サイコメトリーあいつ 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

サイコメトリーあいつ  사이코메트리 그녀석 全16話

第9話視聴率 2.538%

quetalsurinoさんより

第9話 あらすじ

イ・アン(ジンヨン)のキスに、ユン・ジェイン(シン・イェウン)は「過去を見たの?」と質問すると、イ・アンは超能力で少しだけジェインの過去を見たと話します。過去を見る超能力を使えることのなった理由は、ジェインと出会うためだったとジェインへの気持ちを告白し、カン・ソンモ(キム・グォン)は二人が一緒にいる姿を見ると、暗い表情に変わります。

ソンモは入手した監視カメラの映像を何度も繰り返し確認し、映像に映る男の動きをチェックします。その後、逮捕されたキム・カプヨンの部下を取り調べるソンモは、キム・カプヨンが死ぬ前に「キム・ソンヒを捜し出し安全な場所にうつせ」と命令していたことを知ります。しかし、部下が彼女を捜した時は、既に姿を消した後でした。

アレキシサイミアの意味を確認したイ・アンは、ソンモの辞書にハイライトされていた単語が主に感情と関係があるものだと気づくと、ソンモを試します。ソンモがアレキシサイミアの可能性があることを疑い、痛みを感じるかを試し、痛みを感じるソンモの姿に安心したイ・アンは辞書の単語を見て、ソンモを心配していた気持ちを正直伝えます。

一方、捜査を進めていたウン・ジス(キム・ダソム)刑事は、ソンモが事件と関係があるとの疑いを捨てられず、部下の刑事にソンモを監視させます。キム・カプヨンの部下を取り調べて得た情報を共有しないことに、疑いはさらに深まります。監視カメラの映像から情報のもと、黒い服の男の足取りを直接確認していたソンモは、たどり着く先はジェインが勤務する治安センターだと知ると、険しい表情になります。

イ・アンはジェインを誘うと、手作りオルゴールが体験教室に参加し、初のデートを楽しみます。帰り道、治安センターの近くの監視カメラが頻繁に故障することを聞かされたイ・アンは不審な男の姿に気づきますが、後ろから抱きつくジェインに驚き、相手を確認することはできず。。。

イ・アンが作ったオルゴールを見つめていたジェイン・・・、サイコメトリーでジェインのオルゴールが壊れていることを記憶したイ・アンの気持ちに感動したジェインは涙を流しイ・アンを追いかけ抱きしめます。ジェインの行動に驚きながらも嬉しい気持ちになったイ・アンは、ジェインの涙を拭い、その時、ジェインの記憶をサイコメトリーしてしまう。ジェインの記憶を読み取ったイ・アンは、驚いた表情を浮かべ、「ジェインのお父さんがユン・テハ?」と問います。

第9話 感想

13年前の事件の犯人、ユン・テハがジェインの父だと気づいた時のイ・アンの反応が・・・。ラブラブそうに見えた二人の間に、距離ができてしまうきっかけになるのでしょうか。事件の捜査は続けられているものの、全く真犯人や真相を解明する方向に進まないのは、驚きの逆転が待っているからでしょうか。

結局、犯人は誰?ソンモが追う黒い服の男?犯人が誰なのかソンモが知っているという前提でドラマをみてきましたが、犯人を断定していない可能性もありそうです。一方、刑事のジスは、姿を消したカン・ヒスクのモンタージュとソンモの母の顔が似ていることに気づきました。13年前、マンションで起きた火災で死亡したソンモの母、カン・ウンジュの遺体は本人確認が難しいほどで、身元を確認できたのは身分証明書があったからでした。

カン・ウンジュが生きているとすると、別の人の名前で生きてきた可能性があり、息子のソンモも母の居場所を知らないことになりますが、過去に何があったのか、予想するにもこれまでドラマで見せられた情報が少ない。事故が起きる前のソンモが登場しましたが、制服姿のソンモは学校に通っていなかったようで、虐待を受けていたのでしょうか。それとも、父?謎の男性から身を隠すため、学校に通っていなかった?

前話から登場するアレキシサイミアは失感情症を意味しますが、幼い頃のソンモは感情を持たず、感情を母から教わって、今は普通に感情を理解できるようになったのでしょうか。ソンモに関する秘密だけでも早く明かしてもらいたいです。

イ・アンに超能力があることを知る唯一の友人はイ・デボン(ノ・ジョンヒョン)ですが、二人が親友になったエピソードが描かれました。デボンがいじめにあっていたことや、父から暴力を受けていたこと等、悲しい内容だったけど、イ・アンのキャラクターを理解できるエピソードだったと思います。

何度告白されても諦められない相手、ソヒョンに想いを寄せているデボンですが、ソヒョンの両親の証言で、ジェインの父が犯人として逮捕されたことを考えると、登場するキャラクターは全員、13年前の事件とつながっていることになります。

ヨンソンマンションの事件と、心臓手術を受けたジスとの間にも何か関係がありそうで、次の話では少し明らかになっていきそうですが、「姉は生きている」でキム・ダソムが演じた役が悪女過ぎて、そのイメージでウン・ジスを見てしまいます。「姉は生きている」の終了後、短編ドラマ「ミスキムのミステリー(原題)」に出演、その後、「皇后の品格(原題)」では特別出演していますが、今でも「姉は生きている」で演じたヤン・ダリのイメージが強すぎて、個人的にはジス役に違和感を持ってしまいます。

ジェインが13年前の事件の犯人の娘だと知ったことで、次の話からは新たな展開を迎えることになります!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率 2.471%

quetalsurinoさんより

第10話 あらすじ

イ・アン(ジンヨン)は、ユン・ジェイン(シン・イェウン)が両親を亡くした事故の犯人の娘だと知ると、父は犯人ではないと語るジェインを冷たく振り切り、降り注ぐ雨の中、ジェインはイ・アンを追いかけます。しかし、転んでそのままイ・アンに追いつけず・・・イ・アンが火災事件の被害者で、警察署の前で出会った少年がイ・アンだと気づきます。

一方、ウン・ジス(キム・ダソム)はカン・ソンモ(キム・グォン)の母の写真を入手すると、2年前、ハンミン療養病院で指輪をした女性の目撃者に写真を確認させます。写真の人物を目撃したことを知ったジスは、ショックに包まれ。悩んだ結果、ヨンソンマンションの火災事件を再捜査することを父、ウン警察署に伝えます。何があっても再捜査をすると、強い意思を伝える。。。

その後、ジスはソンモに連絡するものの、彼は休みを申請し、連絡が取れない状況。別の人になりすまして介護士として働いていた女性が最後に目撃された場所を突き止めたソンモは姿を消し、そのことに気づいたジスはソンモへの疑いを強め始めます。

ジェインが犯人の娘だと知ったイ・アンは、ジェインへの気持ちを断ち切ることができず一人苦しみます。両親の墓を訪れた後、13年ぶりにヨンソンマンションの前に足を運びます。過去の記憶を思い出して苦しんでいたイ・アンは、近くを通すジェインを見つけると、彼女の後を追う。ジェインはイ・アンの存在に気づくことなく、辛さのあまり泣き出し、彼女の姿を見たイ・アンも悲しみます。

一方、姿を消したソンモの手には、カン・ヒスクの名前で生きていた女性の指に会ったのと同じ指輪が。。。ソンモの行動を監視していた男は、彼が休暇中のことを知ると、「ついに見つけた?」と意味深げな独り言。

ソンモと連絡の取れないことから不安になったジスは、ジェインに連絡を取り、ジェインがソンモと会っていたことを知らされます。ジェインの父は犯人ではなく、真犯人は別にいることを話すと、必ず真犯人をつかまえると話していたソンモ。ジェインとソンモの交わした会話の内容を知ったジスは、イ・アンが心配になります。

同じくイ・アンが心配になったジェインは、急いでどこかに向かい。途中、男に拉致されてしまいます。ジェインがいなくなったことを知ったイ・アンは超能力を使い・・・、自分を刺した同じ男にジェインが誘拐される姿が浮かびます。変装していた男の正体は、イ・アンが治安センターの近くで何度か目撃した男性でした。

第10話 感想

緊張させる展開になってきました!

犯人が誰なのかはやはり分からない状態・・・でも、犯人と思われる男に拉致されたジェインは手足が鎖につながれていました。これまで帽子とマスク、黒い服の姿での男性の顔が登場することはなかったので、誰なのかは不明ですが、ジェインの前では変装することなく現れていた!サイコメトリーを通じてジェインの記憶から浮かび上がった犯人は、過去の事件とどのような関係があるのでしょうか。

本来なら主人公のイ・アンが最も気になるはずなのに、このドラマはイ・アンよりもカン・ソンモの方が目だって気になります。これまでは謎が多いと表現してきましたが、謎というよりはソンモが隠している秘密が何かへの関心が高いせいで、イ・アンよりも気になる存在!ドラマの展開とは別に苦悩する姿、実は思った以上にカッコよくカッコよく見える時もありました。

ソンモが姿を消す前に持っていた指輪は、姿を消した女性が付けていた指輪と同じ物のようで、やはり、ソンモが捜し続けているのは事件の犯人と、姿を消した母なのでしょうね。これまで起きたすべての事件をつなぐ鍵は、ソンモの母ってことでしょうか。ソンモの母を捜すためだとすれば、ジェインを拉致した理由は?第10話までストーリーは進んでいるのに、いまいち理解できない部分がかなりありました。

各話、話しの最初は少しだけ過去の様子が描かれますが、事件のあと、ソンモはジェインの父は犯人ではなく、別の男性を目撃したことを警察に伝えていました。でも、間もなくしてジェインの父が犯人として逮捕される。13年が過ぎて、当時ソンモが犯人は別にいると訴えていたことを思い浮かべた刑事ジスは、過去の捜査記録を確認します。しかし、記録にはソンモの証言部分のみ削除されていました。

ヨンソンマンションは再開発される予定で、事業を進めるのはYSS建設でした。YSS建設との特別なコネクションを持つのがウン警察署長。ただの偶然なのか、過去の事件から癒着があり、ジスの父ユン警察署長は何かを隠しているようにもみられるので、事件を解決する上でジスの役割が大きくなりそうですね。

恋するイ・アンは、ジェインの父がユン・テハだと知ると、両親の死を思い浮かべ、必死でジェインへの気持ちを断ち切ろうとしますが、イ・アンが事件の被害者だとしったジェインは、父が犯人ではないことを確信しながらも、イ・アンに近づけず悩む姿、痛々しかったです。

最終話まで、もっと超能力を使うイ・アンの姿と、ハラハラする展開がもっと続くことを期待して!

【豆知識】主題歌OST Part4はミンソが歌う「The First Love」と、Part5はJanet Suhhの「Shadow on the Wall」

 

サイコメトリーあいつ 11話・12話 あらすじと感想

 

サイコメトリーあいつ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー