Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サムマイウェイ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャストと相関図 視聴率

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●BS11(2019/9/14から)土・日曜日8時から 字幕
●KBS World(2019/9/9から)月・火曜日22:05から 字幕
●日テレプラス(2019/6/24から)月~金曜日9:10から2話連続放送 字幕
【韓国放送期間】 2017年5月22日~ 全16話 70分 放送(月・火)午後10:00~

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

サム・マイウェイ 쌈 마이웨이 全16話
2017年放送 
平均視聴率 10.9% 시청률 最低視聴率第1話5.4% 最高視聴率13.8%
サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~ Blu-ray SET2 <約120分特典映像DVD付き>
サム・マイウェイ 쌈 마이웨이 公式サイト
あらすじ

世の中から見れば足りないスペックのためにマイナー生活を余儀なくされている現実の中でも、他人が何を言おうと「マイウェイ」を行こうとマイナーリーグな青春で成長ロマンスを描いたドラマ。

高校時代、テコンドー選手として名を馳せながらもワケあって引退し、現在はダニ駆除業の仕事をするコ・ドンマン。20年来の幼なじみ、チェ・エラもアナウンサーになる夢を諦めて、今はデパートの案内係。2人は同じアパートに向かい合って住み、何でも言える仲。ある日偶然、デパートの館内放送を任されたエラは、それをきっかけにアナウンサーの夢をもう一度目指そうと決意。ドンマンも再び格闘技に挑戦するきっかけを掴む。そんな中、ドンマンの前には有名アナウンサーの元カノが、エラの前にはハイスペックな新カレが登場。ただの親友のはずだった2人の仲に微妙な変化が生じ始める…。

サムマイウェイ 公式サイト 相関図
キャスト

パク・ソジュン、 コ・ドンマン役 (29歳)ダニ駆除の仕事 高校時代テコンドー選手として活躍

キム・ジウォン チェ・エラ役 (29歳) デパート案内係

アン・ジェホン キム・ジュマン役(29歳) テレビショッピング購買担当者。ソルヒの恋人(6年交際中) チェ・エラとコ・ドンマンの同級生

ソン・ハユン ペク・ソルヒ役(28歳) テレビショッピングオペレーター ジュマンの恋人(6年交際中)

 

ドンマンの周辺人物

ソン・ビョンホ  コ・ヒョンシク(57歳) ドンマンの父、建設会社営業部長 不愛想だが情深く子想い。

キム・イェリョン  パク・スニャン(53歳) ドンマンの母 息子想い。

チョ・ウニュ  コ・ドンヒ(17歳) ドンマンの妹

イエリヤ  パク・ヘラン(28歳) ドンマンの初恋の相手、アナウンサー、バツイチ

 

エラの周辺人物

チョン・ペス  チェ・チョンガプ (52歳)  エラの父 元々漁師、今は漁村でサバスープの家

チェ・ウシク パク・ムビン役(29歳) ドンマンの高校の同級生、医師 チェ・エラが好き

クァク・ドンヨン キム・ムギ役 (26歳) チェ・エラの年下の彼 受験生 司法試験にまた落ちる

カン・ギドゥン  チャン・ギョング (32歳)  ドンマンの先輩。エラと大学農楽隊サークルの先輩後輩、放送局PD

キム・ジュマンの周辺人物

ピョ・イェジン チャ・イェジン役 (25歳) テレビ通販会社の会社のインターン

キム・ヒチャン  チェ部長 (40代) テレビ通販会社の生活事業部長

 

ペク・ソルヒの周辺人物

イ・ジョンウン  クムボク(58歳) ソリの母

キム・ハクソン  ペク・チャンス (57歳) ソリの父 水原泳動市場でグムボクと食堂を運営

 

その他の周辺人物

キム・ソンオ  ファン・ジャンホ役 (39歳) ドンマンのテコンドー選手時代のコーチ 館長兼社長。2000シドニー五輪テコンドー銀メダリスト

チェ・ドンヒョン  ヤン・テヒ (36歳) タクスの戦略参謀

チョン・スンウォン  ハン・ドゥホ {26歳)ジャンホの道場の格闘技選手 努力派ファイター

キム・ソンボム  イ・ビョンジュ(32歳) ジャンホの道場の格闘技選手

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

スタッフ /脚本:イム・サンチュン、演出:イ・ナジョン、キム・ドンフィ)
コメントにて随時感想募集中です。

話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●以下、話数ごとのあらすじと感想

marikoさん

 

サム・マイウェイ 1話 あらすじと感想 パク・ソジュン  (コ・ドンマン役)
サム・マイウェイ 2話 あらすじと感想 キム・ジウォン チェ・エラ役
 サム・マイウェイ 3話 あらすじと感想 アン・ジェホン キム・ジュマン役
サム・マイウェイ 4話 あらすじと感想 ソン・ハユン ペク・ソルヒ役
サム・マイウェイ 5話・6話 あらすじと感想
サム・マイウェイ 7話・8話 あらすじと感想
サム・マイウェイ 9話・10話 あらすじと感想
サム・マイウェイ 11話・12話 あらすじと感想
サム・マイウェイ 13話・14話 あらすじと感想
サム・マイウェイ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

以下作品感想

marikoさん

 

今韓国で人気のパク・ソジュンが主演のサム・マイウェイ。韓国ドラマにしては異色とも言える、爽やかな内容の若者向けドラマでした。ドロドロした要素がなく、自分に自信がない若者が自分の道を見出していくドラマなので、観ていて元気になりました。

恋愛要素は、幼馴染としてお互いが一番大事なドンマンとエラが、恋人に発展していくまでが描かれていきます。ドンマンとエラは打算もなく、純粋にお互いの存在を大事に思っているので、すごく羨ましい関係でした。

ドンマンとエラの友人、ソルヒとジュマンカップルも微笑ましかったです。4人全員に弱点がありますが、それぞれがしっかり自分の弱さに向き合うことで、人間として成長していきます。韓国ドラマを観ていると、財閥や金持ちに対する憧れが描かれていることが多いのですが、このドラマはその逆を行っているかも知れません。

メジャーなテレビ局のアナウンサーではなく、マイナーな格闘技司会者になろうとするエラに、ドンマンが告げたセリフ。「自分がいる場所が、メジャーなんだ」というセリフが、ドラマを観ている若者を励ます言葉のように思えました。

「誰もが羨む地位というのは、全員がそこにたどり着けるわけではない。でも、だからと言って、その人が負け犬というわけではないんだ」というメッセージを伝えたかったのだと思います。私はもう若者とは言えない年齢ですが、そんな私が観ても、爽やかで励まされるドラマでした!

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー