が結婚式をあげたという教会を訪ねるゴンとテウル。互いに母を亡くした話をして共感を持つ。そして、2人が一枚の写真に収まろうとした瞬間、再び時は止まる。次第に長くなるその時間が、いつか互いの時間を永遠に止めると知るゴンの胸に切なくのしかかる。

リムのアジトでカメラに堂々と手を振り、金を持ち去るルナ。ルナもシンジェもリムにとってイレギュラーだ。ジョンへは食事中にリムを襲撃し、スキを見て逃げようとする。頭に血が上ったリムはお前を生かしておくのはゴンへの切札だと漏らす。

ノ尚宮はテウルとお茶の時間を持つ。自分は両親と妹がいて17歳で故郷を離れ、故郷のその後も知らず67年。そして、1950年のあの戦争はどうなったのかと…。

第12話感想

テウルは脱出したものの、自分が帝国にいると知って衝撃を受けます。次から次と追手がやって来るし、車はガス欠で自分で移動するしかないのですから、本当にしんどかったと思います。トラックが突っ込んできた時はどうなるかと思いました。いいタイミングでゴンが駆けつけてくれました。でも、近衛隊とゴンは馬に乗って現われて、武器は剣で戦うなんて時代劇ですか?!

ナリはちょっと不思議な能力を持っているらしいです。ある瞬間、まるでラジオにチャンネルが合った時のように、別世界の自分が見えるときがあると言います。今回もウンソプがスンアに会った瞬間を見て、ヨンに伝えています。タイミングは違ってもヨンもウンソプも狙撃を受けてますもんね。

ソリョンも別世界を知る人間になったのでしょうね。どう考えてもヨンが会ったそっくりさんはソリョンに間違いないように見えます。では、何の目的で韓国に行ったのでしょうか。彼女の目的は皇后になることなのに、韓国に行くメリットは何なのでしょう。気になりますね。

ザ・キング: 永遠の君主 13話・14話 あらすじと感想

ザ・キング: 永遠の君主 キャスト・相関図 視聴率 感想 あらすじ





11月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー